旅行記

検索結果:12件

  • みぱぱのお仕事海外旅行記

    ちょっと変わった海外旅行記はいかがですか

    73,000

    35


    2021年4月14日更新

    ある水処理メーカーに勤めるみぱぱと言う人物が、海外のいろいろな国へ行き、いろいろな体験をするお話です。 ラブなど恋など出てきません。 日本ではあまり体験しないようなことを徒然なるままに書き連ねていきます。 あくまでフィクションです。 フィクションなんだからね!

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • 転生したら転生してないの俺だけだった 〜レムリア大陸放浪記〜

    毎日更新を目指しています。

    2,900

    0


    2021年4月14日更新

    俺の転生先は 「とある山中の寺院の最高指導者」 地味過ぎる! 一生ここで暮らすのか? 貰ってきたチートは高度な頭脳と学習能力。 相方は「幼馴染の美人お姉さんキャラ。ちょっとヤキモチ焼き。ナイスバディのメイド属性」 俺たちはこの鳥籠から脱出出来るのか? 転生者は俺だけだけど、転生だらけの大陸レムリアを舞台にした、 2人の大放浪ファンタジー。 今、その序章が始まる! ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」様でも同時投稿させていただいております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間18分

    この作品を読む

  • 明るい異世界のんびり旅行記

    難しい事は抜きにして楽しんで書きました

    295,400

    2,545


    2021年3月29日更新

    【一話2000〜3000文字、すぐに読めます】 おバカが領内世直しの旅に出る。 商家の息子であるアルは今年15歳。離れに一人で暮らして居たが、水晶が光った事で貴族に買われる事になった。だけど、適性検査で出た結果は完全に脳筋、知力の適性はまさかのE判定。 うん? 僕がバカな事はなんとなく知ってたよ。 はい、優秀な義理の兄の右腕になる為に学問は向かないので、とりあえず僕は領地に行って領民の話を聞いて回ります。 だけど、行く先々の街はさまざまな問題を抱えているし、なんか知らないけど魔獣達も大変みたいだね。うん、難しい事は分からないけど、僕が出来る事なら手伝うよ。 おバカな少年の領内世直し旅の始まり、果たしてバカでも世直しは出来るのか? 兄の右腕になり得るのか? 自由なのんびり旅が今開幕する。 ※カクヨム、なろうにも投稿してます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間40分

    この作品を読む

  • 翡翠色の空の下で~古本の旅行ガイドブック片手に異世界旅行~

    古本屋を出ると、そこは異世界でした。

    93,500

    710


    2021年3月18日更新

    知っている人は知っている、有名な旅行ガイドブック、「みるぶ」。 とある土曜日、神保町の古書店を訪れた女性・澤 実里(さわ みのり)は、少々使用感の目立つ「みるぶ」が、他の本に紛れるようにして棚に収まっているのを見つける。 そのタイトル、「みるぶ異世界」。 中を開くと書かれているのはどれを取っても胡散臭い内容。それでも暇つぶしにはいいだろう、とジョークグッズのつもりでお買い上げ。代金200円と消費税8%。 本を収めたビニール袋片手に古書店の外に出ると――そこはまさしく異世界だった。 なんで異世界だと分かったか?何故なら、頭の上に広がる空が、どこまでも澄み切った緑色なのだ。 剣と魔法の世界ではない、けれど異種族が入り混じり、人種差別しつつされつつ暮らす近世チックな異世界にて。 元の世界に帰る時が来るまで、実里は古都フーグラーのギルドで雇った獣人族の通訳と共に、自身が迷い込んだマー大公国内を旅行することにしたのである。 ※カクヨム、小説家になろう、アルファポリス、エブリスタにも並行して投稿しております。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054888255850 https://ncode.syosetu.com/n5542fg/ https://www.alphapolis.co.jp/novel/103558036/968278374 https://estar.jp/novels/25627829

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間42分

    この作品を読む

  • 現代語訳邊土紀行抄

    胡乱なやつです。

    0

    0


    2021年3月8日更新

    遠い異世界では、どのような本が書かれ、読まれているのだろうか。 これは私たちの知らない世界で書かれた古い古い紀行文を、現代語に訳したものという体裁の、ファンタジー文学テキストです。何を言ってるかわからないと思いますが私もわかりません。 タイトルでオッと思った人だけお読みください。多分他の人には刺さりません。 この作品はPixivに掲載していたものです。 小説家になろう、ハーメルン、カクヨム、ノベルアップ、アルファポリス、ノベリズムに同時に掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

  • 最終兵器

    終末のご予定は?

    3,100

    0


    2020年11月19日更新

    それは確かに存在して 滅亡してしまった世界のお話。 休みを使って、滅びた世界を旅する 天使のチョイ 仮病を使って地獄を抜け出した 悪魔のミン 二人は偶然出会って旅に出た。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 欧州旅行記

    デンマークとスウェーデンへ一人旅

    200

    0


    2020年10月12日更新

    デンマークとスウェーデンに行った時の記録です。 ドイツにも少し立ち寄りました。 エッセイというより単なる記録というくらい拙い文章ですが、良かったら参考にしてください。

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • ちょっと自分探しに行ってきます

    自分探しの旅に出た青年の旅行記

    33,655

    55


    2020年8月24日更新

    失われた青春を取り戻そう、自分探しの旅も兼ねて。 そんな思いで旅立った青年の旅行記。 インドからスタートし、ネパール、中国、モンゴル、再び中国、そして日本に帰国。 この旅で彼が得るもの、失うものとは。 ※他投稿サイトでエタった作品をサルベージしたものになります。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 渡りネコのケビン

    旅するネコのちいさな物語(=゚ω゚=)

    0

    0


    2020年6月12日更新

    ネコのケビンには、渡り鳥のジェイクという親友がいます。 各地を旅し、博識で、話が面白いジェイクのことをケビンは尊敬し、羨望していました。 そして、ある日、唐突に思い付きます。 「そうだ! 僕もジェイクのように渡りネコになって、世界を旅しよう!」 これは、世にも珍しい"渡りネコ"となったケビンが、各地を旅して様々なことを経験していく物語です。 ………ちなみに主人公であるケビンは、拙作『愛を忘れたネコ』のキャラクターとなります。 [story:557715582] 必須ではないですが、読んでいただければ幸いです。 1話完結の短編による連載です。 思いつきの不定期更新ですが、読んでい頂ければ幸いですm(_ _"m)

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 50女がママチャリで北海道を回ってみた

    のんびり行けばママチャリは最強。

    2,400

    0


    2020年2月23日更新

    2019年の6月下旬から7月いっぱいまでの北海道ママチャリ旅行の記録です。 ロードバイクでのレポートは色々あるんですが、ママチャリで参考になる文章が無かったので書いてみました。 道東・道南は時間の都合で無理でしたが、苫小牧から宗谷岬まで行って帰ることができました。 名古屋からのフェリーで行きましたので、前後もつけて。

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

  • 空手バックパッカー放浪記

    インチキ空手家の命がけ旅行記

    20,700

    0


    2020年1月21日更新

    空手はちょっと齧った程度でまったく強くない、むしろ弱い私は、持ち前の好奇心から軽率にも未知の国スリランカでの空手指導の任務を引き受けてしまいました。しかも「もし戦うことになったら、どんな卑怯な手を使っても負けてはならない」という厳命を受けて。腕前はからきしのインチキ空手家の私は、ハッタリと卑怯と機転を武器に、タイのムエタイ使い、身長2mのフランス人空手家、スリランカのソルジャー、プノンペンのショットガン強盗、チェンマイマフィアなど数々の難敵を相手にアジアを転戦します。後半にはちょっと切ないロマンスも・・・。199X年のアジアを舞台にした自伝風ホラ話です。かなり長編ですが、お時間あればぜひお読みください。

    読了目安時間:7時間11分

    この作品を読む

  • ペンギン旅行記 台湾編

    これは、全部事実でしかない旅話である

    38,650

    120


    2019年12月11日更新

    2019年9月11日から13日まで、台湾を旅しました。 折角なので、個人の独断と偏見でその記録を綴ろうと思います。 表紙の画像は、夜の台北駅。 どことなくムーディな感じがしないでもない。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む