新大陸

検索結果:2件

  • 大航海時代Ⅱ

    大航海時代を精一杯生きる男のリアル生涯

    5,400

    735


    2021年9月21日更新

    オスマン・トルコ帝国の首都イスタンブールで孤児として貧困の中に育った アル・ヴェザスはひょんな事から船を手に入れ、全世界を股にかけ交易商人 として羽ばたき始める。頃はオスマン・トルコ帝国の最大版図を築き上げた 壮麗帝ことスレイマン一世の治世であった。当初の目的を果たしたヴェザス はスレイマン一世の信頼を得て、新大陸上陸・占領の偉業を成し遂げる。

    読了目安時間:40分

    この作品を読む

  • Bikini & Beast

    ビキニアーマーのケモノの女の子達の冒険!

    1,300

    0


    2020年10月8日更新

    海の果ては、滝によって断絶されているといわれていた。 進んでも、その先には何もなく、暗い深淵と、星空が続くだけとも。 それでも先に行こうとする者がいるならば。 海に住む怪物の歌を聞かせ、引き止めた。 それでも行こうとした僅かな者たちがいた。 無謀だと罵られるのを背に、海へと消えていった。 でも誰も帰ってこなかった―― だから皆が、”帰ってくるものはいない”と諦め囁いた。 しかし、ある日の事。 港に古い海賊船が帰りついた。 中には誰もおらず、見知らぬ野草が挟まれた日誌だけがあった。 ”滝は消え、竜は去った” 日誌を知った時の権力者たちは、こぞって船を出し始め、世界に外を見た大海賊の噂がかけ巡る。 知らぬ大陸に、人々は夢を膨らませ、資金を集める者が増えた。 人は彼らを”冒険者”と呼んだ。 ーーー この世界に、人類はいない。 かつて大洪水が襲い、一度文明が滅びた世界。 地球と似た海と、緑色の大地が広がる大陸で、ケモノの女の子達が繁栄していた。 暑い新大陸での服は、全部ビキニアーマー。 「だって、私たち ケモノだから、恥ずかしくないの」

    読了目安時間:5分

    この作品を読む