悲しい

検索結果:19件

  • 虚構という名の塀の中

    生きるということ

    65,731

    420


    2022年5月24日更新

    生きるということをテーマにした詩集です。 なので、重いところもあるかもしれません。 生きるということ 死ぬということ それはいつも背中合わせにあって 紙一重なんだと思う 独りで抱え込まないで 貴方を見てくれている人はきっといます ⭐️書き下ろし ♠️過去作品をリメイク

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • ピアノと薔薇の日々。

    花屋の事務員×建築家×ピアニストの物語。

    1,000

    0


    2022年5月20日更新

    尾崎麻貴は、<ベルサイユのはなや>という小さな花屋で事務員をしている。また、彼女は週末だけナイトクラブでピアノを弾くというアルバイトもしており、そこで阿藤君貴という男と出会い、彼と一夜をともにすることに……君貴に心惹かれるマキでしたが、彼は実はゲイであることを隠しており、しかも君貴の恋人は女のマキが恥かしくなるくらいの美貌の持ち主であるだけでなく――楽壇の寵児と称されることさえある、ピアニストのレオン・ウォンだった……!!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間14分

    この作品を読む

  • 出張 もふもふ病院〜そんなあなたにはモフモフを処方します!〜

    歩くテディベアが皆にぎゅーしに行くお話

    6,600

    10


    2022年4月24日更新

    辛い、悲しい、消えてしまいたい、エトセトラエトセトラ。 そんな大変な時はもふもふ病院のお医者さんである僕、テディーがモフモフを処方するよ! さあ、存分に癒されるが良い! ※この話はフィクションです。 ※「ぎゅー」の章は1話完結型のオムニバス形式なので読みたい話だけを読む、もありです。「僕はテディー」の章は続き物です。 ※主人公は『あなた』です。 ※アルファポリス、なろう、カクヨムにも重複投稿しています。

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 私の空に雪が降る

    今日も雪は静かに降り続ける。

    3,100

    0


    2022年4月15日更新

    雪の降る街で、私は一人だった。 1話完結。 この作品はカクヨムにも投稿しています。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 心の声。

    誰だって抱えてる心の声を。

    6,400

    10


    2022年3月24日更新

    あぁ、どうして? いつも判らない、私の心。 綴る言葉は、そのままに… 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こう。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • himawari

    ウクライナ国旗は空と向日葵の色との説も有

    700

    0


    2022年3月15日更新

    戦争で犠牲になるのは立場の弱い者たちというのが現実。 かの国の大統領夫人からの犠牲になった子どもたち一人一人の名前を出したメッセージは、ニュースでは数字として扱われる犠牲者がそれぞれの人生を生きてきたことを訴えかけてきて泣いてしまいます。 「一人の死は悲劇だが、大勢の死は統計上の数字に過ぎない」と言ったのは誰でしたっけか。 パンデミックの感染者数や死亡者数でもそうですが、どこかで、どうしても他人事として「増えた」だの「減った」だのと数字として見ている自分がいます。 かの国の国旗の青と黄の色は一説では青空と向日葵の色だそうです。(もっとも、空と小麦説のほうが有力らしいですが…) また、向日葵は攻め込んでいる側の国花でもあります。 双方ともに明るい未来へ顔を向けてほしいものですね。 以前沖縄戦を描いた短編で戦争を直接描写で発表することには心情的に抵抗があったのですが、自己満足に過ぎないながらも形にはしておきたく、拙い文章で恐縮しつつ綴りました。 みんなが幸せになれたらいいのに!

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 白線

    思春期。

    6,300

    0


    2021年10月15日更新

    死のうと思った。ありきたりで、深刻で、他の誰にも分からない憂鬱の底。駅のホームに立つ少女のお話です。 (Prologueにて公開した作品を改題/加筆しています)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 夜は短い、されど今宵も夜はやってくる(詩集)

    詩集です。

    5,000

    70


    2021年10月13日更新

    童話のような言葉から、メッセージ性の強い言葉まで、 感じたこと、思ったこと、それを詩にして更新していきます。 (「カクヨム」「LINEノベル」「エブリスタ」でも公開)

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 聖女の弟は異世界で歴史を書き換える(旧題『姉弟で異世界に飛ばされたら(略)』)

    現在大幅書き直し中です。

    6,200

    246


    2021年8月14日更新

    山梨での事件を受け、「三角関係にある男女の間で発生したいざこざから殺人事件に発展」という流れが被っていて、何とも居たたまれない気分になったため、現在32あたりから大幅書き直し中です。 書き直し終了まで少々お待ちください。 事情により実の姉に恋愛感情を抱くようになった弟が、死ぬべき運命の姉を救うために異世界で静かに奮闘する、割とシリアスなファンタジー。 軽い残酷描写or軽い性描写あり。LGBT描写あり。 聖女召喚の儀により、「聖女」である姉とともに異世界に飛ばされた弟の陸。 姉とは異なり、言葉が分からず何のスキルもない彼は、異世界の大国アクラランの国王の庇護下に置かれることになる。聖女でもないのに召喚された彼は『いらない存在』だった。 アクラランで過ごすうちに彼の身に奇跡が起こる。異世界の言葉が理解できるようになると、今度は聖女として呼び出された姉が死ななければならないのだと知る。 「……絶対に、姉貴は、死なせない!!」 異世界でたった二人きりの姉弟。 陸は姉を救うため静かに奮闘するが、それは国の根幹である建国伝説にも大きく影響することになる。 「ツギクル」様、「アルファポリス」様、「カクヨム」様、「小説家になろう」様にも掲載しています。 第一章は、「異世界に召喚されたからこの世界で頑張るぞ!」ってなる話。 第二章は、「お祭りに行ったら奇跡が起きたぞ!」ってなる話。 第三章は、「姉貴と同じ場所で働くぞ!」ってなる話。 第四章は、「失われた過去を夢を手掛かりに推理するぞ!」ってなるお話。 第五章は、「姉貴奪還作戦立てるぞ!」ってなるお話。 第六章は、今度こそ完結したい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間36分

    この作品を読む

  • フェアウェル・ソング

    「仰げば尊し」の原曲はアメリカの曲でした

    4,100

    0


    2021年6月15日更新

    孫娘の卒業と自分が昔に戦場で出会った少女たちの卒業式を重ね合わせて、平和の大切さを考える話です。 結局、卒業できたのは自分自身かもしれません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 余りにも可哀想な聖女

    宜しくお願い致します。

    700

    0


    2021年1月17日更新

    聖女シシレイナ20歳はシレイ国の為に、立派にシレイ国内に 魔物が入らないように神聖魔法で未然に防いでいたのです。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • ブレイキング・ルーズ

    この世界は残酷だ。

    1,000

    0


    2020年12月1日更新

    ──な、なに?何が起きてるの!? いつもと変わらない1日を迎えるはずだった。 暗い、とても暗い場所で。 「これ以上侵入を許すな!こいつら最近他の園も襲った──」 そんな声のあとに聞こえるのはうめき声。 影がよこぎる。 私は近くにいたまだ4歳ほどの逃げ遅れた男の子を守るように覆いかぶさり、小さくなった。 足音が近くで止まった。 息を殺し、じっとしていると上から声が降ってきた。 「驚かしてごめんね?」 優しく、温かい声に勢い良く顔を上げる。 「私は──。あなた達を助けに来た。」 そう言って手を私に向かって差し伸べた。 深く被ったフードから、赤毛が垂れる。 半分だけのぞく顔は、まだ幼い。 自分よりひと回りは年下だろうか? そんな少女が助けてくれるなんて…そう思った。 はずだった。 ──気がつけば、その少女の手を握っていた。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 愛している婚約者が亡くなる辛さ

    大好きな人が亡くなるのってつらいですよね

    1,000

    0


    2020年11月28日更新

    私事、雛森梓は年齢22歳でありながら 某企業に勤務している地味なOLです。 某企業に勤務している私は本当にごく普通に頑張っているだけですので 特にお仕事がズバ抜けて出来るわけでもないし、他の人よりも劣っている わけでもありません。 そんな私にも婚約者がいるのですけど、婚約者のお名前が片倉雄二 で年齢28歳で片倉家の御曹司です。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 哀れなものたちへ

    はじめまして!

    0

    0


    2020年11月27日更新

    日常で見つけてしまった悲しいこと、一人で消化しきれなかったことを書きます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 君と僕の最初で最後の夏

    君と僕のたった一度きりの夏

    1,400

    0


    2020年9月21日更新

    夜見拓馬は夏休みの期間母親の地元の田舎町に身を寄せることになっていた。そこで幽霊の少女、大月恵梨香と出会う。最初は全く気を許していなかった二人だが、次第に気を許し一緒に過ごす時間が増えていく。しかし、恵梨香に残された時間はわずかしかなかったのだった。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 灰となった新宿にて

    少し未来の、悲しい少年の話

    3,200

    0


    2020年9月19日更新

    今より少し未来の日本。 内戦に巻き込まれた街のど真ん中で、とある少年の手記が見つかった。 手記を持っていた人物の服装や、書いてある内容から、 この内戦を引き起こしたテロリスト集団に所属していたと思われる。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • キミの願い。僕たちの願い。

    1600文字のショートストーリー

    300

    0


    2020年9月9日更新

    余命宣告を受けた青年が、故に決断した強い信念。そんなキミに僕たちが願う望みとは。1600文字で綴ったショートストーリー。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 乙女

    私の絵を描いてくれませんか。

    0

    0


    2020年8月20日更新

    絵描きはいつものように絵をかいていただけだったが、その日は偶然ある乙女に出会う。自由な乙女にひかれながらも、彼女の違和感に少しずつ気づいていき、あることをきっかけに彼女の秘密を知ってしまう。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 空白の夜

    生気を失った人は何かに縋る

    10,300

    0


    2020年1月8日更新

    毎朝満員電車に揉まれながら通勤をして、果てない仕事を夜までこなす毎日。 大好きだった人には別れを告げられ、生きていく力を失いかけている人間の一夜を切り取ったショートストーリー。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む