架空歴史

検索結果:7件

  • ジパング伝記

    遅筆ですが応援していただければ幸いです。

    1,400

    0


    2023年1月9日更新

    それは「開国ニッポン」の近現代史― 「江戸時代に鎖国をしなかった日本が近代化したら・・・」というIF小説です。 「架空の世界線の日本の大学の教養科目の授業で使われる教科書」というコンセプトで歴史書を書くという感覚で書いています。 タイムスパンは江戸時代から現代までですが、書けるところから書いているので時代順はバラバラです。 拙い出来ですが、感想などいただけますと幸いです。 ※この小説は清水義範氏の小説『開国ニッポン』にインスパイアされたことが執筆動機の1つとなっております。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • 時計の死

    “狂った”時計の生と死。或いは短い寓話。

    5,100

    0


    2022年8月15日更新

    いつかどこかに存在した、とある小国の象徴の、時計の生と死。 ※表紙画像 あさぎ かな様・掲載許可済み。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 架空創世記

    架空世界の創世記です

    0

    0


    2022年5月9日更新

    この作品は、作者である佐村孫千が脳内連載で描いた世界の歴史を書き記したものでございます。 主に別作品である「架空戦国伝」の舞台となった「創天国(そうてんのくに)」の成り立ちを書いていくものとします。 壮大な架空歴史をお楽しみくださいませ!

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 【コミカライズ連載中】塔の医学録 ~悪魔に仕えたメイドの記~

    暗黒の中世ヨーロッパ×医療×サスペンス!

    470,800

    785


    2021年12月12日更新

    北の塔に棲んでいるのは悪魔なのだという…… ある帝国の北方にて。 異邦の血を引く少女は、領主の城でメイドとして働いていた。 しかしある日、彼女はいつもと違う仕事で『北の塔』へ行くことを命じられる。 そこで出会った『悪魔』の気紛れで、以降彼の側仕えをすることとなった。 『悪魔』の名はヨハン=アルブレヒト、その残虐さを咎められ、城主イェーガー方伯によって幽閉された次男であった。 彼は少女に魔女『ヘカテー』の名を与え、自らが『悪魔』と呼ばれる真の意味を教える。 世の革新を願う『悪魔』ヨハンと、彼に感化され手助けを始めるヘカテー。 二人の前に立ち塞がるものは…… 12世紀ヨーロッパのパラレルワールドを舞台に、医学と謀略が交錯するゴシック・サスペンス! 耽美にして残酷な、知の迷宮へようこそ。 -------------------------- 完結済。現在は電子雑誌『どこでもヤングチャンピオン』にてコミカライズ連載中です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23時間44分

    この作品を読む

  • 佐々さんちの三兄妹弟

    兄と弟って、どっちも選んじゃダメだろっ!

    2,100

    0


    2021年4月11日更新

    生まれてすぐに母を亡くしたくららは、両親の再婚で義理の兄ができ、その後すぐ腹違いの弟が生まれ、幼い頃は三人仲良く過ごしていた。 だが、成長した二人に告白され、最初は断ったもののその熱意に押され承諾してしまう。 しかし、未だに頭を悩ませられる日々が続いて──⁉ 一人称が「おれ」でボーイッシュな女の子が、血の繋がらない兄と半分血が繋がった弟と、葛藤しながらも絆を深めていく三兄妹弟(きょうだい)のラブコメです。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

  • 君と紡ぐ夏の夜

    何年経っても師匠の美しさには敵わない──

    1,700

    3


    2020年9月2日更新

    人気の女形である旦開野こと犬坂毛野は、初めて自分から好きになった女性に別れを告げられてしまい意気消沈していた。 沈んだ気持ちを晴らすことができないまま稽古をしていると、女形の師匠である春円が一緒に夏祭りに行きたいと言い出して──。 女形の弟子×師匠の師弟BLです。 ※主人公の名前は犬坂毛野ですが、南総里見八犬伝の犬坂毛野のモデルになった実在の人物という設定なので、南総里見八犬伝要素はほとんどありません。 ※「君と紡ぐ夏の夜 下」はR要素多めなので苦手な方はご注意です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 理葬境

    主人公の居ない物語

    3,700

    0


    2020年8月13日更新

    戦の時代、小国同士が争い陣地を広げていたような頃の物語……。 大国を築いた国王は飢饉により多くの民を犠牲にした。納税を厳しくし、民たちは苦しんだ。その一方で、王城、城下町で暮らす人々にはきちんとした食料が分け与えられた。 飢饉は収まらず、国王が大臣達に案を出すように命じる……。一人の大臣の案が採用され、数ヵ月、数年後には何とか持ち直すことが出来た。 ある日、国王は息子に自分の寿命が短いことを告げる。 国王が亡くなってから、町や村では「悪夢」の話が噂されるようになった。 大臣の一人、剛昌は急死する前の国王の異変に気が付き調査を進めていくが……。 これは、登場人物たち全員が主人公となる「死者の為に紡ぐ物語」である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む