戦記

検索結果:371件

  • 宇宙を舞台にしたSFバトル小説です

    ♡1,700

    〇0

    SF・連載中・9話 あわさくら

    2019年12月8日更新

    木星のガニメデの探索に向かい、戻ってきた大学生がふとしたことからアンドロイドとなり、宇宙連邦防衛隊の一員として見知らぬ敵に立ち向かう物語として執筆しました。

  • マジ天使な容姿の少年が異世界征服!

    ♡6,100

    〇480

    異世界ファンタジー・連載中・5話 琉斗リュート(原案:すじしまどじょう)

    2019年12月8日更新

    高遠瑠吹愛(こうえん るふぃあ)はキラキラネームと可愛すぎる容姿のせいで小学校でいじめられ、8歳のときから不登校になってしまった。それから5年。13歳になった瑠吹愛は、引きこもっていた部屋のエアコンが真夏に壊れたため、熱中症で短い人生を終えた……はずだった。だけど『光の女神』を名乗る並行世界管理AIに選ばれてゲームっぽい異世界に転移し、いろいろしているうちに世界制覇を目指すことに。 ※僕の家族である「すじしまどじょう」がかつてカクヨムで公開していた作品のプロット提供を受け、改稿した上で続きを書くものです。 以下URLの「すじしまどじょう」カクヨムの近況ノートを参照ください。 https://kakuyomu.jp/users/vegalyra/news/1177354054892575732 ※運営に問い合わせた上、掲載許可をいだだいています。

  • 鉄製人型兵器と戦車、それのみを描きました

    ♡99,800

    〇405

    SF・連載中・66話 斎藤まめ

    2019年12月8日更新

    【口上 】 この手の作品はありそうでないから自分が読みたかった。だから書きました。 それに尽きます。 未来兵器でなく、現実の延長線上にある、兵器としての人型機械。 機体を手で叩くと固い金属音がするような、そんな機械。または兵器。 燃料と火薬の燃える匂い。戦う人と怒号。それだけを求めた作品です。 全部、自分の為に書きました。 すみません。 でも、何処かに、これを好きなもう一人の自分が居る。かも。 そう思って公開いたします。 【構外 ─ 全体あらすじ ─ 】 昭和25年、日本陸軍は装甲された歩行機械、通称『歩機』の開発を行っていた。 歩行機械は世界的に開発競争が激化し、陸軍としても将来の主幹兵器とするべく開発に傾注することが決定している。筈だった。 だが実態は、各兵科の思惑、派閥間の駆け引きのために、軍一丸とはいえない状態に陥っている。 第一〇三独立実験評価中隊の梶山少尉は、その軍内部の駆け引きに翻弄されながらも開発に尽力する一人である。 その当時の日本は欧米列強との直接対決を奇跡的に回避し、未曾有の繁栄を手に入れていた。その反面、軍閥が国軍とは別に私設部隊を保有する暗部もあわせ持っている。 繁栄という輝かしい部分と軍権力闘争という暗部、それが表面化しているということである。 軍閥私設部隊は歩機や戦車を有する強力な集団であり、武装強盗や内紛を多発させる内患として無視できない事態になっていた。 看過できなくなった軍は、その対抗にまだ試作段階の歩機、そして第一〇三独立実験評価中隊を参加させることにした。 わたしのTwitterアカウントです @type97_chihan

  • 不幸な少年が転生した職業は死神!

    ♡4,200

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・31話 柚木

    2019年12月8日更新

    生まれながらにして不幸だった幸村福助は不幸な事故によって死んでしまう。 不幸続きの人生を哀れに思った神様は、次こそ幸せな人生を送ってもらうために幸運を与え福助をウォル・ノーグルとして転生させた。 ウォルは、何不自由なく新しい人生を楽しみ、成人となる十五歳の朝を迎える。 王都で職業を決めるガチャを回しウォルが引いたのはSSレア職業の『死神』だった。

  • 帝国の英雄は放浪者→元帥→?

    ♡700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・19話 白山 銀四郎

    2019年12月8日更新

    双剣の英雄 魔導の英雄 双剣の魔導士 救世主 元帥 魂の導師 様々な呼び名はただ 一人 を指し示す ロンデルク帝国、ベリダ国、ヒドゥン共和国、コロネオ評議国、フレリンゼ国の者たちは彼をそう呼び称え崇めた 【ロンデルク帝国元帥 エドモンド・ベルディはわれらが英雄だ】 と・・・ それは200年たった今でも衰退するところを知らなかった。 これはその双剣の魔導師エドモンド・バルディの英雄記である

  • 2019年12月8日更新

    エンジェンド王国という国は隣国との関係も良好で平和だった。 百年戦争の気配もない平和な国に、人々が笑い暮らす。 聖帝国歴百七十七年春。 その国に、一つの暗雲が立ち込める。 ジバルという男の死が世界を変えて、二国の関係が悪化していく。 帝国との戦いの末、王国の王子フーラは、勝利の為に人の姿を捨てる選択をしたのだった。

  • きみが、僕を救ってくれたから。

    ♡4,180

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・22話 霜野 結姫

    2019年12月8日更新

    引き籠り少年の絃護は、空から降って来た少女を助ける。政府の特務機関に囚われて酷い拷問を受けたのであろう、少女は声を失ってしまっていた。ゴミ屑のような自分と心を通わせてくれる健気で可憐な少女に、絃護は一筋の光を見る。少女を護る為、心を病んだ闇人形の少年は、再びこの世界と戦う決意をする。 世を統べる者のみに受け継いてきたという、謎の宝石を巡る運命の輪が今、廻り始める――――。 Under_the_Glorius_Heavens

  • 魔術とは、理解なり

    ♡12,000

    〇20

    異世界ファンタジー・連載中・35話 白居 漣河

    2019年12月8日更新

    氷は融けて水となり、水は沸いて蒸気となる。 この世の理(ことわり)に干渉し、意のままに操るその術をかつて人間は畏れ、いつしか悪魔の術「魔術」と呼ぶようになった。 理を御したくば、先ず理を解すべし。即ち-- 魔術とは、理解なり。 己が人生の全てを学問に費やし、「理解」をすることに心血を注いだ者のうち、ほんの一握りのみが、魔術士を名乗ることを許される。 今ここに、地位を捨て、名誉を投げうち、己の命さえも賭して旅立った青年がいた。 青年の目的はただ一つ。【魔王】と謳われた魔術士・ウォルハンスの印章(シジル)を探し出し、必ずや持ち帰ること。 全ては、妹の命を繫ぎとめるために。

  • お嬢様と醤油が紡ぐ異世界ファンタジー

    ♡16,450

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・87話 雛山

    2019年12月8日更新

    性格以外はほぼ完璧な少し残念なお嬢様が、事故で亡くなったけど。 美少女魔王様に召喚されてしまいましたとさ。 お嬢様を呼んだ魔王様は、お嬢様に自分の国を助けてとお願いします。 美少女大好きサブカル大好きの残念お嬢様は根拠も無しに安請け合い。 そんなお嬢様が異世界でモンスター相手にステゴロ無双しつつ、変な仲間たちと魔王様のお国を再建するために冒険者になってみたり特産物を作ったりと頑張るお話です。 ©雛山 2019/3/4 イラストはぱなまろ様から頂きました無断転載禁止でありんす。

  • チートなし。少年よ、絶望に染まれ。

    ♡93,700

    〇90

    異世界ファンタジー・連載中・27話 朝食ダンゴ

    2019年12月8日更新

    日常に飽き飽きし、異世界に憧れる高校生カイトは、不幸にもトラックに轢かれ異世界へ転移を果たす。 転移の際、女神に言い渡されたのはチートなしの宣告。 意気揚々と異世界に乗り込むカイトであったが、たどり着いたのは血と死臭に満ちた戦場のど真ん中であった。 大気にあまねくマナはカイトにとって猛毒。 容赦なく襲い来る魔族と、カイトを敵視する人間たち。 絶望の中で、カイトは亡き妹との約束を思い出す……。 異世界チート無双へのアンチテーゼ。 異世界に甘えるな。 自己を変革せよ。 チートなし。テンプレなし。 異世界転移の常識を覆す問題作が、ノベルアップ+に登場。 ――この世界で生きる意味を、手に入れることができるか。

  • 国を追い出されたお姫様と竜の冒険譚

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話 沼田任三郎

    2019年12月8日更新

    ある異世界の物語。 その世界に住む人々は、あらゆる元素を司る精霊と共存し生活をしていた。 数多ある国の一つ“白の国”に、フィオナというそれはそれは美しいお姫様が住んでいた。 美貌の少女、と言えば聞こえはいいが彼女は、王子の恰好をし、剣や乗馬を好み、勇ましい戦士が活躍する冒険譚に憧れる“おてんば姫”であった。 そんな日々を過ごしていたフィオナ姫にはある悩みがあった。 『十五歳を迎えたら、同盟国の王子と結婚せよ』 産まれた瞬間から決められていた許嫁との結婚を不服としていたが抗う術もなく、15歳の誕生日が刻一刻と迫っていた。 誕生日の三日前、いつものように苦手な刺繍の授業をサボタージュしたフィオナは、街で出会った翡翠色の瞳を持つ黒猫と出会い、路地裏へ導かれる。 そこには一人の青年が倒れていた。 彼の名前は“キキ”。 キキは世界を旅する“魔法使い”だった。 幼い頃から何故か魔法が使えなかったフィオナは、彼を尊信し、彼の話す“世界”に胸を馳せ、想いを募らせていく。 しかし、彼女の誕生を祝う“晩餐会”で事件が起こる。 父である“白の国”国王に何者かが毒を盛ったのだ。 一命は取り留めたものの、誰と話すことも出来ずただ床に伏せ、王としての責務を果たすことが出来ない重篤な状態となってしまった。 そこで王位継承権第一位である義兄・エドワードが王の代理として王政を執り行うことになる。しかし、義兄は、憔悴し悲しみの渦中にいるフィオナに対し追い打ちをかけるように『国王暗殺未遂』の嫌疑をかけた。 投獄されたフィオナは、あれよあれよという間に死刑判決を下されてしまう。 絶望するフィオナを助け出したのは、焔を吐き、操る一匹の龍であった。 “炎の化身”“万物の王”と人々から畏怖の対象になっていた伝説上の生き物は、なんと魔法使い・キキだった! この物語は、温室育ちのお姫様からお尋ね者になった少女・フィオナは、龍に変化する魔法使いの青年・キキと旅をし“世界”と“総ての真実”を知るための冒険譚である!

  • 運命に愛された騎士とその親友の物語

    ♡65,300

    〇1,500

    異世界ファンタジー・連載中・39話 松脂松明

    2019年12月8日更新

    ここは良くある剣と魔法の世界。戦争は終わり、騎士たちも平穏を取り戻しつつある時代。 しかし戦いの後に来るのは別の戦いの時代。 神に愛された青年アドラスと、その親友にして腰巾着アレイオンは慣れない世界に身を投じる! 騎士にして冒険者へと! 地味ファンタジー!サーって言いたかっただけ!

  • 楽しんでもらえたら嬉しいです!

    ♡56,000

    〇355

    異世界ファンタジー・連載中・192話 ファルコン

    2019年12月8日更新

    29歳のサラリーマン 高橋 海人 大学を卒業して就職して彼は会社と家の往復をする毎日だった そんな彼の唯一の趣味は休日の前日の夜に酒を飲みながらゲームをすることである 『サーリスト戦記』 何度もクリアした戦略シミュレーションゲーム 久しぶりに起動したゲームのコレクションを見ていた海人は唯一クリアしていなかった領主に気付く 『カイト・オーシャン』 最弱の領主であり、毎回最初に滅ぶ領である 同じ名前だからと最初にプレイして玉砕してからは一切触っていなかったが 何度もクリアした今ならクリア出来るのではと考えた海人はカイト・オーシャンを選んでゲームを始める いつの間にか寝ていた海人 呼ばれる声に反応して起きたら カイト・オーシャンになっていた なんでこうなったのか何もわからない海人 だが周りはそんな事など関係なく攻めてくる 押し寄せる敵軍 忠義を尽くす部下 自分を頼る民 様々な思惑に挟まれながら海人は決意した 「やってやろうじゃないか……カイト・オーシャンとして生きてやる!そして、天下を取る!!」 海人の……カイトの戦いが始まる

  • 太陽系外植民惑星はハーレムでした?

    ♡251,770

    〇1,145

    SF・連載中・211話 怒花亭 進虫

    2019年12月8日更新

    太陽系外植民惑星査察官のオカダ・アツシは、肩書きだけ凄いヘタレヒーローである。オーバーテクノロジーを意のままに操るスキルを持つ彼は、カルキノスと呼ばれる巨大異星生物が闊歩する外宇宙で、今日も大冒険活劇を繰り広げているのだ! 噂によると母星から忘れ去られつつある「アマゾネスの惑星」ことケプラー22bでは、なぜか男性が生まれず、数百万人の純情乙女たちが絶滅の危機に瀕しているらしい。 進め!オカダ君。相棒のアニマロイド、姉御肌ジャガーのスケさんと変態性欲オオカミのカクさんを従えて、600光年彼方に置き去りにされた人類を救うのだ! そしてオカダ査察官×ヒロインとの恋の行方やいかに?! 年の差プラトニック恋愛?の結末にも注目。 この世界観にどっぷりと露天風呂のように浸かってくださいませ。(ファンサービスあります!)

  • 力無き言葉では、世界は動かない

    ♡83,550

    〇3,495

    異世界ファンタジー・連載中・213話 ばたっちゅ

    2019年12月8日更新

    相和義輝(あいわよしき)は新たな魔王として現代から召喚される。 だがその世界は、世界の殆どを支配した人類が、僅かに残る魔族を滅ぼす戦いを始めていた。 無為に死に逝く人間達、荒廃する自然……こんな無駄な争いは止めなければいけない。だが人類にもまた、戦うべき理由と、戦いを止められない事情があった。 人類を会話のテーブルまで引っ張り出すには、結局戦争に勝利するしかない。 だが魔王として用意された力は、死を予感する力と全ての文字と言葉を理解する力のみ。 自分一人の力で戦う事は出来ないが、強力な魔人や個性豊かな魔族たちの力を借りて戦う事を決意する。 殺戮の果てに、互いが共存する未来があると信じて。

  • 英雄伝ではない。凡俗で、力無き傭兵の物語

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・23話 猫板家

    2019年12月8日更新

    ジキムート。それは傭兵の名前である。 傭兵とは金で雇われ、モンスターや人を殺す者の事だ。 金に汚く、陣営を行ったり来たり。 報酬に合わないと思えば、依頼を破棄して逃げる事もある。 彼も同じくまた、そう言った仕事を生業とする蛮人。 だが一つ、違う所があった。 それはこの傭兵は、異世界からやって来たという事。 彼の故郷世界は今も、神と戦い神を恐れて暮らしている。 マナも枯渇しそして何より、心底神を憎んでいた。 だがこの異世界、飛ばされてみればそこは……神が人を愛しそして、人も神を敬う世界。 そんな真逆の様な世界の中で彼は、生き残るための戦いを繰り広げ続ける。 故郷世界では神を恨んだ彼。だがこの世界では、自分の世界に還る為に、神の足にすがりに行くのだ。 その事に悔しさはないのか、って?ある訳が無い。利用できる物は利用する。それが生きるという事。 『リアルに生きる、生き残る』 死ぬという選択肢はない、誰かを欺いてさあ……切り抜けろっ! 剣戟と魔法。そして人間味あふれる中世ダークファンタジー。 この話はホームページでも、公開されています。

  • 人間と神様って、本当はどっちが強いの?

    ♡2,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・196話 斎藤ジュタロヲ/DTレックス

    2019年12月8日更新

    あらすじ 両親を殺され、その復讐に取り憑かれた優等生… その優等生を元の優しい青年に戻そうとする劣等生… そんな二人が今まさに因縁を付けようとした瞬間に目の前は真っ白な光に包まれた。そして光が消えると目の前には少年が立っていた… 「悪神を見つけてほしい」 神の王である主神からのお願いを聞いた二人は決着を後にし、異世界で悪神を探す事になる…… 両親を失い…優しい心も失いつつある剣聖の優等生ジュウロウと…自身の弱さを憎んだ拳聖の劣等生ウメオカ……これはそんな最凶で最狂な最強の死神コンビと…異世界転生…転移した人々の神殺し……その記録である。 ※重複投稿です(小説家になろうに投稿しています) ※この話はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

  • 三國志を舞台に少年たちの友情と成長を描く

    ♡6,000

    〇116

    歴史/時代・連載中・86話 銀星 慧

    2019年12月8日更新

    凡そ1800年前に描かれた『三國志』を、新たな設定と創作キャラクターたちによって、新たに創り変えました! 『三國志』には苦手意識がある方でも読んで頂ける様、少年漫画風(?)な内容となっています。 女性読者さんにも楽しんで頂けると思いますので、是非読んでみて下さい! 《あらすじ》 曹家の次女、麗蘭(れいらん)は、幼い頃から活発で勇敢な性格だった。 同じ年頃の少年、奉先(ほうせん)は、そんな麗蘭の従者であり護衛として育ち、麗蘭の右腕としていつも付き従っていた。 成長した二人は、近くの邑で大蛇が邑人を襲い、若い娘がその生贄として捧げられると言う話を知り、娘を助ける為に一計を謀るが… 『三國志』最大の悪役であり、裏切り者の呂布奉先。彼はなぜ「裏切り者」人生を歩む事になったのか?! その謎が、遂に明かされる…! ※人物相関や年代、官職等、正史にそぐわない場合が多々有りますので、その辺り許容して頂ければ幸です。 ※こちらの作品は、「カクヨム」「アルファポリス」でも公開始めました。 良かったら、そちらでもよろしくお願いします。

  • HJネット小説大賞 最終選考落選作品

    ♡211,900

    〇1,285

    歴史/時代・連載中・42話 縞守皐駕

    2019年12月8日更新

    20歳の大学生だった栗岡成輝は、気が付くと戦国時代の近江国の小さな国人領主の子供に生まれ変わっていた。寺倉家の嫡男・淀峰丸として生を受けた彼は、前世で得た知識を使って幼少の頃から少しずつ領内を発展させ、民からは“神童”と呼ばれて尊敬を集めていく。 のちに「寺倉正吉郎蹊政」となった彼の元に集ってくる「寺倉六芒星」や「寺倉十六将星」「寺倉六奉行」と呼ばれる家臣達の力を借りて、正吉郎は『日ノ本の民を豊かにし笑顔の溢れる世を作るべし』と壮大な宿志を掲げ戦乱の世を生き抜いていく。

  • ガチャ有り、転生チート有りの無双戦記物で

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話 RYOMA

    2019年12月8日更新

    神様の単純なミスで俺たちのクラスは全員死亡。どうももう取り返しがつかないことらしく、急な人生終了を迎えた。納得のいかない俺たちは神様に猛抗議。やり直しはできないが、別の人生をクラス全員に保障する約束までさせた。新しい人生では、地位(王様)身体(超人的能力)神の恩恵(モンスター召喚ガチャ使用、神装備ガチャ使用)などのオプションも付けて、しかも一人一人に特殊能力を一つ取得できることになった。 しかし、皆、大国の王となり、幸せで豪華な生活を送る中、なぜか俺だけは辺境の小国の王様・・いやもうこれは王様というより、小さな町の町長といった感じじゃないか・・ そして、クラス全員の国は同じ大陸にあり、仲良しクラスとは程遠かったこともあり、当然のごとく神の恩恵を受けた者どうし、大陸の覇権争いに向かって、突き進んでいくのであった。