微ヤンデレ

検索結果:3件

  • わたしのアビス ~年上の無二の友人で実は父親だった仇敵が転生しても執着してくる~

    生まれ変わりインモラル・ラブ。

    400

    0


    2021年12月4日更新

    ティーナ(レオンティーナ)の大切なものすべてを奪い人生をぐちゃぐちゃにした仇敵は、彼女が唯一心を開ける相手だった。互いに正体を知らず親しくなったティーナとレオンツィオ。ふたりは大切な友人同士で――父娘(おやこ)だった。仲間を皆殺しにされ、追い詰められ、勝ち目がないと悟ったティーナは友人にして父にして仇敵であるレオンツィオの自身に対する好意を利用し、心中へと持ち込む。――それですべてが終わるはずだった。しかしなんの因果かティーナは転生し、再びレオンツィオと出会う。今度は赤の他人として。そして前世の記憶を持つレオンツィオはティーナに執着してきて……。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※舞台は現実世界に近しい異世界だと思ってください。 ※旧題「わたしのかいぶつ」。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間48分

    この作品を読む

  • 王立騎士団第三師団長を務めているレオノーラは侯爵令嬢であり、第二王子ロレンツォの婚約者でもあった。しかし、二人の仲は冷えきっており、ある夜会で婚約破棄されてしまった。その帰り道に同期の第一師団長、コジモと偶然出会う。騎士学校時代からずっと冷たい態度をとられた彼に今更慰められるとは思っていなかったが、それどころか開口一番「野猿」と罵倒される。 たった数時間で婚約破棄に同期からの罵倒というダブルパンチを食らったレオノーラ。 家を継ぐ立場ではなく、結婚する必要性は薄いとはいえ、先にコジモに結婚されてはまたなにを言われるかわからない。そのため騎士団の仕事の合間に婚活を進めようとするが、見事に惨敗続き。 一方で、罵ってきた本人であるコジモの行動が矛盾だらけで困惑する。王都一予約が取れないという武具屋の優先研ぎ券を渡してくるくせに、剣術大会の個人戦決勝では特大の地雷をぶち抜かれる。彼の対応の温度差に意図を察することがレオノーラにはできなかった。 そんな中、王都の見回り中に襲撃されたレオノーラ。手強い相手に太刀打ちができずに窮地に陥ったが、突然現れたコジモに救われ、そのときに形だけの婚約をしないかと提案された。突然の提案に戸惑いながらも時折見せる優しさにちょっとずつコジモに惹かれていく。 そんなある日、王宮で開かれる《アザミ祭り》へ二人で向かう道中に襲われる。以前、彼女に襲い掛かってきたのと同じ襲撃者たちであり、その正体が暴かれた。そして、コジモがレオノーラに対して隠し続けていた本音と行動の理由、そして第二王子からの婚約破棄の真相が明らかになる。 ※他サイトでもショートver.を公開中 ※イラストはもち麦ぴよ様です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む

  • 僕の血塗られた天使へ

    ガチムチ受けって可愛いですよね

    1,000

    0


    2020年11月18日更新

    リンチされた有翼人カイに手を差し伸べたのは次元をまたにかける盗賊・次元賊の医者ラファエル。カイとラファエルは次元賊として盗みと殺しを続けるが、命を使い捨てる組織に耐えかねた医者と戦士は脱走を決意する。 2人は追手を潜り抜け、安息の地を探す。たとえそれが絶望的な逃避行だとしても。 愛は死神をも遠ざける――かもしれない。 医者・ラファエル×戦士・カイ

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む