検索結果:13件

  • 生物が魔法という摩訶不思議な力を使えるようになってからもうかなりの時間が経った。人類は魔法の力によってより良い生活、文明を手に入れ、魔導具の著しい進化によって誰もが才能など関係なくある一定以上の魔法を使えるようになった。 空飛ぶ船や、高速に移動する乗り物のなど魔導具の発明で人々の暮らしはさらに豊かになっていた。今や、努力などしなくても生活レベル、それ以上の魔法を誰もが使える。 そんな魔法なんて珍しくも何ともなくなってきた世の中に一人。魔法を全くと言っていいほど使えない少年がいた。 少年の名はファイク・スフォルツォ。彼は何百年かに一度現れるかどうかの影魔法に適性をもった少年であった。 とても珍しい属性の魔法に適正のあったファイクだったがその希少性から影魔法の詳しい歴史、文献、使用方法は何一つ残っておらず、その属性に適応した魔導具もまったく存在しなかった。故に人々はその魔法をハズレと呼んだ。 魔法を使えることが当たり前となった世の中でただ一人、魔法が満足に使えないファイクは無能な『荷物運び』として周りから虐げられていた。 そんなファイクはある時、とある人(?)との出会いで無能だの劣等人だのと呼ばれていた日々から一遍、最強への道を歩み始める。 己の野望と影を胸に抱き、少年は前人未踏の『大迷宮』へと挑む。 ※こちらの作品は小説家になろう等の他サイトでも連載しています。 スローペースです。

    読了目安時間:11時間34分

    この作品を読む

  • シャドウズ

    小説家になろうで、一足先に投稿しています

    100

    0


    2022年5月1日更新

    その日を境に、人類に光は無くなった。 突如出現した『シャドウ』という謎のクリーチャーによって人類の大量虐殺が始まったのだ。 最初のシャドウである『エビル』は大量のシャドウを率いて脅威的な生命力と回復力、そして圧倒的な力で人類を追い詰めていく。 絶望の淵に立たされた人類だったが、夜にしか出現しないシャドウを見て太陽の光が弱点であるということに気付く。 その後、太陽の光と同等のエネルギー『ルミナ』という光を駆使した武器を開発し、改良を重ねていった。 武器の完成と時を同じくして、人間側は『ラディウス』という対シャドウ組織を設立し、所属する兵士たちを『パージスト』と呼んだ。そして、戦う力を得た人類はシャドウとの全面戦争をしかける。 多くの犠牲を払い、長く苦しい戦いの末に人類は勝利を収め、闇の時代は終焉を迎えた。 それから数十年後ーー 人間たちは原則として、太陽が出ている時間帯だけの外出が基本的となり、シャドウの残党を相手に日夜、パージストたちは戦っていた。 エビルが開いた闇の時代から、少しずつ人類の傷は癒え、平和な世界になってきた......と、誰もがそう感じていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • ガラスのコップが筋トレをはじめました

    ガラスの繊維は強靭です

    5,400

    0


    2021年11月2日更新

    ガラス「プロテインシャァァァァ!」 影「ダンベルあるよ」 (なろうにもある)

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 虎の子図書館

    過去に書いた短編をまとめています

    2,100

    0


    2021年10月20日更新

    青春モノから童話風の物語まで、ジャンルを分けず過去に執筆した短編をまとめていきます。 暇潰しにお立ち寄りいただけたらうれしいです。 基本的に、別投稿サイトにて公開した作品の転載になります。

    読了目安時間:1時間39分

    この作品を読む

  • 風の天使へ

    忘れられない、忘れたい天使へ……

    0

    0


    2021年6月30日更新

    数年付き合って別れた元カノへメールした…元気かな?

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 来つ寝と影法師

    クーデレけもみみ狐少女になつかれました。

    96,400

    562


    2021年6月25日更新

    二〇二〇年の春、ぼく(十九歳)と狐少女のハンナ(十四歳)は出会った。 金色の髪とふさふさした尻尾をもち、頭頂部のけもみみがぴくぴく動いていた――。 「影が二つになる奇病」が世界中に拡散して久しい今日この頃。 ひょんなことから「もどき」の影をはがす能力を手に入れた「ぼく」。 この奇病の原因は何か? どうしてぼくは影をはがせるようになったのか? そんな疑問をよそに、同時並行的に進行するクーデレ狐少女ハンナとのほのぼの同棲生活。 この物語は、とりあえずそんなところから始まります。 では、どうぞ。

    読了目安時間:2時間54分

    この作品を読む

  • ロマ 〜果ての魔女〜

    世界の命運を握る魔女の微笑み

    300

    0


    2021年6月21日更新

  • 影の国のアリス

    女の子みたいな男の子とその影の物語

    12,000

    130


    2021年2月22日更新

    メンタル弱少年の幻想ラブストーリー。全11回です。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 成長する影

    目にするたびに、それは大きく成長する

    13,000

    100


    2021年1月11日更新

    いつからか菊池の視界の端にチラつきだした黒い影。クラスメイトとの喧嘩をきっかけに、人型となって具現化したその影は、やがて菊池の周りにいる人間を次々と襲いはじめた。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 影とは面影という意味だったような・・・

    0

    0


    2020年12月29日更新

    この愛は恐ろしい。純粋に愛し合った錦香と露は父と娘。その愛は業と言うべきものだった。絵描きの錦香は支配し、寵愛し、露はそれに依存した。恋愛のような単純な愛情ではないが、親子の親愛というには異常だった。それでも逃れることなどできない。逃れようとも思わない。だって、これは露の幸福な話。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • Being of tree ~ドッペル・ゲンガーの記憶~

    世界が忘れても俺〝僕〟は忘れない

    56,700

    0


    2020年12月26日更新

    世界が広がる時に伴う痛みを知っているのは世界で二人だけのはずだった…… 二人は同じ存在。しかし、心と身体は別。 二人が動かなくても何も変わりはしない。 それでも希望に向かうために二人は動き続ける。 世界、選択、影、存在。 二律背反する彼らだけが知る世界は希望も見えないままただただ広がっていく――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • 影の子の住む家

    外に出るのを禁じられていた。「影」だから

    2,600

    0


    2020年10月16日更新

    影の子どもがいた。自分の正体を知らない影の子は、ある日太陽の降り注ぐ昼間に外にでてしまった。自分の正体を知らない影の子に太陽の光が容赦なく突き刺さる……。 「闇の家」にはおとうさんとおかあさんと、私が住んでいた。私はずっと家の中で暮らしていたけれど、ある日、家を抜け出しました。外に出た私を襲ったのは光の矢だった。 表紙イラスト:フリーイラスト/ミカスケ様

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 影牢戦姫

    UJ原作プロットコン参加作品です。

    500

    0


    2020年4月15日更新

    罪の意識を抱える人間が時折迷い込む、夕暮れ時の影絵の世界”影牢”。そこは人間の深層心理とも呼べる影から生まれる影獣達の世界。 影牢へ迷い込んだ弟と愛犬を探すため、主人公は夢に現れた少女に導かれるまま、影牢へと足を踏み入れる。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む