歌手

検索結果:7件

  • Last Song

    それは知られてはいけない秘密の関係

    41,500

    0


    2021年7月26日更新

    歌手になることを目指している花音は、音楽の専門学校に通いながら、今にも潰れそうな古本屋でアルバイトをしていた。社員は誰もいない、アルバイト数名と店長だけ。店長は時折お店に顔を出す程度だった。 ある日、店長に相談したいことがあり、店長がいるはずの二階へ。 しかし立ち入り禁止の看板が部屋の前にかかっていた。その看板がかかっている時は、絶対に部屋に入ってはいけない、それは面接時の約束だった。どうしても相談したいことがあり、約束を破り部屋に入る花音。 すると、ソファーの上で寝ている見知らぬ男性がいた。 よく顔を見ると、憧れのアーティスト湊(みなと)さんだった! どうして湊さんがこんなところにいるの? もしかして、湊さんって店長だったの? 「バラしたらどうなるかわかっているだろうな?」脅される私。 「言いません」そう否定しても信じてもらえない。 そしてなぜか同居生活を送るハメになってしまった…。 ※表紙は武田ロビ様に描いていただきました。 ※このお話はフィクションです。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間9分

    この作品を読む

  • ずっと、隣にいてほしい

    ゆっくり、のんびり、更新していきます。

    600

    0


    2021年7月13日更新

    彼女は、どこにでもいる、ごくごく普通の女の子でした。神様がくれた、小さな小さなチャンスを見つけるまでは…。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 夜更けのアリア

    呪われた子と呼ばれた少女は光を歌う。

    5,300

    0


    2021年6月27日更新

    稀有な白髪を持って生まれたこと理由に親族から迫害を受けていた少女・アリアは、彼女を案じた実の母親によって孤児院に入れられ、そこで育てられた。幼少の頃から歌の才能に秀でていた彼女は、やがて歌の道を志すようになる。しかし、髪色を理由に迫害された記憶は、彼女の心に重たい影を落としていて……。 架空の都市で展開する、少女の成長譚。カクヨムにも掲載しております。

    読了目安時間:1時間55分

    この作品を読む

  • 日本で超有名なあの歌姫は、実は男だった?~いや別に男装じゃないし性別隠してもないのだけど?~

    日本で超有名な歌姫が実は男でした。

    200

    0


    2020年12月20日更新

    日本で超有名な歌手、天音雪。彼は世の女性が羨ましがるほどの歌声と美貌を持ち、“銀の歌姫”と呼ばれていた。だが雪はそのことに不満を持っているようで? 歌姫として日本をそして世界をその歌で魅了していく雪と、彼を取り囲む友人たちや大人たちの様々な日常、時にはシリアスな展開を描いた学園ラブコメです。

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

  • SCREAM DREAMS!!~私の歌に乗せて~

    歌う事、それはただ「歌う」だけではない。

    100

    0


    2020年9月30日更新

    歌手を目指すには、『歌が上手い』だけでいいのだろうか? 主人公が夢と歌うことについて考えるお話

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • デブオタと追慕という名の歌姫

    名もないアイドルオタクが育てた歌姫の物語

    13,000

    0


    2019年7月6日更新

    いじめられっ子少女を伝説の歌姫にしたのは、名もないアイドルオタだった…… 聖地巡礼中の英国で日本のアイドルオタ「デブオタ」は偶然イジメの場面に遭遇する。その様子は日本で底辺と虐げられた自分の境遇と重なり、彼は思わず喧嘩を買って出た。 悪罵を罵倒で叩き返した彼は自分を音楽プロデューサーと偽り、いじめられていた少女エメルをトップスターにしてやる!と、いじめていた歌手志望の少女リアンゼルへ宣戦布告する。 理不尽な世の中に反抗するようにデブオタは怪しげなプロデュースへ全力を注いだ。そんな彼の哀しい想いを知ったエメルは修練を重ね成長する。そして次第に彼に惹かれていった。 一方、リアンゼルも憎悪を糧に己を磨き、二人は遂に歌姫の頂点を決める英国最大のオーディションのステージ上で対峙する。 だが、そこで思いもよらぬ出来事が彼等を待っていた。 汗と涙と挫折と、そして栄光と衝撃と別離と……歌姫への階段を駆け上がった少女がステージで最後に見たものは…… 「アイドルオタが歌手をプロデュース」という異色のシンデレラ物語です

    読了目安時間:7時間17分

    この作品を読む

  • 花びらが散れば

    花は散っても、彼女の歌だけは残り続ける

    2,700

    0


    2019年6月15日更新

    「橘 美咲。メジャーデビュー目指して、アコギ一本で頑張ってます! 応援してください!」 ――春。第三十二回福井さくら祭りで僕、小野隼人は『彼女』と出会った。「あの、ありがとうございます。ずっと見ていただいて」 しだいに距離の近くなる僕と『美咲さん』。 でも、そんなとき。「ねえねえ、聞いて!」彼女のデビューが決まった。 小説投稿サイト「Alight」春の桜尽くしコンテスト 銀賞作品

    読了目安時間:43分

    この作品を読む