張繡

検索結果:1件

  • 三国志の、宛城の戦いをテーマにしました。

    ♡37,617

    〇1,563

    エッセイ/評論/コラム・完結済・4話・9,999字 kikazu

    2020年11月29日更新

    時は三国時代——飛ぶ鳥を落とす勢いの曹操が、降将の張繡に急襲され、嫡子・曹昂と猛将の典韋を喪った宛城の戦いで、夜食が歴史に与えたインパクトを、とある武将の視点から描く、エッセイと言えるかどうかの作品です。 常勝の英傑・項羽の遺体を八つ裂きにした、漢の将軍・楊喜から十一代目の子孫で、食べ物で身を滅ぼした『 楊修 』が言い放った名言通り——中身は捨てるべきものだが、書いちゃったからには捨てるに少し勿体ない「 鶏肋 」の精神で、夜食の魔力と「食べ物の恨みの恐ろしさ」を綴っていきたいと思います。