推理

検索結果:43件

  • 転生にもルールはあるのです。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話 地辻夜行

    2020年4月5日更新

    異世界で転生する予定になり、チキュウからマタイラという世界の転生界へと移動したカワマタダイチ。ところが、待機している間に、役所側が違う魂をダイチが転生するはずだった肉体に転生させてしまい、転生出来なくなってしまう。 大問題となるこの失敗を誤魔化し、尚且つこの事件の真相を探るため、転生界の最高責任者マーシャが主人公に提示したのは、冥界に来た魂を転生させるこの転生界の転生役所で働くことだった。 ニホンでやる気を持てずに活力なく生きていたダイチは、好みの女性陣や気の合う友人に励まされながら、少しずつ活力を取り戻しながら、それでも死んだままという矛盾に抗いながら、魂すり替え事件やマタイラの冥界と現界を取り巻く大問題と、わりと真面目に向き合っていく。

  • ミステリー初心者も上級者も楽しめます!

    ♡118,050

    〇400

    ミステリー・連載中・46話 起野奇跡

    2020年4月5日更新

    静岡県のとある町にナノカは住んでいる。 「私は神様よ! 黙ってクレームを聞きなさい!」 クレーマーのナノカが挑むは、友人が持ち込む様々な相談や謎。時には心を閉じた人を救おうと手を伸ばす。 お人好しのクレーマー少女、今日はどんな事件を解くのだろうか。 少年の片想いを見守るドタバタアクションラブコメ? それとも「小さな疑問」を追求する青春ミステリー? どちらでお楽しみになるかは、これを読む読者様にお任せします! ツンデレ好きな人、そうでない方もぜひお読みください! 可愛い少女たちがお待ちしております! 表紙は藤原アオイ様に描いていただきました。

  • ミステリ初挑戦です。一ヶ月勉強した。

    ♡9,100

    〇0

    ミステリー・連載中・3話 中七七三

    2020年4月5日更新

    「汎用AI(人工知能)の開発実験に参加して欲しい」 怪我のため引退した元民間軍事会社社員・鳴海晶はかつてのクライアントだった企業の社長に依頼される。 報酬は破格であり莫大といっていい金額となる。当然、危険も多い。 要塞のような実験施設に集まった男女。 実験の内容は「人工知能」を搭載したアンドロイドを見つけることだった。 意識すら―― 己の実存すら―― 全てを人と同じく認識している存在であるという。 実験参加者の中に人間以外の存在がいる? 誰が人工知能搭載のアンドロイドなのか? 閉鎖環境の中では血なまぐさい暴力と駆け引きが展開される。

  • 本当に刑事達が歌って踊って事件を解決!

    ♡0

    〇0

    ミステリー・連載中・1話 でんでろ3

    2020年4月4日更新

    群馬県のとある湖畔の別荘できれいに積まれた5段の死体。それの捜査にあたるのは、とにかく歌って踊って事件を解決するとんでもない刑事達の歌踊署の面々。殺された5人は全員同じ会社の社員だってことで、地味な社員への聞き取り調査は会社の所轄の警察にお任せして、死んだ社員の穴を埋める派遣社員になりすまし潜入捜査を開始した。すると、この一連の殺人事件をプロデュースして、更に何か企む黒幕の存在が……。

  • 問診の時間です。

    ♡8,500

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・7話 カクノスキー

    2020年4月4日更新

    アメリカの山奥で心理カウンセラーをしている女性、ハーレイ・ワトソン。彼女は、2年前に夫のエイムズとドライブ中、交通事故によってお腹の子供と夫を失い、更には左の手足を失った。 事故当時、交通事故で横転した車の中で、ハーレイは一発の銃声を聞いている。ハーレイが遭遇したその事故は、意図的に引き起こされたものだった。 夫のエイムズは事故で死んだのではなく、靴の踵に滑車の付いた人物に射殺された。横転した車の中で犯人の靴、滑車の付いた靴だけを覚えているハーレイは、今日も自分の屋敷で新たな『患者』を待ち続ける。 いつか、愛する夫と産まれてもいない子供を殺した犯人が来ると信じて。 ※表紙絵 この作品はオリジナルキャラクター「ハーレイ・ワトソン」のイラスト製作時に、その創作に使用したアイデア等を物語化したものです。

  • 水野弘樹の小5の物語です!

    ♡100

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 不2さん

    2020年3月30日更新

    あの日見た夢の主人公である水野弘樹の小5の出来事を思い出したその思い出をここに書きます!未来人は,誰なのか?先生の存在とは?

  • 2020年3月29日更新

    『悪役令嬢警部の事件簿』と『Bouquet Orchestra』のコラボ番外編。

  • 猟奇性の高い現代サイコサスペンス

    ♡3,200

    〇5

    ミステリー・完結済・97話 小欅 サムエ

    2020年3月28日更新

    2019年 東京。奇怪な絵描きの焼死体、首のないまま撮影スタジオに着いたモデル。不可解な事件が連続していたこの都市に、主人公の高島 春来(タカシマ ハルキ)は暮らしていた。 ある日彼は、同級生の宮尾 藤花(ミヤオ トウカ)、岬 千弦(ミサキ チヅル)と共に、代々木駅付近のビルの屋上で、回転しながら串刺しになる男を目撃した。警察官の態度に怒りを覚え、彼らは事件を追うと決めた。しかし、それは彼らの意志ではなく、すでに決まっていたことだった。 果たして、彼らを待ち受けるものとは。そして、犯人の目的とは。 ※「小説家になろう」、「カクヨム」各サイトにて同時連載

  • ほぼフェア・プレイ

    ♡0

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 記念館たかお

    2020年3月28日更新

    “ほぼ”5分間で楽しめる、謎解きミステリー・クイズ短編集! 特殊な知識や雑学は一切不要。 ただ純粋な論理とあなたの推理力のみを駆使して、作者の繰り出す難問・奇問に挑もう! 通勤通学のちょっとした移動時間に、休日のコーヒーブレイクに、家事の合間に…… “ほぼ”5分さえあれば、今日からあなたも名探偵! ミステリー初心者も安心の、自称『お助けオペレーター』エリカのヒントつき! ほぼ不定期更新。

  • 怪奇現象に推理は通じるのか!怪奇ミステリ

    ♡4,100

    〇0

    ミステリー・連載中・52話 ナガカタサンゴウ

    2020年3月15日更新

    とあるマンホールの下に広がっていた地下図書館。そこの住人であるひとねは健斗に対してこう言った「私は死なないわ」 不死鳥に取り憑かれた少女が地下図書館の知識を持って挑む怪奇現象!怪奇ライトミステリ、開幕!

  • 叙述トリックで人は殺せますか?

    ♡3,400

    〇0

    ミステリー・完結済・2話 蘆澤唯芽

    2020年3月12日更新

    推理小説マニアの雛野由紀江から出題された「究極の推理小説」形式で書かれるミステリィの問題 あなたは「誰が被害者を殺したのか」、わかりますか?

  • 天国が証明された世界の未来は果たして。

    ♡100

    〇0

    ミステリー・完結済・30話 智恵理~侘

    2020年3月8日更新

    二〇二五年九月七日。日本の研究者・橘紀之氏により、死後の世界――天国が科学的に証明された。 天国と繋がる事のできる装置――天国交信装置が発表されたのだ。その装置は世界中に広がりを見せた。 天国交信装置は天国と繋がった時点で、言葉に出来ないほどの開放感と快感を得られ、天国にいる者達との会話も可能である。亡くなった親しい友人や家族を呼ぶ者もいれば、中には過去の偉人を呼び出したり、宗教で名立たる者を呼んで話を聞いた者もいたもののいずれも彼らはその後に、自殺している。 世界中で自殺という死の連鎖が広がりつつあった。各国の政府は早々に動き出し、天国教団と名乗る団体との衝突も見られた。 この事件は天国事件と呼ばれ、その日から世界での最も多い死因は自殺となった。 そんな中、日本では特務という天国関連について担当する組織が実に早い段階で結成された。 事件から四年後、特務に所属する多比良圭介は部下と共にとある集団自殺事件の現場へと出向いた。 その現場で『heaven』という文字を発見し、天国交信装置にも同じ文字が書かれていた事から、彼は平輪市で何かが起きる気配を感じる。 すると現場の近くでは不審人物が保護されたとの報告がされる。その人物は、天国事件以降、否定される存在となった霊能力者であった。彼女曰く、集団自殺事件がこの近くで起こり、その幽霊が見えるという―― ※アルファポリスでも投稿しております。

  • 正義か自己満足か、それとも快楽殺人か――

    ♡0

    〇0

    純文学/文芸・連載中・6話 冷泉 律

    2020年3月6日更新

    正義か自己満足か、それとも快楽殺人か――。 国家に認められた「特殊凶悪事件捜査及び刑務執行部隊」。通称、三美神。凶悪犯を捜査・逮捕し、時に処刑する。 西園寺家、九条家、百合園家の御三家は、そんな三美神としての活動を求められる特殊な家系だ。 西園寺哲、九条健一、百合園和也は、三美神の中心的人物として、常に活躍していた。 これは、捜査と処刑を行う彼らの事件譚。 ――無実で穢れなき犠牲者に祈りを。 哀れで浅ましい悪人に救済と、飛び切りの軽蔑を――。 ※ぼちぼち書いていきますが、結構な頻度で修正を繰り返しています。更新には時間がかかります。

  • 作者の処女作です

    ♡0

    〇0

    純文学/文芸・完結済・155話 宮沢静貴

    2020年2月26日更新

    とある街に――小さな探偵事務所があった。 どこにでもありそうで、どこにでもなさそうな事務所。 どこにでもいそうで、どこにでもいない個性的な社員たち。 何もないような顔をして、だけど本当は何かを心の中に抱えてやってくる依頼人たち。そしてそこで繰り広げられるのは名もない物語―― 傷つき、時にはすれ違う人たちを優しく見守る彼らだってきっと見えない傷を抱えている。それが一体何なのか――それはきっと、彼らの物語の中にある。

  • 迷い猫と怪奇のことならお任せ下さい

    ♡84,970

    〇1,250

    ミステリー・連載中・50話 水深 彗

    2020年2月22日更新

    「霊能力者」。それは霊的な能力を持つ者の総称。 霊視は勿論、魂と会話のできる者や、特殊な能力を持つ者もいるという――。 ここは水の都・水柿町。 その商店街の一角に、二人の霊能力者が務める、一風変わった探偵事務所があった。 ◇◇◇ レトロな和風ファンタジーで、少しホラーで、猫ちゃんが出てくる、推理とバディものです。 各章のあらすじ ■猫の巻■ 真面目な男・夏虫と、真面目じゃない男・露草は、霊能力者であり、探偵であり、仕事仲間である。 秋のある日。彼らの探偵事務所に、飼い猫を探してほしいという少女が訪れるが……。 ■鈴の巻■ 初夏、水柿町に来た夏虫と露草は、事務所として借りられる部屋を探していた。 そんなとき、二人が霊能力者であることを知った喫茶店の店主が、彼らにとある依頼を懇願する。 ■湯の巻■ 家の風呂が壊れてしまい、夏虫と露草は知り合いの銭湯に赴く。 しかしその二階で、男の変死体に遭遇し……。 ■花の巻■ 女子校で、生徒の連続自殺が起きた。 しかしそれは自殺ではなく、怪奇が原因との噂が流れ……正体を突き止めるため、夏虫と露草は学校へ潜入捜査を開始する。

  • 禁酒法施行100周年記念

    ♡1,000

    〇0

    ミステリー・完結済・4話 木乃セイ

    2020年2月2日更新

    ミステリ風味の短編です。 舞台は1920年のアメリカにある小さな町。 父を亡くし、その跡を継いで探偵になったばかりのパトリックは不愉快な事件に悩まされていた。 依頼人の態度が妙なのだ。何か思惑があるのかもしれない。 パトリックが謎解きに行き詰まっていると、 元ギャングにしてパトリックの相棒・アランがふとヒントを口にする。

  • 紅い、紅い、炎が燃え上がる……

    ♡2,100

    〇0

    ミステリー・完結済・5話 蘆澤唯芽

    2020年1月16日更新

    実家に帰ると、紅い、紅い、炎が燃え上がっていた。 その裏に描かれるものは、一体……?

  • 相続したのは、自称ロボットのメイドでした

    ♡15,460

    〇0

    SF・連載中・15話 RS世代

    2020年1月9日更新

    不気味の谷──── それは人間と一定以上似通った性質を持つロボットに対して感じる、嫌悪的感情の総称である。 両親を失い、父の残した屋敷で暮らすことになった少女、茨木洋子は初めて訪れたその屋敷で、不思議なメイドと出会う。 「自分はロボット────不気味の谷を越えることをコンセプトに造られた、メイド型アンドロイドッス!」 しかし、彼女の見た目や仕草は、どこからどう見ても人間そのもの。 ならばこのメイドは嘘をついているのだろう──── 果たして洋子は、メイドがロボットでないことを証明できるのか。 お嬢様と自称ロボットの、奇妙な日常生活が今始まる。

  • 読者の推理力+シックスセンスに挑戦

    ♡2,100

    〇0

    ミステリー・完結済・41話 冨井春義

    2020年1月9日更新

    読者の推理力+シックスセンスに挑戦する超感覚ミステリー。あなたはこの事件の謎を見破れるか? 「手を触れずにスプーンを曲げることができるのなら、人の心臓の血管を捻じ曲げることなど容易だとは思わないか?」 2018年某月、新興宗教団体「コスモエナジー救世会」のウェブサイトで予告された人物が、続けて謎の急性心不全で死亡する事件が発生した。 唯一、命を落とさなかった人物は予告後に団体に多額の寄付をしていたことから、警察は計画的な連続殺人事件および恐喝事件と判断する。 しかし、薬物などを用いず、一切の証拠を残さず人を死に至らしめることは可能なのか?そして次に死を予告された人物は内閣総理大臣!その期限はわずか1週間。手詰まりの警察は、特殊犯罪捜査の専門機関であるS.S.R.I(超科学捜査研究所)に捜査協力を依頼した。はたして「コスモエナジー救世会」教主・東心悟は思考するだけで人を殺すことができるサイキックなのか?

  • これだけ異世界に行ってると警察は大変です

    ♡12,850

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・43話 唐土唐佑

    2020年1月5日更新

    学校の図書室で見つけた不思議なノートの所為で異世界に飛ばされてしまう高校生桐島銀一郎。 銀一郎は異世界で魔物と遭遇し、力を覚醒させる。 その後冒険の末、ある方法で現代に帰って来れた銀一郎だったが、現代では白紙のノートを残しいなくなったという人が多数。 謎の連続失踪事件が起きていた。 新米刑事榊泰成は、連続失踪事件を捜査していた所、異世界から戻って来る事ができた桐島銀一郎と偶然にも出会い、真実に近づく。 しかし事件について調べれば調べるほど、ノートの謎は深まり、その陰謀の一端に触れた榊達は危険に巻き込まれていく。 そんな中、銀一郎はある退っ引きならない理由から、再び異世界に行く事を余儀なくされる。 異世界と現代で起こる二つの事件。一見なんの関係もない二つの事件は、やがて両方の世界を巻き込んだ一つの大事件へと発展していく。 異世界転移を促す謎の黒幕と真実を追う者たち。 現代世界と、剣と魔法が支配する異世界を高校生が行き来するファンタジー&ミステリー。