未来

検索結果:619件

  • 2020年10月22日更新

    がたいが良くて理系脳の多趣味で気弱な若者が、どう考えても罠としか思えない課程を経てパイロットをさせられた。そんな彼の配属されたのは諜報機関と同じ指示系統の「特殊な部隊」。ある才能を見抜かれて「特殊な部隊」運命を変える選択を迫られた。その部隊名は長すぎて不便なのでは略称「火盗」と呼ばれる「特殊な部隊」とされている。地下駐車場で待っていたのはちんちくりんな「人類最強」のエースを名乗る口の悪い幼女。彼女に連れられて行った先には、駄目人間でインテリ、「プライドを捨てた男」を自称する理解不能な隊長だった。他にも勤務中にバイトで下請けのシステム開発をしているバイオノイドの女小隊長。気分屋でいつ発砲するか分からない「中島みゆき」命で女ガンマン気取りのサイボーグ。さらに運用する艦の艦長もバイオノイドで隊長の言う事を本気で信じていてギャグしか頭にない。学力小学校三年生以下で割り算すらできないが何故か人望がある生涯「ワル」の技術班長など、ほとんど犯罪者寸前の馬鹿ばかり。そんな犯罪者一歩手前のイカレタ連中と生活して、彼らを理解することで若者は成長していく。彼はある事件をきっかけに自分の強力な力に目覚める。それはあってはならない強すぎる力だった、その選択が宇宙のすべての人々を巻き込む戦いになる。裏歴史(今川氏真等)、地方文化ネタ(千葉県 例)いすみ鉄道、芸能ネタ(懐メロ、落語、時代劇、やくざ映画、戦争映画等)、明治大学ネタ、なギャグ連発のサイキックロボットギャグアクションストーリー。

  • どこにでも迫害はある。

    ♡300

    〇0

    SF・連載中・2話・7,177字 daidroid

    2020年10月22日更新

    世界の脅威となる存在を密かに殺して回る女神アリシアはある日、突然この宇宙のどこかにあるメリバと言う惑星に転移させられる。 そこで彼女が見たのは未来の自分がメリバの人々に悪意を持って、迫害され、謗られながら殺されると言う未来だった。 神としての力を失ってもなお、その未来を覆す為にアリシアは今日も奮闘する。 そして、その先には……遊戯のように戦いを楽しむ巨悪が潜んでいた。

  • 初心者なりにブチ飛ばす。チート無し

    ♡1,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・127話・388,883字 鍵宮ファング

    2020年10月22日更新

    佐方私立佐方東高校一年の少年、陽山 託舞(ひやま たくま)。 彼はある日の帰り道、不良に近道だった公園の階段から突き落とされて死んでしまった。 しかし、死んだタクマの行き着いた先は天国……ではなく、白い部屋。タクマが、そこにポツンと置かれていた椅子に座ると、死の定義についてぶつぶつさと話す、神と名乗る謎の少年と出会った。 そして、その少年から異世界「デルガンダル」へ転生するという事を伝えられた。 その際、彼には一つだけギフトを渡すとして、「特別な魔法」「一つのステータスをカンストさせる」「魔王になる」の三択から選ぶように言われた。 タクマは半信半疑で「敵の魔法をコピーする魔法」を授かる。しかし、それには対価「剣以外の武器を使うと、自分にもダメージが跳ね返ってくる」と言う縛りを設けられた。 かくしてタクマは、そのコピーの力と己の力を使い、唯一無二の素晴らしき物を手にするのであった。 同作品を「小説家になろう」「ノベルバ」「ノベルアップ+」「カクヨム」「エブリスタ」にて連載中!

  • 騙して悪いが、これが任務でな

    ♡11,100

    〇0

    SF・連載中・7話・35,845字 来賀 玲

    2020年10月22日更新

    遥か遠い未来、荒廃した世界はあちこちで暴力と闘争がビジネスとなり、人型汎用換装兵器『エクシードウォーリア』を操る傭兵『スワン』達が戦場を駆け巡っていた。 醜いアヒルの子、それは任務にまだついていないスワンの雛鳥。 今日、彼女達はスワンとして初めての任務に就く。 全額前払い、事前確認内容と違う過酷な実戦任務へ────── 作者がアーマー◯・コ◯熱に当てられて、深刻汚染のちにここが魂の居場所だ!と言い始めて光が逆流した結果生まれたロボット物短編! 騙して悪いが、この世界にキャッキャうふふで幸せな事などない…… 設定協力:NaKKy氏→ツイッター(@2_marve)

  • 赤面症な優しい誘拐犯を一週間だけ守りたい

    ♡47,900

    〇75

    恋愛/ラブコメ・連載中・36話・72,901字 宿花二世

    2020年10月21日更新

    スマホ依存症のさみしがり少女ココは、未来の天才マトイに誘拐される。 誘拐の目的は、過去の改変。 『人格ソフトウェア化プログラム』を作り出す、ココの未来の息子が生まれてこないようにするため。 ココは誘拐犯であるマトイを刺激せず、仲良くして安全を確保する作戦を思いつく。 ところが未来は対人接触のない世界で、マトイも重度の潔癖症。 接触に慣れたいと言いながらも、ココに触れられるたび真っ赤になって飛び上がるマトイ。 二人きりの部屋で触れ合いながら、恋が止められなくなっていく。 二人の間に生まれる絆はストックホルム症候群なのか? 時間の流れを飛び越えてしまった二人の、誘拐ラブストーリー。

  • 百合とロボと宇宙船への需要に対応したいと

    ♡11,800

    〇0

    SF・連載中・120話・988,331字 赤川

    2020年10月21日更新

    640億の恒星系に文明が広がり、人々が当たり前に宇宙を往く、遠い未来。 21世紀に生きていたはずの赤毛の少女、村瀬唯理(むらせゆいり)は、どういうワケかそんな時代で目を覚ます事となった。 人類同士の争いが続き、一方で未知の脅威にも脅かされる、天の川銀河系。 偶然出会った貨物船『パンナコッタ』の皆と宇宙の旅をはじめる唯理には、本人も忘れている大きな秘密が眠っていた。 銀河の半分を支配する三大国、エクストラ・テリトリーに潜む海賊、謎の自律兵器群『メナス』。 ヒト型機動兵器『エイム』を駆る赤毛の少女は、遭遇する敵や脅威に真っ向から斬りかかる。 ※小説家になろう様、カクヨム様でも連載中です。表紙及び挿絵イラストはeiji様(https://twitter.com/EijiK0430)よりいただいております。

  • ――その異能の名は、悲鳴――

    ♡2,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・16話・25,672字 久代田ミト

    2020年10月21日更新

    ※内容分かりやすいようにタイトル変えました ホントのタイトル『いづこにて咲く螢火か』 ――その異能の名は、悲鳴―― ~∽~∽~∽~∽~ ※毎日更新! 現代に生きていた筈の捻くれ思考少年、幸崎鼎(サイザキ カナエ)は、マイペース毒舌幼女、轟四季見(トドロキ シキミ)とのファンタジックな出会いを経て、見知らぬ土地へ飛ばされる。そこでは自分と同い年くらいの少年少女が、“悲鳴”と呼ばれる様々な異能を行使して戦っていた。 各々の悲鳴を轟かせ、少年少女は世界の真実を追い求める。 超絶捻くれ思考少年と超絶マイペースな毒舌幼女の織り成す、反国系ダークファンタジー、開幕。 ※表紙:未架佐様、キャラ立ち絵:柳沢夏輝様

  • 神獣を皆殺しにできたのなら信じてあげる

    ♡2,000

    〇0

    SF・連載中・4話・5,719字 因幡雄介

    2020年10月21日更新

    エコーズと呼ばれた魔物によって大陸が滅ぼされ、亜人という種族が移民となって人間の大陸に住み着いた世界。 人々は魔物を恐れ、魔法に頼らない人工的に結界を作り出せる【吸収式神脈装置】を使って、街や都市を守っていた。 神脈保守隊の採用試験を落とした青年カンクロウは、盗賊化したゴブリン退治のため、親友のロシオ、エルフの姉ユキナと現場に向かう。 そこでアゲハという奇妙な獣人の女性に出会った。 浮遊都市ユピテルの【結界巫女】祭りの日。 結界内では活動できないにもかかわらず、武器も魔法も通用しない不死身の【神獣】の大群が襲いかかる――。 ――登場人物紹介―― カンクロウ:結界守備隊として兵隊をしている20歳の【赤眼化】所持者の男性。『結界斬り』という能力があるものの、使い道がなく、神脈保守隊の試験を受けてるが不合格になるほど成績が悪い。 アゲハ:結界巫女を助ける際に偶然出会った獣人の女性。がさつなイメージの獣人とは思えないぐらいの美女だが、性格が超絶めんどくさがりなためか、獣耳がたれ下がっている。 ロシオ:カンクロウの親友で結界守備隊の兵士をしている【赤眼化】所持者の男性。エリート街道である王立守護隊が確約されている貴族のお坊ちゃま。 ユキナ:結界守備隊として兵士をしているカンクロウの血のつながっていない【赤眼化】所持者のエルフの姉。基本的にはおおらかな性格だが、カンクロウが自分の思いどおりにならないと、急所を狙ってくる。 ハヅキ:両親を亡くした元孤児で、結界巫女のニンフの少女。結界巫女となってからちやほやされていたせいで、わがままな性格になっている。

  • いつか壊れる世界なら

    ♡400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・27話・38,010字 総督琉

    2020年10月21日更新

    2450年。 世界の原理は少しずつ崩壊していった。 ある場所では巨大生物が次々と誕生し、ある場所では物理法則が何の効果も示さなかったり、ある場所では金属が脆かったり、と、世界は壊れていた。 そんな世界を救うため、二人が世界を変えて行く。 これは、世界との戦い。 そして、未来への渇望。

  • 〈夢切り〉ノッテの旅記録。

    ♡23,900

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・23話・52,193字 街角 南

    2020年10月21日更新

    ――これは、本当の幸せを探す物語。 それは、今からずっとずっと遠い未来のお話。 〈夢切り〉という、夢を切る力を持つ女の子、ノッテ。彼女は旅をしながら夢を切り、様々な人に出会っていく。 不思議な力――〈印名-しるしな〉と人々が織り成す、出会いと別れのファンタジー。 ▽▽▽ 今よりずっとずっと未来、魔法が存在する世界の話です。 人々にもたらされたのは一人一種類の魔法〈印名-しるしな〉。それを持った人類は、魔法に頼りながら穏やかに暮らしています。 また、少数ですが、それを持たない〈名無し〉と呼ばれる人達がいます。彼らは魔法を一切使うことが出来ません。 魔法あり、人外あり、獣人あり、特殊な一族ありのファンタジー詰め詰めのお話となっております。 ほのぼのしていたり、ほのかに暗かったりします。 基本的に専門用語や世界観は、最初から読み進めていくと分かるように心がけています。 よろしくお願いします。良き縁になりますよう。

  • 2020年10月21日更新

    ――― 時は西暦2500年。 その頃の地球は、1つの地球国という国を形成していた。 そこは、文明が衰退をした地球。 人口は減少し、村や小さな町が点々としたこの世界の人々は神を信じ、占い事や、魔法のような特別な力も存在する世界。そこはまるで異世界。 そんな時代、地球国を治めるトップに立つ男は、天使教と呼ばれ、神のように崇められていた。 そんな天師教がある日、妃を募集し始めた。 「ま、私が行ってサクっと妃になって来るよ」 ある田舎の村育ちの、常識知らずで、何の取り柄もない少女、天音。 彼女は、妃候補に立候補し、村を出た。そして、この国の中心となる城下町へと赴き、城で修行をしながら暮らす事となる。 そこで彼女はこの国を知っていく。 そして、天音は彼と出会う。 「あなたの名前は?」 「京司。」 そう、彼こそ、この地球国で神と呼ばれる人物“天使教” 「恋してるでしょ?」 しかし、その人は好きになってはいけない人だった…。 「天音は知らない…。俺が天師教って事を。」 「天音は天使教と敵対する事になる。」 「…天音は妃になれないのですよ…。」 「はじめから俺たちのいる世界は違ったんだよ…。」 「どうして出会ってしまったの…。」 その先に待つ未来とは…? 「こんな未来を見たかったわけじゃない。」 ※別サイトアルファポリス、小説家になろうにも掲載しています。

  • 2020年10月21日更新

    ブラック企業で過労死した吉備津兆は、その後の世界で万能アンドロイドとして転生する。 人類は滅び、生態系が変化し、モンスター蠢く未来世界で、兆は自身の超スペックと過去のハイテク技術を利用し、周りを好き勝手に開拓しながら気ままに引き籠もり人生を謳歌していた。 文明が滅び、野性に還った世界で、異色なまでに人工的な城郭都市を創り上げ、悠々と生を貪る日々。 そこに訪れた、滅んだはずの人類。 彼は知らなかった。 その出会いが自身に「魔王」への道を歩ませることを。 「ただ引き籠もっているだけなんだが・・・」 後の世の歴史に恐れられ、何故か「魔王」と名を刻まれるに至る男、吉備津兆の人生を描く。 ※小説家になろう様で掲載していた(現在削除済み)同名作品の修正版です。 ※カクヨム様でも投稿させて頂いております。

  • アンドロイド×人工知能×脳科学

    ♡2,600

    〇0

    SF・連載中・4話・9,301字 かえではな

    2020年10月21日更新

    清水春花は、桐谷寿也にとって、人生で初めて好きになった人だった。 明るくて、優しくて、どこか不思議なところがある彼女。 あの日も、普段と変わらない春花のはずだった……が……なぜか春花に対して得体の知れぬ違和感が寿也を襲った。 父の病院で行われる記憶転移システムの研究、最新アンドロイドの開発、そして蘇るあの夜の記憶。 彼女は一体何者なのか。 よろしくお願いします( ¨̮ )

  • 赤津ナギグループ『闇の5号店』

    ♡5,094

    〇0

    ブログ/活動報告・連載中・5話・12,203字 オウドア・トーマス・ホワイトウッド博士(アオウミウシ)

    2020年10月21日更新

    作品に登場させるモンスターや動植物にお困りの貴方、伝書ふk……ゲフンゲフン、オウドア・トーマス・ホワイトウッド博士(アオウミウシ)が考えた設定を提供いたします! また、オウドア・トーマス・ホワイトウッド博士の設定力向上のために貴方のご意見やご感想も頂けますと幸いです。 没ネタばかりでございますが、ご利用いただければ……。 不定期入荷になりますが、ご容赦を。

  • 時空転送装置を思いついた科学者の物語

    ♡46,100

    〇80

    SF・連載中・22話・59,581字 時岡結絃

    2020年10月20日更新

    「時空転送装置には受信機が必要である」 量子情報宇宙物理学研究室に努める助手は、時空転送装置のアイディアを思いつく。その実現のために、実は自分で時空転送装置を作る必要も、考える必要もないことに気づいてしまったのだ。そして時空転送装置が完成し……。 筆者はSF初挑戦です。仕事が忙しくなっているときに急に降りてきたので、私が生きているうちに書かなければならないと思いました。遅筆になってしまいますが、プロットは最後まで切れているのでどうか完結まで見守っていただけると幸いです。

  • なんちゃって剣戟アクション

    ♡500

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・16話・98,083字 けろぬら(tau2)

    2020年10月20日更新

    『なんちゃって剣戟アクション 美少女パンチラ添え』ここに誕生。 22世紀中盤。VRやAR、MR(複合現実)の技術は一般に浸透し、生活の一部となった時代。 MR技術の派生を利用した、騎士道の名を冠した「シュヴァルリ(Chevalerie)」と呼ばれる中世騎士物語を模倣する新たなスポーツが生み出された。 自身が物語の主人公となれるロマンから、騎士=「シュヴァリエ(Chevalier)」と呼ばれる競技者は爆発的に増加した。 これは【姫騎士】と呼ばれることに異常な熱意をかける一人の少女の物語。 仲間たちとホンノリ青春したり悩んだりしながら、世界の頂点をウロチョロする。 実験的に冗長で細かな処も書いてます。なので内容とか構成とか怪しいところは深謝。 ※この物語はフィクションです。登場する人物、団体、宗教、国家とは全くもって一切関係ありません。名称が類似もしくは酷似する場合もすべて気のせいです。全てウソっぱちのでっち上げです。 ・20201008 あらすじ簡略化

  • 神と星、天地の力。

    ♡115,313

    〇6,091

    SF・連載中・9話・3,270字 夢島 十一
  • ゾクッとする話、おとどけします。

    ♡2,200

    〇0

    ホラー・連載中・6話・2,034字 すぴと

    2020年10月20日更新

    あなたの身の回りで起こりそうで起こらない。。。 そんなちょっとした怪談話をしませんか? もしかしたら紹介されているのはあなたの実体験かもしれませんよ? ※更新頻度不定期になります。

  • 重なりあう、言の葉を想いに託して…

    ♡76,750

    〇1,656

    詩/短歌・連載中・19話・4,967字 桜 透空

    2020年10月19日更新

    ご訪問頂き、ありがとうございます。 短歌・詩をひとくくりにまとめていきます。 「詩集・冬も打上花火が見たいんだ」に掲載の詩がいくつかかぶります。今後新しいものは、こちらに綴っていきますね。 短歌は、twitterより発信して参りました短歌に加えて、皆様にお返しした返歌などです。なかなか新しい歌が詠めないままですが、たまには新作もご紹介したいなと思っています。 短歌を詠んだのもまだ日が浅いのですが、日本語のもつ美しさに日々勉強中です。 自分らしい言葉で歌を詠めた時はやはり嬉しかったりもします。 小説を書く時にも美しく表現できることを期待しつつ……詠んでいこうかと思っています。 詩は、過去・現在・未来、四季折々に感じたことを言葉にのせていけたらと思っています。 ひとつでも、貴方の心に響いてくれると幸せです。 更新は不定期でゆっくりになります。どうぞよろしくお願い致します。 twitterアカウント @_a_cherry_tree 桜 透空

  • 少女もきっと大人になる

    ♡5,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・18話・84,826字 久良岐百合(QLucky)

    2020年10月19日更新

    同人レーベル(自称)の《ラッキーヴァース文庫》第二作品目。前作《ν-トランス!》に連なる久良岐百合の地道な挑戦。 ※タグに百合がありますが、本当に香る程度の『微百合』ですので悪しからず。 ※(プロフィールにも書きましたが)現在一身上の都合により活動が困難な状況となってしまっています。ですがこの作品はまだ書きかけですので是が非でも完走するよう努める所存です。予定としましては《第肆話 いちるの心魂(アルマ)》で一つの幕が閉じることとなります。今後の都合がどうなるか不透明ではありますが、お読み頂けると嬉しく思います。 以下あらすじです 遠い遠い時代の話。外宇宙で移民先を探しているらしいコロニーの中に、アルマという少女がいた。 大好きだったおばあちゃんとの思い出に浸り、何となく日々を過ごす彼女の悩みは『大人になるのが怖い』ということ。 自分が不甲斐ないのは分かってる。『今』が有限だってことも。……でも、今の自分に未来は遠い。 そんな折り、ひょんなことからアルマは謎の職業《懷画師》の事務所を訪れて——。