怪奇小説

検索結果:6件

  • モルチュアリィ通りの殺人 ‐It's a dream and one of the other ……‐

    ある歴史的推理小説のオマージュ

    0

    未参加


    2021年3月1日更新

    【あらすじ】 パリのモルチュアリィ通りに建つとある屋敷で、住人の親子が惨殺された。人の所業とは思えぬ残忍で奇怪なこの難事件に、甘味と少女を愛すパリの変人ニベルコル・ムッシュが興味を抱く。 当小説はとある古典作品のトリックをほぼそのまま用いたオマージュですが、作品名が重大なネタバレとなるので後書きに記します。 【はじめに】 この散文には一部実在する名称や概念などが登場しておりますが、木村直輝が個人的に執筆した散文です。 また、読まれる方によって不快に感じる場合がございます。 【マルチ投稿】 「ハーメルン」を中心に複数のサイトで公開しています。 https://syosetu.org/novel/232176/

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • 俺を思い出せ

    見知らぬ駅で男が体験した奇妙な出来事――

    0

    未参加


    2021年2月27日更新

    【あらすじ】 いつものように電車に乗って帰路に着く男が、居眠りの末に辿り着いた場所、そこは見た覚えも聞いた覚えも無い駅だった。男によって語られる、見ず知らずの土地で経験した奇妙な体験談。 ――この小説は男による奇妙な体験談を読者が聞く物語、つまり読者が、貴方が主人公の小説というつもりで書きました。この小説では決して描写されることのない最ご、すなわち貴方の結末がハッピーエンドでありますように。 【一言】 J.D.Salingerさんの『The catcher in the rye(ライ麦畑でつかまえて)』を野崎孝さんの訳で読み、その主に口調に影響を受けて書いた小説です。 【はじめに】 この散文は木村直輝が個人的に執筆した散文です。 また、読まれる方によって不快に感じる場合がございます。 【マルチ投稿】 「ハーメルン」を中心に複数のサイトで公開しています。 https://syosetu.org/novel/228948/

    • 性的表現あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • キングダム・オブ・ゴッド

    ひとりの男が未知の冒険をする幻想譚。

    13,200

    0


    2020年11月29日更新

    THE KINGDOM OF GOD ひょんなことで父を殺してしまった「わたし」は、母から授かった不思議な「薬入れ」を携えて、冒険の旅に出る。さまざまな危機や苦難におそわれ、何度も死にそうな目に遭いながらも、やがて、〈キングダム・オブ・ゴッド〉と呼ばれる不思議な国に、足を踏み入れることになる。 アフリカ大陸が舞台の、大人向けのおとぎ話。または、幻想小説。 〈おもな登場人物〉 わたし ………… 主人公の「わたし」。父を殺してしまい、故郷の町を去る。 母 ………… 「わたし」の母。父を殺した「わたし」に、餞別として、不思議な「薬入れ」を授ける。 父 ………… 母の再婚相手で、「わたし」にとっては義父。「わたし」に殺される。 女主人 ………… 〈日没の地〉で交易商を営む、独身女性。「わたし」を小姓として雇う。 父親ラクダ ………… 〈ラクダの町〉の少年ラクダの父親。「わたし」を家畜のように使役する。 砂漠の民の王子 ………… 〈砂漠の民〉の王子。ロバになった「わたし」を乗り回す。 悪霊の王さま ………… 〈悪霊の町〉の王さま。四六時中、パイプを吹かしている。 悪霊のお姫さま ………… 悪霊の王さまの娘。人間の「美形の紳士」に恋する。 美形の紳士 ………… 悪霊のお姫さまに惚れられる、美形の人間の紳士。 物乞いの木 ………… 「わたし」から「死」を奪ったあと、〈竜の村〉を救えと「わたし」に言う。 おそろしく赤い邪悪な竜 ………… 〈竜の村〉を襲う、卑怯で残忍なトカゲ。 心の醜い魔術師 ………… とにもかくにも、心が醜い魔術師。悪鬼どもを率いている。 夜のような美しい肌を持つ女性 ………… 幼い「わたし」の悪夢に出てきた、とても美しい女性。 ※2020年7月25日に連載開始。以降、毎週土曜日 午後10時ごろに投稿。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間14分

    この作品を読む

  • 群青図書館

    偏った愛で小説等を紹介していく

    1,700

    10


    2020年4月1日更新

    ようこそこんばんは(愉悦) だらだらと本(主に小説)の紹介や話をして行こうという企画です。 単調にならないように紹介するだけでなくエッセイ要素も少しいれようかと思ってますが、人が知らない本を教えるという前提でも書くのでやや説明くさい部分は許してね。 ネタバレは極力しないよう頑張ります。作品や作家に対する私見も入ることがありますがそれも許してね。 ネタがある限り続けられますが……どこかで区切りをつけるかもしれません。 もしなにかご意見ありましたら気軽にどうぞ。

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • プレゲトンの果実

    3分で読める怪奇植物の話

    1,100

    0


    2019年10月17日更新

    執筆力アップのために1時間半以内に何か物語を作って書く練習をした際にできたものをハロウィンホラーフェア用に微修正したものです。 1700文字なので3分あれば読めると思います。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 怪光

    クトゥルフ風怪奇小説

    6,700

    200


    2019年9月16日更新

    旅の途中にとある古びた港町を訪れた「私」は、そのあまりの活気のなさに落胆した。町に一泊だけすることに決めた「私」は、何気なく入店したバールにて、訳知りの老人から「静かに過ごすように」と忠告を受ける。どうやらこの地が不気味なほど静まり返っているのには理由があるようだが―― クトゥルフの文脈を採用した短編ホラー。 ※他サイト重複投稿作品

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10分

    この作品を読む