検索結果:56件

  • 空想科学

    世界が私に無関心でも 私だけは私を愛そう

    0

    0


    2021年4月16日更新

    YouTube版「空想科学」 https://www.youtube.com/watch?v=op3fnC4niKk 作詞/作曲/動画 『ななしのナ 』 絵師『1:09​』Twitter(@osusi109) 過去と未来の狭間でゆれる少女の葛藤。 夢に空想を抱くも、彼女を取り巻く苦悩の数々がその歩みを止める。 この歌は未来への憧憬を夢で終わらせたくない少女の産声である。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 歌詞と物語とエピソードと

    彩葉永華の詞とそれにまつわる物語

    500

    0


    2021年4月14日更新

    シンガーソングライターとしての活動で書き下ろした歌詞です。せっかくなのでそれにまつわる物語とエピソード付きで載せてみる事にしました。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • こ・う・か・い・コ・レ・ク・ト

    ひっびさの更新!

    0

    0


    2021年3月27日更新

    歌集 知らない誰かの心に刺さるならうれしい

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 唄と詩 

    うたう高校生が夢を叶えたい話

    100

    0


    2021年2月8日更新

    自分の才能に限界を感じ詩作を辞めてしまった高校三年生の主人公は、ある時町から離れた森の中で、歌う少女に出会う。それは無口で有名な同期生の水野香奈だった。隠れて歌を聴くだけの彼だったがある日それがばれてしまう。どんな罵倒がくるかと身構える彼だったがしかし、水野の口から出たのは意外な申し出だった。

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 月が輝かない夜に

    たいして歌わないミュージカル風短編小説。

    0

    0


    2021年1月17日更新

    ヒジリコはガムタ芋畑の見張り番。月が輝かない夜に、歌い、踊る、孤独な彼は、魅惑の歌姫に恋をした。 ヒジリコ、アクウィナ、クワブチャッカが送る、たいして歌わないミュージカル風小説を書いてみました。 読まれてみますか? くだらないのでお時間がありすぎるときにどうぞ。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 1分で読める心旅行

    心はいつでも、どこにでも行ける。

    174,700

    1,760


    2021年1月15日更新

    心はいつでも、どこにでも行ける。 愛しくも、哀しくも 留まらずに戸を開けて愛の居場所へ行きましょう。 なろう、Twitterからの転載も含め 新作も掲載していきたいと思います。 是非、愛を楽しんでくださいね。 小説家になろう!様で 詩部門・月間1位(2020・7月頃) 皆様との愛と友情のおかげです ありがとうございました!!

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 作詞

    暇なお時間に

    1,800

    0


    2020年12月20日更新

    日々、ふと思いついたイメージを字に起こすと色んなことを考える。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 歌としての詩

    ふとした時に思い付く言の葉の集い

    1,100

    0


    2020年12月10日更新

    読み物としての歌の詩

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • バロンの物語

    ジブリに送ってある作品です

    4,420

    0


    2020年11月29日更新

    この作品を読むための豆知識 ☆栗:くり【フランス語:マロン】 ☆白い薔薇の花は、色のついた水を吸うと花びらの色を変えることがある。

    読了目安時間:1時間0分

    この作品を読む

  • 歌姫と彗星カラス

    個性豊かなキャラたちが織り成す物語。

    400

    110


    2020年10月1日更新

    宇宙でもっとも名高い歌姫、フィオン。 彼女は窓から入ってきた彗星カラスに声を奪われてしまう。 協力を申し出たのは偏屈な作詞家のエイサだった。 個性豊かなキャラたちが織り成すどこか懐かしい物語。 ●登場キャラ フィオン・フィオナ・フェクタ 歌姫。 宇宙でその名を知らない者はいないといわれるほど有名。 エイサ・エトワール 作詞家。 グリーズ フィオンのマネージャー。 ドゥドゥ エイサの助手。獣人。 ユユ・シャク 鳥類専門の動物学者。 学生時代にエイサとクラスメイトだった。 ※表紙画像は壺天様からいただいたイラストです。(壺天様の使用許可を得ています。ありがとうございます!) ※第六章で登場する髪型と衣装デザインは、壺天様からいただいたイラストをもとに描写したものです。(壺天様の承諾を得ています。ありがとうございます!) ※カクヨム、エブリスタに同様の作品を掲載しています。

    読了目安時間:3時間31分

    この作品を読む

  • ヴァーナル・ナンバー

    バンド×ブロマンス 誇らしく愛だと叫べ

    900

    0


    2020年9月29日更新

    いつだって人の心を支配し操るのは『愛』という、目に見えない厄介者だ。 大事に大事に隠しても剥き出しで、それでいて捕まえようと手を伸ばせば、爪先すらすり抜けていく。不確かな存在でいて、生きていくには必要不可欠。 『愛』は人々を振り回しては狂わしていくーー。 春から都内の大学に通う白羽采存(しらは とある)は、ギタリスト志望で軽音サークルに入るも、周りの学生の環境や引っ込み思案な性格が災いして中々バンドを組む事が出来ずにいた。 ひょんな事から同じサークルの先輩である曲者な山田と、奇才女形ベーシスト凜との出逢いがきっかけとなり采存の日常は一変する。 二人の影響でヴィジュアル系という音楽シーンに触れ、その世界観とステージ上で完成を浴びる初春(もとはる)と言う名前の美麗ギタリストに魅入られていった。 そんなある日、采存の今後の音楽人生を左右させる出来事がーー。 采存のアイデンティティとも言えるギタリストとしてではなく、ヴォーカリストとして急遽欠員が出たライブで采存が大抜擢。初春や凜に後押しされ、采存はピックをマイクに持ちかえた。 誰かの為に変化する春、音楽に掛ける想い。 采存の新たな音楽人生が幕を開けるーー。 「恋に似ているこの感情を、どう音に乗せようか」 ブロマンスを題材にした作品がもっと流行るといいな、なんて自己満足で書き始めました。週一から週二の連載を目標に励んで参りますので、宜しくお願い致します。 ※タグのBL表記は、ブロマンスだけだとマイナーな表現すぎて検索に引っ掛かり難いかなと思い、ボーイズラブ未満の作品ではありますがそれに近い内容にはなりますので付けさせて頂いてます。興味はあるけど……って方にも、もちろんBL好きな方にも是非読んで頂きたいです! ※表紙はフリー素材を加工しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む

  • 歌いてぇ

    いつだって、彼はただ歌っていた。

    100

    0


    2020年9月28日更新

    彼はただ歌うことが好きだった。 好きで、いつでも楽しく歌っていた。 それが少しずつ、彼に新しい気持ちを芽生えさせていく。 そして、ある時、彼に夢への第一歩となる話が舞い込んでくる。 そこで彼が味わうことになったのは挫折だった。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • わたしの夢、いつかあのひとに。

    AMG夢コン参加作品!

    4,000

    0


    2020年9月26日更新

    わたしは歌が好きだ。 いつか、あのひとみたいに大勢の人に歌を届けられたらいいな。それがわたしの夢。 そう思っていたのに──。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 人魚姫は熊と戯れる

    文字の魚の作品のエントリー用。よしなに

    2,000

    5


    2020年9月25日更新

    歌の苦手な人魚姫と野蛮と恐れられた熊との出会いと友情。 暖かくなれるようなものを目指しました。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 枯れた夢に僕の声を注いだら

    夢が見つからない僕と、夢が枯れた彼女の話

    500

    0


    2020年9月23日更新

    夢も希望もない片田舎の高校生である僕は、学校をサボって地元民が寄り付かない小さな灯台へ向かう。 平日の昼間にも関わらず、灯台には一人の先客いた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • あの声の彼方で

    自分の声が嫌で仕方なかった、あの日。

    1,200

    0


    2020年9月22日更新

    「おまえが目立つのはその変な声だけでいいんだよ」 からかわれて教室を飛び出した私が、逃げ込んだ先には1人の少年がいた――。 人よりも高い音域の地声がコンプレックスだった少女が、夢を掴むまでのお話。 【AMG夢コン応募作品】

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 歌の力

    AMG夢コン参加作品20

    4,600

    130


    2020年9月19日更新

    その日、その町は光を失った。身を寄せ合う体育館で、俺は歌う。ボイパもコーラスもいないアカペラで、自分を慰める様に、誰かを慰める様に。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 流れ星、二つ

    伝説のステージへ

    400

    10


    2020年9月14日更新

    二人の少女が3年間を駆け抜ける。 伝説のステージへ――

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 私たちの歌を

    ※AMG夢コン応募作品です

    600

    0


    2020年9月12日更新

    ↓↓↓下のタイトル【私たちの歌を】をクリックすると読めます(*'▽')

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • こんなわたしでも作詞していいですか

    才能が無いと知りながら書き綴っていました

    4,600

    0


    2020年9月12日更新

    アクセスいただき、ありがとうございます。 まるで昨日のような気もするし 遥か昔のような気もするし 寧ろ前世だった気さえするのですが、 こんなわたしでも歌詞を書いていた時期があります。 実際書いていたのは、三年くらい前、 およそ一年間くらいだと思われます。 まるで、今のお絵描き状態のように 頭の中は作詞で溢れせっせと書いておりました。 しかし、自分ですら 圧倒的才能のなさがわかってしまったので 現在はお休みしてしまっています。 今でもぼんやりとまた書いてみたいような、 やっぱり書いてみたくないような不思議な気持ちになることがあります。 PCが変わる度に自分の作品を移すことを怠ってきたので 自分がどれくらいの作品を書き綴ってきたのかはわかりません。 現在愛用中のPCに入っている歌詞をアップしていきたいと思います。 全部アップした後の事は、その時に考えたいと思います。 残念ながら作曲は出来ないので 全ての歌詞に既存の曲がついています。 曲先でしか書いたことがないので、 詩先で書けるかというとわかりません。 しかし、譜割は驚くほど不得意です。 (作詞をしなくなった大きな原因はここにもあります) これから歌詞を書きたいと思っている方がいらしたら、この程度で作詞するのか!と思われるかもしれませんが、 逆に ご自分の作品に自信が持てるかもしれません。 ちょっとでも覗いていただければ、幸いです。 ※表紙はルクコ様に描いていただきました。 ルクコ様、ありがとうございます!

    読了目安時間:5分

    この作品を読む