平民

検索結果:5件

  • 平民のち怪盗

    怪盗ものとけんかっぷるが書きたいだけ

    282,600

    1,361


    2021年11月23日更新

    【完結】婚約破棄に加え、無実の罪を着せられ平民落ちとなったにも関わらず、ヴィールはあっさり受け入れた。 寛大な措置で死刑を免れたのだから感謝しろ? 冤罪だっての。その言葉を飲み込み、彼女は婚約者の元を去った。 だって一度経験してるし。準備万端、継いだ父の生物研究を極められると大喜び。 なのに前と違う。両親の形見の簪(かんざし)を盗まれた。逆行できたのは簪があったからなのに。 死んだ両親唯一の形見をどうしても取り返したかったヴィールは、世話になっている商人の情報を元に貴族の裏取引に潜り込んで簪の行方を捜していた。その中で盗品を寄付したり、貴族達が扱う表沙汰に出来ないお金を回収していたら、怪盗として名を馳せる事に。 「なんで怪盗やってんだろ」 そんな中、ヴィールは潜入したとある屋敷で、若き公爵、ニウ・ヘルック・ブライハイドゥに怪盗だとバレてしまう。貴族間の汚職や闇取引を探っていたニウはヴィールの正体を隠す代わりに、自分の知りたい貴族の裏側を調べるよう持ちかけた。 最初は粗雑で身なりを気にしないヴィールが淑女として徐々に変わりつつも、本当の想いを隠したニウに対する気持ちも動いていく。 本音→怪盗ものとけんかっぷるが書きたい。 ※アルファポリス、小説家になろうにも投稿しています。 ※R15で想定し設定してますがあくまで保険です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間27分

    この作品を読む

  • 無能平民のチート無双!〜無能と呼ばれた平民の少年は全能神の子供なので極めた神々の権能で無敵です〜

    無能少年は神々の権能で人生を成り上がる

    100

    0


    2021年9月30日更新

    四大大国の一つである『レスティア帝国』。 そこは魔法を頂上とする大国であった。 そんな帝国に平民として生まれた、シエルは母が異世界人であったこともあり魔法の使えない『無能平民』と呼ばれることに……。 ……ただ周囲は知らないのだ。 彼の父は異世界では全知全能神と呼ばれ、崇め奉られた存在であるということを! ——剣と魔法が織りなす世界で、神々の権能を使いこなす平民の少年が、戦闘も階級も人生を成り上がる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • カサブランカ・セブン~王女の親衛隊~

    末永くお付き合いください

    100

    0


    2021年3月14日更新

    「私はね、この国を変えたい わがままな教会や貴族たちが国を動かして、王家の力はお飾り程度にしか残っていない。 だから身分の低い人たちは何重にも支配されて苦しんでいる。 支配するのは王だけでいいの!教会とか貴族とか地主とか中間管理職はいらない! みんな等しく王の愛する臣下にする。これが私の夢。 だから、親衛隊としてあなたたちを集めた。 平民のあなたたちと姫の私でこの国を変えてやるのよ!」 ベガルタ王国王女、カサブランカ

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 小窓の姫とアコーディオン

    身分差によって叶わぬ悲しい恋愛短編物語

    8,500

    0


    2020年11月8日更新

    ―――この王国には二人の人物がいた 一人は平民の男、もう一人は王国の姫である。 彼らは決して出会うことが出来ない、近くて遠い存在であった。 だが激動の時代と世界は彼らを許さなかった………。 初めての短編小説です!ぜひ読んで、評価もお願いします!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 出戻り娘と乗っ取り娘

    これで玉の輿……え、こんなの聞いてない!

    100

    0


    2020年6月17日更新

    望まれて嫁いだはずが…… 「お前は誰だっ!とっとと出て行け!」 追い返され、家にUターンすると見知らぬ娘が自分になっていました。どうやら、魔法か何かを使いわたくしはすべてを乗っ取られたようです。さて、これからどうしましょう……

    読了目安時間:5分

    この作品を読む