幻想

検索結果:40件

  • 遠い海の向う側、澪標が揺れてゐる

    ♡2,500

    〇0

    文芸/純文学・連載中・4話 宮永文目

    2020年8月9日更新

    あんなに美しい街を、私は見たことがなかった。生涯忘れることはないだろう。 『風に吹き飛ぶ麦藁帽子、荊棘のsanatorium、青い炎の電信柱、背中に負った君の唇が……』 行こう、あの美しいソドムの街へ。

  • 140字ほどの奇妙な話の標本。

    ♡2,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・28話 中村ハル

    2020年8月9日更新

    夢とも現ともつかないような、不可思議な短い話。140字程度の一編をお楽しみくださいませ。

  • 思いに浮かんだ どうでもいい 言葉たち

    ♡1,476,851

    〇41,243

    童話/絵本/その他・連載中・207話 Neo
  • なんてこともないつぶやき

    ♡4,700

    〇0

    ブログ/活動報告・連載中・24話 椿灯夏

    2020年8月8日更新

    空白の物語 ならこれから詰めていけばいい 何もないのなら、 これから自分を創っていけばいいーー

  • 言葉の雨を貴方にーー

    ♡79,600

    〇1,721

    詩/短歌・連載中・137話 椿灯夏

    2020年8月8日更新

    綴り人が種をまいて 想いをこめて 読み人が花を咲かせ 光をくれる そうして、この物語は育てられるの ❀ときに物語の中の詩なども載せるかもしれません 色々自由に書いてますが、ぬるい目でお願いします ❀ときに物語でも使うことも あーここで使ったのかとか、気づかれるかも?

  • 変身する覚悟はございますか?

    ♡700

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・4話 中村ハル

    2020年8月3日更新

    同僚の佳奈が最近、急に綺麗になった。まるで別人のように華やかに。 その秘密が知りたくて、私は佳奈の後をつけ、雑居ビルに辿り着いた。たくさんの蝶が飼われた水槽のある部屋で、私は男に、変身願望を告げる。佳奈のように、変わりたい。 「誰かのためでなく自分のためならば、その願望を叶えましょう」そう男に言われて、美しく変身した。 皮も骨も肉も、そうして魂までも、変身する勇気が、あなたにはおありですか?

  • 君と出会った雪の日を、僕は生涯忘れない

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・7話 .* 恋する大人のおとぎ話 *.

    2020年8月1日更新

    孤独な少年「くる」と、少女「くれない」 幼いふたりの、雪のように儚くせつない出逢いの物語*。 【オリジナル曲&PV】も公開中♪ https://www.youtube.com/watch?v=a7cTNwY9ANo

  • 詩集。長編の箸休めにでもどうぞ!

    ♡1,300

    〇0

    詩/短歌・連載中・5話 永山嘉月

    2020年7月23日更新

    私が今まで書いてきた詩のまとめ。かなり古い物も混ざってます。 書いてるヤツもほぼノリと勢いで書いてるため、フィーリングで受け取ってね。 しばらく連載中にして新しいの書いたら足していこうかと思いますが、 ある程度溜まったら完結させます。

    タグ:

    まとめ 幻想

  • 耽美と神秘のあわいを漂い味わう作品。

    ♡1,500

    〇20

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話 海山堂

    2020年7月20日更新

    涼香のベッドの飾り棚には、尾びれを美しく翻した透明な金魚の標本瓶が置かれていた。彼女は生物学者である父と二人暮らしだった。六つの頃に母の連れ子としてこの家に来たが、母はまもなくガンで死んで、腹違いの兄と姉とは成人してから家を出て行った。涼香が二十八になったある冬の日、父が死んで泣き通しだった彼女は、朝のニュースを耳にすると雪の中を飛び出して行った。

  • ただの物語メモです

    ♡7,400

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・34話 椿灯夏

    2020年6月29日更新

    ここは月灯りの夜に開かれる不思議な図書館 あなたのお気に入りの物語があれば、司書(作者)までお知らせください そうすれば物語は続いていきます 物語の欠片、あなたはどれがお好みですか?

  • 詩から生まれた物語

    ♡14,600

    〇150

    童話/絵本/その他・連載中・5話 椿灯夏

    2020年6月27日更新

    幻想ランプ店とは。 夜が深くなった頃ーー。 月灯りから逃げるように、路地裏の片隅でひっそり開かれている幻想ランプが売られている店。 値段は様々。珍しいものとの交換でも可。 店には夜色の青年がひとりいる。 お代は青年に気に入られるか、店に気に入られるかで無料となる。中にはまれなケースも。 たまにサービスでランプ以外の提供をすることもある。 日中は貸店舗となっていて、夜が深くなる頃現れて、また消えていく不思議な店。 ちなみに水曜日は定休日。 これは幻想ランプ店を営む青年の不思議な物語である。

  • いつか誰かの、一瞬

    ♡1,200

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・3話 白うさぎ

    2020年6月24日更新

    日々の中の綺麗なものや汚いものを詰め込んだ詩集もどき 名も無き人たちの恋慕や友愛を形に。 声無きものたちの叫びを声に。 遠い場所にいたかもしれない人たちの小さな物語の一部分。 リクエストがあれば長編作品として彼らの物語をもう少し長くお見せします。 ごみ箱に捨てられた言葉を拾い集めて、夜空の星として輝かせる。 そんなひとになりたい。

  • 壊れ物のような少女の美しさを描いた掌編

    ♡2,500

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話 海山堂

    2020年6月15日更新

    女の部屋で夢ともまぼろしともつかない影像に目覚めた後で、私は八年前、青森で出会った一人の娘のことを思い出した。娘は壊れ物のように美しい声をしていた。今は東京に勤めに出て来ている娘に、私は三たび会うために赴いたー。

  • 過去に書いた短編を収録しています

    ♡0

    〇0

    ホラー・完結済・5話 藤堂雷

    2020年6月12日更新

    1話「骨の森」骨とジベットの良さを主張するだけの話。 2話「屍牢の森」人生が詰んだと気づいたときの絶望って嫌だなあ。 3話「ただひたすらに塔を上る私のためのエレジー」高所恐怖症の人はつらそう。 4話「霧月煌惶」お察しの通り拙者、王家や貴族VS人民ネタ大好き侍で候。 5話「幻屍ノ夜」いろんなキャラクターが誰かの死体をひたすら探す話。他の話より多少長め。

  • 幻想ホラー

    ♡15,700

    〇0

    ホラー・連載中・12話 椿灯夏

    2020年6月9日更新

    あかあかと咲き連なる彼岸花。 夕闇を背にお社の屋根に座る少年と少女。 「はやく帰れ。じゃないと、ここから帰れなくなる」 緋葉――アカハ―― 「隠せばいいわ。緋葉をこんなのにした、ヒトだもの。 だって、ここは――緋葉の領域なんだから」 夕羅――ユラ―― 「……とんでもない場所に迷い込んだ」 木暮歩――コグレアユム―― えんえんと同じ景色を歩いてる事に気がついた時ーー もう、遅い。

  • 幻想童話

    ♡17,150

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・22話 椿灯夏

    2020年6月8日更新

    子どもの落書きだと、大人は笑うかもしれない――少女にとっては、ただひとつの真実だった (きれいなひとがかいた、きれいな物語。わたしの月はあなただったわ) スケッチブックに描かれていたのは…… ❀この世界のいろんな物語、世界観をただいま準備中ですーーこれはツキシロとユシアの物語。

  • 幻想死神シリーズ

    ♡2,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話 椿灯夏

    2020年6月7日更新

    漆黒の髪。 ルビーの瞳。 あかい、死神。 死神はうたう少女の傍で永遠に。 (幻想死神シリーズ) ❀朱音ノ唄 あかい瞳の死神と姫巫女の物語 ❀蒼い死神が笑った日

  • 切なく愛おしい約束の話

    ♡500

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話 exa

    2020年6月5日更新

    秋も終わりを迎えるある日、迷子になったこびとのこどもは、リンドウの花と出会いました。 寒い夜を花の根元で過ごしたこどもは、翌朝、ふたたび会う約束の証に、月のかけらをもらって帰ります。 けれど月のかけらは消えてしまい、約束は守られず、こびとのこどもの胸にちくちくと痛むひっかき傷となって残っておりました。 本作の無断転載、無断複製および無断翻訳を禁じます。

  • 夢の中での恐怖って理解されにくいよね

    ♡300

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・完結済・1話 ゲタバコ

    2020年6月2日更新

    夢というのは、人が浅い眠りにあるときに見る脳の錯覚である。 ただ、自分の脳内を構成するのは他ならない自分自身による刺激の結果であり、それが本当に現実に起きている事象なのかどうかはあまり関係がない。 要は、感覚であろうとも、これが起きたと確信していれば、経験でなくともそれは意識体験として真であるということがいえるのだ。 ただその光景を画面越しに見たというただそれだけでも、心臓は早鐘を鳴らし始める。

  • 「魔王様と暁の姫」会話形式

    ♡600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話 椿灯夏

    2020年6月1日更新

    【魔王様と暁の姫】の会話形式の小噺。友人に描いてもらったものを表紙にしてます。無断転載一切禁止。 ルシュラ・トレイカ 暁の国の王様。 クオイ・ロゼ 絵本作家兼王様の親友(らしい) リシュティア 暁の姫と呼ばれている少女。 ヨル 紫紡の国の姫に仕えている少年。 オリメ 紫紡の国の姫君。ヨルが仕えているお姫さま。 ロキ 北欧神話の神様。クオイとは師弟の関係とか。少年の姿をしている(本人が気に入っている) トール 北欧神話の神様。ロキとは永い付き合いであり、友だち。青年の姿を取っている。 ユーリ 夜の魔王様。暁の姫を溺愛していて、陽の魔王様とは親友。 カロライト 陽の魔王様。暁の姫と夜の魔王様とは深い繋りを持つ。結構お茶目。 メイサ・クル・ラサレ 蒼の国の女王。寒さには強いが、暑いのは苦手。 イア 陽花の国の姫。兄のハルに溺愛されているが困ってる。ルシュラが好き。 ハル 陽花の国の王。妹を溺愛していて、ルシュラがきらいらしい。 フェンネル クオイのグリフォン。普段は手の平サイズで、クオイのかばんに入っている。甘党。