幻想小説

検索結果:16件

  • 桜と、夢と、わたし

    幻想掌編。

    300

    10


    2022年5月14日更新

    最近、「私」は、立て続けに不思議な夢を見る。夢に気をとられている私を心配する夫。だが、夢は毎日続いていく。私は、夢の中で、一本の道を歩く。そして——。 二千字の掌編です。 小説家になろう様の公式企画「春の推理2022」に向けて書きました。でも、書き上がったもののどこにも「推理」はありませんでした。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 四文想像帳

    たった四文で世界が描ける

    12,400

    0


    2022年4月16日更新

    古本屋に、4つの文だけで構成された物語をまとめた本が売られていた。 全部で1000もの物語が収録されているらしい。 1000の物語。それは、1000の世界を巡るに等しいのではないだろうか。 そう考えるとなんとも楽しい気持ちになったので、私はレジで昼寝をしている店主の元へと、本を持って行った。

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • 不死鳥を飼う

    激安アパートに入る条件、それは、不死鳥を

    900

    0


    2022年3月30日更新

    大学入学を機に家賃が激安のアパートを探し求めていた私は、駅やスーパーに近く管理費込みで3万円の部屋を不動産屋から紹介される。 ただ、この部屋に入るのには条件があった。 それは、部屋にいる不死鳥を飼うということで……。 大学1年生と不死鳥が織り成す不思議なお話。 ※表紙イラストは些細ツキ様(https://skima.jp/profile?id=66967)に描いていただきました。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 頁一枚の物語を《掌篇集》

    小説になれなかった物語の図書館にようこそ

    16,300

    未参加


    2022年3月4日更新

    ここに集められているのは《小説未満》の物語ばかりです。 その頁に綴られた関係や風景に到るまでの物語は喪われ、これから完結することもなく。 恋ならば実らず、戦いならば勝敗は決さず、謎は永遠に解かれない。 ばらばらに散ってしまった頁を一枚だけ、拾いあげたような。本棚から背表紙を撰んで、ぱらぱらとめくりながら指のとまった頁を読むような。 頁一枚の風景、頁一枚の悲劇、頁一枚の愛憎、頁一枚の。 小説にはなれなくても、物語であるかぎりは。 あなたの琴線に触れる頁があれば、幸いでございます。 *頁一枚は便宜上です。一話千字から二千字を心掛けています。 *こちらの小説はカクヨム様でも連載しています

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 龍娘アデレードの行商旅行記

    膨張を続ける世界を旅する

    30,663

    788


    2022年2月2日更新

    ルナトゥーク。 それは、外へ向かって果てしなく膨張を続けている世界。 そんなルナトゥークで行商をしている龍族の娘アデレードは、行商の旅の中で様々な場所を巡り歩くことになる。 語り部ばかりが集う街、浜辺に作られた巨大な山、鯨の墓場がある街道など、特徴的な街や風景の数々が彼女を迎える。 アデレードは今日も旅をするだろう。 無限に広がるルナトゥーク、そこにある不思議な光景を目に焼き付けながら……。

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 蓬莱桃源譚

    テーマは【クローバー】と【約束】です。

    0

    0


    2021年12月26日更新

    ある日、事故によりプロバレリーナの夢を絶たれた麻耶は『どんな病気や怪我も治してくれる仙人』の伝説が残る蓬莱山へと足を運ぶ。深い霧の中、息も絶え絶えの彼女が辿り着いたのは煌びやかな楼閣・桃源楼だった。麻耶が思わず呆気にとられていると、楼閣から赤いチーパオを身に纏った女性が姿を現す。 ――「おや、人の気配がすると思って出てみれば……随分とまあ愛らしいお嬢さんだねえ」 この作品はkindleにて『CLOVER LIFE』/電子Bグループで参加させて頂いた作品です。

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 夢から覚めてしまう前に

    それは一瞬の出来事で、美しく残るもの。

    96,400

    810


    2021年11月19日更新

    それは一瞬の出来事で、美しく人々の心に残るもの。 この短編集は、どこかで暮らす人々の、日常の中の一瞬を切り取った作品が集まります。 時に漣に消えゆくように、朝焼けの儚い光に照らされるように、か細い音色が織りなす音楽のように、そんなお話を載せていく予定です。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

  • セキトウオウリョクセイランシ

    神に祈っても色なんて戻らない

    800

    0


    2021年10月9日更新

    1年前にツキヒホシ様(@blackbird828)様に頂いたタイトル「セキトウオウリョクセイランシ」で物語を書いたことがありました。その話は、色々あって消してしまったのですが、今回、試しにもう一度、要素などを記憶に頼りながら書いてみました。 1年前の自分と対局した結果は、見事な完敗に終わったという印象ですが、よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • バラ窓

    あの宿屋は、異世界に繋がっていたのだ

    1,400

    0


    2021年9月21日更新

    世界中を旅して巡るのが趣味の主人公が泊まった宿屋の部屋にはバラ窓が付けられていた。 この宿屋のどの部屋にもバラ窓は付けられているというのだが……。 異世界ファンタジーの世界も、視点を変えればホラーになる、そんなお話。 ※イラストは植物生まれ様(https://skima.jp/profile?id=91100)に描いていただきました。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 青空のカンバス

    それ、その顔なんだよねぇ

    700

    0


    2021年9月20日更新

    街の依頼で青空に雲で絵を描くことを仕事にしている茜の助手である咲は、夕方になって西の方にいい夕焼けがあることに気付く。 だが、茜は気付いていないように思えた咲は、仕方なく足場を使って上へ向かうことになる……。 軽いタッチの現代ファンタジー。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 神の指

    その指は、世界を導き出す

    0

    0


    2021年9月19日更新

    フッと浮かんだ原稿用紙2枚程度の掌編です。 よろしくお願いします。 ※表紙イラストははあままつ様(https://ama-mt.tumblr.com/)のフリーアイコンを使用しています。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 『残酷な童話』

    一人ぼっちの少女の猟奇譚。

    1,200

    0


    2021年5月30日更新

    主人公の空夜(ソラヨ)は十代の猟奇殺人犯だ。 主人公の空夜は彼女だけが見える友達ミヨちゃんと一緒に異形と怪異の巣食う世界を旅する。 胸糞、不謹慎、サイコホラー。公序良俗から完全に逆走しているコンプラ、ギリギリの作品を目指しています。 幻想小説テイストも入れています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間10分

    この作品を読む

  • Separation after darkness

    自分の知らない世界に触れたい方へ

    15,300

    250


    2020年12月20日更新

    少し不思議な短編を掲載しています。 頭空っぽで読んで下さって大丈夫です。 もちろん、考えてくださっても嬉しいです。 最初からではなく、目についたタイトルを読んで頂けると、捗るかもしれません。 いろいろ疲れてしまって、大切な何かを比喩したかったんだけど忘れてしまった人へ、届くと嬉しいです。 いろんな比喩を書いてます。

    読了目安時間:1時間59分

    この作品を読む

  • 沼で目を覚ました男とその記憶

    幻想小説が書きたかったのです

    1,300

    0


    2020年11月16日更新

    男は沼から這い出たところで意識を取り戻した。ただ、なぜ沼にいたのかは自分でも分からないでいた。半年男は村落で暮らしたが、ふとその沼を再度訪れて記憶を取り戻す。男は何者なのか。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 徘徊少女

    お日様よりも、優しいお月様に愛されたい

    18,100

    150


    2020年9月11日更新

    夜を徘徊する少女の観る世界。一人称短編、文学です。 騒がしいお日様よりも、静かなお月様に愛されたい。 そんなアナタに捧ぐ。 表紙イラスト/ノーコピライトガール

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 人魚の湖に雪は積もる

    「そこにいたのは、紛れもなく人魚だった」

    2,000

    0


    2020年6月20日更新

    湖の人魚が冷害を退けるという伝承。 祭祀の最中に起こった事件。 人魚の微笑。 雪は降り止むのか。犯人は誰なのか。 タイトルの「湖」は「うみ」と読んでください。 web上に投稿する始めての作品になります。3万2千字程ですので、短編と言うには少し長いようです。 ミステリ×伝奇を目指しました。しかし、これを本格ミステリと言うと、フェアじゃないと言う方もいらっしゃるかも知れません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む