怪奇

検索結果:17件

  • 喪服少女 第1部 加筆修正版

    ♡8,550

    〇0

    ホラー・連載中・5話 野村勇輔

    2020年4月5日更新

    父と離れて親戚の家に居候しながら高校に通う相原奈央は、その家の一人息子である相原響紀と折り合いが悪かった。一緒の家に住む者として、少しでもその距離を縮めようと考えるも、幼い頃からの苦手意識でつっけんどんな態度をとってしまう。 そんなある日、響紀から突然、廃屋に住むと噂されている謎の喪服女性の話を振られる。両親が居らず、一人で暮らしているというその喪服女性には、『関われば消される』という都市伝説めいたものまであった……

  • 正気と狂気の境目へようこそ。路敏視点完結

    ♡30,850

    〇3,060

    ホラー・連載中・59話 雪子

    2020年4月4日更新

    この小説に登場する人間はとことんまで普通だ。ピンチになったら新たな力に目覚める……なんてことはない。不思議ではあるが、非情な現実を突きつけられている。 ただ、今ある力で、たまたま居合わせた仲間とともに怪奇現象に立ち向かう。立ち向かわざるをえない、残酷な神々に目をつけられてしまった不運な人間たちの幻想怪奇小説である。 路敏視点(第一章 三つのお供え物・第二章 窟拓村めんだし大祭)、完結。 第三章から新章(新視点)突入です。

  • 「超能力者だって人間だ」というお話です。

    ♡247,580

    〇1,726

    SF・連載中・192話 紫雀

    2020年4月1日更新

    私立開成南高に入学した高森要はごくごく平凡な男子高校生。 ところがその平凡な日常が、ある日突然一変する。 高校に勤める国語教師と彼が主催する秘密のクラブによるメンバーが織りなす物語。

  • 怪奇系の短編集です。

    ♡300

    〇0

    ホラー・連載中・1話 白河夜船

    2020年3月27日更新

    不思議で少し怖いかもしれない短編集。 直接的な残酷描写は基本ありません。もしある場合は、冒頭に書く予定です。 どうぞお気軽に覗いていって下さい。

  • 僕が体験した不思議な小噺。

    ♡700

    〇10

    ホラー・連載中・4話 葛城譲葉

    2020年3月25日更新

    占い師に中途半端な霊感がありますね。と言われた僕がたまに遭遇した不思議な出来事の記録です。ホラー好きな父に話すとお前の話はリアリティがあるから話すなと言われていました。

  • 鮮明な灰色の物語。

    ♡51,500

    〇205

    ミステリー・完結済・14話 御 一

    2020年2月23日更新

    インターネット上に密やかに存在するそれは「灰色のページ」と呼ばれていた。 特殊な状況、問題、現象、事件に困った人間が検索を繰り返すとある時、たった一ページだけがヒットする。 「灰色の問題でお困りですか?」 そのページをクリックすると進むのは真っ白なページに一文。 「誰にも理解されない問題でお困りでしたらその内容をご記入し、送信ください。当方の範疇に当てはまるものである場合、あなたをお助け致します」 そうして状況を送信すると返信が返ってくる。そうして、理解不能な出来事を解決してくれる者が現れると。 ※ 「灰色」を生業とする日昏マチと纐纈ヒムラ、佐久間カケルの一行は依頼を受けて真夏の海へと向かう。 依頼人の少女、その友人の少年。ある日彼らが海で語り合う最中、少年が記憶をなくした。「記憶をなくてしまった」少年を、助けて欲しいと。 記憶は確かになかった。けれどそれは日常生活に支障がない程度の差異であり、大元の記憶に問題はない。 人の名前も顔もはっきりと覚えている。 だが、少女は彼の記憶がないと言う。 そして少年もまた、少女の姿だけが、変化していると言う。 少年の記憶は、少女に関わるものだけが所々消えていた。それ故、少女には少年が記憶をなくしていると感じられていたのだった。 そして、マチ一行が調べを進める中、この海では何件もの「記憶をなくしてしまう」事件が起きていたことがわかる。 そのどれもが少年のように僅かな違いを訴えていたものだが、ある一人の男だけは「この世界が違う」のだと嘆いた。 ※「依頼人」に起こる様々な不思議な出来事、グレーゾーンの現象を解決していく怪奇系ミステリー。

  • 小説家になろう にも投稿しています

    ♡1,700

    〇0

    その他・連載中・4話 くるくるくるり

    2020年1月29日更新

    色々な種類の短篇を投稿しています

  • グレーゾーンの出来事を解決。

    ♡46,300

    〇700

    ミステリー・完結済・11話 御 一

    2020年1月27日更新

    インターネット上に密やかに存在するそれは「灰色のページ」と呼ばれていた。 特殊な状況、問題、現象、事件に困った人間が検索を繰り返すとある時、たった一ページだけがヒットする。 「灰色の問題でお困りですか?」 そのページをクリックすると進むのは真っ白なページに一文。 「誰にも理解されない問題でお困りでしたらその内容をご記入し、送信ください。当方の範疇に当てはまるものである場合、あなたをお助け致します」 そうして状況を送信すると返信が返ってくる。そうして、理解不能な出来事を解決してくれる者が現れると。 ※ 「灰色」を生業とする日昏マチと纐纈ヒムラは依頼を受け、とある観光地へと向かう。 雪深いその街のペンション型宿泊施設で女性が行方不明になった事件で、彼女の友人がマチに助けを求めたのだった。 ――女性失踪事件 しかし、何故か依頼人は最初の依頼内容から頑なに「消えた」と訴え続ける。事件内容の通り「友人が行方不明になった」ではなく「友人が消えた」と。 女性が「消えた」日、なにが起こり、そして何故「消えた」のか。 ※「依頼人」に起こる様々な不思議な出来事、グレーゾーンの現象を解決していく怪奇系ミステリー。

  • ノゾミ ノ ナカ は未来だ

    ♡500

    〇5

    現代ファンタジー・連載中・16話 ちさここはる

    2020年1月8日更新

    もしもの話し。ショッピングモールに気づかれずに閉じ込められてしまったらどうしますか? この物語の少女たちは立ち向かいます。たとえ、どんな困難だろうとも。 生きて帰りたい。友達を見つけたい。 どんな困難や、襲われてしまっても。

    タグ:

    百合 異世界 怪奇

  • 海の底の奇妙な話

    ♡100

    〇0

    ホラー・完結済・1話 けっき

    2020年1月4日更新

    深海を漂うおかしなモノ。 完結済み短編を中心に色々と上げております。よろしくお願いいたします。

  • 原題『猿と鏡と不思議な犯罪』

    ♡4,400

    〇300

    ホラー・完結済・7話 荒瀧古

    2019年11月23日更新

    数年ぶりに再会した友人。 彼は僕に怪談を語るのだ。 だが怪談は徐々に脱線し、 やがて罪の告白に変わる。 彼の手が桃色の脳を掴み、 僕は底なしの闇に消える。

  • 元企画参加作品です。

    ♡1,200

    〇0

    ホラー・完結済・1話 水平舟

    2019年10月21日更新

    7月に行われたむらもんた様主催の企画「令和最初の三題噺レビュー祭り」に参加させて頂いた際の作品です。この機会にノベプラに投稿しました。 使用したお題:ゴリラ、逮捕、鏡

  • 月は闇色の夢を紡ぐ。

    ♡11,800

    〇5

    純文学/文芸・連載中・22話 土斑猫

    2019年9月18日更新

    月の下には妖しが潜む。 この世の何処か。 この世のいつか。 物語は刻まれる。 月の下で語られる、奇妙な奇妙な調べ。 これは、それを見つめる者達の、少し奇妙な語り事。

  • 百合×妖怪×スーパーロボット!!

    ♡3,400

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・31話 藤咲悠多

    2019年8月29日更新

    はるか古来よりこの地に蔓延る魑魅魍魎、修羅。 彼らは人類の悪意を糧に力なき人々を蹂躙する。 しかし、その絶望に抗う正義の力があった。 御神の力をその身に宿し、鋼鉄の巨人と共に悪を滅する者。 それを人は、「巫女」と呼んだ――。 巫女の末裔として産まれるも平和な日々を過ごしてきた空鵞奏恵。 その親友として彼女の支えになろうと励む新稲寺柚葉。 これは、修羅と戦う運命に巻き込まれた二人の少女の、愛と友情の物語。 8月29日の更新を持って完結しました! ※カクヨムに投稿していた作品に一部改稿を加えた本人転載です。 (https://kakuyomu.jp/works/1177354054886120813)

  • 三題噺 お題は「黒猫、岩塩、唇」

    ♡7,400

    〇10

    現代ファンタジー・連載中・1話 紫雀

    2019年7月25日更新

    とある退魔師に弟子入りしたい高校生の話。

  • 感想を頂けると嬉しいです。

    ♡500

    〇未参加

    現代ファンタジー・完結済・1話 鈴蘭

    2019年6月17日更新

    様々な電子マネーやICカードが存在する現代。 怒りを貯めて置けるICカードが存在したら……。 そんな世界のとある日常を垣間見る物語。

  • 「あなたが生きていて、本当によかった」

    ♡2,400

    〇0

    ミステリー・完結済・1話 時雨オオカミ

    2019年6月15日更新

    * それは、あなたが取り戻すべき約束だ。 人っ子一人いない静かな喫茶店で、待ち合わせをしていた二人の女性がとある「約束」を果たす物語。 二人称とトリックの練習で書いたお話。 二人称は物珍しいかな? 興味があったら読んでいただけると幸いです。