年上×年下

検索結果:7件

  • 魔王を倒して元の世界に帰還した勇者パーティーの魔法使い♂が持て余した魔力を消費するために仲間の僧侶♂を頼ったら酷い目に遭っちゃった話

    完結✨【BL】執着僧侶×不憫魔法使い

    148,200

    110


    2022年2月17日更新

    頼れるのはおまえだけ。 【2022/02/17 完結、全108話】 異世界に召喚された勇者一行は数ヶ月に及ぶ戦いの末に魔王を倒した。これで元の世界に帰れる!と喜んだのも束の間、彼らには『授かった能力が消えない』『能力がバレたら死ぬ』というふたつの呪いが掛かっていることが判明する。 肉体強化系の『勇者』と『格闘家』、魔力持ちの『魔法使い』と『僧侶』。4人は呪われたまま元の世界に帰り、それぞれ離れた地で日常生活を送っていた。 しかし、数日後に問題が発生する。魔法を使わないと魔力が溢れ出し、周囲に異変を巻き起こしてしまうのだ。監視カメラやスマホ、ドライブレコーダーだらけの現代日本ではバレないように魔法を使うことは不可能。困り果てた『魔法使い』諒真(りょうま)は同じ魔力持ちの『僧侶』創吾(そうご)を頼り、一緒に魔力発散をすることに。 空間魔法で存分に暴れられる場所を作ってもらい、魔法を使いまくって魔力を消費するはずが、標的がなければ魔法がうまく発動しない事態に。補助や回復魔法の使い手である非戦闘職の『僧侶』創吾は魔法で生み出した盾を標的に見立てて攻撃させるが、諒真の心理的な問題と魔法の省エネ効率化により強力な魔法が使えず。時間をかけ、弱い魔法をちまちま使って何とか目的を果たす状態に。 このままでは創吾に迷惑が掛かると分かっていながら、諒真のトラウマもあってうまくいかない。遠慮する諒真に苛つき、彼の心を占める存在に嫉妬する創吾は、魔力発散のためと称して行動を起こす。それは諒真を押し倒して襲い、怒らせること。一時的に心理的な枷を外すことで強力な魔法の使用を可能にするのが目的だが、これは創吾自身の抑圧された気持ちの表れでもあった。 魔王の呪いの真相。異世界側の思惑。 彼らが平穏な日々を取り戻すまでの物語。 *** アホっぽい長文タイトルですが中身は真面目なファンタジーBLです。アルファポリスでも公開中。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間7分

    この作品を読む

  • 異文化 こみゅにけーしょん ムズカシ

    両思いなのにセフレと勘違いする。

    2,100

    0


    2022年1月3日更新

    イマイチ自分に自信が持てない、アカデミーの留学生・マツリは密かに思いを寄せていた先輩・竜人のエンリーハと肉体関係を持つ。以来、エンリーハに誘われれば体を重ねることを繰り返し「これはセフレってやつだろう」と納得する。ハナから恋をあきらめていたマツリは、エンリーハが飽きるか留学期間が終わればこの関係もなくなると考える。しかしあるときそれが勘違いだったと気づく出来事が起こる。 ※両思いなのにセフレと勘違いするベッタベタだけど好きなやつを書きました。都合上、性的に露骨なセリフが含まれています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 現世堂の奇書鑑定

    古書店店主×幼馴染大学生のBLミステリー

    127,500

    610


    2021年11月28日更新

    「BOYSFANコン」応募中、お題は「お題フリー」です。 30歳白髪疵顔の古書店店主×20歳わんこ系幼馴染大学生のBLサスペンスミステリー。 古書店『現世堂(うつしよどう)』の店主・檜山正樹(ひやままさき)。三十歳でありながら総白髪と全身に酷い火傷痕を持つ彼は、古書の他に一風変わった背景や事情を持つ“奇書”を鑑定し売買することを生業としていた。 そんな彼を手伝うのは、幼馴染である大学生の慎太郎(しんたろう)。恋する彼は押しかけ女房のごとく檜山の家に居候を決め込むも、特に関係が進展する様子は無かった。 しかしある日、いつも通り店を開けた二人の元に不気味な本を持った客が訪れる。客は言う。「呪われた宝石・ブラックオルロフを嵌め込んだ本を買ってください。ですが二つお願いをしたいのです。一つは、決して本の中身を見ずに鑑定すること。もう一つは――」 「この本を買った人の名前を、私に教えてください」 不審な申し出に慎太郎は警戒するも、檜山は二つ返事で請け負った。だが客が帰った後、檜山は「だって中を見ないと鑑定できないし」と躊躇うことなく本を開く。『VICTIMS(被害者たち)』と銘打たれた、その本を。 そこで檜山と慎太郎が見たものとは……。 VICTIMSを巡り、檜山の知人でもある刑事の丹波(たんば)や、慎太郎の弟であり極度のブラコンを発症している高校生のつかさ、彼の友人で不思議な色気を纏った大和(やまと)らも事件に巻き込まれていく。 そんな中、慎太郎の友人であり新進気鋭の作家でもある帆沼呉一(ほぬまくれいち)は、慎太郎に「檜山正樹はあまり良くない」と告げる。彼は檜山の過去について何か知っているようであり、また慎太郎にある種の執着を抱いているようだ。 過去に悩み苦しめられながら事件を推理し解決に導く檜山と、そんな彼に寄り添い一途に想い続ける慎太郎。果たして、彼らが結ばれる日は来るのだろうか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間48分

    この作品を読む

  • 旦那様と僕

    のほほんとぽかぽかと

    5,800

    0


    2021年10月24日更新

    旦那様と奉公人(の、つもり)の、のんびりとした話。 縁側で日向ぼっこしながらお茶を飲む感じで、のほほんとして頂けたら幸いです。 たまにシリアスになりますが、基本的にほのぼの。 ムーンライトノベルズ・アルファポリスにもて投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間28分

    この作品を読む

  • わたしのモテ期が壮大すぎる!

    神様! こんなのアリですか?!

    0

    0


    2021年7月12日更新

    トリップした先で身勝手にも夫に選んだ相手が次代の王になるとか言われて王子たちに迫られた。けれどもあらゆることに悩んでいるうちにクーデターが起きて、侍女さんたちと共に離宮へ閉じ込められた。そこへ現れたのは、いつもわたしを気にしてくれた将軍様で……此度の謀叛の首謀者だった。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 心苦しくも、私もゆとり世代でございます

    アンジャッシュのネタみたいになってます。

    1,000

    0


    2021年6月30日更新

    クリスマスの日、エレベーターに閉じ込められたのは二人の世代の異なるサラリーマンだった。

    読了目安時間:2時間35分

    この作品を読む

  • 悲劇のヒロイン志望でした

    “悲劇のヒロイン”やってる場合じゃない!

    300

    0


    2020年12月30日更新

    愛する恋人に手ひどくフられて幸せいっぱいの結婚ドリームを粉砕された、一六歳のアンジェリア。加えて父親の事業が傾き、アンジェリアは一二も年上の、離婚歴のある男に嫁ぐことになる。最悪の状況に置かれたアンジェリアだったが、次第に自らの「悲劇のヒロイン」っぷりを楽しむようになって行く。恋人はとられ、父親の事業は傾き、スクールでは嘲笑に晒され、自分とは距離をとりながら不可解な行動を繰り返す夫――。そんな「悲劇のヒロイン」な日々に満足感を覚えていたアンジェリアだったが、不意に夫が日に日に憔悴して行くことに気づいてしまい……?

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間52分

    この作品を読む