戦記

検索結果:428件

  • 2020年1月24日更新

    エンジェンド王国という国は隣国との関係も良好で平和だった。 百年戦争の気配もない平和な国に、人々が笑い暮らす。 聖帝国歴百七十七年春。 その国に、一つの暗雲が立ち込める。 ジバルという男の死が世界を変えて、二国の関係が悪化していく。 帝国との戦いの末、王国の王子フーラは、勝利の為に人の姿を捨てる選択をしたのだった。

  • 私としては珍しい続編ですがこれだけでOK

    ♡10,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話 松脂松明

    2020年1月24日更新

    大陸を睥睨する大国家ケイラノス。 彼の国が擁する六大騎士団の一つ、黒悔騎士団が誇る最強の騎士ツコウは任務で各地を飛び回る生活を送っていた。 友人でもあるお転婆姫シャルグレーテと共に赴いたある任務を切っ掛けとして、ツコウは魔物や奇怪な異変が絡んだ任務を次々と担当させられることとなる。 それは新しく古き者達と、騎士たちの戦いの始まりでもあった…… ※舞台は拙作『青閃と銀閃の灰都探訪』から10年後でありますが、この作品からでも大丈夫です! ※小説家になろう様でも公開

  • それは戦闘狂の男と絵描きの少女の物語

    ♡2,700

    〇0

    その他・連載中・7話 ←↑→↓

    2020年1月24日更新

    若くして数々の戦果を上げてきた《狂犬》の異名を持つ男、マリウス・ベルンハルト。ある時、彼は任務の最中、深いジャングルで敵国に捕虜として捕まっていた絵描きの少女と出会う。少女の描く絵は不思議な力を発揮し、やがてマリウスの人生を大きく変えるのだった。果たしてこの出会いは神の祝福か、悪魔の呪いか、それとも…。

  • この手の中の温もりだけが私の全てになった

    ♡290,700

    〇7,630

    異世界ファンタジー・連載中・39話 しおんぼん

    2020年1月24日更新

    これは夜明けの物語。今ここから旅立とう―― エルディネ王国の北端、ルーベン辺境伯領にそびえ立つ黒い塔に住む錬金術師ナサニエルは、ある日塔の裏手の森で光の精霊に育てられた白い髪の幼子を拾う。その国では白髪の子は呪い持ちとして捨て子となる運命にあったが、稀に精霊がその子を拾い上げて育てることがあった。かつて愛した人の言葉を思い出し、その子を育てることにしたナサニエルは、光を意味するレイリアと名付けてリアと呼ぶようになった。 魔法と錬金術の研究に明け暮れて独り塔の中で孤独に過ごし、子育てどころか人とあまり触れ合うことなく生きてきたナサニエルにとっては、何もかもが初めてで大変な日々。それでもリアとの触れ合いの中で少しずつ表情を取り戻し、家族や愛、生の実感、拾い上げた初めての感情を一つずつ理解し始める―― 精霊の祝福によって動物の心が分かるリアは、ダイアウルフやイヌワシを始めとする森の生き物に囲まれ、自然の論理に従って育っていく。世界とズレて生きるナサニエルとリアは、森と塔と言う広く平和な箱庭から、外の世界へとやがて踏み出し道を分かつその時を、覚悟しながらゆっくりと寄り添い歩いていく。 不器用な父娘は出会いと別れを繰り返し、寂しさと温もりを抱えて、今日もその塔で生きている。 120万文字ほどで完結します 異世界ファンタジー 1位 総合2位 感謝!

  • 人間と神様って、本当はどっちが強いの?

    ♡5,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・316話 斎藤ジュタロヲ/DTレックス

    2020年1月24日更新

    あらすじ 両親を殺され、その復讐に取り憑かれた優等生… その優等生を元の優しい青年に戻そうとする劣等生… そんな二人が今まさに因縁を付けようとした瞬間に目の前は真っ白な光に包まれた。そして光が消えると目の前には少年が立っていた… 「悪神を見つけてほしい」 神の王である主神からのお願いを聞いた二人は決着を後にし、異世界で悪神を探す事になる…… 両親を失い…優しい心も失いつつある剣聖の優等生ジュウロウと…自身の弱さを憎んだ拳聖の劣等生ウメオカ……これはそんな最凶で最狂な最強の死神コンビと…異世界転生…転移した人々の神殺し……その記録である。 《第一部完結しました!!(旧タイトル:ディファレントワールド 〜最凶の高校生、神に頼まれ異世界へと赴く〜)》 《第一部を読み終わった後に第二部(re:)を見る事をおすすめします》 《二部のあらすじは2ページ目にあります》 ※重複投稿です(ノベルアップ+に投稿しています) ※この話はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

  • これは『白の勇者』と『死人の邪人』の物語

    ♡4,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・44話 星狼

    2020年1月24日更新

    物語は剣や魔法、魔物や魔王が存在する「ヴェルタス大陸」が舞台ー・・・。 主人公は人々から「死人の邪人」と呼ばれたゾン・ガルガリオン。 ゾンは幼い頃、とある事故で顔の左半面に呪いを受けてしまい、そのまま17歳まで育った。 そんなある日、ゾンが片想いしている少女のソル・ブライト (16)が生まれつき右手に刻まれる白の紋章により勇者候補の1人として選ばれ、王国都市「ラストヴァニッシャ」へ一人旅に出たー・・・。 ゾンはそんな彼女を心配し、黒ローブをまとい、仮面を付けて王都を目指すー・・・。 迫り来る敵を仲間と特異な能力[災厄(ディザスタ)]を使いながら切り開いて行く物語!! ・この物語はアプリ『ノベルバ』に公開したものを修正等をしてこちらに公開してるものです。それでも誤字脱字があるかもs…皆さまどうぞなま温かい目でよろしくお願いします(;´∀`) ・最近リアルが忙しくなりましたので更新が遅くなります。物語を楽しみにされている方には申し訳ありません・゜・(つД`)・゜・

  • 『地面が丸くない』群像活劇ファンタジー!

    ♡44,300

    〇600

    異世界ファンタジー・連載中・19話 陸一じゅん

    2020年1月24日更新

    むかしむかし。怠惰と強欲を重ねた人類は、神の王によって裁かれんとした。 その生く末を巡る神々の戦争によって、丸かった世界は砕かれて、二十の大地と海に別たれてしまったのだそうだ……。 そんな神話から三千五百年。 二十層に連なる『多重海層世界』。その最下層、かつてアトランティスと呼ばれた黄昏の国『フェルヴィン皇国』。 何ものかによって拉致されてきた魔法使い・サリヴァンと、その相棒ジジ。 王城に幽閉されている気弱なフェルヴィンの皇子・アルヴィンと、その従者ミケ。 動き出した二人の少年の運命が、世界を大きく変える、最初の歯車となるのであった――――。 (この世の神話を異世界で再構成。序盤はギリシャ神話がベースです) (海外の翻訳ものファンタジーをお手本にした王道ファンタジーになります。テンプレも好きだけど、たまには王道もね! ) (テーマは『愛と絆と魔法と神話。それと少しの"メメントモリ"』) (☆が挿絵のあるページでふ)

  • 無計画に「最強」なんて喚ぶもんじゃない。

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話 いかりんぐ

    2020年1月24日更新

    「おぉ!儀式は成功じゃ!どうにかこの世界を救ってくだされ!」 女神のようなものに導かれこの世界に勇者として招かれた元普通のライン工、ユウキ=シゲサト(重郷 勇気)はありったけの魔力と与えられるだけの神の祝福を付与された世界最強の存在である。しかし、どう見ても様子がおかしい。召喚の魔にいるのは疲労困憊し、やせ細っている様子の王様とドス黒いオーラを纏った魔王。 それもこれも魔王を討伐するために呼び出した「最強の存在たち」が世界を侵略しはじめ、人族と魔族が共闘しなければ世界が滅びかねない状況に陥ってるらしい。 魔王を討伐するための元勇者を倒すために。奇妙な勇者パーティの旅が始まった。

  • 女勇者のやり直し人生(・ω・)だよ!

    ♡8,600

    〇30

    異世界ファンタジー・連載中・9話 もいもいさん

    2020年1月24日更新

    魔王を討伐した勇者一行は王都に帰還するが、逆に【化物】扱いを受け女勇者アシュリアは王宮の離れにある使われていない離宮に軟禁される。 死ぬことしか許されない運命をアシュリアは受け入れて、死んだ――ハズだったのだが、女神ラミリアによって別の世界に転生させられることに!? 転生先で一生懸命に生きようと頑張るアシュリアの運命はいかに? ※レイティングは一応念のためです。 令和二年1月17日より連載投稿します(ΦωΦ)ノ

  • 稀代の副将武田信繁が生きていたら……?

    ♡70,100

    〇10

    歴史/時代・連載中・71話 朽縄咲良

    2020年1月23日更新

    【歴史小説ランキング日間9位にランクイン(2020年1月18日)!】 【総合ランキング日間90位にランクイン(2020年1月18日)!】 戦国の雄武田信玄の次弟にして、“稀代の副将”として、同時代の戦国武将たちはもちろん、後代の歴史家の間でも評価の高い武将、武田典厩信繁。 永禄四年、強敵上杉輝虎との雌雄を決する“第四次川中島合戦”で討ち死にするはずだった彼は、家臣の必死の奮闘により、その命を拾う。 信繁の生存によって、甲斐武田家と日本が辿るべき歴史の流れは徐々にずれてゆく――。 この作品は、ひとりの武将の生存によって、史実とは異なっていく戦国時代を書いた、大河if戦記である。

  • 本能寺の変の黒幕を転生者は知る

    ♡88,400

    〇100

    歴史/時代・連載中・30話 吉良山猫

    2020年1月23日更新

    俺の名前は相良正樹しがないアラフォーのサラリーマンだが、歴史オタクであり、趣味は刀剣と城廻り、特技は合気道と居合だ。11月のある日いきなり上司に呼び出され成績不振で会社を首になってしまった。絶望の中で自分探しの旅に出て京都の二条城を見学している時に奇妙な足が三本ある鴉が現れた。何故かその鴉を追いかけているうちに旧二条城跡に迷い込んでしまった。そして運の悪いことに地面が崩落し、深い穴へ落下してしまった。どうやら大昔の井戸の様だ。手や足があらぬ方に曲がっており重傷だ。俺の人生もここまでの様だ…思えばついていない人生だった…死ぬ前に会社で片想いをしていた葵の顔が見たかった…目が慣れてきて、そこには髑髏と一振りの太刀があった。太刀は抜き身であったが古い物であるはずなのにその刀身は錆びていなかった。何処からともかく声が聞こえる『生きたいか?今のままではお主は死ぬ』頭を強く打っていることもあり、どうやら俺は致命傷らしい。『我の無念を晴らしてくれるのならばお前に生きるチャンスを与えよう』「生きたい!」『ならばそこにある星切の太刀で自らを貫け。さすれば道は開ける』どうせ死ぬのならと俺は唯一残った左手で星切りの太刀を握り自らを貫く。『頼んだぞ、我に代わり憎き明智と羽柴と徳川を討ち滅ぼしてくれ』そして俺の意識は深い闇に堕ちていくのであった。

  • 暗殺組織VS女復讐鬼の異世界大河戦記。

    ♡59,300

    〇805

    異世界ファンタジー・連載中・182話 Yuki

    2020年1月23日更新

    これは、呪われた出生と運命に翻弄され――敵と自分と、ときに仲間の血にまみれ――世界を巻き込みつつも――。 復讐を果たさんとする、しかし尚も獣でなく人で在り続けようとする、一人の美しき女戦士の死闘と葛藤の物語。 異世界オファ二ム、そこにあって最大の大陸ハルメニア。 王国エストガレスを筆頭とする11の国家・地域が存在する、大乱なき平定の時代――。 家族を奪った仇敵たる、最強かつ最凶の暗殺・戦闘集団『サタナエル』――さらには大陸全土をも敵に回す運命をたどる、主人公レエテ。 突如として西のダリム公国コロシアムに現れ、残虐非道な剣闘士とドラゴンを一掃し名乗りを上げ、サタナエルに挑戦状を叩きつける。 そして――生まれ持った超人的身体能力と半不死身の肉体、刃に姿を変える両手、「結晶手」を武器に、終わりなき闘いに身を投じる。 その昏く波乱に満ちた運命に巻き込まれ、集い仲間となる者達。一行を狙う魔の手。 壮絶な闘いはやがて一国の内乱と国家間の争いをも引き起こし、混迷を極めていくハルメニア大陸。 標的である『サタナエル』頂点・“魔人”、そして“剣”、“短剣”、“投擲”、“斧槌”、“法力”、“魔導”の各ギルドを率いる六人の“将鬼”を狙い、レエテの旅は続く。 彼女の復讐の悲願が、達成される日は訪れるのか――。それが達成されたとき、彼女は人なのか、獣なのか――。 * 生まれついての超人。一流の剣士、魔導士。聖教に背く背教者。大国の武将、諜報員。 あらゆる人智を超えた強者たちが各々極限まで高め磨き上げた剣・魔導・法力の力でぶつかり合い、国家の趨勢までも動かす、大河バトルアクション・ダークファンタジー、ここに開幕――。 ※小説家になろう様にて、2019年4月に完結した作品の転載になります。

  • 報告です

    ♡0

    〇0

    ブログ・連載中・15話 ナナミヤ

    2020年1月23日更新

    小説の更新情報や裏話を載せたいと思います。

  • お願いだからこのジャンル作品マジ増えて!

    ♡19,200

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・33話 南雲遊火

    2020年1月23日更新

    モルガナイト・ヘリオドール。 フェリンランシャオ帝国の辺境にある小さな集落で、代々銃の工房を営むヘリオドール家の次男坊。 有人人型兵器ヴァイオレント・ドール……通称VDの設計や整備を行う技師になることに憧れ、帝都の姉を訪れた彼は、紆余曲折の末に、何故か精霊機の操者……「元素騎士」に選ばれてしまい……? 真面目で苦労人の亡国の元皇女に、少々嫌味な元素騎士の隊長、若きフェリンランシャオ帝国皇帝の秘密、果ては貴族の渦巻く陰謀に巻き込まれ……。 ×異世界転生主人公 ×ハーレム 流行なんて気にしない! 主人公が地属性なだけあって大変泥臭い、青春(?)ファンタジック巨大ロボット戦記! 「そんなことより、ワシゃー、VD技師になりたいんじゃぁッ!」 ◆◇◆ 数年前にエブリスタ様で開催してましたProjectANIMAさん用に書き始めた話で、以降加筆修正しながら他サイト様でも公開しております。 古き良きファンタジー世界を舞台にしたロボット戦記好きな人に奉げます(一言コメントに本音ダダ漏れ) ◆◇◆ 1月20日~1月26日まで、毎日19時、22時の更新とします。 よろしくお願いします!

  • 太陽系外植民惑星はハーレムでした?

    ♡328,370

    〇1,405

    SF・連載中・257話 怒花亭 進虫

    2020年1月23日更新

    太陽系外植民惑星査察官のオカダ・アツシは、肩書きだけ凄いヘタレヒーローである。オーバーテクノロジーを意のままに操るスキルを持つ彼は、カルキノスと呼ばれる巨大異星生物が闊歩する外宇宙で、今日も大冒険活劇を繰り広げているのだ! 噂によると母星から忘れ去られつつある「アマゾネスの惑星」ことケプラー22bでは、なぜか男性が生まれず、数百万人の純情乙女たちが絶滅の危機に瀕しているらしい。 進め!オカダ君。相棒のアニマロイド、姉御肌ジャガーのスケさんと変態性欲オオカミのカクさんを従えて、600光年彼方に置き去りにされた人類を救うのだ! そしてオカダ査察官×ヒロインとの恋の行方やいかに?! 年の差プラトニック恋愛?の結末にも注目。 この世界観にどっぷりと露天風呂のように浸かってくださいませ。(ファンサービスあります!)

  • 運命と宝石に導かれた一人の王子の物語

    ♡3,800

    〇710

    異世界ファンタジー・連載中・35話 流飴

    2020年1月23日更新

    ウィンクリア・ルナーエは『いらない王子』だった。 魔法の力を宿す「宝石」をもって統治されてきた国、ルナーエ。 女王君主制により王位継承権を持たない第一王子ウィンクリアは、建国当初から続く悪しき弊風により不遇な扱いを受けていた。 愛する家族と信頼する騎士に助けられながら成長したウィンクリアは、身分を隠して挑んだ公式の模擬戦で勝利を収めた事をきっかけに、元来政治に関わらない立場にありながら領地への視察を任命される。 初めて訪れる外の世界。目の当たりにする腐敗した国の現状。 そして同盟国の不穏な動きと、女王である母から告げられる宝石の秘密。 全てを受け入れるにはまだ幼い、お飾りの王子と蔑まれた少年は、それでも愛する人たちのために剣を取る。

  • 英雄伝ではない。凡俗で、力無き傭兵の物語

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・70話 猫板家

    2020年1月23日更新

    ジキムート。それは傭兵の名前である。 傭兵とは金で雇われ、モンスターや人を殺す者の事だ。 金に汚く、陣営を行ったり来たり。 報酬に合わないと思えば、依頼を破棄して逃げる事もある。 彼も同じくまた、そう言った仕事を生業とする蛮人。 だが一つ、違う所があった。 それはこの傭兵は、異世界からやって来たという事。 彼の故郷世界は今も、神と戦い神を恐れて暮らしている。 マナも枯渇しそして何より、心底神を憎んでいた。 だがこの異世界、飛ばされてみればそこは……神が人を愛しそして、人も神を敬う世界。 そんな真逆の様な世界の中で彼は、生き残るための戦いを繰り広げ続ける。 故郷世界では神を恨んだ彼。だがこの世界では、自分の世界に還る為に、神の足にすがりに行くのだ。 その事に悔しさはないのか、って?ある訳が無い。利用できる物は利用する。それが生きるという事。 『リアルに生きる、生き残る』 死ぬという選択肢はない、誰かを欺いてさあ……切り抜けろっ! 剣戟と魔法。そして人間味あふれる中世ダークファンタジー。 この話はホームページでも、公開されています。

  • 歴史ファンタシーですよろしくお願いします

    ♡2,300

    〇0

    歴史/時代・連載中・41話 ko

    2020年1月23日更新

    戦国の世の中に一人の少年がいた。その名は外岡士郎、士郎は心優しく平和を願いながら弱いもののために悪い大名からお金を盗み分け与えてるため泥棒をしていたそんな少年と少女ながら長作城の城主天羽経丸は幼なじみでお互いにぶつかり合いながらも協力しこの戦国の世を共に生き抜くこととなった。

  • 人間兵器VS人間、壮絶な戦いの記録。

    ♡12,000

    〇30

    SF・連載中・9話 水月

    2020年1月23日更新

    人類は体を武器に変形する能力を持った人間兵器ヘラクレスと通常の人間、ノーマルに二分化されていた。決定的な確執を経たヘラクレスとノーマルは、長い間戦いを続けていた。 戦争が続くなか、西暦2215年、ヘラクレス連合軍の将軍アロンダイトが東京に上陸したことで、日本の情勢は一変する。 元女兵士でノーマルの神崎カオルは平和に暮らしていたが、アロンダイト率いるヘラクレス連合軍の猛攻により戦場へと舞い戻ることに。 そして、因縁を持つカオルとアロンダイトは、戦場で最悪の再会を果たす――。 これはヘラクレスとノーマル、二つの人類による救いなき戦いの記録である。 ※挿絵はwestflatさん(Twitter@StudioWestflat)が描いて下さっています。

  • 5m級ロボが出るSFファンタジー三国志!

    ♡12,500

    〇30

    歴史/時代・連載中・21話 ヘルハウンド

    2020年1月23日更新

    世は乱れていた。乱世に突入しようとしていた。 その乱世でしか生きられない者『英雄』達。 その英雄を見極め、商売をする長命種族『竜人』の男がいる。 その男の名は『張世平』。後に『三国志』を描く『陳寿』と名乗ることになる男。 そしてその戦場の中心には常に二〇尺(約4.8m)もの巨大甲冑『機刃(キバ)』の存在があった。 SFファンタジー三国志、ここに見参!