本人がチート

検索結果:1件

  • 異世界の鬼を相手に傾いて候!

    ♡97,400

    〇1,300

    異世界ファンタジー・連載中・29話・93,701字 赤坂しぐれ(らぶもあい)

    2020年11月15日更新

    傾奇者《かぶきもの》。 それは、己の意地と誇りを賭し、戦国の世に咲く徒花として、名を轟かせた者の事を指す。 傾奇者の中でも、当代随一と唱われた男が居た。 その男の名は、前田慶次郎利益《まえだけいじろうとします》。 加賀百万石の大名・前田利家の義理の甥である彼は、戦国の表舞台で思うがまま生き、そして七十三の歳でこの世を去った。 かと、思われた。 死の間際、天から延びてきた女神の手により、異世界へと誘われる慶次。 そこで、新たな力と共に、世界を魔の手から救って欲しいと女神より懇願される。 しかし、慶次にとって新たな力も、褒美の金銀も興味が無かった。 ただ、目の前の美しい女神が欲しい。 己の欲に忠実な慶次は、女神へと迫る。が、女神の咄嗟のビンタによってそのまま異世界へと旅立ってしまう。新たな力も貰わぬままに。 「折角の異国に来たんだ。どれ、物見遊山に世界を駆け巡ってみようかね!」 世界の危機など知らぬ。ただ、己の思うがまま生きて、そして死ぬ。 異世界でも傾奇者としての本懐を遂げようと、慶次は走り出す! 世界を巡る内に出会う者達。 暗殺されたはずの元貿易会社創設者や、北の大地で戦死した元副長。 彼らもまた、時代は違えど真に傾奇者であり、慶次はその生き様に心を通わせていく。 ただの異世界転生では終わらない、異世界をまたにかける漢の生き様、篤と御覧じろ! 異世界傾奇譚~天下無双の傾奇者、前田慶次で御座候!~、開幕!!