幻想文学

検索結果:10件

  • ドーナツ

    ようやく、あなた。食べてもらえますね。

    8,000

    0


    2021年6月10日更新

    ようやく、あなた。食べてもらえますね。 そう語りかける声に誘われ、どうぞ。どうぞ。 偽りの思い出の旅へ。 おでかけ下さいませ。 くれぐれも。本当の、ご自分を、見失わない様。 お気をつけて。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • テンシの居るセカイ

    転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    459,177

    4,523


    2021年4月4日更新

    主人公の「石川健太」は暗い棺の中で目を覚ました。 騒々しい音に急かされるように上半身を起こすと、そこには白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言うには、ここは「死と生の狭間にある世界」なのだという。 突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした者が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る世界なのだと。 そんな世界に辿り着いた健太だったが、彼には生きていた頃の記憶がほとんど残っていなかった。 それはイレギュラーな謎を抱えながら、健太は様々な人々と出会い、それぞれが抱える、悲しい死と望む転生への想いに触れていく。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間7分

    この作品を読む

  • エキドナの匣庭

    垣間見える世界は、緩やかな絶望である。

    800

    0


    2020年12月30日更新

    暇なときに書いた色んなジャンルの、色んな長さの短編小説を寄せ集めました。 幻想文学の成分に富み、耽美的な表現を含みます。用法・用量を守って正しくご使用ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

  • 九相夢

    和風クトゥルフ

    1,600

    0


    2020年9月30日更新

    和風クトゥルフ小説です。 先の「古の塔」や「死人憑き」に比べると読みやすくしました。 総合個展で手に入れた美国宏の遺作が主人公を妙齢の女性に引き合わせた。それが思わぬ体験を与えるとは。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • シビュラの追憶

    真実は無意識の底に静かに佇む……

    100

    0


    2020年9月29日更新

    真実とはひとつなのだろうか。 ジャーナリズムはなぜ真実を求めるのか、いや、求めなければならないのだろうか。 ある不思議な体験を通して、彼らはその神髄に近づく。 シビュラ(巫女)の追憶によって……

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 死人憑き

    和風クトゥルフ

    1,600

    0


    2020年9月25日更新

    日本のゾンビ伝承を求めて大学教授は九頭竜村に着く。そこで待ち構えていたのは……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 古の塔

    和風クトゥルフ

    600

    0


    2020年9月4日更新

    クトゥルフ神話ものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 沈黙少年と謎の迷子

    不思議な世界をさ迷うお話。

    22,900

    0


    2020年6月3日更新

    「本当にごめんね。許してなんて言えないよ。ただ、もし願いを叶えてくれるなら……」 耐えがたい眠気に逆らって僕は目を覚ました。 自分が何者か分からない。ここがどこかも分からない。 目の前には息を呑むほど美しい光景が広がっているだけだった。 立ってるだけじゃ何も変わらない、と僕は一歩踏み出した。 不思議な世界をさ迷う「僕」。 はしゃいだり、驚いたり、感動したり。 「僕」と一緒に旅をしてみませんか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • 群青図書館

    偏った愛で小説等を紹介していく

    1,700

    10


    2020年4月1日更新

    ようこそこんばんは(愉悦) だらだらと本(主に小説)の紹介や話をして行こうという企画です。 単調にならないように紹介するだけでなくエッセイ要素も少しいれようかと思ってますが、人が知らない本を教えるという前提でも書くのでやや説明くさい部分は許してね。 ネタバレは極力しないよう頑張ります。作品や作家に対する私見も入ることがありますがそれも許してね。 ネタがある限り続けられますが……どこかで区切りをつけるかもしれません。 もしなにかご意見ありましたら気軽にどうぞ。

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • 境界戦記

    硬質な長編ダークファンタジー

    2,900

    5


    2019年8月31日更新

    機械が滅び、詩と音楽が魔法だった時代の戦いの物語……。 その年の聖騎士に選ばれ、境界と呼ばれる場所へ赴くミシン。 「この土地の”敵”は、都の周りに屯っている獣などとは、違う。慣れない内は、下手すると……死ぬ」境界の黒い甲冑の女騎士ヒュリカら境界の軍と共にその奥地”外縁”を目指す。 異質な存在・聖騎士として、自身がどういう役割を果たすべきなのか。境界の戦いとは。外縁の向こうにあるものとは? 詩的な文体で紡ぐ長編・ダークファンタジーとなっています。 *Kindle版公開に伴い、現在は第4章までを公開にしています

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間6分

    この作品を読む