敗者の街シリーズ

検索結果:6件

  • 狂気と因縁のサスペンスホラー

    ♡68,700

    〇3,105

    ホラー・連載中・105話 淡月悠生

    2020年7月5日更新

    「たぶん、僕は殺される」 小説家ロデリックの元に届いたのは、未来の日付からのメールだった。 ロデリックは友人の危機に慌て、 幼馴染であり義兄弟であるローランド、ロバートとともに調査を始める。 奇怪なメール「ある罪人の記憶」、 目を離した隙に原稿に書き込まれる文書、 そして、調査報告とともに、失踪したはずの「キース」がロバートの面影になぜか重なっていく。 引きこもりの小説家は気づかない。 既に、自分たちも因縁に絡め取られているのだと。 ……渦巻く狂気の中に、足を踏み入れていたのだと。 ──これは、過去を救い、未来を探す物語。 《注意書き》 ※記号の後の全角空白は私が個人的にWeb媒体では苦手に感じるので、半角にしております(同人誌版では全角です) ※過激な描写あり。特に心がしんどい時は読む際注意してください。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。ちなみに、迂闊に真似をしたら呪われる可能性があります。 ※この作品には暴力的・差別的な表現も含まれますが、差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。場合によっては復讐されるような行為だと念頭に置いて、言動にはどうか気をつけて……。 ※特殊性癖も一般的でない性的嗜好も盛りだくさんです。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。

  • 混迷と罪過のスプラッタホラー

    ♡1,400

    〇5

    ホラー・連載中・26話 淡月悠生

    2020年6月8日更新

    ※本作は、「敗者の街 ―Requiem to the past―」第一部までのネタバレを含みます。 敗者の街はこちら↓ https://novelup.plus/story/443041701 これは、死者たちの物語。 亡者だらけの空間に、青年は迷い込んだ。 ……けれど、青年は多くのものを失いすぎていた。名前も、記憶も、存在も不安定なまま、それでも歩みを進める。 混ざり合う自我、終わらない苦痛、絡みつく妄念…… 「彼ら」は砕け散った記憶を拾い集め、果たして何を見つけたのか。 ……なぜ、その答えを紡いだのか。 《注意書き》 ※ほか投稿サイトなどにも同名義で重複投稿しております。 ※感覚的な問題で記号の後の空白を挿入しておりません。 ※「敗者の街 ― Requiem to the past ―」のスピンオフ作品です。ネタバレを多分に含みますので、ご容赦の上お読みください。 ※過激な描写あり。特に心がつらい時は読む際注意してください。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。ちなみに、迂闊に真似をしたら呪われる可能性があります。 ※この作品には暴力的・差別的な表現も含まれますが、差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。場合によっては復讐されるような行為だと念頭に置いて、言動にはどうか気をつけて……。 ※特殊性癖も一般的でない性的嗜好も盛りだくさんです。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています

  • 人間らしさとは何か。感情とは何か。

    ♡3,000

    〇100

    ミステリー・完結済・11話 淡月悠生

    2020年4月8日更新

    「敗者の街」、「夕暮れの陽」にも関係があるお話です。 ある名家の当主が語る、自身の半生について。 全てを語り終えた時、彼は知るだろう。 人間らしさとは何か、感情とは何か、自分が果たして、何者なのか…… ※この作品は、後半部分に「敗者の街」と「夕暮れの陽」のネタバレを含む可能性があります。お気をつけください。 敗者の街 https://novelup.plus/story/443041701 夕暮れの陽 https://novelup.plus/story/922496068

  • 公式が病気みたいなのを……やりたくて……

    ♡4,000

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話 淡月悠生

    2020年2月22日更新

    猫の日なので書きました。敗者の街の番外編です。時系列などは考慮に入れておらず、全てにおいてギャグです。 重大なネタバレはないように気をつけたはずですが、本編の雰囲気は粉砕されております。ご了承のうえお読みください。 ↓ちなみに本編はこちら https://novelup.plus/story/443041701

  • 自作を英語で書いてみるチャレンジ

    ♡300

    〇0

    ホラー・連載中・1話 Roderick Anderson

    2019年12月18日更新

    こちらは、「敗者の街 ― Requiem to the past ―」を英語(つまりロデリックが書いた原文という体)で書いてみたいと思った作者が勉強も兼ねて挑戦した作品です。 元作品はこちら https://novelup.plus/story/443041701 文法や単語がおかしかったりイギリス式でなくアメリカ式英語になってたり(※そのうち修正します)ガバガバな部分もあると思いますが、生ぬるい目でお付き合いください。もしよろしければ、誤訳などの指摘もくだされば嬉しいです。

  • 本編の雰囲気は粉砕されております。

    ♡0

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話 淡月悠生

    2019年11月18日更新

    「敗者の街 ― Requiem to the past ― 」の番外編です。クリスマスなので書きました。 本編のネタバレしかない上にカオスギャグなので、ご注意ください。