手紙

検索結果:72件

  • 蒲公英(たんぽぽ)のように

    ノンフィクションで心温まる物語です。

    9,000

    0


    2022年1月29日更新

    ※ノンフィクション寄りの作品です。人物名は架空のものになります。 幼稚園の頃から人と話すのが苦手で泣いてばかりいた田中陽葵(たなかひまり)。小学2年生のとき、陽葵が一人で折り紙を折ったりポエムを書いたりしていたのを目にしたクラスメイトの竹川美桜(たけがわみお)が、陽葵と一緒に折り紙を折ったり、登下校に誘うようになる。そして、美桜は陽葵に「友達になりたい」と言った。生まれて初めて友達ができた陽葵。 しかし、それから10ヶ月して、別の地域に引っ越すことが決まってしまい、美桜とは離れ離れになってしまう。 陽葵は、美桜と再会することはできるのか…そして高校生になって、人と話すことが苦手だった陽葵はどうなったのか…。この物語は、主人公「陽葵」による性格面の成長を描いていく作品になっています。 陽葵のことを温かい目で見て下さると幸いです! ※毎週土曜日に更新する予定です。頑張ります! 表紙写真は宮崎県宮崎市の一ッ葉通り。今作の舞台となった地域の一部です。 https://www.kanko-miyazaki.jp/digilib/miyazaki/degilib_miyazaki.html 宮崎観光情報 旬ナビ様より

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • 異界からのボトルメール

    もしも他の世界から、手紙が来たら――?

    6,800

    0


    2022年1月29日更新

    異次元、異世界、霊界、冥界、精霊界……。 この「場所」以外からの、ボトルメールが流れてくるそうだ。 どうせ帰れないみたいだし、ちょっくらそれらを、読み上げてみることにした――。 人名はフィクションです。 ※毎日更新を目指してます※

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 君の未来が、僕の未来-Live for the -future-

    未来からの不思議な手紙が、心を揺らす

    0

    0


    2022年1月29日更新

    失恋の末、故郷に帰ってきた晴香。 実家には戻りづらく、地元のアパートで一人暮らしを開始し 心優しい友人らの助けでなんとか引っ越しもひと段落する。 そんな中、昔から晴香を好きだと告白してきていたお調子者の久志とも再会する。 新しい生活で心機一転を目指す彼女の荷物から、見慣れない本と宛先不明の手紙が出てくる。 それは…未来につながる便箋だった…

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • 恋文の物語

    奈津に、いつか好きなひとができたらね

    2,000

    5


    2022年1月18日更新

    部屋の窓からちょうど見える公園では、小学生くらいの子ども達が遊んでいる。子ども達の声が鳴く蝉の音に絡んで、その騒がしさはいまの時期にとても似合っている。小学校も夏休みだ。小学生の姿を見ながら、ふいに私は、よく聞かされた〈物語〉を思い出した。成長していく過程で何度も聞かされたそれは、私にとって憧れの物語だった。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 金借りの手紙

    金に困る君と、君に困る僕

    2,700

    0


    2021年12月26日更新

    主人公は、二人。 一人は、借金を抱えてバイトに勤しむ傍ら、小説家になる夢を抱えて走り続ける名倉壮太。 一人は、安定した職に就きつつ、平凡な幸せを手にした名倉の旧友、木浪亮治。 ある日、名倉は木浪に手紙を送る……。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 書けなくなったラブレター

    本当の恋ってなんでしょうね。

    1,000

    0


    2021年11月28日更新

    好きな人ができた少女。 その相手へ向けて思いを伝えてようとしたが勇気が出ずに、手紙を書くことに。言葉を綴るが手を止めてしまう。 それは何故? 少女の心の葛藤をご覧あれ。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ピアノ

    完結致しました。

    200

    0


    2021年11月18日更新

    小学生の女の子が主人公です。主人公は、作品のタイトルである「ピアノ」を弾くのが苦手でした。もう鍵盤を触りたくない…と思っていた彼女ですが、彼女には叶えたい夢がありました。その夢を叶えるには…嫌いだったピアノと闘わなければなりませんでした。この作品は、彼女がよく父親から教えてもらっていたピアノと真剣に向き合っていく…そんなストーリーになっています。 ※この作品は初投稿なので、文章がおかしい…ストーリーの流れが歪んでいる…など、色々ツッコミどころが満載かもしれません。それでも楽しんで頂けたら幸いです。 今作は完結済みです。ですが、「もっとここを詳しく書きたいな」とか…「ここ話ぶっ飛んでて分かりずらい…読者様に申し訳ないな」だったりと、悔いが残る部分もありました。 そのため、続編を作る、今作を膨らませてリメイク版を作るなどの対処をしようと考えています。 作成を決めた場合は連絡します。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 幼い双子のボトルメール

    「そうだ、お手紙を書こう!」

    0

    0


    2021年11月15日更新

    カクヨム様でも書かせていただいたものを、加筆修正した物です。 「おれはヴォル」 「わたしはヒュール」 「「そうだ、手紙を書こう!」」 これは、幼い双子が手紙を書く話。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 見えないジェシカ

    読めずとも、知る事はできる

    3,000

    5


    2021年11月10日更新

    王国の歴史に刻まれた革命は、華々しきものとして人々の記憶に残っている。それは、民衆に望まれた正義の執行であり、王は打ち倒されるべくして打ち倒されたのだ。 だが、全ての民が救われたわけではなかった。かつては望まぬ事をして、物のように扱われて、やがて捨てられるだろう運命を目の当たりにして、そこから掬い上げられてなお、彼女は革命の夜を悲しんでいる。 盲目のジェシカ。その光を映さない瞳は、いつも何かを望んでいた。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 手紙から始まる物語

    大学生が姪っ子に物語を手紙にして贈る

    1,000

    10


    2021年11月6日更新

    大学生の南空は、姪の椎菜のために、手紙に物語をしたため、定期的に送っていた。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ラブレター

    親友の言葉を、代弁するように書いてみるこ

    1,000

    0


    2021年11月2日更新

    拝啓、私が好きだった人へ。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • いつか私を思い出して

    処女作です。二人の少女の物語です

    248,050

    3,023


    2021年11月1日更新

    ある少女たちの数奇な人生の物語を書こうと思っています。 気軽に立ち寄っていて抱ければと思います。 ※この物語はフィクションです。多少調べてはいますが、自分の知識と想像で書いているので、現実とは異なることがあります。 もし気づいたことがあればコメントください。現実ではこうですよなど...

    読了目安時間:3時間26分

    この作品を読む

  • 愚者の手紙

    私は貴女に手紙を残す

    1,100

    0


    2021年10月16日更新

    とある大学の別れの手紙。そこに書かれているのは、とある女性への恋心と、自身に対する強い嫌悪であった。 カクヨムWeb小説短編賞2019 応募作品 来年、カクヨム・アルファポリス・ノベルアップ+にてスピンオフ作品を投稿予定。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ファンレター

    ファンレター書くのって楽しいねって話。

    2,000

    0


    2021年10月15日更新

    偶然出会った本に感動し、ファンレターを書いた。おなじ作者の本を読んで、またファンレターを書いた。季節が一周するころ、ファンレターは百通を超えた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 滅ぶ世界、綴られた手紙

    世界が滅ぶ一日前系の短編集です

    3,500

    0


    2021年10月12日更新

    タイトル通りのお話。 一日後に滅びる世界での日常を描いた物語です。 そこに、たしかに、手紙の主たちは生きていたらしい───

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 【完結:怨念シリーズ第6弾】悟(さとる)~拭えぬ穢れ~

    宜しくお願いします。

    100

    0


    2021年10月3日更新

    怨念=怨みの念(=思い)とあるように、他界された人がこの世に対して良い思いをしていなかったがために、幽霊になってでもこの世に生きる人々に対して怨みの念を晴らすまで永遠と繰り返される呪いの連鎖である。 かつて同じ業界で共に競ってきた戦友であり親友だった染澤潤一郎や望月裕を次々と、無理心中事件の犯人として報道され、自らも潤一郎亡き後、かつてのソメザワ・マテリアルだった武雄市内に存在した会社工場を買い取り移転をしたとともに命ある今だからこそ出来る彼らに対する償いと、そして事件の真相を模索した小鳥遊悟の数奇な運命を描き出す。

    読了目安時間:1時間57分

    この作品を読む

  • 【短編】弱い私を救ってくれた人【1話完結】

    心臓が弱い少女の楽しくも切ないお話

    5,300

    10


    2021年9月9日更新

    生まれつき心臓が弱い少女山本夏澄。 クラスの友達と仲良く外遊びをしたかったが、教室の窓から、ただただ友達を眺めるだけの日々。 そんな夏澄と楽しく遊べるように、祐樹という少年が考えた遊び--「ゾンビ鬼」 楽しくそれでいて切ない思い出となってしまう夏の出来ごとは、夏澄にとって初めて友達と呼べる存在を見つけ、その感謝の思いを胸に、彼女は……

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 「沖縄の戦陣より妻へ」英霊の言の葉より 渡辺研一命【朗読あり】

    英霊の遺書のうちの一筆です。

    0

    0


    2021年8月15日更新

    1945年の「終戦の日」から76年が経過しました。 あの時、日本を守るために命を賭して戦った数多の若者がいました。 当時の若者が何を守りたくて、何のために戦ったのか。 終戦の日に、ぜひ至誠を尽くした真実の声を聞いてください。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 拝啓、夏

    大丈夫なのか? 夏は。

    1,000

    0


    2021年8月12日更新

    大丈夫なのか、夏は。 夏はもう終わるのか? 散歩に出てみても秋の虫が鳴いている。 大丈夫なのか? 夏は。 低温純文。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • いつかの純喫茶

    アイスコーヒー――思い出の味

    2,300

    0


    2021年8月4日更新

    冷めてしまったわたしとあなた。 (イラスト:自作) 夏の5題小説マラソンシリーズ 挨拶:1週目『最後の鬼』(https://novelup.plus/story/833768189) 事件:2週目『虹色の地を這う』(https://novelup.plus/story/536081571) 真相:3週目『海と追懐』(https://novelup.plus/story/190371227) 結末:4週目『いつかの純喫茶』(ここ) 起源:5週目『さいごのばんさん』(https://novelup.plus/story/237407717)

    読了目安時間:4分

    この作品を読む