昭和

検索結果:44件

  • 愛屋及烏 / 依依恋恋

    百年経っても、この想いは変わらない。

    1,900

    0


    2021年4月13日更新

    昭和21年初冬。 大将への昇進を控えた油屋 小吉は、友人の薦めで暗殺者を護衛として雇うことになった。 これは、書き換えられた後の歴史に名を残す英雄と、人に知られず闇に生きる暗殺者の物語である。 ※注意事項※ 1、歴史を作者都合で改変しています。 2、時代考証がガバガバです。 3、時代設定が昭和な関係上、女性蔑視などの差別表現が時折出てきます。 4、駄文です。 5、ハーメルン、カクヨム様にもほぼ同じものを掲載しています。 以上が駄目な方は、即時ブラウザバックを推奨します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • 【対コロナ、オタク時間旅行】iqqo ⇆ zozo[イッコ・ソソ]

    レーワとショーワのオタクがバブルで遭遇

    22,400

    945


    2021年4月10日更新

    新型コロナウイルスの脅威で幕をあけた二〇二〇年。 瞬く間に世界を席巻した新感染症に、人類は治療薬の研究で対抗したが、難題が阻む。 重要な論文が暗号化され復号できないのだ。パスワードは論文の学者が墓へ持っていった。 この危機に立ち上がる、名もなき五人のオタク仲間がいた。 「神様」からタイムマシンを与えられ、完成した論文を手に入れにバブル時代へと飛ぶ。 オタク文化も含めてレーワとショーワのギャップにとまどいながらも奮戦するが、やがて、隠された秘密と、忍び寄る魔の手に気づき始める。 果たして彼らはパスワードを持ち帰りコロナを打倒できるのか。 オタクタイムトラベルバブルの金字塔、今ここに爆誕! ※作中の 《《》》 で囲んだ箇所は、傍点が打たれていることをあらわします。

    読了目安時間:3時間4分

    この作品を読む

  • 居酒屋マスターの独り言

    ドラマもなにもないただの独り言です。

    238,203

    119


    2021年4月8日更新

    ※表紙イラストはルクコ様よりいただいたものを使用しております。 趣味で小説投稿している居酒屋のマスターの独り言です。 ドラマもなければお店が異世界に転移することもございません。 ただの日記、とでもとらえていただければ幸いです。 ※ 投稿内容はすべて実話です。一部、適当な記憶もございますがご容赦を。 よろしければブログ内のネタはご自由にお使いください。報告は不要でございますれば。

    読了目安時間:4時間25分

    この作品を読む

  • 雪うさぎ

    恋人たちの冬の一幕。

    1,900

    0


    2021年4月4日更新

    今より少し昔。恋人たちのある冬の一幕。 いただいたお題:雪うさぎ 他サイトにも掲載あり。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 少女迷宮『檻の孤島』

    グラマー・ガールは名探偵

    0

    0


    2021年3月29日更新

    知人から手紙をもらった少女、天城朔ははるばる瀬戸内海の孤島、姫守島を訪れた。 島で起きている問題を解決する為、明晰な頭脳を買われたのだが、到着して早々、知人が行方不明になっていると分かる。 高台の崖から海に転落した痕跡があった為、島の人々は事故と看做しているようだったが、誰かが呼び出し、殺害した可能性も捨てきれない。不審に思った朔は独自に調べ始めたのだが、その矢先、村長の息子が惨殺されてしまう。 現場は旧日本軍が建設した研究所の廃墟だった。 また、その日の内に行方不明になっていた朔の知人もまた、殺害されていたと分かる。 原因は若者同士の争いか、あるいは島の権力構造に根差す出来事なのか。地域社会の複雑な人間関係が謎を呼ぶ中、第三の事件が起こる。 島の旧家、村友家の人々は何を知るのか? 朔の推理はいかに。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間14分

    この作品を読む

  • 夕暮れの陽(ひかり)

    異端と異形と異常が織り成す恋愛譚

    20,850

    125


    2021年3月20日更新

    時代は昭和の終わり頃。神奈川県陽岬市に住む東郷晃一は、吸血鬼と人間の混血である少女、久住シャルロットを拾った。 ヨーロッパより流れ着いた「吸血鬼」、 土地神の系譜を引く旧家「大上家」、 異形の根絶を掲げる新興宗教「暁十字の会」…… 様々な思惑と因縁が絡み合う土地で、不穏の種は既に芽吹いていた。 ──それでも、その空はいつだって美しかった。 これはひとつの恋の始まりと、終わりまでのお話。数え切れない涙と笑顔で彩られた「日常」の物語。 たとえ、少女にとってその陽(ひかり)が毒だったとしても、求めたい居場所がそこにはあった。 《注意書き》 ※ほか投稿サイトにも同名義で重複投稿しております。 ※過激な描写があります。 ※現実世界のあらゆる物事とは一切関係がありません。神奈川県陽岬市はこの作品の中にしか存在しない架空の土地です。 ※この作品には暴力的・差別的な表現も含まれますが、差別を助長・肯定するような意図は一切ございません。 ※特殊性癖も一般的でない性的嗜好も表現しています。キャラクターそれぞれの生き方、それぞれの愛の形を尊重しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間52分

    この作品を読む

  • 【序章・完】神の遊戯  「第一部第一章」2021/6/12 20:30~ 公開予定

    とある一柱の神にまつわる物語。

    3,200

    0


    2021年3月11日更新

    こんな事を考えたことは無いだろうか。 「もしもドラクエの呪文をひとつだけ使えるとしたら何がいい?」 どの呪文をどう使ったら・・・便利か?儲かるか?異性にモテるか?強くなれるか?友達が増えるか?憎いアイツに復讐できるか?悪戯できるか?成功するだろうか?・・・と。 これは、そんなありふれた話を『想像』し、そんな世界を『創造』した、とある神にまつわる物語。 そして、そんな神の気紛れに巻き込まれ、導かれ、振り回された、たくさんの日本人達の物語―――。 本作は長編を予定しております。 序章~第一部(10章)~第二部(5章)~第三部(5章)~第四部(本編)~終章 順番に執筆していきます。終了時期は未定です。 ある程度の区切りまで完成したところで、纏めて予約更新していきます。 ・序章(全20話 32000文字)2021年2月20日 20:30~ ・第一部 第一章(全20話+1話 32000文字)2021年6月13日 20:30~ ・第一部 第二章(全20話+1話 32000文字)2021年7月24日 20:30~ ・第一部 第三章以降(未定) (関連作品) ・後輩冒険者たちへ ツチイ編 → novelup.plus/story/896652772 ・後輩冒険者たちへ リュウノスケ編 → novelup.plus/story/886969797 ・サキの秘密日記 → novelup.plus/story/728591162

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間4分

    この作品を読む

  • 昭和家出娘

    家出の原因はアポロチョコ

    6,300

    0


    2021年3月4日更新

    母の静子が約束を破ったことに腹をたて、智子は家出した。家出して向かったのは、汽車で二駅のところにある祖父母の元に向った。一人で切符を買い、汽車に乗り、祖父母の家まで智子はたどり着く。祖父母の家は、文房具をやっている店舗付き住宅だった。 土間から居間に上がると、振り子時計、ちゃぶ台があり、菓子折りには煎餅が入っていた。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • R-Face ~アンドロイドと人工知能と、策謀と日常と、そして時折昭和

    人工知能の覇権を巡る策謀、それと時折日常

    4,200

    0


    2021年2月27日更新

    200X年、1人の超天才少年によって完全人間形態ロボット(アンドロイド)とその要たる人工知能は完成された。 ────それから二十数年、超天才「元」少年とその娘・息子たちであるロボットたち、そして仲間たちは時に昭和で時に平成で時に令和な日常を過ごしていた。 だが、次世代の産業の要となる人工知能の覇権をめぐる策謀が、彼らに影の手を迫らせてくる。「元」少年と、彼が最初に作ったロボットの因縁を巻き込んで、影の意思は蠢いていく──── ──※─※─※── 本作品は「カクヨム」と同時掲載しています。 ──※─※─※── まぁ、目指したのは「等身大のパト◯イバー」なんだけどね!

    読了目安時間:6時間21分

    この作品を読む

  • 本読みクラブ  ー怪人二十面相が好きだった僕らの時代ー

    江戸川乱歩の怪人二十面相、面白いよね。

    69,300

    150


    2021年2月20日更新

    舞台は1981年。 ひょんなことから隣に住む貴子お姉さんから怪人二十面相の本をもらった。 小林少年の活躍にハラハラドキドキする僕。 僕も小林少年みたいになれるかな。 謎を読み解いていく少年の冒険物語。 ※2021年1月19日 ファイル1ー貴子 加筆・修正を行いました。 ※2021年1月20日 ファイル2ー譲治 加筆・修正を行いました。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間59分

    この作品を読む

  • 『恋のほのお』後書き

    『恋のほのお』を読んでくださった方々へ

    100

    1,010


    2021年2月13日更新

    1960年代の終わり、明るい時代の一瞬の闇を漂った主人公、波多野を描いた『恋のほのお』の後書きです。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 少女迷宮『白い花の悪夢』

    グラマー・ガールは名探偵

    5,200

    0


    2021年2月13日更新

    老舗の漢方薬店、養老屋で事件が起きる。遺産の相続問題を引き起こした主、剛造の変死体が離れで発見されたのである。近所に住む天城朔は関係者と関わり、真相を追い求めていくが……。 品種改良によって生み出された白い朝顔が悪夢を見せる。 童顔巨乳の眼鏡娘、天城朔の探偵譚。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 美しの糸

    安居院の魔性、香り立つ。

    100

    0


    2021年2月11日更新

    その屋敷では『庭師はどんな理由があっても屋敷に上がってはならない』という規則があった。 昭和の初め、叔父の紹介である商家で庭師の職につくこととなった緒方比呂(おがたひろ)は、屋敷の離れに住む美しい娘・安居院糸(あぐいいと)と出会う。 純愛ものです(予定) キャッチコピーが不穏とか気のせいです。 (20/11/19)そろそろ『鵺の泪』が佳境に入ったのでネタ振りとしてあげとこうかと。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • キャトルくま

    さよなら。ずっといてくれたキャドルくま

    0

    0


    2021年1月10日更新

    昭和初期の知られない赤いクマの人形キャトルくま。 いつの代からか、キャトルくまは居間のサイドボードのこけしらと並び、主人公洋一の冴えない人生を眺めていた。 両親を亡くし、家に一人となった40過ぎ独身の洋一は、職場の介護施設でのレクレーションで、好きな女子からに頼まれて漫才をすることとなる。漫才はかつて、洋一の冴えない人生に細やかな光を差した希望であった。 一方、洋一は全てをリセットといって、家中の断捨離を始め、捨てるもの残すもので分別を始めた。洋一は初めて赤いキャトルくまを手に取った。キャトルくまは捨てる側にいた。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • サキの秘密日記

    ギルド受付嬢のサキさんです。

    6,600

    0


    2021年1月3日更新

    「これって何かしら?ちんぷんかんぷんね。」 ギルドの受付嬢として辣腕を振るうサキ。 仕事はてきぱき、応対はきっちり、スキのないデキる女性。 しかしその裏では、どんな素顔を見せるのでしょうか。 彼女の秘密を少しだけ覗き見してみましょう。 ※18禁作品 2020年12月16日~ 毎日22時に予約更新 全19話 設定ミスで1話だけ公開してしまいました。 ・・・・・・ま、間違えたわけじゃないんだからねっ! た、ただの・・・せ、先行公開なんだからねっ!

    • 性的表現あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • SNS世代の少女は昭和の夢を見る

    眩しすぎない青春をもう一度。

    100

    0


    2020年11月24日更新

    インフルエンサーJKと懐古主義の男子高校生は邂逅する。運命的と称するには些か弱い出会いは、ふんわりと始まってずるずると続いていった。会う度に繰り広げられるアンニュイな会話。世の中に何の影響も与えず、また青春からも遠く離れた場所で、彼らが紡ぐ時間はどこへ行き着くのか。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • カジバノバカ

    近代小説風のガール・ミーツ・おっさん。

    1,600

    0


    2020年11月15日更新

    生まれつき、藤色の髪と「考えるより先に手が出てしまう」性質とに悩まされる女の子が、妙な男と出会う話。ガール・ミーツ・おっさん。馬鹿者共は、引かれ合う。 ※舞台は、日本によく似たどこか。昭和初期くらいの時代を想定しています。 ※純文学のような何か。 ※完結型なので、一話一話が長いです。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 人魚の花

    悲しくそして、美しく

    6,600

    50


    2020年9月19日更新

    内湾の海岸の隠れ里。 密やかに生活を営むイキモノの元へ、秘薬を求めんとするイキモノが手を伸ばす。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • ミハルヨサクラ

    画家は命懸けで滝桜と少女を描く。

    3,600

    810


    2020年9月18日更新

    舞台は福島県田村郡三春町。 一度に三つの春が訪れるというその町で、売れない画家・芹沢真人(せりざわ まこと)は一人の少女と、一本の桜の大樹に出逢う。 滝桜を巡る神隠し事件の真相とは……? 昭和テイストな和風伝奇サスペンス。 一つ、三春に花が咲き 二つ、桜の滝の音響き 三つ、泡沫(うたかた)の春のご到来でございます ……四つ、三春に……

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • 聖母の呪縛

    殺せば、あなたは来てくれる

    37,802

    0


    2020年9月2日更新

    1948年、秋。一年前の猟奇殺人事件及び誘拐事件の生存者の少年が孤児院内で自殺した。「これは自殺ではない」と疑念を抱いた刑事の芳賀は捜査を始めるが、これがきっかけとなり息子との関係が険悪なものとなった。 一方で女探偵の西連寺千尋は、母から「いつまでも働いてないで結婚し家庭に入れ」と迫られる。自分の生き方を否定された千尋は、母の勧めで“聖母の会”という婦人会に入り教育を受けることとなった。 そんな中で、またも殺人事件が……。幸治も事件の被害者も、過去に不審死した男も、芳賀に関わりがある人物だった。 少年の自殺。医師の不審死。特高に逮捕された過去のある男の殺人事件。過去の放火事件。火の見櫓にまつわる噂。佐原万智の偽物。奇妙な婦人会……。 それぞれの“呪縛”に迫る、佐原万智シリーズ第5弾。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む