歳の差

検索結果:22件

  • 読心術持ちジト目ショタと、のじゃロリ義妹

    ♡2,500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・19話・41,262字 カオス饅頭

    2020年9月21日更新

    あるスチームパンク世界の名門貴族・ラッキーダスト侯爵家の次期当主、アダマス・フォン・ラッキーダスト(12)は顔の良い思春期真っ盛りの健全な男子である。 そんな彼がある日「あ~彼女欲しい」との独り言の後に、どんな女の子と恋愛したいのか具体的に言っていたところ、それを絵にしたような女の子がいつの間にか目の前に現れていて、全部聞かれてしまう。気まずく恥ずかしい気持ちで、父にこれはどういう事かと聞いたところ「お前の新しい妹だ」と押し付けられてしまうのであった。 しかもこの妹、色々と訳アリだ。だが健全な男子ならどうする。決まっている、愛でるに決まっているじゃないか! 因みに、貴族なので歳上のお姉さんのハーレム持ちです。

  • だから私は花の真似をするのよ

    ♡8,000

    〇150

    文芸/純文学・完結済・1話・1,435字 音叉

    2020年9月19日更新

    教師に切ない恋心を傾ける女生徒の御話です。 宜しければ是非読んでみてください。 表紙イラスト、ノーコピーライトガール

  • 少女が憧れた女性作家の謎めいた正体は?

    ♡1,600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・14話・43,083字 天野 珊瑚

    2020年9月6日更新

    恋愛小説家を夢見るペンネーム「川原ヒナ」こと高校生の河原陽菜子はチャットで知り合った先輩の女性作家、「早志深幸」に憧れる。 ところがクラスメイトの男子、松代幸一郎に入学早々、小説家を目指していることを知られてしまう。 主婦を自称しながらファンタジー小説を書く深幸に惹かれていく陽菜子と、ラノベ好きの仲間ができて嬉しいとアタックをかけてくる松代。 あるとき、この二人に妙な共通点があることに気が付いてしまう陽菜子。 人気のネット作家、「早志深幸」の意外な正体とは……?

  • すきになったのは歳上の女性…

    ♡1,200

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,481字 真朱

    2020年8月31日更新

    憧れに手を伸ばす。許されるギリギリまで…。

  • 書道教室の元先生とその教え子のお話。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話・2,198字 古町駒津

    2020年8月11日更新

    「この書道教室、やめたのいつでしたっけ」 何年ぶりかに再会した元教え子は随分と成長していた。 幼い頃と一変して、明るく元気な性格で常に笑顔を貼り付ける彼女と関わる、12ヶ月間の話。

  • パンツにおっぱい‼︎‼︎ ……最高かッ♡♡♡

    ♡300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・10話・22,481字 邪神 白猫

    2020年8月1日更新

    【下心満載のチャラ男家庭教師(21)✖️純真無垢な中学生】 今日もピッチリと七三に髪を固め、ダサ眼鏡の仮面を被って下心満載で家庭教師に勤しむ。 そんなどーしよーもない男の、おバカな初恋奮闘物語ーー。 昔からモテ男でチャラ男な瑛斗は、大学でもその名を知らない人はいない程の、超がつくほどの有名人。 合コンに行けば百発百中、狙った女は逃さない。 落とした女の人数は数知れず……。 そんな百戦錬磨な瑛斗(21)も、ついに本気の愛に目覚める!!! そのお相手は…… なんとまさかの、中学三年生! 天使のように愛らしい美兎を前に、百戦錬磨の瑛斗も思わずノックダウン。 パンツやおっぱいの誘惑に時々(いや、結構毎回)負けつつ、今日も瑛斗は純愛を貫く……っ!! だってそれが、恋ってもんだろ?! ちょっとエッチな、男性目線のラブコメ! だけどーー そこにあるのは、紛れもなく純愛(下心有り)なんだ! ※ イラスト キャラメーカーにて作成 https://picrew.me/

  • 異種族×恋愛×冒険譚

    ♡100

    〇0

    SF・完結済・11話・86,758字 二見のぞみ

    2020年7月26日更新

    無敵のおしかけ少年が人外少女にラブコールする異種族恋愛冒険譚。 少年の名前は銀河を旅する流れ星の“クロノ”。 少女の名前は星の神霊”フィアーオルカヌス“。 物語の舞台は“赤い海の惑星”。 底抜けに前向きな少年主人公が人外ヒロインとの結婚式を目指します。

  • もう二度と、恋はしないと決めたのに

    ♡3,700

    〇10

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話・14,476字 水無月上総

    2020年6月18日更新

    全てを遠ざけ、一人で生きていくと決めた女。 ある日偶然出会った青年。 気にも留めなかったはずの彼が、彼女の時を動き出す。 葛藤に揺れ動く彼女。 心の中の叫び声と、何かを求める衝動がせめぎ合う。 決められずに逃げ続ける彼女に、運命は決断を迫る。 そして……。

    タグ:

    歳の差 葛藤 死神

  • 本当は、好きって言いたいのに

    ♡4,700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・30話・80,203字 ロヒサマ

    2020年5月25日更新

    たった少しのきっかけが、音を立てて動きだす。奥手な少女の美徳実(みとみ)と学校一の美少女一美(かずみ)との出会いは最悪だった。たが美徳実のひょんな言動から強志(つよし)のまったりライフは急変していく。当たり前の中の小さな気付き。純な恋愛模様をテーマにしました。強志は三人同時に恋される?後輩が先輩になる? 高校生が大人になるまでの、葛藤や学び、人と関わる事の大変さや大切さを描きました。 現実に起きる非現実のような世界を、お楽しみいただければ幸いです。 [story:353585671] ゆえ様の作品【迷睡草】のリンクです。 是非お読み下さい!

  • 誤解から始まる、疑似ホームコメディ

    ♡4,600

    〇5

    現代/青春ドラマ・完結済・20話・28,995字 椎名 富比路

    2020年5月14日更新

    「アンタがママの再婚相手だなんて、絶対に認めないから!」 ミュージシャンである主人公宅のドアを蹴り上げて叫ぶのは、今は亡きバンド仲間の娘だった。 来年中学卒業を控えた少女は、主人公が母親の再婚相手だと勘違いし、家出してこの家に舞い込んだのだ。 「彼女はただの元バンド仲間だ」と誤解を解き、話を聞く。 友人とその恋人は、主人公の元バンド仲間だった。解散後結婚し、この少女を産む。 娘の母親から「娘を預かってくれ」と連絡が。 新しい父親を受け入れられない少女は、夏休みの間だけ同居を始めた。 共に暮らしているうちに、主人公は友人が抱えていたコンプレックスに気づくことになる。 少女の抱える亡き友の幻影を、主人公は取り払うことができるのか。 カクヨム、アルファポリスでも公開中

  • よろしくお願いします。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・51話・104,944字 五十嵐文之丞

    2020年4月22日更新

    正道の恋を知らずにいた長谷神綾那は妊娠をきっかけに、愛していなかった小学校教諭の長谷神秀之介と結婚した。 やがて息子の幸雅が成長し、手がかからなくなってきた頃、魂さえも奪われてしまいそうな本物の恋へ憧憬を募らせていく。 そんな中、夫である秀之介の教え子だと名乗る 安城理沙が綾那を訪ね、善人だと信じていた秀之介の鬼畜の所業を教えられる。

  • 追いつけないと思っていた。

    ♡1,000

    〇0

    文芸/純文学・完結済・2話・8,442字 白胡麻もち

    2020年3月7日更新

    うちの隣の家には、四歳年上のお姉ちゃんがいる。 ハーフで整った容姿をしていて、何でもそつなくこなす人気者。 そんなお姉ちゃんから今日、手紙が届いた。それは、結婚の報告だった。

  • 週一更新がんばります。エブリスタにも掲載

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・1話・8,157字 二三野はな

    2020年3月1日更新

    この世界には三種類の人間がいる。 ごく平凡なノーマル。 灰色の瞳の“色”が欠けたアルクェス。 ──そして鮮烈な“色”の瞳を持つファルテス。 ファルテスは喉を掻きむしるような感情でアルクェスを追い求め、アルクェスは“色”という名の情愛で染められる── *** ──目覚めると窓の外の空は灰色で、私の心の内をうつしているようだ。 陽射しはある。雲は無い。朝陽が窓縁を薄紅に濡らして朝が来たと知らせていた。 しかし空の色だけが何色に染まっているか──分からなかった。陰鬱で無機質な、”灰色”としか見てとれなかった。 この言葉だけ聞けば私はただの精神異常者だ。私自身もそう思う。しかし現実なのだと理解せざるをえなかった。 簡単な話だ、空が灰色になったわけではない。私が、本来空に広がっている筈の色を──……このイロを認識できなくなった、ただそれだけの事実だ。私の体の中から知覚するべき色が、一色欠けてどこかに零れていった。 ラベンダーも、お気に入りのマグの色も──……この、紫がかった夜明けの空も今の私の瞳にはうつらない。 「真雪、おまえは”アルクェス”だったんだ。だから俺が守ってやろう、おまえだけの怪物になってやろうじゃないか」 目の前でうっそりと笑う男は正しく怪物だった。しなやかな手付きで彼は私を抱きしめる。 腕の力もまた、獣のように強かった。 私は彼の瞳を覗き込む。 夜明け前の空より瑞々しく、磨き上げたアメジストよりも複雑な輝きを宿している。理想郷にある果実よりもずっと価値のある──その色が私を覗き返していた。 不思議だ。おかしいとか奇妙だとか畏怖はなく、漠然とした疑問が頭に浮かんだ。先程まで滔々とお前は世界中の紫色が見えなくなったんだ、なんて説かれたはずなのだけれども……この怪物、当の本人の瞳の色は私が見えなくなってしまったイロで満たされていた。 空の夜明けのむらさきは見えず、けれども男の感情こもるムラサキは見える。 「どうして、あなたのイロだけは見えるんですか……?」 「そりゃあ俺が”ファルテス”だからさ、お嬢さん」 この世の常識のように怪物の瞳は細く歪む。それが微笑んでいると気がついたのは唇を奪われた後だ。 大きな唇が私の言葉も吐息も食べていく。彼は──いや、ギュスターヴと名乗るこの大男は本当に、絵本の中から現れた肉食の怪物にそっくりだった。

  • コンセプトは「突撃 隣の晩ごはん」+百合

    ♡4,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・13話・15,685字 椎名 富比路

    2020年1月11日更新

    女子中学生が、隣に住む癒やし系主婦に餌付けされるだけの話。 第2回 pixiv百合文芸小説コン 参戦作品

  • 僕の眼には映らない、彼女だけの世界

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・12話・116,765字 砂々城

    2019年12月15日更新

    将来の夢も日々の目的もないまま高校三年生の春を迎えた、どこにでもいるような一人の少年。真夜中に理由もなく家を飛び出した彼は、どこか不思議な雰囲気をまとう女性と出会い一目惚れをする。 これは、彼女との交流を通じてアイデンティティを探す少年の物語。 一話10000字前後の十二話完結済。

  • フリーホラーゲーム風味な人外×少女のお話

    ♡17,900

    〇60

    ホラー・連載中・21話・79,090字 時雨オオカミ

    2019年12月11日更新

    学校から帰れなくなってしまった少女は美術教師と一緒に脱出の術を探す。様々な怪異に遭いながらも少女は動揺1つみせないのだが…… 「…… 冷静だね」 「だって、慣れてますからね」 そう言った少女はこともなげに笑っていた。 スケッチブックと筆記用具を手に少女は〝それ〟を描く。 これはちょっと特別な少女と、ちょっと変な先生の物語。 奇妙な二人の、一夜の物語が今始まるーー。 * 本編完結済み。続編起動。 * pixiv、小説家になろう、ハーメルン にてマルチ投稿

  • 私のフェニルエチルアミンは止まらない。

    ♡3,500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・2話・4,354字 木村竜史

    2019年11月14日更新

    恋愛感情を持っているときの脳内麻薬の効用は、コカインに似ているそうです。しかも効果はコカインのウン百倍だとか。 そんな感情で頭が一杯な二人の物語。

    タグ:

    学園 日常 歳の差

  • 平和で歪な、見知らぬ世界―――

    ♡2,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話・13,004字 氷上凍華

    2019年11月12日更新

    過去に「災い」と呼ばれる大戦があった世界。 ただ、「災い」があったという事実を除いては、その詳細を知る者も文献も、何一つ残っていない。 人気のない朽ちた教会で夜、一人の男は目を覚ました。 男には自分が自分である証拠、記憶がなかった。 することもなく横になり、次に目覚めたのは誰かの家の中。 男はそこで、「英雄の末裔」と名乗る少女と出会う。 彼女の祖先は、災いを鎮めたとされる英雄なのだそうだ。 男は成り行きで彼女の家に住まう事となり、彼女と共に自らを探す旅へ出る。 丁度、世界では異変が起こり始めていた。

  • 第11回ドリーム小説大賞奨励賞受賞作品。

    ♡80,450

    〇805

    文芸/純文学・完結済・18話・95,750字 華音(かのん)

    2019年11月8日更新

    ──結ばれないとわかっていたのに、それでもあなたに恋をしました。 ルックスは平均点。営業成績は落第点。全てが凡庸なサラリーマン秋葉悟(あきばさとる)。彼の元にクリスマスを控えたある夜、葛見千花(くずみちか)と名乗る女子高生が現れる。 彼女は秋葉に、「私は未来からやって来たあなたの娘です。一週間だけ、ここに泊めて下さい」と告げた。 25歳の青年と、18歳の女子高生。時を超えて巡り会った親子は、一週間の共同生活を送ることになる。 クリスマスデート。二人で海を眺めて語り合う休日。一緒の布団で抱き合い超えた、最後の一夜。夜明けとともに予告なく訪れた別れの先で、彼がたどり着いたミライとは? これは、定められた運命と予定調和の中で揺れ動く、〝決して〟結ばれる事のない二人の恋の物語。 ■2020年6月、部分改稿。 ※アルファポリス主催第11回ドリーム小説大賞奨励賞受賞作品。 ※第八回ネット小説大賞一次選考通過作品。 ※表紙用のイラストは、(SKIMA)を利用してmu様に描いて頂きました。

  • おっさんと女児の、ゆるゆる終末。

    ♡2,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・4話・12,627字 ガンマ@あまひらあすか

    2019年10月16日更新

    【書籍化決定】 ネクロマンサーのおっさんと、ゾンビの女児が、滅んだ世界で仲良く楽しく生活するだけの、ほのぼの日常ポストアポカリプスファンタジー。 ―――――――――― 文芸社様より、今年の夏~秋頃に出版することになりました! https://www.bungeisha.co.jp/news/article_30_44.jsp それに伴い、現在は一話のみを公開しています。