心の成長

検索結果:1件

  • 幼神はまだ夜明けを知らない

    終末世界で生きた男の、はじまりの物語

    383,200

    3,935


    2021年9月17日更新

    「ゾンビウイルスが、別の世界にまで拡がっているんだ」 その事実を知ったのは、すでに死んだ後の事だった。 現代技術でも解明できない謎のウイルスにより、崩壊した地球。そこで旅をしながら生きてきた青年・御崎成哉は、立ち寄った街でゾンビと戦闘になる。 油断からついに嚙まれ、自決薬をのんで最後に祈ったのは「来世は平和な世界で、当たり前な日常を送りたい」という、ほんの小さな願い。 気が付くと成哉は、不思議な空間に立ち尽くしていた。 そこで神と名乗る少女・ククリアと出会い、衝撃の事実を告げられる。 なんと地球と繋がっているという異世界にゾンビが召喚され、被害が出てしまったというのだ。 「君にこの世界を救って欲しいんだ。父親の代わりに」 ウイルスを拡散させ、地球に崩壊をもたらしたのは――成哉の実の父親。 身内としてずっと負い目を感じていた事から、その頼みを受け入れる。 代わりに能力を授かり、転生を果たした先で、貴族のひとり息子・ウェスティンとして産まれた。 だが貰った能力も発現しないうえ、なぜかその体は周りに死をもたらす不幸体質持ち。 四歳という年齢で親族から見放され、孤児院へと入れられてしまう。 ゾンビを倒す前から困難が待ち受ける中、前世では経験しなかった、人とのふれあいを知っていくウェスティン。 やがて彼は孤児院の仲間たちにも、すでに危機が迫っていると知る。 受け入れてくれた人達のため。自分自身の願いのため。 ゾンビという脅威を消し去るために、歴代最弱の転生者は、今度こそ世界を救うと決断する。 前世にまつわる因縁の渦が、やがてこの地を呑み込んでいく事も知らずに。 ▼ この作品はこんな方にオススメです ・転生ものの要素を、王道感のあるストーリーで楽しみたい ・まっすぐな主人公を応援、没入しながら読みたい ・周りとの関係が徐々に深まっていくのが好き ・熱くなる作品、泣ける作品を求めている ※序盤・一部にホラー描写が含まれます。 この作品は小説家になろう・エブリスタにも掲載しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:21時間38分

    この作品を読む