新撰組

検索結果:9件

  • 新選組隊士となった現代少女の目指す誠とは

    ♡10,700

    〇5

    歴史/時代・連載中・80話 ゆーちゃ

    2019年9月15日更新

    “新選組は俺のヒーロー” そう熱く語る兄には感化されることもない彼女だけれど、たった一つだけ不思議に思うことがあった。おかげで新選組に対する彼女の知識は随分と片寄っている。 そんな彼女がタイムスリップした先は幕末の京都。 新選組に拾われ男装し、隊士として一つ屋根の下で生活することになったけれど―― 恋愛経験ゼロの彼女が泣いて笑って時に葛藤しながらも、突然備わった不思議な力で彼女なりの誠を目指して駆け抜ける――そんな物語。 出来る限り史実、通説に沿うよう進めているつもりですが、ストーリー展開上あえて弱い説を採用している場合や、勉強不足、都合のよい解釈等をしている場合があります。 あくまでもフィクションとしてお楽しみいただけたらと思います。 *この作品は、小説家になろう、カクヨムにて先行公開しています。

  • 言ってしまえば厨二病全開時代劇!

    ♡15,200

    〇290

    歴史/時代・連載中・19話 猛士

    2019年9月15日更新

    戦国時代、イエズス会の宣教師の手により、織田信長のもとに献上された秘宝「聖月杯」 そして時は流れ幕末……政局混迷を極める京の都に頻発する呪術儀式的な殺し。現場に残された娘たちの腹に残された「黒いまりあ観音」は何を意味するのか。 紅い瞳をもつ美しき芸妓。事件現場に現れる巨漢。洋行帰りの美麗の貿易商人…………ひとり調査を進める、新撰組副長・山南敬助。彼の前に次々と現れる謎多き人物たちは敵か味方か? 剣風吹き荒れる幕末京都に甦る切支丹の秘宝を前に、山南敬助の“将門流陰陽術”は人々を護ることができるのか!

  • 幕末を駆け回る、幼い新撰組隊士の話し

    ♡27,600

    〇4,410

    歴史/時代・連載中・26話 まどろみ

    2019年9月15日更新

    時は幕末、文久3年。 京都の壬生村で暮らす少年、空汰は日々剣の修行に励んでいた。 そんなある日、空汰は江戸からやってきたという浪士達と出会うーーー。 史実×創作。 新撰組の名で知られる壬生浪士達と、そんな彼らと歩む少年のお話しです。

  • 天然理心流を受け継ぐ女剣士の物語

    ♡3,800

    〇5

    歴史/時代・連載中・13話 初音

    2019年9月15日更新

    幕末、試衛館道場の師範代を務めるのは、道場主近藤周助の一人娘・さくら。 義弟の近藤勇と共に「武士になろう」と約束した彼女は、土方歳三、沖田総司といった仲間たちと共に、将軍警護の「浪士組」に志願する。 誰よりも強く。 女のくせに、なんて言わせない。 剣術の修行に明け暮れたさくらは、浪士組でも一目置かれる存在となり、副長助勤として、誠の武士になるべく奮闘する。 史実では子宝に恵まれなかった近藤周助にもし娘がいたら…?という発想のもと生まれた物語です。 あくまでフィクションではありますが、史実の出来事と上手いこと絡められるようなお話を目指しています。 ※「小説家になろう」「カクヨム」「エブリスタ」でも同じ作品を投稿しています。 ※時代小説の雰囲気を味わっていただくため、縦組みを推奨しています。行間を詰めてありますので横組みだと読みづらいかもしれませんが、ご了承ください。

  • 死ぬためではない。示すために、ゆくのだ。

    ♡400

    〇5

    歴史/時代・連載中・8話 増黒 豊

    2019年9月13日更新

    幕末を駆け抜けた新撰組。 その十一番目の隊長、綾瀬久二郎の凄絶な人生を描く。 よく知られる新撰組の物語の中に、架空の設定を織り込み、彼らの生きた跡をより強く浮かび上がらせたい。

  • 集まれ壬生浪! ポロリはなしの、剣道大会

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 春羅

    2019年9月9日更新

    新選組隊士らが集まって、わちゃわちゃと剣道大会しています。 書いておいてなんですが、江戸時代当時に剣道という言葉はありません。

  • 集まれ壬生浪! ポロリはなしの、水泳大会

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 春羅

    2019年9月9日更新

    新選組隊士らが集まって、わちゃわちゃと水泳大会してます。 書いておいてなんですが、江戸時代当時は海水浴という文化はありません。

  • 黒猫と、沖田総司

    ♡100

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 春羅

    2019年9月7日更新

    黒猫が見つめる、最期のとき。

  • 土方さんが異世界で巨悪を斬る!

    ♡68,800

    〇805

    異世界ファンタジー・完結済・44話 昭司あきら

    2019年8月28日更新

    箱館戦争で戦死した土方歳三は神の国で目覚める。神の国は三つに分裂しており、そのひとつのユリシア帝国の国王が地球侵略を考えていた。町に溢れる魔物達。帝国のオートマトン魔神兵。主神メティア様から無敵の日本刀と魔法無効の肉体を手に入れた土方歳三が吠える。「てめえら薩長の兵隊と同じよ! 土方歳三。新撰組副長。参る!」不老不死の巨大な敵を倒すべく、転生した土方歳三の刀が今日も舞う。 (表紙はPIXTAから購入したイラストの組み合わせです)