戦争

検索結果:66件

  • 三人の主人公の成長物語。バトル多めです

    ♡19,600

    〇550

    現代ファンタジー・連載中・63話 まさまさ

    2020年1月24日更新

    突如として空から降り注いだ紅い雨。 それは生物の超常的な力を目覚めさせ、『魔人』と呼ばれる新人類を創り出した。 虐められっ子の高校生、神城龍雅 雑務屋を営む男、楢西睦月 魔人の少女、メア 混沌とした世界の中、数奇な運命により手繰り寄せられた3人は、それぞれがそれぞれの想いを胸に未来へと突き進む。 表紙はさいらさんに描いていただきました! ツイッター→@sera_saira 時折修正を行うことがありますがご了承ください。 いつも読んでくださっている読者の皆様本当にありがとうございます!

  • SFのFはファンタジーです。

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・28話 鯖の助

    2020年1月24日更新

    宇宙船のカプセル内で目覚めたサダム・コウロギは、わけもわからず駆逐艦ユウナギ号の艦長となり、様々な危機を乗り越えていく。

  • 秘密情報庁の諜報員が主人公のお話です。

    ♡47,100

    〇300

    ミステリー・連載中・11話 蒼月 凜

    2020年1月24日更新

    ギルバート・コナーはユトランド共和国の秘密情報庁で、ロシア・ヨーロッパ部門の情報分析次官の地位にある。アフガニスタン・イラク戦争における諜報工作から帰還後、情報分析次官としてデスクワークをしていたギルバートだったが、ローレンス・リグビー情報庁長官の命により、ユトレイシア秘密情報庁(USIS)内部に潜む裏切り者の調査と、<悪のエリート>、あるいは<悪魔のエリート>と呼ばれる犯罪組織の極秘調査を頼まれる。ギルバートは<悪のエリート対策本部(仮)>という、笑える名前の本部長として、上級ケースオフィサー、トミー・レガード、ディラン・ヒューイット、現在はオシント(オープン・ソース・インテリジェンス)を専門としているルーク・ランドンとともに、<悪のエリート>と呼ばれるぶさけた名前の組織の調査に乗りだすが!?

  • 傭兵少女ルストと曲者傭兵たちの冒険戦記譚

    ♡51,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・33話 美風慶伍

    2020年1月24日更新

    ―傭兵少女ルストと曲者傭兵たちの逆転と勝利の冒険戦記譚― 【序章を、第1話~第2話を一部修正しました】 【主人公一人称形式】【幕間/別幕と表記は別人物視点】【時間どおり進行】【1エピソード:1000字〜2500字】【毎日午後7時更新】 17歳の傭兵の少女エルスト・ターナーは曲者傭兵たちの小隊長を初めて任されていた。素行不良の部隊員の男性との果し合いに勝利した彼女は『旋風のルスト』の二つ名を名乗ることに。偵察任務を無事終えた彼女だったが、自分の知らない所で仲間の男性の傭兵たちが極秘の任務を与えられたことを知る。自分が外される事に憤慨、ルストは強引に参加を認めさせる。極秘任務である〝国境付近のとある領地の敵国内通疑いの査察〟に向かったルストたち。任務の国境領地で彼らが目の当たりにしたのは、領主の不慮の死と、対立領主からの妨害と、生活に困窮する領民たちの姿だった。さらには敵国内通主導の汚名を着せられたと知ったルストたちは、国と人々と命を守るため乾坤一擲の大逆転を試みる。そして辺境の大平原で砂漠の大軍勢との大規模野戦による決戦が始まる! 爽快冒険ファンタジー 【本作品では、読者様キャラ化企画で造らせていただいたキャラが多数登場します。各話前文にてアナウンスします】

  • よろしくお願いします

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話 冬麻

    2020年1月24日更新

    大人になるまで、生きていてほしい。 誰かのそんな願いを叶えるために、ぼくは生きる。 したくもない仕事、救いたくない人々。生きていくのが、辛くなるほどに無価値だった。 でも、大人になれたら、自由になれる。その日を夢見て。 この作品はカクヨム、アルファポリス、ノベルアップ+ にも掲載されています。

  • のべらさんにライフル持たせたかっただけ

    ♡11,400

    〇0

    二次創作・完結済・7話 春ノ嶺

    2020年1月23日更新

    この世には様々な物語がある、本の数だけ、人の数だけ。 それは文化の集大成、歴史が研鑚した娯楽であり、ひとつとして同じものは無く、ひとつとして無意味なものも無い。 その本に詰まった世界は時として脅かされる事がある、予期せぬ異常事態、他の物語からの来訪者などによって。 是正する者が必要だった、誰にも知られずに秩序を守るために、図書館の司書が如く。 名はノベラ、物語の女神である。

  • 英雄伝ではない。凡俗で、力無き傭兵の物語

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・70話 猫板家

    2020年1月23日更新

    ジキムート。それは傭兵の名前である。 傭兵とは金で雇われ、モンスターや人を殺す者の事だ。 金に汚く、陣営を行ったり来たり。 報酬に合わないと思えば、依頼を破棄して逃げる事もある。 彼も同じくまた、そう言った仕事を生業とする蛮人。 だが一つ、違う所があった。 それはこの傭兵は、異世界からやって来たという事。 彼の故郷世界は今も、神と戦い神を恐れて暮らしている。 マナも枯渇しそして何より、心底神を憎んでいた。 だがこの異世界、飛ばされてみればそこは……神が人を愛しそして、人も神を敬う世界。 そんな真逆の様な世界の中で彼は、生き残るための戦いを繰り広げ続ける。 故郷世界では神を恨んだ彼。だがこの世界では、自分の世界に還る為に、神の足にすがりに行くのだ。 その事に悔しさはないのか、って?ある訳が無い。利用できる物は利用する。それが生きるという事。 『リアルに生きる、生き残る』 死ぬという選択肢はない、誰かを欺いてさあ……切り抜けろっ! 剣戟と魔法。そして人間味あふれる中世ダークファンタジー。 この話はホームページでも、公開されています。

  • 俺は強い一一 あの時までそう思っていた

    ♡8,800

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・81話 桐乃霧ノ助

    2020年1月23日更新

    俺は強いーー あの時まで俺はそう思っていた。 青春の全てを武道に捧げた少年、田熊冷徹。 彼は本気で日本一を目指していた。 突如、異世界召喚された田熊には魔法が使えなかった。 魔法の圧倒的な強さに彼の心は絶望する。 それでも、子供の頃に目指した「誰かを守れるヒーローになりたい。」という夢が簡単に諦められるはずは無かった。 彼は色々な人と出会う。 彼は色々な物を手に入れ、色々な物を失う。 そして全てを守り抜くと決意する。 これは一人の少年が足掻いて足掻いて自分の手で未来を掴み取る物語である。

  • 地球と月を繋ぐ、壮大なSFファンタジー

    ♡5,900

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・33話 海川紫樹

    2020年1月23日更新

    特殊な能力を持つ超越者を狩る組織、エトワール。 それに対抗する超越者の組織、エルデ。 あらゆるものを構成する能力の持ち主、春川悠里は二つの謎の組織の戦争に巻き込まれていく。 それはやがて、宇宙をも巻き込む戦争となる──平凡な街を舞台に、星を揺るがす戦争が始まる。

  • 自由を求めた青年は、平和な世界を破壊する

    ♡4,200

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・9話 月原蒼

    2020年1月23日更新

    「こら、リベラ、そんなに悪さしてると将来H.C.Sで捕まるよ」 これは、小さなころ俺がいたずらをするたびにに幾度となく聞いた母の言葉だ。 ヒューマン・チェイス・システム、通称【H.C.S】 それはクレシア王国の作り出した、国民の安全を保護するためのシステムだ。生後間もない赤ん坊に、微小のナノマシンを体に注射することで、国民の一挙手一投足を監視することが出来る。それにより、犯罪抑制率は過去に類を見ないほど上昇し、その功績から導入する国が増え、全世界シェア100%に達するまでに、そう長い年月は要さなかった。 だがしかし、そのシステムには裏の顔があった。それは、ナノマシンを脳へと寄生させ、人間の行動を制御、監視することで、全世界を支配下に置くことだった。逆らう人間のナノマシンを意図的に暴走させ、死に至らしめる事さえ可能だった。無論、そのコントロールが可能なのはクレシア王国だけであり、人々はクレシア王国に怯えながら生活することを余儀なくされた。 H.C.Sの世界シェアが100%へと達した時、クレシア王国の野望が動き出し、他国の人間たちはクレシア王国に支配され、クレシア王国以外の国家は壊滅した。それは、戦争ですらない圧倒的な支配であった。 皮肉にも、それにより紛争や戦争は無くなった。 平和な世界がクレシア王国により創り出されたのだ。

  • 愚かな世界を愛する物語。シリーズ完結作。

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・20話 ナナミヤ

    2020年1月22日更新

    オッドアイであるが為に裏切り者として捕らえられてしまった主人公。 一生幽閉生活を送るかと思われたのだが。 恋愛ファンタジー 神々の奇想四重奏シリーズ 三部作の第三部です。 このお話単体でも楽しんで頂けると思います。 小説家になろうでも掲載しています。

  • 英雄達が眠る地で起こる新たな戦乱

    ♡11,550

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・22話 想兼 ヒロ

    2020年1月22日更新

    幻に遊ぶ人々、束の間の幻に夢を見る。その眼前には久しくなかった輝き。厚き雲が避け、一条の陽が差し込んでいた。 麗しかった大地は魔が支配し、亡者が闊歩している。長き夜を嘆く人は光に祈った。 ――ああ、我らを救い給え。 その祈りに応えしは、天界の七神。すなわち、光、星、月、風、雷、炎、水の神。神々は人に聖なる力を授けた。聖戦士の誕生である。 希望の灯は魔を退ける。そして、再び大地は輝きに満ちるようになったのである。 ~『幻遊戦争記』より~ 人と魔が争った幻遊戦争より二百余年、平穏に慣れたアルシリア大陸に再び不穏な空気が満ち始める。 そんな中、ヴェレリア王国の若き士官候補生シルクは己の理想と目の前の現実の違いに決断を迫られていた。

  • 拾った幼女を育てる話です

    ♡14,600

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・103話 ふぁー

    2020年1月19日更新

    名家の生まれなうえに将来を有望視され、若くして領主となったカイエン・ガリエンド。彼は飢饉の際に王侯貴族よりも民衆を優先したために田舎の開拓村へ左遷されてしまう。 妻は彼の元を去り、一族からは勘当も同然の扱いを受け、王からは見捨てられ、生きる希望を失ったカイエンはある日、浅黒い肌の赤ん坊を拾った。 貴族の彼は赤子など育てた事などなく、しかも左遷された彼に乳母を雇う余裕もない。 しかし、心優しい村人たちの協力で何とか子育てと領主仕事をこなす事にカイエンは成功し、おまけにカイエンは開拓村にて子育てを手伝ってくれた村娘のリーリルと結婚までしてしまう。 小さな開拓村で幸せな生活を手に入れたカイエンであるが、この幸せはカイエンに迫る困難と成り上がりの始まりに過ぎなかった。 アルファポリスに全話投稿済です。

  • 孤独な主人公が世界を敵に回す英雄譚です。

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話 「S」

    2020年1月18日更新

    近代異世界。対立する二つの国。 黒き闇の国《レイヴン》。白き光の国《ヤタガラス》。 長きに渡って受け継がれてきた魔法と発展した経済社会で構成された二つの国の争いは、実に百年を超える。 そして、その歴史の陰に埋もれるは《四大天魔》と《妖精》の存在、世界の秩序を保つ二つの刀剣、そこに選ばれし先導者。 相反するものが交差し、幾千もの時が流れた今でも、この戦いに終わりなど見られなかった。 ただ、そこに終止符を打つ存在として、描かれるは《英雄》の存在。 背に翼を生やした遺物、人であって人ならざる彼らを、皆は口を揃えてこう呼ぶ――。 『FEATHER』と――。 ※ 黒陰国の首都《レイヴン》にある黒陰国学院に通う魅剣羽亮、16歳。 貴族にも劣らぬ剣技と魔法を扱える彼の目的はただ一つ。 姉のように慕っていた最愛の人――シスター・リリィを殺したフェザーの仇を取ること。 復讐心を燃やしながら、生きる日々。 そこに突如として訪れる、自らの死。 目覚めた時、彼の身体は憎きフェザーと化していた――。

  • ノベルアッププラス 初投稿です。

    ♡8,100

    〇30

    SF・連載中・9話 大塚 束紗

    2020年1月16日更新

    話の舞台は、第三次大戦後の極東の島国。 そこでは、核の炎によって、すべてが荒廃した世界が広がっていた。 人口は昔の半分以下となり、22世紀に入った今でも、国内では小規模な争いが絶え間なく広がっている。 そんな世界で、2人旅をするアサヒと、妹のミソラ。 しかし、ミソラには、決して公にすることが出来ない、秘密が隠されているのだった。

  • ギャグとか戦争とか戦争とか

    ♡4,450

    〇5

    SF・連載中・9話 綴独楽

    2020年1月14日更新

    世界は二度の大戦争を繰り返しておきながら、未だに戦争をやめなかった。 そんな世界で生きる人たちの狂想曲

  • 大戦の傷癒えぬまま、世界は戦火に包まれる

    ♡39,100

    〇5

    SF・連載中・26話 星乃 蓮

    2020年1月14日更新

    きっかけはなんだったのか。それがいつ始まり、何が目的だったのか? 憶えている者は誰ひとりとしていない。 人が死に、国が壊れ、世界が散った。 政府と企業が国家をふたつに割って、壮絶な死闘を繰り返した。 長い闘い―――。おびただしい量の血を流し、20年の歳月を生贄にささげて、大戦は企業を勝者として選んだ。 街は荒廃し、人々の心は枯れた。かつての秩序社会の基盤は壊され、古き世界は昔話のものとなった。 企業独立戦争によって世界は変わった。”戦争”という生殖器官を得た企業は気ままに増殖を始める一つの生命体となるのに、そう時間はかからなかった。 硝煙と砲弾、空から血の雨降り注ぐ大戦で、その死神は産声をあげた。 ―――アーマー・ソルダード―――。 大戦の最中現れた”機動兵器”。 殺すことを選んだ最低の野郎共は、その鋼鉄の棺桶に身を預け、傭兵となった。 この俺、ルフ・シグラスもそんな傭兵のひとりだった……。

  • 2020年1月13日更新

    対GDP比200%もの債務を抱えているとされる日本。もう日本は破滅するしかないのか? …という不安に対し、 「実は全然大丈夫なんですお(≧∀≦)」 …という事実を、世界各国の現状と過去の歴史から詳述しています。 キーワードは『国債』。 国債には意味があり、無駄に発行している訳ではないということと、日本に比べて世界の方が遥かに危険だという真実、なによりも日本の債務総額は、日本の純資産3,300-兆円(うち現金資産で1.800兆円。そのうち半分は即金出来る流動資産)に比べても小さいので「増税覚悟なら、そんなに心配ない」だけでなく、「他の国は既に債務超過」で死にかけている…という、むしろ怖い現実について詳しく検証していくつもりです。日本の方がまだ全然マシ…という現実が、幸せなのか不幸せなのかはともかくとして…ですが(^o^; この世界の基本構造は『インフレーション』です。宇宙開闢のシステムがインフレーションであるのなら、その中に生きる我々の基本構造はインフレーションに基づく世界観なのです。そしてそのインフレの経済的現象を『国債』『通貨』『中央銀行』『税金』『経済成長』から読み解こうとする試みです。この正しい理解を深めれば、日本と世界の経済破綻を阻止でき、我々庶民の生活が豊かになる(お金一杯使える(^o^)!)世界が実現できると確信しています。皆さんと一緒に研究し、認識を共有出来ればと思っています。 なお日本を含めた世界各国の現状について、全く情け容赦なくぶった切っていきますので、表現上、不愉快で不適切に感じる場合もあるかもしれません。しかし偽善や綺麗事を排除し、正確かつ切迫感を持たせるために「政治的に正しい表現」は致しません。ご理解を頂きたく思います。

  • 鉄製人型兵器と戦車、それのみを描きました

    ♡178,100

    〇405

    SF・完結済・99話 斎藤まめ

    2020年1月10日更新

    【口上 】 この手の作品はありそうでないから自分が読みたかった。だから書きました。 それに尽きます。 未来兵器でなく、現実の延長線上にある、兵器としての人型機械。 機体を手で叩くと固い金属音がするような、そんな機械。または兵器。 燃料と火薬の燃える匂い。戦う人と怒号。それだけを求めた作品です。 全部、自分の為に書きました。 すみません。 でも、何処かに、これを好きなもう一人の自分が居る。かも。 そう思って公開いたします。 【構外 ─ 全体あらすじ ─ 】 昭和25年、日本陸軍は装甲された歩行機械、通称『歩機』の開発を行っていた。 歩行機械は世界的に開発競争が激化し、陸軍としても将来の主幹兵器とするべく開発に傾注することが決定している。筈だった。 だが実態は、各兵科の思惑、派閥間の駆け引きのために、軍一丸とはいえない状態に陥っている。 第一〇三独立実験評価中隊の梶山少尉は、その軍内部の駆け引きに翻弄されながらも開発に尽力する一人である。 その当時の日本は欧米列強との直接対決を奇跡的に回避し、未曾有の繁栄を手に入れていた。その反面、軍閥が国軍とは別に私設部隊を保有する暗部もあわせ持っている。 繁栄という輝かしい部分と軍権力闘争という暗部、それが表面化しているということである。 軍閥私設部隊は歩機や戦車を有する強力な集団であり、武装強盗や内紛を多発させる内患として無視できない事態になっていた。 看過できなくなった軍は、その対抗にまだ試作段階の歩機、そして第一〇三独立実験評価中隊を参加させることにした。 わたしのTwitterアカウントです @type97_chihan

  • 命を狙われながら世界を旅します

    ♡13,610

    〇55

    SF・連載中・15話 春ノ嶺

    2020年1月8日更新

    軌道エレベーターで起きたテロに巻き込まれた少女エアはそこでとある資本家の娘、明梨と出会う。あるものを体内に埋め込まれているために命を狙われる彼女を守るために大陸横断しなければならなくなったエアはその他大勢と騒いだり戦ったりしながら戦争の裏に隠れた闇に触れていく。 小説家になろうで書いていたもののリメイク(原型があるとは言っていない)です。