心霊スポット

検索結果:13件

  • 誰がいるんですか?

    夏の夜の怪談コン 参加作品1 実体験です

    15,700

    5


    2022年7月16日更新

    「夏の夜の怪談コンテスト」参加作品です。 もう十年以上前になるでしょうか。地元・埼玉県の山中にある『鎌北湖』へ、ドライブに行きました。そこは風光明媚で、空気は澄み、春には湖のほとりに並ぶ桜が満開になり、秋には紅く色づく紅葉がとても綺麗で、ハイキングコースとしても、とても良いところです。 そこで、聞いてしまったんです・・・ 100%ノンフィクション。 実体験です。 2022年7月16日 20:40 公開予定 全1話 2222文字

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 【完結】慰霊の旅路~試練編~

    宜しくお願いします。

    1,100

    0


    2022年4月2日更新

    日本各地に霊能者もしくは霊感の強いユーザーから投稿を統括に管理する各心霊スポットの解説者でもあり、また同時に供養や御祓い、除霊などの依頼を引き受けるサイトを運営する心霊スポット投稿・検索サイト”慰霊の旅路”。メインの霊能力者の兄・饗庭星弥が長年不在としている中、弟である侑斗が兄に変わり新たな”慰霊の旅路”を管理する霊能者として認めてもらえるように失敗しながらもめげずに修業を続けるシリーズ第3作。 社会人になって1年目を迎えようとしている饗庭侑斗は小城市役所の市民課の職員として引き続き働きながら高校生時代から続けている霊能力者としての活動をボランティアとして引き続き活動していた。そんな侑斗が、霊能力者として行く先々で出会った哀しい出来事や語り継がなければならないことを兄星弥が立ち上げた心霊スポット検索サイトの”慰霊の旅路”にて投稿された心霊依頼やオカルト番組の同行霊能力者として失敗をしながらも決してめげずに過酷な試練に果敢にも立ち向かっていく侑斗の霊能者として日々除霊と御祓いの技術を鍛錬していく。

    読了目安時間:9時間38分

    この作品を読む

  • 【完結】慰霊の旅路~対峙編~

    宜しくお願いします。

    2,200

    0


    2022年1月16日更新

    日本各地に霊能者もしくは霊感の強いユーザーから投稿を統括に管理する各心霊スポットの解説者でもあり、また同時に供養や御祓い、除霊などの依頼を引き受けるサイトを運営する心霊スポット投稿・検索サイト”慰霊の旅路”。メインの霊能力者の銀河(饗庭星弥)が長年不在としている中、弟である侑斗(=北斗)が兄に変わり新たな”慰霊の旅路”を管理する霊能者として認めてもらえるように失敗しながらもめげずに修業を続けるシリーズ第2作。 社会人になって半年が経過した饗庭侑斗は小城市役所の市民課の職員として引き続き働きながら高校生時代から続けている霊能力者としての活動をボランティアとして引き続き週末に限定し活動していた。そんな侑斗が、霊能力者として行く先々で出会った哀しい出来事や語り継がなければならないことを兄星弥が立ち上げた心霊スポット検索サイトの”慰霊の旅路”にて新たに霊能力者の北斗として失敗をしながらも決してめげずに過酷な訓練に果敢にも立ち向かっていく侑斗の霊能者として週末には全国各地の心霊スポットへと旅する週末霊能者として日々除霊と御祓いの技術を鍛錬していく。

    読了目安時間:9時間5分

    この作品を読む

  • 【完結】慰霊の旅路~修業編~

    宜しくお願いします。

    2,700

    0


    2021年11月28日更新

    日本各地に霊能者もしくは霊感の強いユーザーから投稿を統括に管理する各心霊スポットの解説者でもあり、また同時に供養や御祓い、除霊などの依頼を引き受けるサイトを運営する心霊スポット投稿・検索サイト”慰霊の旅路”。メインの霊能力者の銀河(饗庭星弥)が長年不在としている中、弟である侑斗(=北斗)が兄に変わり新たな”慰霊の旅路”を管理する霊能者として認めてもらえるように失敗しながらもめげずに修業を続けるシリーズ第1作。 2025年4月1日。 晴れて社会人になった饗庭侑斗は小城市役所の市民課に公務員として就職をするが高校生時代から続けている霊能力者としての活動をボランティアとして引き続き活動していた。そんな侑斗が、霊能力者として行く先々で出会った哀しい出来事や語り継がなければならないことを兄星弥が立ち上げた心霊スポット検索サイトの”慰霊の旅路”にて新たに霊能力者の北斗として失敗をしながらも決してめげずに過酷な訓練に果敢にも立ち向かっていく侑斗の霊能者見習いとして週末には全国各地の心霊スポットへと旅するさすらい見習い霊能者として日々除霊と御祓いの技術を鍛錬していく。

    読了目安時間:9時間0分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第7弾】潤一郎~怨念のサークル~

    宜しくお願いします。

    200

    0


    2021年10月10日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 競合他社を蹴散らしたい。 そんな思いで、赤字続きの会社を絶ち直したい社長の染澤潤一郎は悪の道であると分かりながら、サタンを崇拝するカルト宗教へとのめり込んでいく。一心不乱になってもなお、事態が打開できず、もう会社の立ち直りは出来ないと分かった1974年7月23日に事件が起きて潤一郎はこの世を去ってしまう。決して消えることのない潤一郎の中で宿った怨念は、何十年経っても癒えることは決してないだろう。そして潤一郎による惨劇が再び繰り返されることになった。

    読了目安時間:3時間10分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第6弾】悟(さとる)~拭えぬ穢れ~

    宜しくお願いします。

    100

    0


    2021年10月3日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 かつて同じ業界で共に競ってきた戦友であり親友だった染澤潤一郎や望月裕を次々と、無理心中事件の犯人として報道され、自らも潤一郎亡き後、かつてのソメザワ・マテリアルだった武雄市内に存在した会社工場を買い取り移転をしたとともに命ある今だからこそ出来る彼らに対する償いと、そして事件の真相を模索した小鳥遊悟の数奇な運命を描き出す。

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第5弾】克哉~闇に葬られた真実~

    宜しくお願いします。

    0

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 1975年1月1日に虹の松原で首吊り自殺を図った、ソメザワ・マテリアルの副社長にまで上り詰めた福冨克哉が生前に社長だった染澤潤一郎の事件とモチヅキ・ドリーム・ファクトリーの社長の望月裕による事件の真相を記録した8mmフィルムを入れた金庫を虹の松原の中にある場所に金庫ごと土の中に埋め隠した後に自らの命を絶った。潤一郎、裕、そして樹(しげる)の怨霊としての凶悪性が増していく中、闇に葬られた真相を暴く必要があると見た心霊現象研究家の鬼塚と樹(しげる)の子孫にあたる饗庭が、福冨が金庫に入れて隠した8mmフィルムの行方を追い、呪いと闘いながら挑んでゆく。

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第2弾】裕(ゆたか)~呪いの拡散~

    宜しくお願いします。

    300

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 1974年12月28日に経営していたモチヅキ・ドリーム・ファクトリーの倒産と同時に多額の借金を抱えた望月裕は凶行に走る。玄関で夫の帰りを待つ絹子夫人を絞殺した後、息子2人を刺殺した後に買ってきたガソリンを家中にまき散らすと、リビングのソファに火をつけ、逃走した。その後、車で唐津市内の観音の滝へとやってきた望月は23時45分頃に観音の滝の滝面へと身を投じて自殺を図った。生前の最期の望月が映し出された8mmフィルムによる動画がYouTubeにより拡散され呪いの犠牲者が広がってしまう。

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第1弾】怨念~怨みの念~

    宜しくお願いします。

    300

    0


    2021年10月2日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 宮崎県串間市から佐賀県多久市内へ引っ越してきた荻窪一家。5LDKでありながら、中古で賃貸の家賃7万円の魅力に取りつかれすぐ賃貸契約をしてしまうのだが、その家には以前住んでいた一家の父親による無理心中事件が起きたという悲しい過去があった。荻窪一家が住んでいくにつれ、普通の家ではありえない怪奇現象が立て続けに起こり始め、次第に住むことがトラウマと化していく。

    読了目安時間:2時間5分

    この作品を読む

  • ホラー集

    和了

    200

    0


    2021年6月1日更新

    心霊ってみない?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 行っては行けない場所がある

    1,400

    0


    2020年12月14日更新

  • 蛛網夜行

    引き、憑き、祓いの三人組怪異譚

    2,400

    5


    2019年10月12日更新

    蛛網 ちゅ-もう 意味:蜘蛛の巣 「僕」と友人のIと後輩のMは、とある心霊スポットへ行って以来、怪異に関する厄介ごとに巻き込まれるようになって……。 主人公の「僕」は霊を引きつけ、霊媒体質のIは何かと取り憑かれ、霊感があり機転の利くMが祓う。 そんな三人組の怪異にまみれた日常を、どうぞ暖かく見守ってください。 ※『怖話』、『小説家になろう』にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 僕らの怪処探訪

    「僕」の叔父さんはちょっと変わっている

    7,000

    0


    2019年7月20日更新

    僕は友人と、かつて火災で大勢の人が亡くなったという廃ホテルに訪れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:31分

    この作品を読む