楽園

検索結果:5件

  • 『いつか、一緒にあの島に行こう』

    ♡6,400

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・27話・53,283字 雨天然

    2021年2月25日更新

    一つの地図で結び付いた少女と旅人。 二人はそれぞれの親友との約束の地へ旅立ち、――やがて現実を知る。 ※ 2017年2月12日コミティア119にて頒布した中編小説の再録です。中身そのままです。 『小説家になろう』にも投稿しています。 ※ やや虐待シーンがあります。苦手な方はご注意を。

  • 世界が君を追い詰めようとも、必ず君を助け

    ♡100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話・28,683字 天羽翼

    2021年1月26日更新

    太陽の光が眩しい早朝。高等学校1年生の黒羽出雲は窓から降り注ぐ光によって目が覚めた。その日は出雲が楽しみにしていた音楽グループのライブ当日であったため、気持ちが高揚しているようである。出雲はライブ会場に到着をすると、突然巨大な地震と思える揺れが発生してしまう。ライブ会場にいた出雲を含めた人々は揺れの激しさから立っていられず、地面に手をついて揺れが収まるのを待つことにした。 突然発生した揺れが数十分間続き、周囲の建物の外壁が崩れる程の揺れが収まるとライブ会場から見える空の空間が割れた。その空間からは異形な姿をしている人型の怪物が数十体出現し、その中には言葉を発する怪物も混ざっていた。 ライブ会場にいた人々は、その怪物を見ると悲鳴を上げてその場から逃げていく。人を押し退けて逃げる人、その場に蹲ってしまう人など様々である。出雲はライブ会場の外にいたためにすぐに逃げることが出来た。出雲がライブ会場の側に交差点に逃げた時、一台の黒塗りのトラックが猛スピードで到着する。黒塗りのトラックから出て来た少女は一振りの刀を手にして怪物と対峙をし始めた。出雲と少女が出会った時、出雲の運命が動き出す。 他サイト様にも投稿をしています。

  • 楽園はどこにあるの?

    ♡300

    〇0

    童話/絵本/その他・完結済・1話・6,840字 日曜日夕

    2020年10月2日更新

    神と人とが契約する遥か昔、楽園を目指し船を出した男がいた。寄港する先の島々はどれも楽園とは言い難いものばかりであったが、彼は決して諦めず、ついに彼は楽園と思しき島に辿り着くのであった。

  • 世界から隔離された者達が集う世界

    ♡900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・2話・10,208字 flat A y

    2020年9月20日更新

    少女は目を覚ますと森の中に倒れていた。何故こんな所にいたのか、全く覚えていない。それどころか自分がどこの誰で何をしてきたのか、全ての記憶がなかった。 そんな状態の時、森の奥から黒い影としか形容しようがない生物(?)が襲いかかってきた。 『弾け飛べ!!』 その時、彼女の前に現れたのは白い羽を生やし、頭の上に光るリングが浮かび上がる1人の天使で……… 人間界、霊界、魔界、天界、地界……様々な世界の境界線上に成り立つこの『異邦界』で、1人の人間の少女が、それぞれの世界での過去という重みを抱えた仲間達と共に生き抜くファンタジー小説。

  • 私、死ぬの——彼女が最後に残したものとは

    ♡1,250

    〇0

    SF・完結済・13話・17,714字 Moyashi

    2020年5月31日更新

    私、死ぬの—— 彼女が娘に残したものとは。 第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。 また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。 第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。 ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。 第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、 自己をまもらなければならない。 (出典:アイザック・アシモフ『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房)