悲恋

検索結果:199件

  • 紅い月夜に花束を

    この恋の結末は……悲劇ですか?

    572,000

    20


    2022年5月28日更新

    目を引く赤い髪。そんな見た目も相まって、この学校で彼を知らない者はいない。 とある噂のある高校で、その渦中の人が彼であることを、新入生は疑ってやまない。それは、入学式当日の朝に目撃したことに起因する。 彼には、想いを寄せる人がいた。人目も憚らず、愛を注ぐほどに溺愛している人が……その様子から、とても彼が噂に見合う人物とは思えなかった。けれど、そんな偏見はすぐに覆される。 ごく普通な高校生活を送っていた。そう見えていた。 赤髪の彼には、秘密があった。想いを寄せている彼女にも秘密にしていること。 ずっと秘密にしたまま、成し遂げたい目的があったのだけれど、それはとある人物の登場により、崩れていく。 彼の目的とは一体……そこに待ち受ける結末は…?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間34分

    この作品を読む

  • Weather -雨々しい公子と霧っとした神姫-

    ぜひ表紙をご覧になってください

    81,134

    1,329


    2022年5月28日更新

    魔法の存在する世界を舞台として、非力な貴族のボンボンと半神半人の巫女の出会い、触れ合い、旅立ち、別れ、再会、諍い、その他諸々を描いています。 カクヨム、ノベルアップ+、アルファポリスでも掲載しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間36分

    この作品を読む

  • 光の果て ~DESTINY外伝5~

    盲目の娘が恋をする話。

    39,200

    0


    2022年5月28日更新

    街はずれに住むアリンは、盲目の娘。 運良く木こりの男に拾われた、捨て子だった。 先に拾われ育てられていたトロンを兄と敬い、血の繋がらない三人は静かに暮らしている。 触れただけで草の種類が判別できるアリンは、薬草の調合に長けており、それで生計を支えていた。 彼女が街に薬草を売りに出た時、物語は幕を開ける。 ※人を選ぶ要素を含む物語です。 DESTINY全外伝シリーズはハピエンではありません。 バッドエンドです。(一部メリバ含む。本編は、作者的にはハピエンです) 読む場合、自己責任でお願い致します。 こちらでは一切の責任を負いかねます。 ※別サイトでは完結済みですが、そちらはR18版です。 ※サブタイ前の■は挿絵有を指します。 前の話→ https://novelup.plus/story/871003485 次の話→ https://novelup.plus/story/986474023 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間23分

    この作品を読む

  • 煉獄のパールライト 〜暴力なきデスゲーム。私たちは、話し合いで生き残るひとりを決めることが出来るのか?〜

    これは、死者が織りなす哀しきデスゲーム。

    21,300

    0


    2022年5月27日更新

    バス事故に巻き込まれた都筑《つづき》 浩輔《こうすけ》は、真っ白で何もない部屋で目を覚ました。 そこに居たのは、理由も分からず集められた、老若男女の127人。 戸惑う都築たちの前に、謎の少年が現れて言った。 「あなた達は、すでに死んでいます」 半信半疑の人々に、ここが現世で無い事を『身をもって証明』する少年。 そして、ひとりに1個づつ与えられた珠を、7日目までに100個集めれば、生き返ることが出来ると宣言する。 人々は戸惑いながらも、生き返るために何をすべきかを模索し始めた――。 珠を票と解釈し、優秀な自分に投票するべきだと力説する青年。 恥ずかしげもなく、珠のために自分の体を売る女。 珠の奪い合いよりも、恋をしたいという女子高生。 そして、都筑はバスの中で見かけた少女に、あっさりと自分の珠を譲ってしまう。 訪れた死は、人間の絶望と欲望をあぶり出す。しかし、愛は消え去ることなく、新たな絆は生まれ、希望は確かに存在した。 これは、死者が織りなす哀しきデスゲーム。 ==== イラスト ひとみゃん(@hitomyan_udon) 更新情報はTwitterにて https://twitter.com/ShizukawaYuji

    読了目安時間:6時間21分

    この作品を読む

  • サツキの花が咲く頃に

    サツキの花が咲くころにお迎えに上がります

    500

    0


    2022年5月21日更新

    朝、咲津木(さつき)賢吾(けんご)が寝ぼけまなこで郵便受けに刺さった新聞を抜いた時に一枚の紙が落ちた。 【サツキの花が咲く頃にお迎えに上がります】 奇妙な手紙に疑問を抱きながら、誰にも打ち明けられないままに時間が過ぎる。 恋人の莉華と訪れた植物園で異変は起きた。 他の小説投稿サイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 想い、想われ、恋焦がれ

    ドキドキさせます!!!絶対!!!!

    800

    0


    2022年5月19日更新

    失恋から始まる一夏のラブコメディ 素直になれない高校生達の恋愛模様を描きます

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 【小説】私はロボットだから、絶対に忘れません。

    ロボットは人間を超えた人間になる

    0

    0


    2022年5月17日更新

    防衛省管轄の地下施設で、極秘裏に開発された兵器。3人の研究者が缶詰めになって作り上げたものは、趣味が発揮された外観に仕上げられた。神がかった仕上がりのその兵器は、若い研究者と共に社会勉強を始め、人間社会に溶け込んでいく。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 嘘つきエルゼと寂しがりなアリアSS ~眠れないの~

    僕はエルゼ。魔女アリア――君を殺しに来た

    7,600

    0


    2022年5月17日更新

    〝魔法〟という力が、過去の遺物と成り果てた世界。 『迷いの森』と呼ばれる森林地帯には、こんな噂がある。 ――迷いの森の奥の奥、ひっそり佇む洋館に、孤独な魔女が住んでいる。静寂を汚す愚か者いらば、それ相応の報いを受けるだろう……。 ある日、森を彷徨って死にかけていたエルゼ・ノイアは、『孤独の魔女』の異名を持つ天才魔法使い――アリア・レインハートに助けられる。 命を救ってもらったお礼にと、魔女の館で執事の真似事を始めたエルゼだが、アリアお嬢様の要求はいつも無茶なものばかりで……。 果たしてエルゼは、無事に執事の仕事を全うすることができるのか。 ――これは、嘘つきな暗殺者と寂しがりな魔女が、まだ出会ったばかりの頃のお話。 【注意事項】 著作権・著作者人格権ともに私、丹生壬月が所持しております。 内容物の無断複写・無断複製・無断転載・無断データ化、またはそれらに類似する行為を固く禁じます。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 兵器前線異常無し

    感想頂けると嬉しいです。

    5,100

    0


    2022年5月15日更新

    <あらすじ> 近未来の敵対する某2国、しかし、時代の流れから核兵器全廃の平和協定を締結した。 それには理由があった、一方の国では、核兵器以上の兵器が誕生したため、核兵器が不要になったのだ。 そして、新しい部隊が結成される。それが『降下機動歩兵団(ディセントフォース)』だ。 事態は、この部隊の反乱から起こった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 青春は憧れとともに

    恋愛の出来ない男の1人語り

    500

    0


    2022年5月14日更新

    青春とは誰もが若い頃に体験するものだなんて誰が言った?人それぞれにいろんな人生があるだろう。 これは僕のどうしようもない人間性と後悔のお話。 なろうでも掲載してます。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 妖埼弖虎の受難 (ふざきてとらのじゅなん)

    スタンプ……マンドラゴラじゃなかったか

    6,200

    100


    2022年5月10日更新

    物欲に目が眩んで、エントリー。 以前、なろうに投稿したものの通信障害か何かで 消えたお話を思い出して20分ほどで打ちました。 余裕の文字数オーバー。 本文の文字数を規定以内で収めるため、途中を ぶった切って後書に残りを書きこむ悪辣さ。 怒んないでね?(ノД`)・゜・。 お目汚しも御免なさい。 休日出勤で頭死んでます。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 月影の晩に ~DESTINY外伝4~

    予言に翻弄される双子姫の行く末は。

    106,800

    100


    2022年4月28日更新

    自然の豊かな恩恵を受ける、土の国ラファ―ガ。 女王国家であり、代々先視の力を持つ“魔女”が治めていた。 歴代の中で最も偉大とされた時の女王は、命と引き換えに双子の姫を産み落とす。 彼女は最期に娘らについて予言を遺した。 『この世に破滅と繁栄をもたらす、双子』 姉のアイラ姫は、新緑の髪。 妹のマロー姫は、漆黒の髪。 破滅を呼び込むと予言を受けたのは、姉のアイラだった。 ※人を選ぶ要素を含む物語です。 DESTINY全外伝シリーズはハピエンではありません。 バッドエンドです。(一部メリバ含む。本編は、作者的にはハピエンです) 読む場合、自己責任でお願い致します。 こちらでは一切の責任を負いかねます。 ※別サイトでは完結済みですが、そちらはR18版です。 ※サブタイ前の■は挿絵有を指します。 前の話→ https://novelup.plus/story/614614317 次の話→ https://novelup.plus/story/323621521 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間35分

    この作品を読む

  • 誰が外道を止めるのか

    着々と人の世に迫りつつある悪意の影

    4,800

    0


    2022年4月25日更新

    若き退魔師の晴海と精一は追われていた。どこまでも追跡してくる敵はあまりに強くおぞましく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 報われぬガラテイア、あるいは愚かなピュグマリオン

    純愛です。

    0

    0


    2022年4月23日更新

    奇跡を起こした科学者と人形の物語

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • からは木ごとにとどむれど

    亡骸を遺し、魂はどこへ行ったのでしょうか

    11,000

    111


    2022年4月17日更新

    雨が降りしきる中、彼女は翠菊を携えてどこかへ行こうとしていた。しかし自分がどこへ行こうとしていたのか思い出せない。そんな彼女の前へ、一人の書生が現れる。知っている人と同じ顔をした『それ』を、彼女は咄嗟に妖怪の『雨男』だと思うのだが。 ※ふやけた月様主催、地獄の『書き出し固定企画』に参加しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • D.S. al Coda(ダル・セーニョ・アル・コーダ)

    あなたの演奏を聴かせてね

    200

    0


    2022年3月28日更新

    武蔵野の森にグランドピアノの音が響く。 音楽学校の演奏会の本番を控え、ピアノ科の女子生徒・美里(みさと)はレッスン室で最後の通し練習に励んでいた。その演奏を傍らで見守る先輩・凜音(りおん)は、心地よい旋律に身を委ねながら、妹分と過ごした日々に想いを馳せる。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 叶わぬ恋

    楽しんで下さい

    300

    0


    2022年3月14日更新

    高校生活で一目惚れをした主人公、好きな人との交流のお話です。話はわざとしっかりとは締め括ってないので好きに解釈してください。主人公と相手の性別も定めておりません。そちらも好きに解釈して下さい!

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 星燃ゆる

    あなたはいつまでも、わたしのひかり。

    800

    0


    2022年3月6日更新

    「私、天宮星羅。欲しいものはなーんでも手に入るの。パパもママも、それからみんなも。星羅のことを愛してくれるわ。だから、みんながだーいすき! ……でも、なんでかしら? 手に入らないあの子だけ、とびきり魅力的に見えるの」──前作、「サクラチル」の主人公<佐倉>の相手、<星羅(セーラ)>が主役です。彼女の思惑はなんだったのか? なぜ、佐倉を愛して、突然目の前から消えたのか? 不可解で蠱惑的な少女、星羅の秘密を描きます。(前作が未読でも問題なく楽しめるように頑張ります)

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • サクラチル

    初めての投稿でドキドキしています。

    8,400

    0


    2022年3月5日更新

    真面目で勤勉な少女、「佐倉美乃」はこの春第一希望の高校に進学する。期待に胸が膨らむが、どうしても忘れられない面影があって──。もがきながらも一歩踏み出そうとする、切ない系のお話です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 其の愛は致死量なりて

    最初で最期の、愛の告白

    4,000

    0


    2022年3月1日更新

    「私ね、結婚するの」 ルームシェアしていた女友達から突然、そんな言葉を告げられた「私」は、内心ひどく狼狽することとなる。何故なら「私」は、彼女のことを、愛していたから。 彼女のそばにいられるだけでよかった。心の底から愛していた彼女の存在を奪われてしまった「私」が、行き着いた答えとは―。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 用心棒と白の魔女

    盾は良いぞ

    33,500

    0


    2022年2月24日更新

    これは、長盾を得物とする用心棒のアイアスと、あらゆる人間を魅了する匂いを操る白の魔女のサージャとの一年間の旅の軌跡である。 舞台は神が住む島と呼ばれる孤島、ティーク。 用心棒をしていたアイアスは、かつてからの師匠の手紙を受け取り、ティークに向かっていた。しかし、その道中で嵐にあい、海で溺れて死にかけるが、白の魔女のサージャの献身的な看護により、一命を取り留める。 命の恩人の願いをかなえるため、アイアスは彼女とともに旅――島に散らばる暴走した四人の魔女たちを殺し、神の居場所へ還す旅に出る。 緑の魔女、赤の魔女、黒の魔女、そして、青の魔女。人ならざる――かつて神の使いと呼ばれた魔女たちとの戦い。その戦いにアイアスは、戦う力の持たないサージャの盾として、愚かにも人間の身で足を踏み入れることになる。 神の住む島で神の使いである魔女を殺す。神に牙をむく旅路の終わりに、アイアスは彼女を神の御許に送り届けることが出来るのだろうか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • 焦がれる想いは灰の中-灰瑪瑙異聞録-

    それは灰に埋もれて見失った想い

    7,800

    50


    2022年2月21日更新

    こことは似て非なる世。 人に代わり、鬼械と呼ばれる人形が不浄を祓うようになった時代――。 この物語は胸を焦がすような怒りから始まり、そして胸を焦がすような想いに気付いて終わる。 不浄を祓う巫覡士、オウビ。鬼の魂を宿した美しき人形、イズルハ。 巫覡士と鬼械。人と人ならざる者。 オウビにとってイズルハは共に同じ日々を過ごし、共に不浄に立ち向かう大切な存在だった。 二人の間には家族か、それ以上の強い絆があると信じていた。 だがその関係は、オウビの父の死を境に致命的な破局を迎える。 信じていた絆、思い出、その全てがまやかしなのだと仮面の男が囁く。 怒りと失意の果てに、オウビは己の胸にある本当の想いに気付くことなく、イズルハから目を背けた。 その想いにオウビがようやく気付いた時には。 それはもう、どうしようもなく遅すぎた。 これは後日投稿予定の長編『灰より出ずるは瑪瑙の鬼か』の前日譚。 そして一人の男の悲哀の物語。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • Weather -レイニーデイ-

    初めまして、よろしくお願いします。

    69,300

    787


    2022年2月19日更新

    ずっと昔から思い描いていた物語を最近になって書き始めました。 魔法の存在する世界を舞台として、非力な貴族令嬢と半神半人の巫女の出会い、触れ合い、旅立ち、別れ、再会、諍い、その他諸々を描いています。 現在、第一部御幸編が終了し、第二部国譲不編を開始予定です。 小説家になろう、カクヨムでも掲載しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間51分

    この作品を読む

  • 月に葬る

    だからわたしは決めた。姉を月葬にすると。

    97,100

    未参加


    2022年2月19日更新

    月葬……それは、なにも遺さない葬式だ。だから廃れた。 けれどもわたしは今宵、双子の姉を月に葬る。姉を愛するがゆえに。 「ね、ふたりだけのお葬式をはじめようか、姉さん」 わたしには姉がいる。なにかを選択することのできない臆病なわたしとは違って、姉はいつでもすぐになにかを決められるひとだった。姉は田舎の町を出て都会の大学にいってしまった。五年振りに帰ってきた姉は赤ん坊を抱き、男を連れてきた。姉はいう「結婚したの」と。けれども幸せの絶頂にいるはずの姉は、その一週間後に急死してしまう。 葬式の晩、わたしは死んだ姉をひそかに運びだす。 姉を《月葬》にするために。 ☆☆☆ *こちらの小説はカクヨム様にも掲載致しております。 *唱歌「たなばたさま」の歌詞を一部引用させていただいております 作詞・権藤花代 様 作曲・下総皖一 様 補作詞・林柳波 様 歌の著作権は平成25年に消滅しています 素晴らしい歌詞を引用させていただき、ありがとうございます

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 王女と猫の中庭―Bitter story―

    彼女は、猫になっても私を愛してくれている

    6,300

    141


    2022年2月15日更新

    百合短編小説コンテスト2022参加作品。 いずこかの剣と魔法の異世界――とある小国の物語。 一国の王女と、彼女を守る女騎士の秘密が、白日の下にさらされた。 誰が密告したのかもわからぬまま、女騎士は罰として猫になる呪いをかけられてしまう。 王女は女騎士を元に戻そうとするが、彼女には帝国の皇子との婚姻が近づいていた。 いつしか時は流れ―― 〈登場人物〉 ジュリア 17歳。王女。本作の主人公。 ロミ 20歳。騎士。呪いで猫にされてしまう。 国王 40歳。ジュリアの父親。 魔法使い 70歳。ロミに呪いをかける。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • ゴメンネ?

    片想いに苦しんだ男の独白

    0

    0


    2022年1月28日更新

    僕の独白で綴られる。 ※ノベルアッププラス、アルファポリスにも掲載中

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 彼女は炎のなかで『さようなら』を告げる。

    読んでいただけるとうれしいです。

    1,400

    0


    2022年1月8日更新

    宝石姫と呼ばれる美しい姫君がおりました。 ある日、彼女は一方的に婚約破棄を告げられ、荒れ地に建つ修道院へ送られてしまいます。 彼女を迎えにやってきた貴公子が、なぜ彼女が理不尽な扱いを受け入れたのかを、見事に解き明かしてみせるのですが。 それはほんとうに彼女の真意なのでしょうか? この作品は、他のノベルサイトにも別の題名で投稿した作品です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • ブラッドラスト・リザレクションー蘇りの吸血鬼王と宿命背負う聖女ー

    愛するか、殺すか。あるいはー

    5,000

    0


    2022年1月4日更新

    ごく普通の日常を送っていた高校生・暁美悠人。 彼はある事件に巻き込まれた際、自身の本性が四百年前に死んだはずの吸血鬼の真祖だと知ってしまう。 再び目醒めた以上、本来ならばかつての部下である吸血鬼たちの元へと戻り、王として再び君臨することが宿命。しかし悠人は、何も知らない幼馴染や親友を巻き込ませないため、何よりも人間だった頃の自分自身を捨て切ることができなかったため、自身の運命に抗うことを選んだ。 そんな中、悠人の目の前に現れたのは、「クルースニク」と呼ばれる真祖を殺すために生まれた聖女・ローラだった。 最初は敵対する者同士として互いと接していた悠人とローラだったが、やがて互いの利害の一致から、禁忌と知りながらも一時的に共闘の盟約を結ぶことになる。 だが、この時はまだ彼らは知らなかった。 戦いと日常を共に過ごしていくうちに二人は互いに強く惹かれ合ってしまい、それが世界を揺るがす大きな出来事と過去の因縁に繋がっていくことに。 人類の敵である少年と人類の救世主である少女が織り成す殺し愛のダークファンタジー、開幕。 ※大量出血を始めとする残酷描写&不快感を与える可能性のある発言が多く登場します。また物語後半より主人公が闇堕ち&ヤンデレ化する展開が含まれる予定です。あらかじめご了承ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間28分

    この作品を読む

  • 悪役令嬢様、今世の夜空は綺麗ですか?

    傷つかないように、傷つけないように。

    2,100

    0


    2021年12月29日更新

    煌びやかな金髪。つり上がった瞳。孤高な雰囲気。高圧的な態度。厳しい言動。誰もが畏れ、羨み、妬み、恨み、しかし遠巻きに見ることしかできなかった帝国の才女――公爵令嬢、シャルティア・エステラ。 そんな彼女は今日、皇太子ウィンナイト・アルフィス・グランテードに婚約破棄をされ、辺境地の領主である伯爵のとりなしにより、一時辺境へ謹慎に行くこととなった。 悲しさや苦しさを押し殺して眠りに耐える彼女の耳には、魔性を感じさせる男の声が直接頭に流されて聞こえている。 馬車の中で揺れも気にせずシャルティアの隣に立っている近衛護衛、エレインが彼女をニコニコと見守っている。 辺境地に着けば、和気あいあいとした領民の様子にも驚かされたし、領主が怖いほど歓迎してくれた。 とにかくどこへ行っても好意ばかり向けられるという、初めての経験に戸惑うシャルティアだったが、いつも一歩引いてシャルティアを見守っていたエレインがあの日、『ある行動』をしたことで、事態は一気に動き出す。 周囲の人々の振る舞いが徐々に変化していくにつれて、シャルティアもまたゆっくりと悟っていく。そして、思い出していく。 シャルティアに隠された真実。この世界で何が起こっているのか。現在の皇太子の恋人であり、覚醒したリリアナ・フォレスト、そして皇太子ウィンナイトはどうなるのか。それらが明かされ始めた時、最強の者が世界に再度降り立つ。 ――見たことある、聞いたことある。でも、思い出したくない。 ――見てほしい。聞いてほしい。そして、思い出してほしい。 ――見ないでくれ。聞かないでくれ。一生、忘れていてくれ。 ――知らなくていい。解らないでいい。ただ、そばにいて。 ――見えなくとも。聞こえずとも。今度は必ず、助けるから。

    読了目安時間:1時間56分

    この作品を読む

  • ヒロインは蚊帳の外

    テンプレ通りじゃない悪役令嬢もの

    100

    0


    2021年12月27日更新

    バカーデ・ゴメンナサイ王子はシリガル・オトコスキー男爵令嬢を引き連れ、キミハ・オレノモノダ公爵令嬢に婚約破棄を突きつけた。バカーデにはある思惑があった。尻軽女は最初から眼中にない。彼が幸せにしたいのは……。 だが婚約破棄後に事態は急展開を迎え、ヒロインは地獄の底に落とされる。彼女はまさに蚊帳の外。行き着く先は光か、闇か。 ※小説家になろう、アルファポリスにも掲載中

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む