政略結婚

検索結果:11件

  • 政略結婚のはずがおかしくなるほど溺愛されることに

    シリアス!?癒しと笑い強めの作品です

    7,750

    170


    2021年6月17日更新

    ・あらすじ 金の為に政略結婚相手に差し出された新道詩織(しんどう しおり)彼氏なし歴=年齢の 21歳独身女性。彼女は絶望していた。本当は普通の恋愛結婚をして愛のある夫婦生活を夢見ていたからだ。そして、刻一刻と迫るお見合いの時間。彼女は絶望を深めていく。せめて、ゲームでもいいから恋愛結婚を体験しよう。そうして、ゲーム世界である男性パートナーと何度も恋愛結婚を体験する彼女。夢のような結婚式や初夜を楽しむ彼女は幸福だった。そして迎える運命の日。自殺を覚悟していた彼女だったが、運命の女神は微笑んだ。なんと、相手がゲームで疑似恋愛パートナーを務めていた相手だった!? その日の内に、彼女は彼に翻弄される。ゲーム世界で行われたことをそのまま現実でも行われるように。そして、彼女は知る。自分が彼の妻になることを望んでいる事を。 そうして、彼女は妻となった。毒親からも解放され自由な愛を楽しむ彼女。だが、彼女は知らなかった。その夫婦生活が問題が山積みであることを……。 ・作品説明 VRゲームが普及した世界にて、一般女性がネット先で疑似恋愛を楽しんでいた相手と現実で逢って結婚生活を楽しむ作品。コメディー色を交えながらの甘々恋愛を奏でる二人。彼女達は様々な問題に翻弄されながらも歩みを進めていく。ライバルの出現、夫婦仲を邪魔をする彼の親友……etc。二人が進む先に待っている物は何なのか。不幸か幸福か。彼女は知らない。そこに待ち受けている物が何なのか。詩織は体験していく。愛しの彼に翻弄されつつもそこにあるのが愛なのか否かを。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む

  • 首刈り騎士の最愛

    地味で目立たない皇女と物騒な不良騎士の話

    2,500

    0


    2021年5月31日更新

    戦争大好きな皇帝の七番目の姫ミゼルカは、他の兄弟姉妹と違って唯一娼婦上がりの側室の娘という事もあり、幼い頃から冷遇されていた。目立たないように地味に生きるミゼルカだが、数少ない従者の一人である護衛騎士はリュジ帝国で最も戦果を挙げている首刈りルーベンス。 戦場ではまるで花を刈るように首を狩る姿と血のように赤い瞳から、いつしか「首刈り」というあだ名を付けられた彼は、何故かミゼルカが幼い頃から護衛騎士として付き従い、他の兄弟姉妹、果ては皇帝に命じられてもミゼルカ以外には仕える気がないとばかりに全てのスカウトを跳ねのけ、ずっとミゼルカに尽くしているのだった。「みそっかす皇女」と他の兄弟姉妹から蔑まれるミゼルカに自ら仕える変わり者の侍女、ミゼルカと体型や色素が似ているフローラも加わって、三人は王城の片隅で仲良く過ごす日々。 大事にされているが敬われてはいないので、まるで兄が妹の面倒を見るようにミゼルカを守るルーベンス。ちょっと馴れ馴れしい主従関係は何年も変わらなかったが、ある日ミゼルカにとうとう縁談が舞い込む。相手はテジミアの将軍で、国王の従弟でもある十歳年上の公爵、グラン。やっと政略結婚が決まったミゼルカは、自分は独りで嫁ぐから、ルーベンスには祖国を頼むとお願いするのだが……。 表紙イラストは爽様(@xx_soh_xx)、タイトルロゴは甘診屋ざお様(@knmy_zao)に制作して頂きました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間48分

    この作品を読む

  • 大樹のこころを聴かせて

    誘拐されて超能力者と歳の差婚しました。

    208,000

    1,520


    2021年5月20日更新

    FA:入鹿なつさん special thanks:伊藤肇さん 冬室涼音(ふゆむろすずね)は結婚に夢を見る、どこにでもいるいたって普通の女子高生。しかし、涼音は16歳の誕生日に、突然謎の和服の男たちに誘拐されてしまう。 涼音が連れて来られたのは、とある山奥にある大きな里。 その最奥にある一際大きな日本屋敷のさらに奥の部屋。彼女を待ち構えていたのは、この里に住む特殊な能力を持つ者たち「道壱(どういつ)一族」の長だという青道縹悟(せいどうひょうご)という男だった。 そこで知らされた、涼音の知らない家族の真実。それは降って湧いた望まない結婚を承諾せざるをえないものだった。 ロマンもなにもない儀礼まみれの結婚式。拒むことのできない初夜。 そして、一族の長の妻として扱われるようになった涼音には、四人の相談役の青年たちがあてがわれた。 快く相談に乗りつつ青道家の人間である縹悟を敵視する赤道家の蘇芳(すおう)。 飄々とした態度で涼音をからかって楽しむ黄道家の晃麒(こうき)。 涼音に不思議な言葉を投げかけて真意の読めない行動の多い黒道家の鳶雄(とびお)。 この里から逃がしてやろうかと甘言を囁いてくる白道家の練(れん)。 青年たちに翻弄されながらも、涼音は納得できないまま始まった結婚生活をどうにかして受け入れようと行動し始める。 縹悟がかたくなに涼音にこだわる理由は何なのか。道壱一族の涼音を取り巻く思惑とは一体何なのか。涼音にも一族が持つという特殊な能力が備わっているのか。 そして――涼音は縹悟と偽りではない、本当の愛を育むことができるのか。 閉じられた山中の里の中で、謎めきながら繰り広げられる、政略結婚から始まる現代恋愛ファンタジー。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む

  • キスから始める政略結婚

    政略結婚した二人のラブストーリーです

    1,200

    20


    2021年5月6日更新

    北條尊、27歳。イケメン若社長なんてもてはやされてはいるが、仕事も認めてもらうためには利用できるものは何だって使う。努力家ゆえに自分への絶対的自信があるが、同時に家柄と優れた容姿に群がる人間に囲まれ周囲を見下してきたきらいがあり、自分自身を真っ直ぐ見つめて愛してくれる相手を求めている。 二階堂葵、23歳。美人で仕事も出来るが性格はキツい。更なる高みを目指すためには自分を売ることだって厭わない。誰しもが知っているホテルチェーンである二階堂グループ会長の孫娘だが、生まれながらに後継者として育ったわけではない為その立ち位置を確立させるべく奮闘中。恋愛を疎かにしてきたことによる経験不足を密かに気にしている所がある。 そんな二人に突如舞い込んできた政略結婚の話。利害は一致するが性格は不一致で――――? 見切り発車で結婚した二人が日々の暮らしや出来事の中で互いのことを少しずつ理解していき、次第に惹かれ合っていく……ハズだったが、早々に相手に惚れた尊に対して葵はなかなか好意を示さないし、嫌いじゃない態度を取っても恋愛感情が絡んでいるのかどうかは明らかにしない。結婚しているのに尊の片想いのような状態で、かつて自分がしてきた適当な恋愛の相手がどんな気持ちでいたのか身をもって実感する。葵を陥落することを目指し、試行錯誤を重ねていく。 コメディもシリアスも織り込んだ恋愛小説です。 大人同士の結婚生活を描く物語につきそれなりのシーンもありますのでご了承下さい。 また、実在の人物や団体などとは関係ありません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む

  • お姫様の恋 ~ハーボルト王国 王室に嫁いだ姫君たち~

    ちゃんと幸せになれるからね

    115,448

    7,100


    2021年4月13日更新

    【あらすじ】 ~見た目は17歳、中身は12歳の悪役令嬢~ 気が付いたら、乙女ゲームの世界にいた。 始まりは乙女ゲーム定番の悪役令嬢斬罪シーンから。 私は確か、このままでは成人まで生きられないと、手術台に上がったはず。なのに、なんで。 王宮の奥にいる賢者さまなら、何とかしてくれると思ったのに……。 泣き虫な主人公の成長物語です。(1話700~2000くらい) ~クリス王子殿下の縁談~ もう一人の賢者 ロザリー姫の恋 舞台は、ハーボルト王国 アルンティル王国から小さなお姫さまがやって来た。 クリス殿下のお嫁さんになる為に……。 賢者の器のクリスにとって最後の現世。 何やら軍事大国の陰謀ただよう、この縁談。 お互いの立場に戸惑いながらも、二人が歩み寄っていくお話……。 (ロザリーは、『アルンティル王国の王妃になった姫君の物語』のフレデリックの2歳上の姉君です) ~ピクトリアンからの姫君~ 舞台は、本編、悪役令嬢から13年後の、ハーボルト王国。 賢者の因縁深いピクトリアン王国から縁談話が舞い込んだ。 どの国も喉から手が出るほど、欲しがられる純血種の姫君。 「うちにだけは、この縁談。来ないと思っていたんだよね」 そう、クリスは言う。 どんな思惑があって、姫を寄越したのか、そしてこの姫の正体とは……。 読んで下さっている方には、感謝しかありません。 誤字脱字報告を頂き、修正しております。 感謝しかありません。

    読了目安時間:5時間49分

    この作品を読む

  • 閑却の婿殿

    放置された婿殿

    600

    0


    2021年2月1日更新

    伯爵家の3男であるジルベルト。兄2人は父の仕事を手伝う優秀な兄弟として知られているが、末っ子のジルベルトは何もせずダラダラ過ごしているとして知られていた。そんな息子に堪忍袋の緒が切れた父は、婿として他家へと追い出すことにした。送り出されたのは赤字領地として有名な家。仕方なく婿入りした結婚相手には、偽装結婚だと言われて完全放置。邸で好きにしろと言われたジルベルトは、その言葉通り好きにすることにした。閑却(放置)された婿殿と、必死に領地を守ろうとする奥さんの話。 ※小説家になろう、カクヨム、ノベルバ、アルファポリスにも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • お姫様の恋 ~アルンティル王国の王妃になった姫君の物語~

    15歳年の差、異世界恋愛です。

    15,500

    0


    2020年12月28日更新

    私がもっと幼い頃。金髪でキラキラとした王子様のような人に出会ったの。 「そくしつなんかもつおとこのひとなんか、きらいなの」 「じゃぁ、姫だけしかお嫁さんにしないよ」 側室の意味も知らない私が言った言葉に、そう返してくれた優しい人。 時は経ち。 13歳になったセシリアに来た縁談話は、15歳も年上の大国アルンティル王国の国王陛下。 気に入らぬ国を関係国と諸共殲滅するという恐ろしい王様の元に行かなければならない。 それでも、セシリアは国の為、国民の為、涙を堪えて嫁ぐ決心をした。 波乱万丈な王宮ライフ、王国をむしばむ毒草~かおり草問題は解決するのか。 果たして国王陛下は噂通りの残虐非道な人物なのか。 セシリアが命を懸けて、自国の為に頑張るお話。 15歳年の差のラブストーリー。 一話700~2000文字くらい ※誤字脱字報告がありましたので修正しております。 感謝しかありません。

    読了目安時間:3時間8分

    この作品を読む

  • 姫様はワケあって,盗賊ギルドの一員になりました。

    ワケありお姫様と盗賊ギルドの物語。

    100

    0


    2020年9月25日更新

    レバート王国の王女・アミは18歳。この国では結婚適齢期である。 国王である父から毎日持ち込まれる政略結婚の話にウンザリしていたアミは,ある日王宮を抜け出して城下町にある1軒の民家に逃げ込む。が,そこは城下で名を馳せている盗賊ギルド〈レイヴンズ〉の本拠地だった! 彼らはみなワケありで,20歳の頭のジャットは天涯孤独の身。このギルドは「家族だ」という。 彼らに情が移ったアミは,王女としての身分を捨て,〈レイヴンズ〉の一員として生きていくことを決意するが……!?

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 聖女だから王子と結婚しろ?いや、そんなことより野草が食べたい。

    そろそろ、つくしの季節ですよ

    9,000

    0


    2020年3月15日更新

    空気や人の穢れを祓う聖女。 20歳になると結婚することが決まっている。 国王陛下からの提案でお見合いをするが、現れたのは自国の王子様だった。王子様なんて野草を食べないじゃない、断固拒否! ありがたいことに、乗り気でないのはお互い様。形ばかりのデートをして、破談前提で話は進むはずだった。 恋愛より野草、な庶民出身の聖女が、なんやかんやで恋を自覚していくお話です。

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • 独孤皇后物語~隋の皇帝を操った美女

    史書から読み解く物語。

    141,100

    0


    2020年1月28日更新

    独孤伽羅(どっこ から)は夫に側妃を持たせなかった古代中国史上ただ一人の皇后と言われている。 美しいだけなら、美女は薄命に終わることも多い。 しかし道士、そして父の一言が彼女の運命を変えていく。 妲己や末喜。楊貴妃に褒姒。微笑みひとつで皇帝を虜にし、破滅に導いた彼女たちが、もし賢女だったらどのような世になったのか。 皇帝を操って、素晴らしい平和な世を築かせることが出来たのか。 太平の世を望む姫君、伽羅は、美しさと賢さを武器に戦う。 *中華ドラマ『独孤伽羅~皇后の願い』より前に、史書を参考に書いた作品であり、独孤伽羅を主役としていますが肉付けは全くちがいます。ご注意ください。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間41分

    この作品を読む

  • パペット・ブライド ~傀儡姫のお輿入れ~

    例え、殺される可能性が高かろうとも。

    10,100

    0


    2019年8月19日更新

    「――墓前に供える花なんかもらって、不吉だな」 「不吉ってあんたねっ! 好意でくれたものに対して失礼じゃない!」 「おうおう。敵国に嫁ぐってのにずいぶんと余裕なことだな。――で、依頼されてたルークスの最終調整が終わったぜ。連れて行くんだろ?」 -------- 絡操技術を駆使して作られた人形で栄えたアスター王国。 しかしロゼット帝国から侵略を受け、 十六になったばかりのメローネ姫は帝国に嫁ぐことになった。 先の戦争にて国を守り、傀儡姫と親しまれる彼女は、少々気が強くて頑張り屋な少女。 戦火が再び国に迫るのを防ぐため、 彼女は幼なじみの絡操技師エンシの作った絡操人形を連れて故郷を発つのだが―― ※なお、当作品は他のサイトでも公開されています。 軽微な修正による多少の差異はありますが同一作品ですので、ご了承くださいませ。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む