検索結果:10件

  • 心を持たない彼女が人と触れ合う話。

    ♡36,800

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・61話 紫蛇ノア

    2020年3月30日更新

    孤児たちが治める『アジャス孤児院国家』、その戦闘部隊に所属するハデスとイワンは、20才で二つ名を与えられるほどの強さを持っていた。しかし、彼らはお互い性格が正反対で仲が悪いことでも有名だった。 そんな二人が長から任された任務。それは他国からの依頼をこなし――暴れまわるヒト型の実験動物を捕らえ、アジャスのものにすること。 そこには紅い舞を舞う女の姿があった。 彼女の正体は“半”人造人間レヴィアンタ。 戦闘のためだけに人の形を模して作られた機械生命体。しかし、彼女がハデスをマスターと認識したときから彼女の運命は大きく変わった。 なぜ彼女が生まれた場所でもある研究所を破壊したのか。生まれてきた意味とは――。 ハデスとイワンとともに、アジャスや他地域で人間として過ごすうちに、彼女はひとつのことを欲しいと思った。 そう、心を――――。 ※この作品には、設定上“孤児”の表現が多用されています。不快になられる方は、ブラウザバックをお願いします。 また、この作品は孤児となった子供たちを卑下する目的で描かれてはおりません。彼らが世界を辛くも明るく生きる方法を模索しています。

  • 思いつくままに書いた詩です

    ♡39,300

    〇30

    その他・連載中・48話 ★lakma★

    2020年3月29日更新

    あなたの声 私の声 いつか大切な人に伝えたい 心の声

  • 少女たちの「心」が織りなす物語

    ♡2,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・79話 ミント

    2020年3月27日更新

    ※旧タイトル「リターナー・ゲマインシャフト~戦闘マシンから人間に戻れた少女たちは何ゆえに失われし日々を夢見るか~」 悪しき魔女に心を封じられ戦闘マシンとして洗脳された少女「マヤの兵士」。 剣と魔法・科学が織りなすこの世界は、主の命令のままに人々を蹂躙する兵士によってかき乱され、恐怖のどん底に陥れられていた。 そんな「マヤの兵士」としての過去を持つ少女「スーリ・アミキティア」。自分の心を取り戻してくれた恩師に従事する彼女は、ある日マヤの兵士たちの襲撃に遭う。命からがら逃げきったスーリだが、1人追跡してきた兵士「シャルル」が何故かスーリに付き従うようになる。 それが、この世界「セノア」の運命を動かす全ての始まりだった―― ※なお、本作品は「小説家になろう」「カクヨム」にも投稿しております。

  • 心、その一文字が貴方に届きますように。

    ♡19,650

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話 芥无 秀仁

    2020年3月12日更新

    貴方にとって " 心 " とは何ですか? 脳が感じる電気信号の一つ? 目に見ることが出来ないそれを、確かなものにする為の条件とは? 感情とは、何をもって感情たりえるのか? 今この瞬間も、貴方は、ここに居ることを選択しています。 人は、数多ある選択を繰り返し、生きている。 貴方が選択したことで、今が成り立ってるともいえます。 それが、意識的にしろ、無意識にしろ...... 貴方の選択により、もう、物語は始まっている。 この世のすべての事象には意味があり、物語は止まることなく紡がれてゆく。 これより語られるは、「心持つ者」と「持たざる者」、そんな相反する二人が紡ぐ物語。 " この物語、果たして貴方の瞳には、どの様に視えるのでしょうか? " ーー どうか貴方の想像力が刺激され、貴方だけの物語となりますように。

  • 読んでいただけると幸いです

    ♡2,600

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・12話 神里真弥

    2020年2月3日更新

    ゴールデンウィークを間近に控えたある日、高校2年生になった青山勇人(あおやまゆうと)は1つ年下の少女姫宮有栖(ひめみやありす)と出会う。 出会い方は本当に些細なものだったが、青山勇人は姫宮有栖の言動に違和感を覚えていた。そして、青山勇人は姫宮有栖の物語を知ることになる。

  • 彼らは私たちを待っている。

    ♡1,000

    〇0

    その他・完結済・1話 八々法丸

    2019年12月9日更新

    「この世界を覗く、心を持つものがいるのならば、文字の世界へ来てください」 —— 創作の原点へ立ち返る。その通過点になったなら幸いです。

  • 心理学で人の心は分かりません。

    ♡1,000

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・完結済・1話 阿賀沢 隼雄

    2019年8月16日更新

    私が専攻している心理学を批判してみましたwww ちなみに、心理学を学んでいても人の心は読めません。ああいうのは、単に洞察力とか観察力とかが凄い人です。 寧ろ、心理学を学んでいたら、人の心の謎が深まるばかり。 寧ろ、そこが面白い!というのを分かって貰えたらなと思います。 このエッセイでは無理か?

  • 心はどこにあるのでしょうか?

    ♡2,760

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・41話 真白悟

    2019年8月5日更新

    ある日、皐月誠(さつきまこと)はクラスメートである宮下アヤメ(みやしたあやめ)から「心はどこにあるのか?」と尋ねられる。 しかし、授業をサボり、頭の良くない誠にとって簡単に答えられる質問ではない。誠は直感的に心臓と答えることにした。だが、彼女はその答えを気に入らないようだった。 ちょうどその日、誠が所属するファンタジー生物保護部に一件の依頼が届く。 誠はその依頼に巻き込まれながらもはアヤメの言う心の在り処を探し、成長していく。

  • 拡張現実ロボットバトルモノです。たぶん…

    ♡2,700

    〇0

    SF・連載中・9話 天菜真祭

    2019年7月27日更新

    天結びに黒髪を結った美少女、宇佐美沙加奈は、脳機能バイパス手術を受けたシリウスリンカー。少女は無課金の仮想機械騎士を操り、拡張現実の戦場で重課金されたロボットを狩り倒す。勝利ポイントをロンダリングして電子マネーにチャージするため。何よりもロボット狩りの熱さに魅入られてしまったから。 大脳新皮質に量子通信でアクセスできる技術が開発された近未来―― 少女は、量子サーバーが描き出す拡張現実の戦場に、赤錆びた仮想機械騎士と伴に降り立つ。 さあ、紳士、淑女の諸君! 爛熟した資本主義が織りなす重課金の戦場へようこそ。

  • 父と母と一緒に住んでいた家から出る

    ♡1,000

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・1話 北きつね

    2019年5月19日更新

    俺は父と母と血がつながっていない。その事を知らない事になっている。 俺は明日、父と母と一緒に住んでいた家から出る。 この家では、長男となっているが、俺は二番目に愛情を注がれるべき対象なのかもしれない。 もしかしたら、愛情を受けることもおかしいのかも知れない。 俺は、本当の両親の事を知らない。 知りたいとも思ったことはない。 たとえ、弟が産まれて、二番目の愛情だったとしても、俺は両親から愛情を感じているからだ。 家から出る前日に父から話があると言われた。

    タグ:

    家族愛