戦国

検索結果:39件

  • 涙色の夢路(ゆめ) ~この想いは、永久(とこしえ)に~【上】

    【※現在推敲中】書籍化を目指しています。

    0

    0


    2021年9月18日更新

    https://teapot-novels.com/vote/#item-558 書籍化を目指しています。上記URLから『涙色の夢路(ゆめ) ~この想いは、永久(とこしえ)に~【上】』に♡を押して、書籍化の応援をして頂けると嬉しいです。 目が覚めると其処は、様々な時代の歴史上人物が集う異世界だった――。 難病を患い入院していたあたし・織田原萌華は、ある日様々な時代の歴史上人物が居る異世界・冥王界に転移する。其処であたしを助けてくれたのは、ナゾの美少女(?)だった。 その中であたしは、不治の病を患う美青年にも出逢う。クールで毒舌な彼に最初は戸惑うあたしだったけれど、やがて彼の素顔と悲しい過去を知り……!? ❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀ 本作は、『涙色の夢路(ゆめ)』シリーズの本編の上巻になります。 ⇩『涙色の夢路(ゆめ)』の他の作品は、下記URLから! https://estar.jp/series/11758398 ⚠注意⚠ この物語はフィクションです。 R15小説です。15歳未満の方は、ブラウザバックすることを推奨します。 自殺未遂に関する表現がありますが、決して自殺を推奨するものではありません。 暴力描写や残酷描写、性描写、死、BLに関する描写があります。 病気や医療に関する表現がありますが、作者に医療の知識はありません。 カクヨム、エブリスタ、pixiv、野いちご、魔法のiらんど、アルファポリスにも同じ小説を掲載しています。 意見・質問等があれば、ペコメまたはレビューからお知らせ下さい。 方言はしっかり調べてから書いていますが、万が一間違い等があれば知らせて下さると嬉しいです。 [関連タグ] 長編 女主人公 歴史 日本史 源平 織田信長 沖田総司 坂本龍馬 源義経 伊達政宗 新撰組 新撰組 海援隊 男の娘 泣ける 青春 病気 男装 女装 和風ファンタジー 異能力 鬼 ツンデレ ヤンデレ 悲恋 年の差 男性恐怖症 トラウマ 虐待 すれ違い 片想い 禁断 一途 純愛 イケメン女子 逆ハー ドS 無愛想 毒舌 依存 三角関係 ブロマンス 溺愛 一途 嫉妬 秘密 余命 ヒューマンドラマ 友情 LGBT 性同一性障害

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 下野小山戦国異聞 関東八屋形の復興

    斜陽の名族に生まれた主人公が戦国を生きる

    192,600

    0


    2021年9月18日更新

    平成の時代を生きていた主人公が生まれ変わった先は戦国時代で、平安時代以来続く関東の名族小山氏だった。かつて下野国の守護として関東屈指の大勢力を誇っていたが、戦国時代になるとすっかり衰退して下野半国も支配できない有様に。 下野国内は宇都宮氏をはじめとした国人達による群雄割拠状態で、さらにその周囲には古河公方や関東管領山内上杉氏といった大勢力が跋扈している始末。 果たして主人公は戦国の世でかつての名門を導くことができるのか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間53分

    この作品を読む

  • 戦国終わらず ~家康、夏の陣で討死~

    幸村が家康を討ち取ったらどうなるの?な話

    67,400

    1,004


    2021年9月18日更新

    長きに渡る戦国時代も大坂・夏の陣をもって終わりを告げる …はずだった。 まさかの大逆転、豊臣勢が真田の活躍もありまさかの逆襲で徳川家康と秀忠を討ち果たし、大坂の陣の勝者に。果たして彼らは新たな秩序を作ることができるのか? 敗北した徳川勢も何とか巻き返しを図ろうとするが、徳川に臣従したはずの大名達が新たな野心を抱き始める。 文治系藩主は頼りなし? 暴れん坊藩主がまさかの活躍? 参考情報一切なし、全てゼロから切り開く戦国ifストーリーが始まる。 ※カクヨムにも掲載しています

    読了目安時間:7時間9分

    この作品を読む

  • 【完結保証】マイナー戦国武将に転生したのでのんびり生きようと思ったら、いきなり30万石の大名になってしまいました

    この作品は完結までストックがあります

    162,000

    20


    2021年9月18日更新

    【奥州動乱編】 木村吉清に転生した主人公。小田原征伐ののち、彼に与えられた領地は旧葛西大崎領だった。のちに葛西大崎一揆により改易されることを知り、吉清は一揆回避のために奔走することとなる。 【豊家斜陽編】 「明へ攻め込むぞ」そんな秀吉の号令から端を発した文禄の役。吉清に与えられた役割は、高山国(現代の台湾)への派兵だった。瞬く間に沿岸部を制圧すると、現地の倭寇を従え、明の沿岸部で略奪(経済活動)を始めるのだった。世はまさに、大海賊時代!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間2分

    この作品を読む

  • 洛中楽Guys ー若き絵師たちの果敢ー

    洛中洛外図を描く狩野永徳たちの青春群像!

    39,400

    165


    2021年9月15日更新

    若き狩野永徳が、洛中洛外図の依頼を受けた。だが、その中に描かれる人物はなんと2500人……。 この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません。

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

  • 御先祖様に逆転生したら何故か皆が皆萌えキャラになっていた件について

    全年齢対象です。対象です!

    900

    0


    2021年8月8日更新

    拝啓、衛藤猊下、主治医様、父上、母上、親戚のみんな。 小春日和の最中どう過ごしているだろうか。 死んだと思っていたら生きていた、なんてのはもう定番だが、時代が逆行しているのもまあ許容範囲内だが、まあ、その、なんだ、 ……ご先祖が萌えキャラになってるなんてのは前代未聞だと思われる。 しかも自分はその娘役と来たものだ。 どこぞの義子よろしく淫乱になる気は毛頭ないし、チョロインとも思われたくはない。 ただただ、処女を貫徹して華々しく歴史に名を残したい。 ……待てよ、そもそも萌えキャラになってるってことは歴史に名は残っているのか? まあなんにせよ前途は多難であるが、前世の記憶が残っていたことは素直に感謝すべきであろうか。 「保波?」 「あ、はい、なんでございましょう、母上」 「もう、相変わらず固いわねぇ、アンタは」 「そうはおっしゃいますが……」 「第一、その年ならもうちょっと無邪気に遊んでもいいでしょうに……」 「然れども、誇り高き垣屋家の跡継ぎたるものは……」 「……もう、なんでこんな娘に育っちゃったのかしら……」 今のこの名は「垣屋保波光成」。どこの無双か。 それじゃ何か、わけのわからん主人公とやらにくぱぁしなきゃならんと。 ……参ったなあ……。ま、歳が歳だし大丈夫だと願いたいけど。 ※HJ2021に早期応募するために小説家になろうさんにも瓜二つのものを掲載しております。お好きな媒体でお楽しみください。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 彼岸花~相思華~

    初投稿です。ぜひ感想お待ちしています!

    400

    0


    2021年7月17日更新

    時は戦国。ある平和な小さな里。そこに住む幼馴染の新之助、小春、権兵衛。能力はあるが、どこか煮え切らない新之助。そんな新之助を優しく見守る小春。小春に想いを寄せ、新之助に対抗心を燃やしている、ガキ大将の権兵衛。若い3人は、戦国という時代に生まれながらもたくましく生きていた。そんなある日、小春に輿入れの話が、そして時を同じくして、里主催の剣術試合の開催が新之助の耳に入る。剣術試合の優勝者には、なんでも願いが一つ叶えられる。新之助は権兵衛と共に剣術試合の出場を決める。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間44分

    この作品を読む

  • 旋風の里~災厄を招く風使いが平和を喚ぶ~

    《戦国》×《ナウシカ》×《ジェノサイド》

    4,700

    2


    2021年7月10日更新

    【戦国】×【ナウシカ】×【ジェノサイド】 天正11年、羽柴秀吉と柴田勝家の対立が激化する情勢下、滝川家の圧政に苦しむ北伊勢の山奥へ、いわくありげな牢人が迷い込んだ。 風の谷、もとい風ノ里に侵攻するトルメキア軍、もとい滝川軍はジェノサイドによる北伊勢支配を計画。 謀略と正義と友情が交錯する戦場で、牢人は古い伝承が現実のものとなる光景を目の当たりにする。 『北勢雑話』より その一族、大地より風神を召喚し、堂舎大厦を薙ぎ払う。天の碧雲に棲む龍を操り、雷によりて惣別衆生を焼き尽くさん。大いなる災厄を招く、風の妖魔の眷属なり。 アルファポリスでも連載中です 表紙イラスト:ソアレさん

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

  • 幻想戦国譚 六文銭の十本刀

    シリーズ化未定のため 「完結」扱いです

    2,900

    0


    2021年6月24日更新

    <あらすじ> 季節は秋。四神島――東方四神国〝朱雀〟信濃領、上田城。 ある日の昼下がり、霧隠才蔵は主君・真田幸村に相談を持ちかけられる。 それは才蔵を含む勇士たちの頭領・猿飛佐助の様子が「おかしい」というものだった。 〝四神島〟を舞台に繰り広げられる戦国ファンタジー ここに開幕! 真田幸村と真田十勇士によって紡がれる「幻想たる戦国譚」を見逃すな! ※この物語はフィクションです 実在の人物・団体・史実・出来事等とは いっさい関係ありません 閲覧の際は、自己判断・自己責任でお願いいたします <主要人物> 真田幸村……東方四神国〝朱雀〟信濃領領主。〝十本刀〟を従える「若さま」。 ~十本刀~ 猿飛佐助……〝十本刀〟の頭領。若さま(幸村)大好きな忍。 霧隠才蔵……〝十本刀〟の副頭領。忍であり式神使い。〝十本刀〟影の頭領。 根津甚八……もと海賊。絵師兼化粧師。刺青をした隻眼の美男子。〝鬼眼〟を持つ。 由利鎌之助……もと盗賊。金髪美人(not女性)。根津と同じく〝鬼眼〟を持つ。 ~式神~ 暁……〝朱雀皇弟〟。幸村を幼名(弁丸)で呼ぶ。 霧玄……〝狐神〟。〝三大獣神〟が一人。才蔵の育ての親。 虎々……〝白虎孫女〟。千代の友だち。 ※※※この作品は『第10回 角川ビーンズ小説大賞(別名義)』 『第19回えんため大賞-ビーズログ部門-(緋崎水那 名義)』 に投稿した作品です

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間12分

    この作品を読む

  • 斎きの六月 連雀師の少年

    一つの叙述詩になりますように

    2,800

    0


    2021年5月23日更新

    未だ幽玄の室町邸より漂う妖霧に包まれる戦国中期、 尾張国より近江六角領を目指すある連雀師(れんじゃくし)の一座があった。 清流のせせらぎうち、皆に遅れて、解けた草鞋の紐を結び直す少年ひよし。 その辺りを舞う美しきカラスアゲハ蝶たちの魅戯(みたわむ)れは これより一時の数奇な運命の流れに身を投じる彼の気高さの顕れを予兆する。

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • 華闘記

    信長チルドレンが辿る華麗で過酷な戦国絵巻

    38,400

    100


    2021年5月9日更新

    小牧・長久手の戦いのさなか、最前線の犬山城で、のちの天下人羽柴秀吉は二人の織田家旧臣と再会し、昔語りを行う。秀吉も知らぬ、かつての巨大な主家のまとう綺羅びやかな光と、あまりにも深い闇。近習・馬廻・母衣衆など、旧主・織田信長の側近たちが辿った過酷な、しかし極彩色の彩りを帯びた華やかなる戦いと征旅、そして破滅の物語。 ー 織田家を語る際に必ず参照される「信長公記」の記述をふたたび見直し、織田軍事政権の真実に新たな光を当てる野心的な挑戦作です。ゴリゴリ絢爛戦国ビューティバトル、全四部構成の予定。まだ第一部が終わりかけている段階ですが、2021年は本作に全力投入します! (早川隆)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • 名城の散り際

    佐和山辺り、今度散歩してみようかな♪

    12,200

    2


    2021年3月19日更新

    慶長五年ーその日、彼は全てを喪失した。その狭間を描く物語。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 「佐渡ヶ島から始まる戦国乱世」

    なろう小説でも連載中です(*´ω`)

    6,200

    0


    2021年2月21日更新

    もし、何も持たずに戦国時代の佐渡ヶ島へ転生したら・・・ そんなifの世界を激しく描いていこうと思っています。 戦国の世の厳しさ、戦場の激しい戦闘に至る道筋。そして、「金」の持つ力・・・ なろう小説でも書いております。よろしくお願いいたします。 https://ncode.syosetu.com/n1637gb/

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間54分

    この作品を読む

  • 信長と作る『新・信長公記』 ~戦国時代に行ったら信長もタイムスリップ者でした~

    織田信長とその軍師、実は未来人である。

    4,900

    0


    2021年2月2日更新

    もし。あなたが今戦国時代に飛ばされたらどうする? そのまま野垂れ死に? それとも農民になって細々と? はたまた商人になって現代知識で稼ぎまくる? どの答えは十人十色だ。今回はその答えの一つを見てみよう。 彼は非力ながらも、持ち前の頭の回転力で戦国時代を生ききった……。 歴史好きの中学生、上村匠海は原因も分からずに戦国時代に飛ばされてしまう。 そこで出会った『織田信長』も未来人であったことが分かり、二人は武将たちの策略に四苦八苦しながらも、戦国の世で生き抜いていく。 目指せ!天下統一!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 信長とタッグで戦国時代来ちゃったけど、これって天下統一するやつですか?

    戦国の世でハチャ天下統一物語!?

    5,600

    0


    2020年12月23日更新

    この作品は途中で完結しています。 この作品のリメイクはこちら リンク カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354055371788551 ノベルアップ+ https://novelup.plus/story/823396947 小説家になろう https://ncode.syosetu.com/n4416gr/ 母親がプリンを食べてそれを怒る。 こんな子供の日常がきっかけで武力で勝負の戦国時代にタイムスリップしたら どうするだろう。武力で対抗?知力で生き残る?それとも農民になって細々と? 答えはまさに十人十色だろう。全部正解だ。 今回はそんな正解の一部を見ていこう。 彼は、武力は全くないながらも、持ち前の知力と踏ん張りで最期の最期まで闘った。。。 歴史好き、いわゆる歴オタの上村匠海(中一)はある日、 通り魔に刺されて死ぬという、テンプレ通りの死を迎える。 死を覚悟して目を閉じた先は何と戦国時代だった!? 目覚めた場所は信長の城!? 1547年〜を舞台に、頭脳派の匠海に本能型(?)の信長の最強コンビで 目指すは天下統一!……できるかな? え、できるよね?不安になってきたけど。。。 ※物語に史実に基づいた話がありますが、作者のリサーチ不足や最新の研究の結果等で 異なる場合があります。ご了承ください。後、作中の人物は歴史について詳しいのですが、 作者は詳しくないので、そういう世界線だと納得してください。 尚、〜殿とか、〜様とか呼称のことはよく分からないので適当にしてます。許してください。 参考文献:信長公記等 小説家になろうでも投稿してます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間21分

    この作品を読む

  • 日本にいる八百万の神、その最高位の神である美日大女神はある日、渡来の神であるキリズトとの戦を避ける為に下界へと追放される。 追放され、人なった美日大女神は人の世が戦で荒れている事を憂い、自身の力で天下統一をして平和を取り戻そうと考えた。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 姫と異世界から来た狙撃手

    純愛で甘甘なストーリーです

    0

    0


    2020年11月4日更新

    異世界から来た狙撃手(スナイパー)金井(かない)怜(れい)と姫 茅ケ(ちが)朱音(あかね)との純愛で甘甘なストーリーとなっております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 花吐き吉継

    花言葉の無い時代に、なぜ彼は花を吐くのか

    2,100

    0


    2020年8月19日更新

    豊臣家家臣・大谷刑部少輔吉継は、花吐き病という難病にかかっていた。声も出せず、日々衰えていく彼のもとを、盟友・石田三成が訪ねてくる。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 理葬境

    主人公の居ない物語

    3,700

    0


    2020年8月13日更新

    戦の時代、小国同士が争い陣地を広げていたような頃の物語……。 大国を築いた国王は飢饉により多くの民を犠牲にした。納税を厳しくし、民たちは苦しんだ。その一方で、王城、城下町で暮らす人々にはきちんとした食料が分け与えられた。 飢饉は収まらず、国王が大臣達に案を出すように命じる……。一人の大臣の案が採用され、数ヵ月、数年後には何とか持ち直すことが出来た。 ある日、国王は息子に自分の寿命が短いことを告げる。 国王が亡くなってから、町や村では「悪夢」の話が噂されるようになった。 大臣の一人、剛昌は急死する前の国王の異変に気が付き調査を進めていくが……。 これは、登場人物たち全員が主人公となる「死者の為に紡ぐ物語」である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む

  • 深説 桶狭間の戦い

    「桶狭間の戦い」の謎に迫る独自の新説

    1,100

    0


    2020年7月19日更新

    日本史上もっとも謎の多い合戦「桶狭間の戦い」 それは、織田信長、今川義元ともに、高度な戦術と情報操作を駆使し、命懸けの決意でぶつかり合った名勝負だった。 決して運や天命などではなく、僅かに戦略で上回った信長が、薄氷の勝利を収めるに至ったのである。 信長は如何にして勝ったのか。 史実に忠実に沿いつつも、歴史書の行間を深読みし、独自の新説でその謎に迫る...

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む