成長系主人公

検索結果:4件

  • 幸福の国の獣たち

    異類婚姻譚×身分差ロマンス×冒険

    2,700

    100


    2021年9月16日更新

    人間のくせにライオンの神に恋をする、明るくて世間知らずな古代人少女ララキ。 田舎に生まれ差別と偏見に揉まれて育った、苦労人でしっかり者の少年ミルン。 いろいろ真逆な二人は奇妙な縁で出逢い、ともに神々の世界『幸福の国』を目指して旅をすることになった。 対する神々はある理由で彼らを無視できず「試験」と称してさまざまな試練を彼らに課す。 秘密主義の謎の少女スニエリタや、それぞれが契約している個性豊かな動物たちとともに、ララキとミルンは力を合わせて困難を乗り越える。 旅を通して三人の間には友情や、新たな恋が芽生えていく。 一方神々の世界では、元からあった歪な上下関係の上に「裏切り者がいる」という別の影が差しかかっていた。 それは誰で、狙いは一体何なのか。判然としないまま人間たちの旅が終わりを迎えたとき、世界は一変してしまう。 そしてそれは、新たな旅と戦いの始まりだった。 「物語はハッピーエンドで終わらなくっちゃ!」 スーパーポジティブ古代人(へっぽこ)と苦労性の田舎者(ケチ)が、それぞれの幸せを掴む冒険譚。 ◆誤字報告歓迎 ◆なろう/カクヨムから出張中、本編完結済み

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:23時間24分

    この作品を読む

  • 地球じゃ魔王は最弱種族!?~転生した世界が我を全力で殺しにかかっている~

    元最強魔王が地球に転生して成長する物語

    4,000

    0


    2021年8月17日更新

    【なろう版とは全く別ストーリーです】世界最強の存在、魔王シリウス。それが我である。二度の勇者襲撃も余裕で撃退してきた正に最強の存在である。我が世界の半分を征服したある時、三人目の勇者が攻めてきた。そいつは異世界から召喚されたとかいう勇者だった。 能力値だけを見ればほかの勇者とは大差ないそいつだったが、ただ一つ、他の勇者と違うスキルを持っていた。そのスキルの名は『地球人Lv10』。「『魔王攻撃無効』?『魔王防御無視』?『対魔王攻撃力1000倍』?なんだ『地球人Lv1000』って!?」「クソチートがぁぁぁぁぁ!!!」我を殺すためだけに居るようなそいつに我はなすすべなく殺されてしまう。しかし、我は事前に保険として自身に転生の秘術を掛けていた。今度こそ異世界勇者なんかに殺されないように生きてやる!そう、思っていたのに……。転生の秘術が不完全だった影響で、我にとって地獄の世界、地球に転生してしまう。地球の人間、『地球人』は全て『地球人Lv1000』を持っていて……。 虫も殺せない系(強制)魔王による爆笑コメディーここに爆誕!? 人間><魔物>動物>虫>魔王(笑)

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • ニャル様のいうとおり―青年と幽霊乙女の神妖怪奇・恋愛譚―

    邪神に呪われた青年と怪異少女の両片想い

    1,366,800

    101,537


    2020年3月14日更新

    ――優しさだけでは救えないものもある。 邪神の本性を見て正気を失わず一矢報いてしまった青年、令一は無理矢理隷属させられ呪われてしまった。 その結果、世間から忘れ去られ、邪神の小間使いとしてこき使われる毎日。 諦めかけていた彼はある日夢の中で一人の怪異少女と出会う。 赤いちゃんちゃんこの怪異『紅子さん』 彼女の仕掛けた『夢からの脱出ゲーム』を行い、その日から令一の絶望一色だった世界にひと筋の光が差し込んだ。 彼は怪異や神様が人と共存するために活動している異質な場所『鏡界』。そして『神妖大同盟』へと誘われることとなる。 そして、先輩である幽霊の紅子とともに邪神の元にいながら邪神の仕掛けた理不尽な『シナリオ』を打ち砕くべく活動していくことになった。 最初はなにもかも上手くいかずに挫折ばかりしていた令一はしかし、諦めなかった。 やがて努力が実り『シナリオ』をハッピーエンドへ導くことができるようになっていき、絶対に失敗できない『シナリオ』が目の前に立ちはだかり、彼は奮起する。 『怪異の紅子は、その性質故に人を殺さないと消滅してしまう。そして彼女は人を殺すくらいならば消滅していいと思っている』 そんなシナリオのタイムリミットが迫ったとき、彼は『不殺』を信条とする彼女の心を曲げることなく解決する方法を意地でも掴み取るため、それまでに築いてきた関係・借り・全てを駆使して奔走するのだった。 これは、ヘタレな青年とからかい癖のある幽霊乙女――二人の恋が実るまでのお話。 ◇ 表紙のイラストはFAで友人の雛鳥様から。掲載許可を取得済み。Twitter宣伝でも使用。右下辺りにサインがあります。 また、連載中挿絵の詳細は後書きにて記載。 ※ ハーメルン(2016/9/12 初出)、小説家になろう(2018/6/17 転載)、カクヨム、アルファポリスにてマルチ投稿。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:32時間31分

    この作品を読む

  • 最愛のフレイアへ~神殺しと恐れられた彼はどうやら最強の男殺しにジョブチェンジしたようです~

    ──目覚めるは、新たなる"性癖"。

    1,000

    0


    2020年3月7日更新

    ――君はいったい……何者なんだ? あの日、女神が舞い降りたあの日を境に、世界は変わった。女神に愛された人間、通称『神の御使い』。彼のもの達は神力と呼ばれる超常の力を授かり、力を以て世界を救い、そしてまたある時は──世界を創り変えた。 そんな全てが女神によって統治された世界で、すでに平凡とは言い難い日常に身を投じていた中卒一年生、権藤 優。 高校には通うことをせず、普段は自宅にて炊事洗濯。さらには掃除までをそつなくこなすことを余儀なくされ……。もうどこにお嫁に出しても恥ずかしくないまでに嫁スキルを磨きに磨き上げてしまった彼は、だがその裏ではとある組織に所属する名のある隊員、通称『神殺し』と呼ばれる存在だった。 そんな彼にある日、自らをボディーガードにと指名する護衛の依頼が届く。それもその内容は二度と通う事は無いと思っていた、学校に通いつつ行えというもので――。 「スカートの丈、OK。リボンも曲がってないな……、うん。何も問題は――大有りだよっ!」 見た目は女、頭脳は男、権藤 優の眠れない学園生活が、今始まる。

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む