後輩

検索結果:50件

  • この世界の秘密と謎、解きほどけるか。

    ♡450

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話・41,917字 夕闇 夜桜

    2020年12月1日更新

    「このループから抜け出すために、協力してくれ」 そう神様に助けを求められ、サポートキャラとして選ばれた水森飛鳥は『ループから抜け出したら即帰還』を条件に引き受ける。 この世界や主人公たちに関する知識、神様からの絶対的加護を元に、異能の存在する乙女ゲーム風・類似世界へと、少しばかり変わった方法で来た飛鳥だが、少しばかり流れがおかしい……? 「……何だこれは……」 「まあ、何だ。今は諦めろ」 飛鳥と周囲の者たちの勘違いや思惑などが錯綜する中で、それぞれが導き出した結論とはーー…… 【基本的には月一更新ですが、十二月と一月は二話更新となっております】 『小説家になろう』、『カクヨム』にて先行掲載中。

  • 年下メガネと探偵ごっこ。

    ♡300

    〇2

    現代/青春ドラマ・完結済・16話・122,179字 みやびつかさ

    2020年12月1日更新

    わたし、板井あおいは人付き合いのキライな高校三年生。 家族との関係もイマイチで、どうにも神経がイラ立ってしまって「うるさく」なってしまう病気っぽいもの持ちだったりする。 そういうワケで、放課後は最終下校時間まで静かな図書室へ逃げ込んでいる。 ところが、三年になった春から、いつもわたしが座っていた図書室の席に背の高いメガネ男子が居座るようになってしまった! 近所で起きた猟奇殺人事件をきっかけに、そのメガネ男子、一年生の河合颯太とお近づきになり、わたしは少しづつ人付き合いを取り戻そうとするも、あるトラブルに巻き込まれてしまう! 男に押し倒され、カッターナイフを突きつけられたわたしの顔面が急に剥がれてしまい……見た者に“ホンネを言わせる”超能力に目覚めてしまったのだ! 家族関係、連続殺人事件、超能力。……それから颯太くんとの関係。 カカオ73%でちょっとビターなわたしの高校生ライフ、いったいどうなっちゃうんだろう? ※当作品はフィクションで、実在の人物・事件・書籍等とは無関係です。 (毎日7時半に更新、全27話。小説家になろうさんでも同日更新中。ペースは同じ)

  • ラブコメ×ミステリー

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話・5,746字 神崎 楓

    2020年12月1日更新

    新人賞で金賞を受賞し、晴れて小説家としてデビューすることになった主人公・天堂司。大学という新たな舞台で作家業との両立を目指し、記念すべき第一歩を踏み出そうとするが‥‥。突如、家に届いた差出人不明の封筒が全てを狂わせる。 その封筒には、司がデビュー前に削除した筈の恥ずかしいWeb小説のコピー。そして、一通の手紙が同封されていた。 「ゲームをしましょう。貴方が一年以内に私の正体を看破できなければ、この恥ずかしい創作物を大学内にばら撒くわ」 文芸サークルの魔女より。 才色兼備のサークル代表、九条凛。完全な二面性を持ち、猫を被る一つ上の先輩、浅倉薫。そして、司を退いて新人賞で大賞を受賞した同級生、白上雫。彼女らの中に自分を弄ぶ魔女がいる。司は文芸サークルに加入し、魔女を探しつつ彼女らと交流していくのだが‥‥。

  • 私、“陽キャ”が一番嫌いな人種なんです。

    ♡1,800

    〇5

    恋愛/ラブコメ・連載中・119話・673,397字 たいちょー

    2020年11月29日更新

    ★第1回ノベプラ大賞にて、一次審査を通過しました!ありがとうございます! ―――――――――― 新年度。新入部員を獲得すべく、村木実(むらき みのる)が所属する演劇サークルは体験入部会を開いていた。 そこに訪れた新入生・本城綾乃(ほんじょう あやの)彼女が魅せつけた演技に惹かれ、なんとしてでも彼女をサークルに勧誘しようと村木は奮闘するも、度々追い返されてしまう。どうやら彼女は、根っからの“陽キャ”嫌いのようで……? “陰キャ女子”と“陽キャ男子”。絶対に交わることのなかった二人が、様々な経験を経て二人の距離を徐々に深めていく――。 これはそんな凸凹な関係二人の、ちょっぴり(?)チグハグな大学生活を描いた物語。49%の後ろ向きさと、51%の前向きさでお送りする、新しいラブコメディである。 【アナウンス】 ■本作品は、不定期に18時更新をしています。次の更新日について詳しくは、筆者のツイッターにてご連絡しております。 ■皆様から頂いた素敵なイラストは、キャラ紹介の回などでご紹介させて頂いています! ■この作品は、小説家になろう様にも同時掲載させていただいております。

  • エッチもありますが、真面目に純愛してます

    ♡32,520

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・43話・199,006字 清十郎

    2020年11月29日更新

    スリップなどのランジェリーフェチに目覚めてしまった少年が様々な恋愛を体験して喜び悩み苦しみを経験していきます。ちょっとエッチな性的描写もあるし、変態もありますが、感動もあります。最初は小学生から中学生にかけて、大好きな若くて綺麗なおばさんとの物語で、少年がランジェリーフェチとなったいきさつや、おばさんとの辛い別れを経験しました。少年はその経験や性向を引きずったなか、新たに同級生との恋愛に踏み出します。しかし、高校の2年間、愛を深めあい絆を確かめあったふたりに突然の破局が訪れ、少年は深く傷つきます。その後、そんな少年の前に相次いでふたりの少女が現れ、新たな展開が始まります。

  • 青春百合です! よろしくお願いします!

    ♡24,650

    〇10

    現代/青春ドラマ・連載中・8話・20,820字 白徒灯夜

    2020年11月28日更新

    「気持ち悪い」 一言だった。 私の想いは、この一言で終わりました。 たった一言でしたが、私は、誰かを【好きになる】のが、恐くなってしまいました。 それだけ、深く心に刺さる言葉でした。 私はーー気持ち悪いのでしょうか。 誰かを好きになるのが恐くなった白石百花と、誰かに好きと言われる合川小百合。 そんな、二人の想いが交錯する物語。 10/31に改稿致しました。 是非、これからも、【想いは交錯する】を宜しくお願い致します。

  • 後輩との甘い青春がここにある。

    ♡600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話・17,541字 カダヒロ

    2020年11月23日更新

    読書好きの僕は、ふとしたきっかけでやる気のない図書委員の後輩に毎日絡まれるようになった。 最初は鬱陶しいと思っていたが、垣間見える後輩の心に段々と惹かれていく。 二人だけの図書室での一時が大切なものと自覚し……。 ※本作は『カクヨム』『マグマク』『ノベリズム』にも掲載しています。

  • さぁ先輩、私たちの物語を始めましょう!

    ♡700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話・27,549字 空恋

    2020年10月24日更新

    主人公の立華 樹は大手動画投稿サイトに動画を投稿する、実況者だった。しかし彼は限界を感じ3年間続けてきた実況に幕を閉じた。 そんな彼はいつしか創る側から観る側へと変わり、ブイチューバーの『天野かいり』を応援していた。 しかしとある日のこと、彼のもとに天野かいりの動画が更新されたと一通の通知が……。退屈していた樹は、かいりの動画を見て絶望した。 その動画は暫くお休みするとのものだった。 半ば心の支えにもなっていた樹は、あまりのショックで公園で一人座っていると、なんの運命か同じく天野かいりが好きだという少女、佐倉ひかりと出会う。 自分と似ている彼女と仲良くなり、また連絡をすると約束した樹だったが……。

  • 銭湯でのドタバタラブコメ

    ♡42,568

    〇285

    恋愛/ラブコメ・連載中・12話・35,278字 マツモト

    2020年10月7日更新

    ひょんなことから、帰る家を失ってしまった俺「丹波祐介」 せめて足を伸ばしてゆっくりお風呂に入ろうと、昔ながらの銭湯にいったら、疲れからかすっかり寝入ってしまった。 すると、学園の生徒会長に全裸を見られてしまっただけではなく、あれよあれよと銭湯に住まわせてもらえることに。 昔ながらの銭湯の番台に座り、同級生の真面目な女の子、後輩のちっぱい、美熟女の女将の爆尻にドギマギする、銭湯ラブコメ! ストーリーごとにヒロインが変わりますので、お好みのヒロインを見つけて見てくださいね(*´ω`) 表紙絵(konaka様 @konaka_37kona)

  • 【Q.妹はお兄ちゃんを好きになっていいで

    ♡4,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・18話・45,712字 藤原有

    2020年9月25日更新

    【Q.妹はお兄ちゃんを好きになっていいですか】 ネット掲示板に表示された一つの新着の相談。 ネットサーフィン中だった蒼司は、あまりの衝撃的な一文にその手を止めた。 なぜなら、彼は妹アニメが好きだからだ。 【A.大丈夫だと思います、そんなアニメ見たことあるし】 と、蒼司が無責任に返信してからの話だ。 蒼司の事を嫌っていたはずの、実の妹翠が実に数年ぶりに話しかけてきたのは。

  • 先輩の先輩は年下の先輩。

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・2,072字 小糸味醂

    2020年9月24日更新

    それは先輩と呼ばれる後輩の心の動きを描いた、短い物語です。

  • たとえ、この身が夢に蝕まれ朽ち果てようと

    ♡35,600

    〇385

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,348字 Yuiz

    2020年9月1日更新

    ※「夢」をテーマにしたショートストーリー作品コンテスト参加作品です。

  • Aiのロボット先生と生徒達の絆の物語

    ♡8,500

    〇10

    現代/青春ドラマ・完結済・32話・53,142字 Himune

    2020年9月1日更新

    とある高校にやってきた先生、それはなんとAIのロボット先生だった。そこに1人の女子が質問をする。 「しょ、食事はどうしてるんですか?」 ――ある日、男子生徒が1人の女子を見ていた。するとある先生は言う、それは恋だと。 ――ある女の子は中学でいじめを受ける。友達のような人が卒業してしまい1人になった彼女がとった行動とは。 普通の高校3年生の舞台に登場するAIのロボット先生と生徒たちの青春ストーリー。 是非ロボットの先生がいる高校最期の1年をご堪能くださいw ※アルファポリス、エブリスタでも連載

  • 歩みを進めるのは、繋がりを信じているから

    ♡2,100

    〇0

    ホラー・完結済・1話・7,794字 気力♪

    2020年8月25日更新

    ベネット・須田。イギリス系ハーフの彼女はある日、付き合っていた”紫藤村雲”の異変に気付く。 彼の姿かたちは変わらない。彼の性格も変わっていない。 だが、彼は確かに”紫藤村雲ではなかった” そんな妄想のような直感から、ベネットは人間が踏み込むべきでない狂気の中へと歩みを進めていくことになる。

  • 幼馴染が関係性に名前を付ける話。

    ♡3,500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・4,340字 エトナ

    2020年8月22日更新

    幼馴染の清水蘭との間には、学年という壁があった。 高校に上がってしばらく会っていなかった蘭から、久しぶりに連絡が来る。 この作品は、小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにも掲載しています。

  • 食べちゃうよ?

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・1,152字 はるひの

    2020年8月13日更新

    ほんわな天然な先輩と、せんぱい大好きな後輩くんのお話です。 ※この作品は他サイトでも公開しています。

  • 恋愛短編集。男女の頭の中を描きます。

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話・19,849字 武藤珈琲

    2020年8月11日更新

    それぞれの恋には、それぞれの感情がある。片思い、結ばれぬ両想い、許されぬ恋ー。男女の会話を、それぞれの視点から描きます。

  • 反りの合わない二人の距離は、徐々に近づく

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話・19,648字 月要

    2020年8月10日更新

    大学進学を期に、住谷絆は祖母に呼ばれ地元から少し離れた祖母の家に移り住む予定だった。 だが高校三年の秋、祖母が他界する。進学先も決まっていた俺は今更新しい家を探すこともできずそのまま祖母の家で一人暮らしをすることになる……はずだった。 あいつ……文野茉莉と出会うまでは。 高校を卒業し、新しい家の下見で祖母の家を訪れた時、文野茉莉と出会ってしまう。 彼女も彼女で祖母に呼ばれていたようで、俺らは急遽一人暮らしではなく二人暮らしに。 反りが合わないなりにうまくやっているが、二人にも色々大変な思いがあって……。 本当はどこか似ているかもしれない二人が織り成す、どこか温かくどこか優しいドタバタ同棲大学生活。 「ねえ、私朝はパン派だっていったよね?」 「知らないよ、俺は朝ご飯派だ。食いたきゃ自分で作れ」 「ちっ」 ※この作品はなろう、カクヨムでも掲載されています。

  • ツンデレキャラを演じているつもりなの?

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・5,569字 一葉

    2020年8月8日更新

    僕は、いきなりだけど気付いたことがある。それは、僕と同じ部の部員の後輩のこと。 多分、僕の後輩は『ツンデレキャラ』を演じているつもりなんだって分かった。 いや、ね?ツンデレキャラをしてたら、普通にわかるじゃないかって人もいるでしょ?でもね、僕の後輩は演じようとしているってだけで…… 普通に甘えてきているんだけど……。 これは、演じようとしているだけで僕がなにか言うとなぜかそれを切りやめて甘えてくる……そんな後輩の物語。

  • 更新頑張ります。

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・3,353字 トム子

    2020年7月29日更新

    俺の好きなアイドルは、俺の使えないポンコツ部下でした。 デザイン事務所に務める俺 高木健也は、毎日出来損ないのポンコツ部下 五十鈴花を叱ってばかりいた。 そんなイラつく日々に唯一癒しを与えてくれるのが、写真投稿アプリから人気になったアイドル「リンちゃん」だった。 リンちゃんのライブ配信は必ずチェックしているくらい大ファンの俺。毎週金曜日が配信日なのだが、今週は当日に急遽飲み会が決まって仕方なく参加をする事に…。 見れないショックでイライラが募っていたが、途中タクシーでアプリを確認すると、リンちゃんも仕事だという事で、ライブ配信は明日に変更になっていた。 そんな事にちょっとした運命を感じた俺は、上機嫌になり、口笛を吹きながら遅れて居酒屋に到着すると、すでに酔っ払って暴れ回っている五十鈴の姿が。 「高木くん、悪いけど五十鈴ちゃんと方向一緒だから帰りよろしくね」 「はいっ?!」 帰り、仕方なく五十鈴と一緒にタクシーに乗る俺。 マンション下に着いても一向に起きない五十鈴を仕方なくおぶって部屋へと向かう。 鈴木のバッグから鍵を取り、部屋に入ると、はっきり言って五十鈴の地味な容姿に合わない水色と白の清潔感あふれる部屋だったため、意外と女らしい部屋してんじゃん、と少し戸惑うように思いながらも、俺は五十鈴をベッドに放り投げ、帰って行った。 翌日。 目を覚まし、リンちゃんのライブ配信を見ると、どこか見覚えのある背景が目の前に飛び込んできた。 水色と白を基調とした部屋……。それは昨日の夜、見た五十鈴花の部屋だった……?! ※オフィスラブです。公開後も、修正しながらやっています。