日本

検索結果:8件

  • 作者が数年前に行った愚行を綴っていきます

    ♡16,920

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・21話 モンキービジネス

    2019年8月19日更新

    2016年11月8日午前10時30分。 北海道は稚内、日本最北の地、宗谷岬からすべては始まった。目指すは日本最南端の有人島、沖縄の波照間島。 これは作者が突如として始めた蛮行、あるいは奇行。歩いた距離3404km。総日数134日間に及ぶ日本徒歩縦断におけるノンフィクションの記録である。

  • がんばり物語です

    ♡554,900

    〇8,900

    現代ファンタジー・連載中・19話 止流うず

    2019年8月19日更新

    ポストアポカリプス 成り上がり スキル付与 ダンジョン 転生 チート このあたりを詰め込んでみました

  • 彼の天才異端児、征く道は、功か罪か

    ♡900

    〇100

    歴史/時代・連載中・2話 かわくに

    2019年8月16日更新

    一九三〇年六月一八日。その日、歴史が変わった。支那満洲に於て、満鉄――南満洲鉄道株式会社の鉄道が複数の支那人によって爆破されたのである。偶然居合わせた関東軍守備隊が支那人を射殺し、関東軍に通報。結果、大日本帝国政府は関東軍、朝鮮軍、そして内地の部隊に満洲への武力進駐を命じる。俗にいう満洲事変では、満洲国が建国される。満鉄爆破の調査に訪れた英国のリットン卿を関東軍のとある軍人が説得し、後に国際世界で満洲国が認められることになる。 日本は英国と言った国々と関係を深め、一方で連盟を脱退した支那国民政府はドイツとの連携を強めていった。いわゆる独支合作により日本は支那国府、そしてドイツとの対立を余儀なくされる。 二・二六事件後、日本はかつてリットン卿を単身で説得した軍人の策謀により民主化され、来るべきアメリカ合衆国との正解最終戦に備えることとなる。 この物語は、とある世界の日本、そしてとある軍人――「陸軍の天才異端児」石原莞爾による、波乱に満ちた二度目の世界大戦、そして想定外の訪問者との関わりを綴ったものである。 当該作品の無断引用並びに転載を禁止致します。また、当該作品は現実世界ではない完全なるフィクションであることを宣言致します。実在する人物・団体・事件・事故とは一切関係御座いません。

  • 2019年8月10日更新

    対GDP比200%もの債務を抱えているとされる日本。もう日本は破滅するしかないのか? …という不安に対し、 「実は全然大丈夫なんですお(≧∀≦)」 …という事実を、世界各国の現状と過去の歴史から詳述しています。 キーワードは『国債』。 国債には意味があり、無駄に発行している訳ではないということと、日本に比べて世界の方が遥かに危険だという真実、なによりも日本の債務総額は、日本の純資産3,300-兆円(うち現金資産で1.800兆円。そのうち半分は即金出来る流動資産)に比べても小さいので「増税覚悟なら、そんなに心配ない」だけでなく、「他の国は既に債務超過」で死にかけている…という、むしろ怖い現実について詳しく検証していくつもりです。日本の方がまだ全然マシ…という現実が、幸せなのか不幸せなのかはともかくとして…ですが(^o^; この世界の基本構造は『インフレーション』です。宇宙開闢のシステムがインフレーションであるのなら、その中に生きる我々の基本構造はインフレーションに基づく世界観なのです。そしてそのインフレの経済的現象を『国債』『通貨』『中央銀行』『税金』『経済成長』から読み解こうとする試みです。この正しい理解を深めれば、日本と世界の経済破綻を阻止でき、我々庶民の生活が豊かになる(お金一杯使える(^o^)!)世界が実現できると確信しています。皆さんと一緒に研究し、認識を共有出来ればと思っています。 なお日本を含めた世界各国の現状について、全く情け容赦なくぶった切っていきますので、表現上、不愉快で不適切に感じる場合もあるかもしれません。しかし偽善や綺麗事を排除し、正確かつ切迫感を持たせるために「政治的に正しい表現」は致しません。ご理解を頂きたく思います。

  • めでたしめでたしって書きたかっただけ。

    ♡0

    〇0

    その他・完結済・1話 すごろく

    2019年7月20日更新

    童話です。

  • 女子中学生のイチャラブ百合キス話です

    ♡1,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・15話 九十九沢まほろ

    2019年7月5日更新

    少子化対策の為に中学校の授業にキスの実習が取り入れられた西暦二〇四〇年の日本。 実習期間は中学二年生の一年間、男女ペアで二人一組になって行われ、基本的にペアは一年間固定である。ペアの決め方は各学校に委ねられていた。 ヒロイン夢野あかり(ゆめのあかり)の通う私立月峰(つきみね)中学校では、女子が男子を指名する事でペアが決められていた。当然人気の男子には女子の指名が殺到する。 指名が殺到した時はじゃんけんにより、勝ち残った者が男子を指名する権利を獲得していた。 あかりは学園の王子様キャラ、御伽王二朗(おとぎ おうじろう)を巡る戦いで持ち前のじゃんけんの強さを発揮し、最終決戦まで勝ち残る。 だが最終対決のみ何故かくじ引きで、くじ運のないあかりは「ハズレ」を引いてしまう。 戦いに破れたあかりは、誰からも指名されないで残っていた、お風呂に入らない歯磨きをしない事で有名な松毛山太(まつげやま ふとし)とペアを組む事に……。 絶望のどん底に突き落とされたあかりだったが、松毛山太と細(ほそし)の双子の兄弟が転校した事を告げられる。松毛山太とペアを組まずに済み、喜ぶあかり。 だがあかりの相手は松毛山細とペアを組む筈だった、藤堂連(とうどう れん)と言う女子に決定してしまう。女の子とキスのペアを組むことになり戸惑うあかり。キスの実習は体育館で行われる筈なのだが、あかりだけが保健室に連れて行かれる。保健室には先に藤堂連が来ていた。 連は学校一の才女と噂される黒髪長髪の美少女。連はあかりに「好きだ」と告げ、あかりをベッドに押し倒し、無理やりあかりのファーストキスを奪った。 全十五話、一日二話更新します。 「ツインテールの少女+黒髪長髪の美少女+百合キス」 のタイトルでpixivに掲載したものです。 同名のタイトルでノクターンノベルズにも掲載しております。 「Copyright(C)2019-九十九沢まほろ」

  • SFっぽくないSF小説

    ♡260

    〇未参加

    SF・連載中・21話 東盛一郎

    2019年6月22日更新

    『ペーパーファイターにはどうしても無視できない一つの特徴があります。ある専門家によれば、ペーパーファイターはサバイバルゲーム以上の戦争的要素を持っているといいます。その事実が、世界中の子供たちの成長にどのような影響を及ぼすかについて、私には予測できません』

  • 自作の転載企画です。

    ♡950

    〇0

    エッセイ/コラム/評論・連載中・3話 八橋 薫

    2019年6月22日更新

    自作『ブルー・ミーティア ~元コ・ドライバーの出走記~』をもとにして、世界と日本の車事情とモータースポーツとしての自動車まで「できるだけ分かりやすく」を心がけて書いていきたいと思います。 ※人形使い先生の『ジェット戦闘機の歴史 超入門』をリスペクトしつつ書いております。