恋心

検索結果:10件

  • この悪辣な天秤を心に宿して

    第三部開始/ライバルは自分の中の別人格。

    300,000

    26,345


    2021年9月19日更新

    高校二年生の高野凛子(たかの りんこ)はある日の放課後、教室内で騒ぐ男子たちの会話を偶然耳にする。 そして「クラスのイケメン男子が一ヶ月後の夏祭りにて、親友の蘭奈(らんな)ちゃんに告白予定」との情報を知ってしまう。 実は、凛子は密かにその蘭奈ちゃんに恋心を抱いていたが、親友&幼馴染である彼女にはその気持をひた隠しにしていた。 恋する相手が誰かと付き合うのは嫌だ。でも、この気持は決して彼女には伝えられない――! どうするべきか葛藤する凛子の前に、一人の魔女が驚きの提案をもって現れる。 「貴女のその人格を【友情】と【恋心】の二つの人格に分離してあげる! お互い争い合って、各自の望む結末を目指しなさい!」 魔女の提案する争いのルールは以下の通り――。 ・毎朝の起床時にランダムで人格が決まる。選ばれた人格は終日、行動する権利を得る。 ・一ヶ月後の夏祭りにて、蘭奈ちゃんがイケメン男子の告白を受け入れるか否かで勝敗を決する。 凛子は魔女からの提案を受け入れ、 【友情】の人格時には親友に彼氏が出来るように応援し、 【恋心】の人格時には親友に彼氏が出来ないよう妨害する、 という矛盾に満ちた日々を送ることになる。 ――この争いの結末は、魔女も知らない。 ♪♭♪♭♪♭ 私が大好きな要素をたくさん詰め込んでいます! 女の子たちの可愛い仕草や会話、ソフトな百合、心理戦、謎解き、ヒロインの葛藤&成長、そして アツい展開もあります! 予想ができないヒネクレた展開をお楽しみください。 ♪♭♪♭♪♭ 毎週 火、木、土、日の 19 :30 頃 投稿予定です! たまーに、他の曜日にも追加で投稿します (。・・。)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間12分

    この作品を読む

  • 雨色を染めた窓から

    あの感情は、ただの衝動だったのだろうか。

    2,500

    0


    2021年5月27日更新

    ──好きです。 ある日、美傘鈴音は通学途中に傘もささずに雨に打たれるクラスメイトに告白してしまう。 彼の名前は稲妻理貴。彼も鈴音と同様にバス通学をしている男子だった。 あの気持ちはただの衝動だったのか、それとも、きっかけに過ぎなかったのか。迷いを抱えたまま登校する鈴音であったが、そこにまた新たに心を乱す事態が発生する。 当の稲妻が教室に現れなかったのだ。 鈴音は自分の心に戸惑いながらも、友達の真島華帆に相談することにしたのだった。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 恋はシャボン玉より儚いの?

    恋は生まれては消えていく

    300

    0


    2021年4月14日更新

    穂乃果は、新太との恋を永遠のものだとは思っていない

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 転寝と黎明の君

    変わるのは景色か、立場か、それとも私か。

    1,000

    0


    2021年3月6日更新

    ──卒業。 その資格の確認の為、私は大学へとやって来た。 友人達はホームページにて確認出来るからと来る気配はなく、結局一人で掲示板へと向かうのだったが……意外なことに、私はそこで見知った姿を目にすることになる。 これは新たな旅立ち前の、ほんのたった一時のお話です。 この作品はカクヨム、小説家になろうにも掲載しています。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 僕が死んでから初めて好きになったのは、僕を殺した人でした

    死の向こうに、痺れるような恋がありました

    137,100

    540


    2020年12月18日更新

    ホラー系ラブストーリー。 この小説はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。 2021/7/22 最終改稿 僕は、実家を出る。 ここまで、育ててもらったのはありがたいけれど、これ以上父の望む生き方は続けられない。 例えどんなに周りからみて惨めな生き方に見えたとしても、人に謝り続ける人生だとしても、他者を踏みにじるような生き方は、したくないんだ。 大丈夫、僕には優しい恋人もいる。きっと、なんとかやっていける。 でも、僕は甘かった。 実家を捨てた僕を、彼女は捨てた。 僕の価値は実家にしかなかったらしい。 仕事にも生きることにも疲れてきたある日の仕事帰り、僕は争う一組のカップルに出会った。 単なる痴話喧嘩じゃない。それは見事な殺し合いだった。 僕は女が男を殺す、殺人の目撃者になった。 女は冷静に僕の命もたった。 ああ、やっと終われる。そう思って天に上りかけていた僕は強烈な力で引き止められた。 僕は見てしまったんだ。僕の血で濡れた美しい彼女の顔を。 僕は天に昇っている場合ではなくなった。 僕は僕を殺した彼女に恋をした。 2021/6/9大改稿のため、初期投稿のモノより2ページほど短くなっております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間23分

    この作品を読む

  • 初恋

    どうして、私なの……?

    1,000

    0


    2020年11月3日更新

    突然、LINEに届いた『好きです』の一文字。それを見た彼女の行動は?

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • Night walker

    夜の散歩道、紗緒理の人生が動き始める

    81,580

    4,004


    2020年10月16日更新

    学生時代のトラウマから軽度のひきこもりになった紗緒理。 宗教にはまり、屋上に軟禁されている少年。 生まれつき下半身不随で、登校拒否をしている和三。 自室とアパートの往復以外外に出ていなかった紗緒理は、屋上で出会った少年との交流の中で、深夜の散歩を始める。 外の世界と触れ合っていなかった紗緒理は、深夜の散歩中に車椅子に乗った男性、和三に出会う。

    読了目安時間:4時間40分

    この作品を読む

  • いつか、きっと。

    このころのトキメキをもう一度感じたい。

    1,200

    0


    2020年9月23日更新

    青春時代のヒトコマです。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 風鈴

    こんな夏休みを送ってみたかったな…という

    400

    0


    2020年8月12日更新

    私は今、おばあちゃんと暮らしている。 夏休みに入ったばかりだというのに毎日暑い日は続くし、楽しいことはないしでツマラナイ。 おまけにヒマでしょ?ということでおつかいまで頼まれちゃって…

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 【短編】泡沫の欠片:うたかたのかけら

    切ない恋・・・それは恋愛だったんだろうか

    100

    0


    2020年5月9日更新

    ※勿忘草:ワスレナグサ 青紫の花が咲く植物。 勿忘草の花言葉は、『私のことを忘れないで』です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む