時代劇

検索結果:43件

  • コラム・エッセイ寄りのちょい日記も

    創作、哲学、科学、雑学です!

    706,660

    113


    2022年5月24日更新

    小説の合間に、コラムというかブログというかを書いていこうと思います。

    読了目安時間:8時間11分

    この作品を読む

  • 特撮小話

    特撮関連の与太話です!

    697,650

    876


    2022年5月20日更新

    みんな大好き特撮。 広く特撮に関する話題や考察、アクションの話などを書いていこうと思います。 若干マニアックになるかも?

    読了目安時間:10時間28分

    この作品を読む

  • 柳生異聞 十兵衛屍人狩り

    過去原稿流用物

    3,400

    0


    2022年4月30日更新

    ノベプラ文芸部小説勉強会(仮) 第一回お題参加作品。 国家転覆をはかった軍学者失踪から十年。 住民全てが消えてしまう村があり、生者を襲う屍人の群れが報告される。 重なる事件に怪しげな魔道の影を感じ取った柳生宗矩は長子・十兵衛三巌に原因の究明と解決を命じた。 宗矩が雇った隠密とともに謎を追う十兵衛。 ……てな感じで書くつもりだった過去作の冒頭部分の流用です(爆)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 1666(シックスティーンシックスティシックス)

    痛快大江戸ギャグ絵巻!

    7,800

    10


    2022年2月19日更新

    「1666(シックスティーン シックスティシックス)」 あらすじ 1666年。 寛文六年。 八月の暑い盛り。 風が凪いでいる。 チェダ屋の奴隷商人間垣富三 (まがきとみぞう)は 杉作村を訪れていた。 この村で六人の奴隷少女たちを 買い付けていた。 最終目的地、天外へと 搬送するために。 『をどあける』と呼ばれる 十六歳の奴隷少女と、 悪徳商人間垣の 旅が始まった。 宿場町で出会う摩訶不思議な 住人たち。 奇想なるスチームパンク小説の 新機軸! 痛快大江戸ギャグ絵巻! 全六話。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 激おこ!!ぷん座右衛門 第一話

    タイトルはふざけてますがシリアスです。

    2,100

    0


    2022年2月11日更新

    普段は面倒臭がりで怠け者な侍、その名も【ぷん座右衛門】。 だが一度その堪忍袋の緒が切れた時、もう誰も彼を止める事は出来ない……。その漢、人呼んで……激おこぷん座右衛門!! 「サンバは踊らぬが、以後よろしく。」

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 噂の忠臣蔵

    庶民の視点による、噂話で聞く忠臣蔵のお話

    0

    0


    2022年1月27日更新

    江戸時代、庶民の少女・寿(とし)は、ある日「松の廊下」事件のことを耳にします。彼女は赤穂浪士に興味を抱き、彼らの噂話を辿っていくのでした。しかし、耳にするのは元老中・大石内蔵助の女遊びのことばかり。それでも寿は赤穂浪士らの行く末を見守り続けます。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 似代劇-大江土苑来院-OHEDO ON LINE

    時代劇風VRゲームで無双少年剣士が大活激

    17,000

    0


    2021年11月21日更新

    江戸時代を思わせる世界で人々はゆっくりと流れる時間のなかに憩いを求めここにやってきた。似代劇(にだいげき)というVRゲームが流行する近未来。そこであるものは侍となり、あるものはそば屋を経営し、あるものは刀鍛冶に従事するなど現実では不可能な仕事に就くことを愉しんでいた。だがその世界はいま危機にさらされていた。公儀(運営)はこの事実を隠蔽し噂ばかりが人々の間に流れる。そんなとき、とある少年剣士のもとに公儀より依頼が届く。 本作で使用している技のいくつかは実際に再現できる。それらの技は松聲館の甲野善紀氏と陽紀氏が発見されたものをお借りした。※印があるものがそれに当たる。それ以外にも黒田鉄山師範の著書からの引用も含まれている。 資料写真に注意書きがない場合は作者の私物です。

    読了目安時間:7時間34分

    この作品を読む

  • 斬屋顛末(きりやてんまつ)

    落語風を目指した一人語り形式。

    100

    未参加


    2021年11月18日更新

    人斬り稼業・斬屋(きりや)を訪れた武家の息子。 持参した名刀で、斬ってくれと頼んだのは自分自身だった!? が……? 落語調で語られる短編コメディ。 ニート対殺し屋、in江戸――。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 子檀嶺城始末―こまゆみじょうしまつ―

    派手な戦の裏側で、地味な事件が起きていた

    29,500

    0


    2021年9月30日更新

    「真田対徳川なら絶対に徳川が勝つに決まってるから真田は見限る。でも徳川軍の一員として戦場に出て痛い思いをするのはまっぴら御免。だから『徳川に味方する宣言』だけしておいて、終戦まで主戦場から離れた山城に引きこもる作戦」 を実行に移した杉原四郎兵衛。 ところが、戦から半月ほど経過したのに「勝ったはずの徳川」からの使者が来ない。 それもそのはず。実は徳川軍はあっさり負けてしまっていたのだ! やがて、四郎兵衛たちの籠もる山城に、真田の若殿が率いる一軍が迫り来る。 兵糧もやる気も尽きた四郎兵衛たちの運命や如何に。 ----------✂---------- 真田昌幸が「占拠」する信州上田城へ向かって、徳川軍が攻め寄せる。 上州沼田の領有権争いから持ち上がった真田と徳川(&北条)の闘争は、真田の本拠地での大規模戦闘に発展した。 いよいよ戦が始まる、というその日、昌幸の嫡男・源三郎信幸は、父に命じられた通りに伏兵部隊を率いて支城へ詰めた。 同じ頃、二十名ほどの男たちが、主戦場から遠く離れた子檀嶺(こまゆみ)岳の古城に入った。塩田平の地侍・杉原四郎兵衛の一党である。 真田と徳川の圧倒的戦力差から徳川軍が勝つと予想した四郎兵衛は、 「徳川に身方する」 と吹聴しつつも古城からは一歩たりとも出ず、 「勝利するであろう徳川軍からの勧誘」 を待つという消極的策戦を取ったのだった。 しかし半月が過ぎても、徳川からの迎えは現れない。 それもそのはずで、真田勢に敗れた徳川勢は、すでに東信濃から撤退済みだった! 廃城で孤立し、事態を知る手段もなく、不安に苛まれる四郎兵衛に耳に、銃声が聞こえた――。 天正十三年(1585)閏八月。 後の世に、第一次上田合戦と呼ばれる戦の裏側で起きた、ほんの数日間の「反乱」の顛末。 ----------✂---------- ※今作は、旧作【子檀嶺城戦記】をリライトしたものとなります。 旧作をお読みいただいた皆様も、改めてご一読いただければ幸いです。 ----------✂----------

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 邪幻城の妖し姫

    ニンジャモノですよ。

    16,000

    640


    2021年8月13日更新

    元和九年 大阪夏の陣を経て十数年を経ていたが謀反の兆し収まらず。 柳生但馬守は子飼いの忍び衆を放って動向を伺っていた。 そんな中、遠くローマより密かにひとりの忍びが帰国する。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 成敗執行人、のべら

    罪を犯した者を、成敗!

    5,200


    2021年8月12日更新

    成敗執行人のべらは、成敗の依頼を執行した際、父の残した紙片を見つける。 そこには父の死の真相に至る暗号が記されていた。 それを解き明かしたのべらは、真実を知る。 そして、父の恨みを晴らす為、「成敗を執行」する。 全然、本格じゃない時代劇風物語。 謎解きらしきものもあります。 是非、謎を紐解いてみて下さい。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 雲居藩妖怪抄

    妖怪和風ファンタジー、ここに開幕

    1,500

    0


    2021年6月30日更新

    時は江戸時代。 外様の雲居藩(くもいはん)に仕える武士・花菱伊織(はなびし いおり)の元に一人の女中・すゞ(すず)が現れる。 彼女との出会いから、いつしか伊織は妖怪に関わっていくようになる。 ※『残酷描写あり作品』『暴力描写あり作品』としておりますが、あくまで保険で付けております。それほど残酷なシーン等は入れないつもりです。ですが、殺陣シーンなどございます。ご了承ください。 ※「小説家になろう」にて定期更新しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間38分

    この作品を読む

  • 『女侠客』 『偉大なる中佐殿』クバルカ・ラン中佐(永遠の8歳幼女)の『勉強飯』

    自称『勉強中の女渡世人』の夜食紹介小説

    1,200

    0


    2021年4月26日更新

    作者のオリジナルキャラの口を借りた『コラム』 『夜に酒を飲みながら食べたい食い物』を『軍事武装警察隊 ダグフェロン』のキャラ、『偉大なる中佐殿』(8歳幼女)に語らせます 文学、映画、音楽、哲学、思想、科学など『偉大なる中佐殿』がどれほどの読書家かよくわかります かなり偏っているので信用しないこと 基本形式 『偉大なる中佐殿(人類最強の幼女:永遠の8歳)』が本を読んでいる 夜食を食う 語る 酒のつまみを取り出して寝酒を飲みつつ寝る ギャグです。本気にしないように

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • フユノサムライ

    武士の矜持、人間の本音

    1,200

    0


    2021年1月4日更新

    冬の雪降る中を急ぐ武士。 しかしその胸中は不満にまみれていた。 だが一晩泊まった、とある古ぼけた屋敷での出来事が武士の運命を変えることになる。 神楽様(@desk_0522)の「三人の侍」の話を元に執筆した二次創作です。 (本人様より許可済み) 「いざ鎌倉」の説話の要素を取り入れてブラックな味わいに仕上げています。 同じ話を元にした剣乃和也(@kazuya_turugino)様の話もあります。 こちらは羅生門の要素を取り入れているようです。 よければ読み比べてみてください。 面白いと思います。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054889712222/episodes/1177354055498227839

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 隠密同心・和田総二郎 艶色無双剣

    定番時代劇テイストの痛快エンタメ作品です

    2,300

    10


    2020年12月25日更新

    花のお江戸で巻き起こる、美女を狙った怪事件。 隠密同心・和田総二郎が、女の敵を討ち果たす! 女岡っ引に男装の女剣士、甲賀くノ一を引き連れて、舞うは刀と恋模様! 往年の時代劇テイストたっぷりの、血湧き肉躍る痛快エンタメ時代小説を、ぜひお楽しみください!

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間11分

    この作品を読む

  • 家老、斬っちゃったみたいなんですけどどうしたらいいんでしょうか

    時代劇と現代の融合ファンタジー

    2,100

    0


    2020年11月19日更新

    表紙の絵は「ありさ」様より書いていただいたものです。掲載の許可もいただいております。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 刃奔星走、彼方へススメ

    チャンバラ×マジック×なんちゃって明治

    1,600

    0


    2020年11月6日更新

    時代は明治。激動の時代。 活劇するは、魔法使いと女浪人、根無し草が居場所を求めて旅をする。 目指すは江戸。華やかなりし街。目的は仇討、救済。 女浪人は、家取り潰しのため反乱を起こさんとしている兄を討ちに。 魔法使いは宗教弾圧の末、戦争を起こさんとしている仲間を救うために。 斬った張ったにすったもんだ、剣術に魔法になんでもありの東奔西走時代劇。 さぁいざ往かん、刃奔星走、彼方へススメ!

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 江戸剣士小噺帖 ーサムライ短編絵巻ー

    すぐ読める!本格的な短編時代劇!

    1,000

    0


    2020年8月2日更新

    ――なぜラノベサイトで、本格時代劇を連載する気になったのか。 武士の戦闘がほとんど不要となった江戸時代 華やぐ江戸の町に住まう 6人の剣士の物語 1:【母となった女剣士】 2:【孤独な流浪の剣士】 3:【岡っ引き見習いの少女剣士】 4:【伊賀者を束ねる忍者剣士】 5:【暗殺王と呼ばれた老剣士】 6:【部屋でしか戦えない剣士】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 蓮之助と華

    蓮之助と華の気功剣が、悪をぶった斬る!

    1,000

    0


    2020年7月31日更新

    正義感の強い蓮之助は、とある事から、家康のひ孫を斬ってしまう。 徳川宗家の刺客を相手に、柳生蓮之助は生き延びることができるのか!?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • 寝子医師

    彼女は心が死んでいる。

    1,500

    0


    2020年6月21日更新

    江戸の岡場所で仲條流(ちゅうじょうりゅう)の医者を商う男・黒助(くろすけ)は、人形のように動かない少女の面倒を見ている。元は女衒に岡場所へ売られる筈だった。 少女の変化に合わせ、黒助の心もまた、変化していき……。 ※「心と身体フェア」参加作品 ※セルフレイティングが不足しておりましたら、ご一報いただけましたら幸いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 真田源三郎の休日

    真田信幸による、慌ただしき十六の夏の回述

    68,100

    15


    2020年6月9日更新

    【完結作品】 【忙しい方のための三行粗筋】 信濃の国衆真田家の長男・源三郎信幸は「寄らば大樹の武田家」の元でそこそこ安定した生活を送っていたのだが、あるとき武田家はあっさり滅亡した。 じゃあってんで織田家に付いたら速攻で本能寺の変が起きて、最悪親友と槍を合わせることになるかもしれない状況。 16歳の少年はこの連続ピンチを無事に乗り越えられるのか? 【お時間に余裕がある方向けのしっかり粗筋】 信濃の小さな国衆(豪族)に過ぎない真田家は、甲斐の一大勢力・武田家の庇護のもと、どうにかこうにか生きていた。 ……のだが、頼りの武田家が滅亡した! 家名存続のため、真田家当主・昌幸が選んだのは、なんと武田家を滅ぼした織田信長への従属! 関東守護となった滝川一益の配下となった真田家に対する周囲の風当たりはやや強め。 そんな折も折、一益主催の茶会に招かれた昌幸とその嫡男・源三郎信幸は、その席での伸るか反るかの大ばくち的な振る舞いから、滝川家の面々に気に入られたのだった。 特に源三郎を気に入ったのが、前田宗兵衛利貞、通称・慶次郎であった。 昌幸は織田家従属の人質として次男・源二郎を木曽へ送り、末娘を厩橋の一益の元へ置くことを決定。そして自身は旧領の砥石城へ、源三郎は信濃と上野の国境にある岩櫃城へと入った。 こうして昌幸は砥石城に座したまま、歩き巫女の情報網を使って世の趨勢を探る体勢を作り上げる。 そして天正十年の夏。 末娘の縁談が持ち上がったり、源三郎が慶次郎から個人的な酒宴に招かれたりと、平穏な時が流れていた。 しかし平和は短かった。「本能寺の変」の発生である。 父昌幸から、上州と信州の国境である北国街道碓氷峠へ向かうように命ぜられた源三郎は、事態が切迫していると判断。 飄乎として忍者を自称する出浦盛清と、配下のノノウ・垂氷に、厩橋城に人質として留め置かれている妹の救出を託しすと、自らは乳兄弟の祢津幸直らを引き連れ、農民に偽装して碓氷峠へ向かった。 これは、真田信幸による「慌ただしき十六歳の夏」の回述である。 ※この作品は「お姫様倶楽部Petit(作者個人サイト)」「ステキブンゲイ」「アルファポリス」「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しています。

    読了目安時間:4時間19分

    この作品を読む

  • 桜兎(さくらうさぎ)

    お前の腹の中に、此の私を宿しておくれ。

    400

    0


    2020年5月8日更新

    「君が好きだ」 純粋だったはずのこの想いが、次第に愛する者や己を蝕み、やがてこの世が煉獄となり、男は狂暴な獣と化した。 16世紀末、李朝時代の韓国にて。両班に恋した日本の少女と、日本の少女を愛した両班のサイコホラー物語。 ※話の演出上、差別的表現が一部ありますがあくまで演出であり、それを増長する意図はないのでご了承下さい。尚、反日嫌韓思考をお持ちの方は読むことをお控え下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • らぁめん武侠伝 ――異聞水戸黄門――

    水戸黄門が食したラーメンにまつわる秘話

    37,000

    208


    2020年5月5日更新

    格之進と八兵衛は水戸への帰り道。ある日中国・明からやって来た少女・玲華と出会う。 麺料理の材料を託された玲華の目的地は、格之進の恩師・朱舜水が在する水戸だった。 旅する三人を清国の四人の刺客「四鬼」が追う。故郷の村を四鬼に滅ぼされた玲華にとって、四人は仇だ。 しかも四鬼の本当の標的は明国の思想的支柱・朱舜水その人だ。 敵を水戸へは入れられない。しかし戦力は圧倒的に不利。 策を巡らす格之進、刺客の影に怯える玲華となんだかわからない八兵衛の珍道中。 迫りくる敵を迎撃できるか。 果たして麺料理は無事に作れるのか。 三人の捨て身の反撃がいま始まる! 寒山時代劇アワー・水戸黄門外伝・第二弾。全9話の中編です。 ※表紙絵はファル様に頂きました! 多謝! ※他サイトにも掲載中

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 【眞田井戸で遭いましょう】セルフノベライズ ―眞田井戸移動機篇―

    この物語は当然フィクションです。

    4,000

    0


    2020年3月30日更新

    自分で書いた時代劇(?)四コマ漫画を自分でノベライズする、そんな無茶な企画の作品です。 多分コメディなので、出来れば、読んで、笑ってやって下さい。 内容は、ざっくり言うと、 ・兄上は今日も胃が痛い ・出浦殿、巻き添えを喰らう ・甘党パッパ ・美魔女マッマ という感じです。 この物語は当然フィクションです。 この作品は個人サイト「お姫様倶楽部Petit」「pixiv」「アルファポリス」でも公開しています。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 春の紅葉

    江戸は、何度だって立ち上がるさ――

    47,300

    922


    2020年3月28日更新

    文政十二年 三月二十一日。強い北西風が吹き荒れる江戸を、魔火が襲う。 大地震で家を失い親を失い、越後から身一つで江戸へ出てきた澪に降りかかった、再びの悲劇。 江戸は、そして澪は、立ち上がれるのか―― 文政の大火のお話です。 江戸三大大火には入っていませんが、三大大火の一つ、文化の大火よりも死者数は多かったとされる、非常に大きな火災でした。 「届け、言葉の力PJ」に参加しています。 水害と火災と、全然違っても、人が苦しむ災害の話なんてもう見たくないよという方もいらっしゃいますよね。本当にすみません。 でも、度重なる大火から何度も立ち上がってきた、江戸の人々の強さが少しでも伝わればと願って―― 参考文献 『春の紅葉』 川崎重恭《かわさきしげやす》 (江戸叢書 巻の八) 被害の状況から、お上の施策や法令の数々。巷の風説、戯れ歌、落首の類まで、非常に詳細に記された、当時の記録です。 一面の炎を紅葉と形容しているのですね。昔の書物とも思えない印象的なタイトルを、そのままお借りしています。

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

  • みまちがい

    兄上は今日も胃が痛い。

    8,000

    0


    2020年2月23日更新

    あの戦場には、二頭の蝶が舞っていた――。 第一次上田合戦の後、徳川の家臣となった真田の嫡男・信幸。 駿府の城内で彼を呼び止めたのは、かつて戦場で見かけた男だった。 ※この作品は、 ・作者個人サイト ・小説家になろう ・カクヨム ・アルファポリス で公開済みの作品に、修正加筆したものです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 武田の鬼に転生した歴史嫌いの俺は、スキルを駆使し天下を見る

    山本晴幸。かの有名な武田信玄の軍師です。

    5,400

    5


    2020年1月27日更新

    ある日突然、俺は戦国時代に飛ばされた。 《山本晴幸(浪人)》として乱世に生きることを強いられた俺は、とある国の一端で鬱々たる日々を過ごしていた。そんな最中、一人の若き天才君主との出会いが、俺を乱世の表舞台へと突き動かしてゆく。 そんな男を嘲笑うかのように、歴史は少しずつ確実に、狂い始めるのであった。 これは、現代日本より戦国時代へ転生を果たした男達が、与えられた【3つの術】を駆使し、かつて生きた太平の世を夢見ながらも『歴史』という名の運命に抗う物語。 さあ、乱世に誘われし現代人たちよ。 百年の戦国乱世に抗え。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

  • 鍛冶屋の時次郎、捕物帖

    江戸時代風、ラブコメ捕物帳です

    177,664

    1,822


    2020年1月3日更新

    江戸の職人長屋に住んでいる鍛冶屋の職人、時次郎。武芸百般なんでもござれ。京の都から色々あって江戸に流れて来た。 お隣に住んでるイケイケ髪結いのお姉さんに振り回されながらも、うるさい岡っ引きの兄ちゃんや、渋い八丁堀の旦那に協力して、お江戸に起こった事件を不思議な力を使って解決していく、チョット変わった捕物帖です。 十数話3万文字程度で××編、を構成していますので。それぞれを読んで頂けると嬉しいです。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

  • 真田大石

    真田信之はこの引っ越しを楽しんでいる。

    10,900

    0


    2019年12月29日更新

    最後の大戦から二十有余年。 徳川家が鬼門と嫌い、完膚なきまでに取り壊された「上田城」。 更地の城の城主となった真田信之は再三修築の願いを出すのだが、許可は降りない。 その信之に、改封の沙汰が下った。 この城は父の形見、この町は己の故郷。 信之は城からある物を運び出し、新しい領地に運ぶことにした。 上田の城に伝わる「伝説」、真田石の物語。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 夢見客人飛翔剣

    絶世の美剣士、夢見客人見参!!

    16,900

    0


    2019年12月29日更新

    いまだ戦国の気配くすぶる寛永年間、三代徳川将軍家光の治世。 そのお膝元では、怪忍者集団逆卍党が跳梁跋扈していた。 現われたのは超絶美麗の剣客、夢見客人――。 陰謀、謀略! 剣術、妖術、忍法! 百花繚乱入り乱れての大活劇! 悲運の姫君の秘密を巡り、蠢く妖人魔人の群れ。 対するは凄腕揃いの暇人たち。 魔を斬り闇を断つ、妖刀御世継ぎ殺し村正の一閃! 大江戸時代伝奇痛快娯楽エンターテイメント、ここに開演!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間43分

    この作品を読む