怪奇現象

検索結果:9件

  • 怪奇探偵・藤宮ひとねの怪奇譚

    怪奇現象に推理は通じるのか!怪奇ミステリ

    7,000

    0


    2021年5月10日更新

    とあるマンホールの下に広がっていた地下図書館。そこの住人であるひとねは健斗に対してこう言った「私は死なないわ」 不死鳥に取り憑かれた少女が地下図書館の知識を持って挑む怪奇現象!怪奇ライトミステリ、開幕!

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

  • 眠れぬ夜は呪いのせい

    ホラー要素ありのラブコメ現代ファンタジー

    20,700

    25


    2021年5月5日更新

    男性嫌いの美桜が通う私立月島学園高等部には、王子様と呼ぶにふさわしいイケメンがいる。 王子様は、顔がいいだけでなく、家が超お金持ちの正に学園の王子様的存在で、女子から絶大な人気を得ていた。 だが、彼には大きな悩みがある。 夜眠ることができないのだ。 深夜になると、体を何かで締め付けられたような感覚に襲われ、奇妙な跡が体に残る。 彼が原因不明の現象に悩んでいたある日、偶然その様子を目撃した美桜は、思わず口にしてしまう。 「呪われてる……」と———— 呪われすぎる学園の王子様と秘密を抱えた少女のラブコメ×ホラー×ファンタジー!!

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 事件簿には白椿を添えて

    かわいい幼馴染み+怪奇現象+謎解き

    1,200

    10


    2021年4月18日更新

    県立大学オカルト愛好研究部。 不可思議を愛する彼らのもとには時折奇妙な相談が寄せられる。 興味と享楽。そしてほんのすこしの期待……「触れてはいけないものに触れた」相談者たち。 かわいい幼馴染みと愉快な仲間たちによってもたらされる、ホラー&ミステリなキャンパスライフ。 カクヨムさまでも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • パラレル

    もしこんなことが起きたら人生だいぶ変わる

    0

    0


    2020年10月12日更新

    ある日突然家に現れた男。その男は、そこを自分の家だと言い張る。 ある日家に帰ると、家に見知らぬ男達が住みついていた。 それぞれは一体何者達なのか?彼らに何が起きているのか?登場人物一人一人の目線で語られるSFファンタジー。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む

  • 黒川不気味短編集

    不気味で気色の悪いオリジナル短編集です。

    0

    0


    2020年9月23日更新

    1年ぐらい前に別サイトで投稿した作品です。 ふと思い浮かんだ不気味な作り話が集まっています。 ジャンルホラーですが、怖くないです。 ただタイトル通り不気味で気色が悪い内容になっていると思うので そういった内容に態勢のない方は読むことをオススメしません。 現在残っているストックが全て投稿され次第完結となります。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間38分

    この作品を読む

  • 身、に、覚え

    記憶の向こう側から、襲い来る、恐怖。

    3,700

    0


    2020年9月10日更新

    息子の誕生日プレゼントにゲーム機を買って帰ると、すでにそれで遊んでいる息子の姿があった。 家族サービスに久しぶりの旅行を提案すると、先週行ったばかりだと妻は告げた。 ただの記憶違いか。 それとも、自分そっくりの何かに先回りされているのか。 『身に覚えのない』数々の出来事が、徐々に生活を蝕んでいく…。 幽霊も妖怪も出現しない、カルトホラー短編。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • この家に潜むヒソム君

    家で起こる全ての謎は、彼が原因なのかも。

    300

    0


    2020年6月23日更新

    大学生になったばかりの佐々木エイラは、親が昔住んでいたという大きな屋敷を一人でもらった。 だがその家に入るとほこりだらけで、汚い部屋。 仕方なく佐々木エイラは掃除をするのだが、彼女は発見する。 ??を。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 怪奇現象の正体と本当の恐怖

    現実こそ最も恐ろしいホラーである

    1,700

    0


    2019年9月8日更新

    いつもの日常、私はふと夜中に目が覚める。 炎天下輝く夏、今日も普遍な一日が始まろうとしていた。 私は自分のスマホを手に取り時間を確認する。 「……あれ?おかしいな……」 最初は小さな違和感だった。それが気づけば── 果てしない暗闇の中、名も無き怪奇現象は容赦なく私に降りかかる。 ──それは時に恐怖を与え、時に感動を与える。私達がよく知っている現象。 夏が過ぎ去ろうとするこの時期、貴方は身に覚えのない恐怖に現を抜かすことになるでしょう。 ※これは『プロローグ祭』の作品です。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 天生の怪談噺

    実話です。怪談話募集します!

    300

    0


    2019年6月18日更新

    私が聞いた話を書きたいと思います。 あと、適当に考えた怪談みたいな話も交えようと思います。 また、怪談話を募集します。それを元に小説を書きます。 ネタを持っている人は是非! 信じるか信じないかは、アナタ次第、って奴です。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む