戦争

検索結果:263件

  • 竜の魔女と混血の騎士

    私たちは穢れている。

    130,200

    215


    2021年10月22日更新

    九つの階層から成る世界樹。その第五階層に住まう人間は、他の階層に住まう他種族を侵略した。第四階層の巨人国、第六階層の妖精国、そして最上階である第九階層、神々の住まう〈神域〉への足掛かりである第七階層〈竜域〉にまで侵攻を開始。これが人と神の争い〈人神大戦〉である。人間が組織した〈竜狩り騎士団〉に所属するシグルズは、〈竜域〉に住まう邪竜を守護する〈竜の守り人〉の少女、リンファと刃を交える。多くの仲間を失いながらも、〈竜の守り人〉に勝利し、捕虜として第五階層に連れ帰った。しかしシグルズは彼女に対する国王の対応に不信感を抱き始め――。 毎週月・金曜日の22時更新です。 表紙イラスト:寝娘 様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間30分

    この作品を読む

  • 妹、探しています。

    戦争中、私は妹を探す。

    12,900

    0


    2021年10月22日更新

    例え私がどうなろうと、大好きな妹を探し出す。 そう誓った私は、世界戦争真っ只中の大陸を横断する決意をした。 ここは未来、しかしそれほど遠い未来ではない未来。そこでは法律の革命が起こり、死刑廃止とは真逆の、死刑制度を厳しくするといった内容の法律変化が物議を醸した。それは国や大陸程度の法律革命ではなく、世界単位のものである。 そんな世の中、私、シスルは死刑囚として首の切られるその瞬間を待っていることしかできなかった。しかし、私には二人の仲間がいる。ポピーとメープル、そして、私にはまだ死なない理由がある。 私には、まだ小さい妹がいる。その妹を置いて、私はこの監獄へ収監されてしまったのだ。もう一度妹を見つけ、日常を過ごすまでは死ねない。そう思っている。 その矢先、この世界で突如巻き起こった世界戦争。オーストラリア大陸、そして南北アメリカ大陸競合軍が、ユーラシア大陸中心部に喧嘩を売ったのが発端だ。 その未曾有の世界戦争が巻き起こっている事も知らず、私たち三人は、この監獄を脱獄する事となった。 私、妹を探す。そう決めた心の奥で渦巻いたのは心配だったが、構わない。 戦火の中心で廃屋と化すこの大陸を、命がけで横断して、そこにいるであろう妹を探し見つける。それが私のやるべき事。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • 受験生でしたが転生したので異世界で念願の教師やります -B級教師はS級生徒に囲まれて努力の成果を見せつける-

    平凡な教師の天才たちとの物語

    16,700

    0


    2021年10月22日更新

    受験を間近に控えた高3の正月。 過労により死んでしまった。 ところがある神様の手伝いがてら異世界に転生することに!? とある商人のもとに生まれ変わったライヤは受験生時代に培った勉強法と、粘り強さを武器に王国でも屈指の人物へと成長する。 前世からの夢であった教師となるという夢を叶えたライヤだったが、周りは貴族出身のエリートばかりで平民であるライヤは煙たがられる。 そんな中、学生時代に築いた唯一のつながり、王国第一王女アンに振り回される日々を送る。 貴族出身のエリートしかいないS級の教師に命じられ、その中に第3王女もいたのだが生徒には舐められるばかり。 平民で、特別な才能もないライヤに彼らの教師が務まるのか……!? 努力型主人公を書いて見たくて挑戦してみました! 前作の「戦力より戦略。」よりは文章も見やすく、内容も統一できているのかなと感じます。 是非今後の励みにしたいのでブックマークや評価、感想もお願いします! 話ごとのちょっとしたものでも構いませんので!

    読了目安時間:8時間6分

    この作品を読む

  • ミネルヴァ大陸戦記

    大いなる術者、世界を変える力

    325,700

    6,080


    2021年10月22日更新

    遠き異世界、ミネルヴァ大陸の歴史に忽然と現れた偉大なる術者の一族。 その力は自然の摂理をも凌駕するほどに強力で、世界の安定と均衡を保つため、決して邪心を持つ人間に授けてはならないものとされていた。 しかし、術者の心の素直さにつけこんだ一人の野心家の手で、その能力は拡散してしまう。 世界は術者の力を恐れ、次第に彼らは自らの異能を隠し、術者の存在はおとぎ話として語られるのみとなった。 時代は移り、大陸西南に位置するロンバルディア教国。 美しき王女・エスメラルダが戴冠を迎えようとする日に、術者の末裔は再び世界に現れる。 ほぼ同時期、別の国では邪悪な術者が大国の支配権を手に入れようとしていた。 術者とともに大きく波乱へと動き出す世界の歴史を、主要な人物にスポットを当て群像劇として描いていく。 ※作中に一部差別用語を用いていますが、あくまで文学的意図での使用であり、当事者を差別する意図は一切ありません ※作中の舞台は、科学的には史実世界と同等の進行速度ですが、文化的あるいは政治思想的には架空の設定を用いています。そのため近代民主主義国家と封建制国家が同じ科学レベルで共存している等の設定があります ※表現は控えめを意識していますが、一部残酷描写や性的描写があります

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間16分

    この作品を読む

  • ギュゲースの指輪

    バトル<ファンタジー<ドラマ そんな感じ

    2,100

    0


    2021年10月22日更新

    私はテレシア・アトキンズ、22歳。エアーレースのパイロットで去年はワールドチャンピオン。ちょっとは有名人です。 でも残念ながらね、このお話の主人公は私じゃないの。私が紹介したいのは『ひいおじいちゃん』と『ひいおばあちゃん』。 ひいおじいちゃんとは会えなかったけれど、ひいおばあちゃんには沢山のお話しを聞かせてもらった。あの世界大戦というひどい時代で2人がどうやって出逢って、どんな恋をして、どんな生き方をしたのか… そして『私達』しか知らない、あの戦争の裏ではどんな戦いがあったのかを聞いてほしい。ところで『私達』って言うのは…ちょっと特別な意味があって…… まあ、詳しいことはゆっくりと読んで頂きたいと思います。気長にお付き合い下さいね。 ※この物語には当時のあらゆる国名、組織、兵器などなどが実名で登場します。基本的には史実に沿って話は進んで行きますが、フィクションのご都合上、多少は史実や他の事実を都合良く歪めております。配慮すべきと思われる所には注釈を入れておりますが、なにとぞご容赦のほどを…

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間50分

    この作品を読む

  • リリスの想い人

    きっとどこか遠くで

    7,900

    0


    2021年10月22日更新

    シンキングホーン、それは言葉を持つようで持たない種族。羊のような体で二足歩行をし、人間のような肌の顔を持ち、両側頭部に巻貝のような角を携えた彼らと、常盤緑色の紋章を掲げた小国の人間の乙女との必然的な出会いは、互いの言葉の壁を越えて、一つの想いへとつながっていく。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 追放王子の異世界開拓!~魔法と魔道具で、辺境領地でシコシコ内政します

    異世界転生したら、辺境の元流刑地に追放!

    12,400

    100


    2021年10月22日更新

    男主人公の異世界ファンタジー。 異世界転生した元日本人巧良輔は、フリージア王国の第三王子アンジェロに生まれ変わった。 アンジェロは女神に気に入られ、常識外れな魔力を得る。 子供ながら魔法を自在に操り、ドラゴンを退治するなど冒険者としても実績を作った。 しかし、兄王子や宰相に邪魔者扱いされ、辺境の流刑地に体よく追い払われてしまう。 実質追放された事で、周りから人が去って行ってしまう。 しかし、「無人の流刑地でも俺の領地だ! 開拓、開発だ!」とアンジェロは思い立ち、記憶している現代知識を利用して、地球の科学技術の再現に挑む。 チート級の魔法と魔道具を使って領地開発や内政に役立つ技術開発始める。 やがてアンジェロの周りには、人族だけでなく、獣人やエルフ、ドワーフなど一癖も二癖もある連中が集まってくる。 果たして、辺境の流刑地を豊かな領地に出来るのか? 現代知識の再現に、成功するのか? 目指せ! 成り上がり領主!

    読了目安時間:13時間24分

    この作品を読む

  • セカイの果てのハテまでキミと共二誓ウ

    ——謎に包まれた〝セカイ〟を紐解く——

    43,200

    155


    2021年10月19日更新

    スフェルセ大陸。 そこは方角により一定の季節しか訪れない大陸。唯一全ての四季が巡るのは中央だった。 東、西、南、北、そして中央。 それぞれ国が存在するこの大地で、一番の権利を握るは中央軍。一見残虐で横暴なやり方に東西南北の四国は不信感を抱きながらも、逆らう事が出来ないでいた。 中央軍、リゼルト国王弟殿下兼中央四将として戦場に赴いていた〝レフィシア・リゼルト・シェレイ〟。 兄である国王の命であったこの侵略戦に、レフィシアは敵の総大将に一通の手紙を渡す。 それは全て、数日前に遡った——。 後に中央の地下室に監禁されていた、北国の王女〝リシェルティア・セアン・キャローレン〟を助け出したレフィシア。だがこの事件がきっかけでリシェルティアとレフィシアは互いの記憶を失う事になる。 ——二年後。 北国の雪山を登っていた少女〝リシェント・エルレンマイアー〟。その山頂で出逢ったのは——中央軍を裏切ってから、北国に身を潜めていたレフィシアだった。 後に東国の魔法士、ノエア・アーフェルファルタ。 西国の元貴族、ミエリーゼ・ウィデアルインと出会う。 北国と西国の同盟——中央討伐軍の存在を知ったリシェントは、レフィシア、ノエア、ミエル(ミエリーゼ)と共に各国を巡る。 全ては訪れるであろう大きな戦争の為に——。 これは旅を続けながら真実を紐解き、意志が交差する物語。 〝セカイ〟を紐解く、遅効性王道ファンタジー。 ※7/8以降序章から順次修正※ ※男主人公と女主人公による物語ですが、物語の展開により他キャラクターにも視点が切り替わります、群像劇となります。 ※スフェルセ大陸 編 週二更新(月曜確定更新、他進行状況により水〜金の何れかに更新、変更有) ※小説家になろう様、アルファポリス様、カクヨム様にも掲載※

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間40分

    この作品を読む

  • NEXCL 再世女神の超神譚【書籍化】(イラスト、挿絵あり)

    世界初アンチ系ロボット作品!

    224,500

    14,802


    2021年10月19日更新

    【書籍化】【サイエンス ファンタジー系 ロボットバトルアクション!】【祝12,000PV!ありがとうございます!】 第4次大戦から15年の月日が流れた世界。 大戦後、地球統合政府が世界を統治する事になった。 だが、世界は表面的には穏やかではあったもののその裏では皺寄せのような歪さが暗く影を落としていた。 その歪みの1つである”放火”は軍備拡張も目的とした政府の非合法徴兵システムであり、その被害を受け大切な者達を無くしたアリシア アイは徴兵される寸前である男に拾われる。 その男は謎のOSを搭載した人型兵器APネクシル(NEXCL)のテスターになるようにアリシアに要求して来た。 それがアリシアの始まりであり彼女の”命”をかけて後に”超神”と呼ばれ壊れかけた世界の”再世”に尽力した”命”とは何か生涯と人生をかけて叫んだ少女の超神譚が始まる。 (イラスト、挿絵あり) ※表紙のイラストの使用許可を作画、cent_u様より頂いています。 ※外伝作品や各種設定も投稿中『NEXCL』シリーズとして体系を造っているので良ければ読んで下さい。 ※2021年1/6にて日間別と総合で1位になりました。ありがとうございます。(なんか、ノベラポイントの爆撃があった) ※毎週火曜日と土曜日の8時に更新します。 ※2021年7/10にkindle限定で書籍化

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:32時間46分

    この作品を読む

  • NEXCL 迫害された聖女は剣を携え”混ざりし世界”を馳走する

    そこは異世界と現代が交わる世界

    19,500

    0


    2021年10月19日更新

    アリシア 相沢は日々、剣道に打ち込みながらクラスメイトからイジメられる日々を過ごしていた。 そんなある日、突如、クラスごと転移して異世界に行ってしまった。 紋章と呼ばれる力が全ての世界でアリシアの紋章は無かった。 それがきっかけだったのか……アリシアはクラスメイト達に焼き殺されてしまう。 死の淵に落ちたアリシアは前世の記憶を取り戻す。 自分が女神 アリシア アイであった前世だ。 女神としての使命を思い出したアリシアは自らを転移させた邪神ベビダを討ち取る為に行動を起こす。 行動を起こしてもクラスメイト同様、アリシアは周りから侮蔑され、迫害され、嘲られる毎日を送る。 その過程で今の世界について知った。 そうこの世界は現代と混ざり合っていたのだ。 ※一度、投稿していましたが再投稿します。前回よりも修正を加えたのでストーリーが少し変わっているかも知れません。 ※毎週火曜日と土曜日の8時に更新します。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間21分

    この作品を読む

  • 対GDP比200%もの債務を抱えているとされる日本。もう日本は破滅するしかないのか? …という不安に対し、 「実は全然大丈夫なんですお(≧∀≦)」 …という事実を、世界各国の現状と過去の歴史から詳述しています。 キーワードは『国債』。 国債には意味があり、無駄に発行している訳ではないということと、日本に比べて世界の方が遥かに危険だという真実、なによりも日本の債務総額は、日本の純資産3,300-兆円(うち現金資産で1.800兆円。そのうち半分は即金出来る流動資産)に比べても小さいので「増税覚悟なら、そんなに心配ない」だけでなく、「他の国は既に債務超過」で死にかけている…という2020年以後の世界の債務と破綻について検討していくつもりです。お楽しみにね。 なお日本を含めた世界各国の現状について、全く情け容赦なくぶった切っていきますので、表現上、不愉快で不適切に感じる場合もあるかもしれません。しかし、こういう場所は自らの確信と信念を披瀝する場だと認識しており、以って偽善や綺麗事を排除し、正確かつ切迫感を持たせるために「政治的に正しい表現」は致しません。ご理解を頂きたく思います。合わせてコメントには可能な限りレスを付けます。コメント数が(嬉しいことに)多数頂いていますので、もしかしたら確認ミスからレスが付いていないコメントもあるかと思います。もし抜けがあったらご報告ください。 なお、この内容は別のWeb投稿サイト「カクヨム」でもUPしていますが、内容は少し異なります。相互に補完する関係にあるのですが、乖離が大きくなりましたらその都度、内容を修正していくつもりでいます。常に新しいのが良い…ということです(^^) がんばりますので、皆さん、よろしくお願いいたします…m(_ _)m ちなですが、「なぜ〜ヤマト」はCXの「カノッサの屈辱」のオマージュです…m(_ _)m

    読了目安時間:14時間47分

    この作品を読む

  • 亡国の奴隷王子と囚われの奴隷騎士~二人の少年は友情で成り上がる~

    元王子が親友と共に復讐を目指す物語。

    4,900

    0


    2021年10月17日更新

    ガリア大陸の三分の一を支配する大国ヴェルサイユ王国の第七王子ローラン・ド・ヴェルサイユは母親の身分が低かったために冷遇され宮廷ではその存在をほぼ黙殺されていた。 しかし、それでもローランは幸せだった。 なぜなら、常にその傍らには同い年の親友オリヴィエ・ド・ランヌがいたからだ。 ローランに仕える騎士オリヴィエとの日々はローランにとっては何よりの宝物であり、二人は慎ましくも幸せな日々を過ごしていた。 だが、聖歴一六七五年七月十四日。二人がまだ七歳の時に、突如起きた革命によって二人は引き裂かれる事になる。 王政は打倒され、新たな共和政の時代が幕を開けた。 王族は次々と処刑されるも、ローランは辛うじて難を逃れて身分を隠し、奴隷として生き延びていた。 一方、オリヴィエは革命の中で王室の子犬として捕らえられ、見世物として闘技場で剣闘士や猛獣を相手に戦い続ける事を強要される。 しかし、ローランもオリヴィエも生きる事を諦めなかった。 ローランは穏やかな日々を奪った革命指導者ロベスピエールへと復讐を果たすため。そして離れ離れになった親友と再会するために。 オリヴィエはヴェルサイユ王室の名誉を守るためにも、そしてどこかで生きているはずの親友にまた仕える日が来ることを信じて。 そんな過酷な日々を過ごして三年。 ついに二人は運命の再会を迎える事になった。 動乱の時代を、最悪の環境下で生きてきた二人の少年の、友情と復讐と成り上がりの物語。 カクヨムでも投稿しております。 ※ 『BOYSFAN』 BLコミック原作小説コンテスト「バディもの」応募作品。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む

  • 星に願いを、明日に希望を。

    さあ、僕たちの約束だ

    200

    0


    2021年10月17日更新

    この世界は再び神話蔓延る神代の時代へと巻き戻る。 考古学者兼発掘家のとある人物によって再現された偽典:デウス・エクス・マキナ=レプリカの暴走により世界の根幹が揺らぎはじめた大事件———機神事件により世界を繋ぐ境界線が綻び、数多の叡智、未知の物質が世界に漂着した。 そして、機神事件から数十年後。 間もなくして、神々の園———通称、神話領域———にて領域戦争・ラグナロクが引き起こされる。 後に黄昏争乱と語られるこの戦争の結果、神々の園は崩壊。 事実上の世界崩壊となった。 エーテル体である神々は地上に墜ち、物質界における自らの肉体を持ち受肉した。 これにより人魔神精の世が幕を開ける事となる。 そして、それからまた数百年後。 「アレン戦争」「星間戦争」「神話大戦」 「再現戦争」「第二次ティタノマキア」 これら総じて『五奏戦争』と語られる戦争を経て、つかの間の平和を享受する人魔神精のもとで新たな戦争が幕を開けようとしていた。 発端はとある少年少女たち。 彼らは願いの為、彼女らは約束の為。 とある思いを胸に世界を搔き乱す。 これは後の世に星神戦線と語られる終末戦争・ギガントマキア。 そのことの顛末を記したものである。 「———さあ、これは僕らが世界に喧嘩を売る物語だ」 ※コメントは励みになります。 ※アドバイス貰ったので改修工事してます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間29分

    この作品を読む

  • 伝説の十二聖剣と隠されし魔剣 聖剣が魔に堕つ時 魔剣は真実の聖剣となる

    戦火に塗れる世界で転生した少女が生きる

    111,000

    835


    2021年10月16日更新

    アグリウス大陸中央国家ヴァルグラム。 遥か昔魔王を討伐した勇者が造りし大国。 人々は歓声を上げ、誰もが永劫の平和を夢見ていた。 事実、小さな諍いはあったものの、大きな騒動に発展することなく数百年の時間が流れてゆく。 だが、時とは残酷で無情なものだ。 建国の願いすらも忘れ去り、暴虐の王が現れてしまう。 世界は1人の悪意により戦火に呑まれた。 人が人を殺し支配する時代。 神々が介入することもなく、人々の嘆きは絶頂に達する。 もうこの世界を覆すには人の手では不可能。 たった2人、勇者の末裔が行動を起こす。 劇薬を投入すべく、遥か昔の魔王を蘇らせてしまう。 だがそれは肉体のみで、魂は存在してはいなかった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間24分

    この作品を読む

  • EgoiStars:RⅠ

    平穏を望む皇子は何故暴君になったのか…

    36,500

    10


    2021年10月16日更新

    これは数多の銀河の中にある、とある惑星系の物語―― 海陽と呼ばれる恒星を中心に12の惑星が集まる惑星系の7割近くを統治していた星間連合帝国 そして帝国に反旗を翻した統合軍の戦いは皇帝の死によって終結を迎えた。 これにより帝国は崩壊し3000年以上に渡り繁栄を極めていたガウネリン王朝は幕を下ろした―― ――78年後 海陽系屈指の名門大学パネロ大学で助教授を務める歴史学者トーマ・タケダは、星間連合帝国が崩壊に至った経緯を究明していた。 この海陽系に繁栄と秩序、そして平穏を齎してきた星間連合帝国は1人の男が歴史舞台に降り立ったことで崩壊の道を辿っていく。 男の名はダンジョウ=クロウ・ガウネリン。 通称ラストエンペラーと呼ばれる……星間連合帝国最期の皇帝である。 皇帝の座に就いて間もなく「軌跡先導法」という法案を皇帝権限で強行可決したダンジョウ政権は、人間の才能を遺伝子レベルで調べるB.I.S検査を基に、帝国民一人一人の人生を徹底に管理していった。 帝国民にはそれぞれ適した仕事・結婚が振り分けられ、それぞれが円満な家庭を築き、それぞれに適した能力をあまたの仕事に発揮出来た事で帝国の繁栄は最盛期を迎えたと言われている。 だが……この選択の自由が奪われた管理体制に反発の声が上がるのはそれほど時間は掛からなかった。 唯一の隣国ローズマリー共和国、フマーオス星の独立宣言、海陽系最大宗教である神栄教による宗教国家の建国、さらの星々で起きていた小さな火種はやがて統合軍という大きな一つの炎へと変貌し星間連合帝国を焼き尽くしていった。 しかし……この歴史的事実を前にトーマ・タケダは1つの疑問を抱いていた。 何故、帝国皇帝は自由と平穏を捨て、軌跡先導法なる法案を生み出したのか? その真相が隠された皇帝の生涯を辿っていく内に、トーマは知られざる皇帝の素顔を知ることになる。 双子の愚弟として生まれ 多くの人々に慕われる賢帝となり 世界を徹底に管理する暴君へと変貌していった男…… この男の生涯にこそ帝国崩壊の秘密が隠されていた。 巨大な星間連合帝国 女性が主権の握るローズマリー共和国 世界中に数多くの信徒を持つ神栄教 社会の裏で蠢くマフィアや軍需企業 多種多様な人々が様々な感情の中で繰り広げるスペースオペラ 第一部序章。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間38分

    この作品を読む

  • 全力女王!~気高き幼女は死神に見捨てられたのか?~

    悠久を生きるからこそ、刹那を大切に。

    4,500

    0


    2021年10月16日更新

    スフィーダは幼女の姿なれど、実年齢は二千をこえている。待てど暮らせど死神からお呼びがかからないのだ。そんな彼女のお役目はプサルムという国の女王陛下。これといった仕事がない閑職である。 ある日、スフィーダは暇を解消したいと最側近の男に相談した。結果、国民と会う場を設けてもらえるようになった。多くの人々と面会できることは、彼女からすれば願ったり叶ったり。さらには内政や外交にまで関わることをゆるされたのだから、その喜びは加速する。 これまでも全力で生きてきたが、これからも全力で生きていこう。 その思いを胸に、スフィーダ、今日もがんばるのである。 ※この小説は『悠久幼女の女王陛下は、今日も暇を持て余す。』の連載版です。 ※他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • Seta -貴方に王の冠を

    闘いの末、王の冠を手にするのは――。

    19,600

    20


    2021年10月15日更新

    選ばれし十人で、王の冠を懸けて争う物語。国王の辞意表明により、突如その戦争は始まった。 前回の戦争で敗北した父親を胸に、バルト・ムラビスは、弟ケルト・ムラビスと共にタッグを組み、勝利を目指す。危険を冒しながらも個性豊かな敵に立ち向かう。勝利とは何か?強さとは何か?熾烈な争いと共に、闘技者のみが知るこの戦争の意図と意義を解き明かしていく。 そして何よりも、醜くも、険しく、冷酷で残酷な戦争の物語だ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 海の聲~WWX

    こちらでも千放シリーズを順次公開します!

    1,000

    0


    2021年10月14日更新

    千年放浪記シリーズ‐理研特区編(1) ”好奇心に溺れた者の話” 不老不死の旅人、白城千が最初に訪れたのは科学者の国、理研特区。しかしそこでは戦争の真っ最中で…

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • ショートショート集

    ショートショートを集めました

    1,000

    0


    2021年10月9日更新

    ショートショート集

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • アビスゲート2200 深淵から来る者たち

    劇場未公開SFって感じです

    30,600

    1,153


    2021年10月3日更新

    火星周回軌道で建造中の巨大ステーション・アビスゲート。 それは火星の古代遺跡で発見された未知のテクノロジーを利用した星間移動用のシステムだった。 航宙艦キリシマは月で建造されたアビスゲート用のハイパー核融合炉を輸送する輸送船の護衛任務につく。 月の演習に参加していたパイロットのフェルミナ・ハーカーは航宙艦キリシマの航空部隊にスカウトされ護衛任務に参加する事になった。 そんな中、アビスゲートのワームホールテストと同時に月と地球半球に広範囲の電子障害が発生したが……

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む