歳の差恋愛

検索結果:3件

  • 彼女と彼の、微妙な関係?

    極普通の恋愛物です(キパ

    20,800

    790


    2021年6月21日更新

    ★表紙イラストは「Picrewの「妙子式おんなのこ」にて作成させていただきました。7話には同様に、誌愛のイラストがあります。 自称ごく普通の平凡な女子高生、黒河(くろかわ) 沙理砂(さりさ)は過去のトラウマから、男嫌い、男性恐怖症の気があるのだが、ある日いきなり背の低い下級生、神無月(かんなづき) 全(ぜん)に告白されてしまう。 どうなる?どうする?歳の差、背の逆差のある二人の微妙な初恋ストーリー。 基本、一人称で、彼と彼女、どちらかの視点で話は進みます。 これは、同作者の剣恋のパラレル・ストーリーでありますが、基本的にあちらとはまったくの別物、関連はありません。 現代風日本の普通の恋愛ものです。あちらを読まずともまったく問題なく読めます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間19分

    この作品を読む

  • 風のフルーティスト

    歳の差恋愛って素敵だと思います

    7,800

    0


    2021年1月11日更新

    「私は音に恋をした」 音から始まる恋物語—— 音楽を通じて人と触れ合い、辛いことに直面しながらも乗り越えていく、歳の差恋愛物語。 母親に三十三歳にもなって結婚はまだかと焦らされる、独身の眞野しほり(まのしほり)は会社員で、アマチュアのフルート奏者。 友人の日野和夏希(ひのわなつき)と、ある高校の音楽室で練習をする。伴奏者として夏希はピアノを演奏し、二人だけの演奏会に向けて準備をしていた。 初めての満員の演奏会。絶対に手を抜けられない。 しほりは練習を終え、アパートに帰るある日の夜、後ろの気配に気づく。 まるでストーカーのように付いてくる足音に不安を感じて、走りだした時、高校生の福岡湊(ふくおかそう)に話しかけられた。 その制服は演奏会の練習で音楽室を使わせてもらっている高校のものだった。 画像提供:猫芭あすと様 (改稿記録) 2021.01.05 第四章3-1 2020.12.12 第一章4-2 2020.12.26 第三章4-1 2020.12.27 第三章4-2 2021.01.16 誤字修正

    読了目安時間:3時間11分

    この作品を読む

  • ツクモ白蓮

    心屋は、不思議なお店でございます。

    5,300

    0


    2020年5月13日更新

    高校二年の夏休み。 萩尾 小夜子は親元を離れ、とあるお店に下宿することになる。 その名も『心屋』。 白髪碧眼の不思議な店主・奏一郎との生活は時におかしく、時に切なく、時に愛しく──幸せ、だった。 どこか、少しだけ欠けている人たちの紡ぐ日常。 恋も友情も青春も、妬みも恐れも切なさも。 すべて拾って抱きしめて。 皆様にお届けいたします。 心の準備はよろしいでしょうか? ……「ようこそ、心屋へ」

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間6分

    この作品を読む