歴史

検索結果:200件

  • ミネルヴァ大陸戦記

    大いなる術者、世界を変える力

    325,700

    6,080


    2021年10月22日更新

    遠き異世界、ミネルヴァ大陸の歴史に忽然と現れた偉大なる術者の一族。 その力は自然の摂理をも凌駕するほどに強力で、世界の安定と均衡を保つため、決して邪心を持つ人間に授けてはならないものとされていた。 しかし、術者の心の素直さにつけこんだ一人の野心家の手で、その能力は拡散してしまう。 世界は術者の力を恐れ、次第に彼らは自らの異能を隠し、術者の存在はおとぎ話として語られるのみとなった。 時代は移り、大陸西南に位置するロンバルディア教国。 美しき王女・エスメラルダが戴冠を迎えようとする日に、術者の末裔は再び世界に現れる。 ほぼ同時期、別の国では邪悪な術者が大国の支配権を手に入れようとしていた。 術者とともに大きく波乱へと動き出す世界の歴史を、主要な人物にスポットを当て群像劇として描いていく。 ※作中に一部差別用語を用いていますが、あくまで文学的意図での使用であり、当事者を差別する意図は一切ありません ※作中の舞台は、科学的には史実世界と同等の進行速度ですが、文化的あるいは政治思想的には架空の設定を用いています。そのため近代民主主義国家と封建制国家が同じ科学レベルで共存している等の設定があります ※表現は控えめを意識していますが、一部残酷描写や性的描写があります

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間16分

    この作品を読む

  • ギュゲースの指輪

    バトル<ファンタジー<ドラマ そんな感じ

    2,100

    0


    2021年10月22日更新

    私はテレシア・アトキンズ、22歳。エアーレースのパイロットで去年はワールドチャンピオン。ちょっとは有名人です。 でも残念ながらね、このお話の主人公は私じゃないの。私が紹介したいのは『ひいおじいちゃん』と『ひいおばあちゃん』。 ひいおじいちゃんとは会えなかったけれど、ひいおばあちゃんには沢山のお話しを聞かせてもらった。あの世界大戦というひどい時代で2人がどうやって出逢って、どんな恋をして、どんな生き方をしたのか… そして『私達』しか知らない、あの戦争の裏ではどんな戦いがあったのかを聞いてほしい。ところで『私達』って言うのは…ちょっと特別な意味があって…… まあ、詳しいことはゆっくりと読んで頂きたいと思います。気長にお付き合い下さいね。 ※この物語には当時のあらゆる国名、組織、兵器などなどが実名で登場します。基本的には史実に沿って話は進んで行きますが、フィクションのご都合上、多少は史実や他の事実を都合良く歪めております。配慮すべきと思われる所には注釈を入れておりますが、なにとぞご容赦のほどを…

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:5時間50分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    1,786,310

    5,445


    2021年10月22日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間4分

    この作品を読む

  • 【完結保証】ズヴェーリ 英雄叙事詩 改訂版

    この小説は小説家になろうでも投稿します。

    700

    0


    2021年10月22日更新

    おぞましい生物、ズヴェーリが住む世界。ズヴェーリを用いた格闘技である“闘獣”に魅了された少年の秀二は、幼馴染と共に大会に出場する為に旅に出た。 しかし旅先の巨大都市で大地震に見舞われて……。 一世紀前の大戦に起因する戦争を戦う少年の、ローファンタジー小説。 前作の改訂版です。物語の終わりまで毎日投稿します! 。※週一投稿から毎日投稿に切り替えました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間27分

    この作品を読む

  • 華の世 ~蓮の国物語~

    蓮の国には、現人神と謳われた少女がいた

    100

    0


    2021年10月22日更新

    ここは華の世。この世界は緩やかに終焉へと向かいつつあった。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • アドリアンシリーズ

    シベリア好きのため西シベリア多めです。

    97,200

    3,310


    2021年10月21日更新

    大航海時代が始まる大体100年位前、大モンゴル時代が緩やかに黄昏を迎えつつある時代に生まれたジョチ・ウルス末裔の一人の男の物語です。 1350年ジョチ・ウルスの遊牧民としてアドリアンは誕生します。成長したアドリアンはティムール帝国を滅ぼし、ジョチ・ウルスを統一します。 ティムールを滅ぼし、イラン、中国を目指します。元々は狩猟民族のため本来の目的(世界統一)を忘れシベリア、シベリアと狩猟の方へ方向が 向きがちです。炭鉱で瀝青炭を掘り、乾留してコークスに変えるなど金儲けのためには努力を惜しみません。ロビンソン・クルーソーなど探検物 に近い節もあります。アドリアンは好色で綺麗な女の人を見ると直ぐに惚れ込んでしまいます。最後に何節かありますが物語には無関係ですので 飛ばして貰って結構です。まとめて資料集にするつもりです。学生さんの世界史の学習の役に立つようにまとめます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間55分

    この作品を読む

  • 魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~

    信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    325,500

    47


    2021年10月21日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:59時間52分

    この作品を読む

  • 下野小山戦国異聞 関東八屋形の復興

    斜陽の名族に生まれた主人公が戦国を生きる

    207,600

    0


    2021年10月20日更新

    平成の時代を生きていた主人公が生まれ変わった先は戦国時代で、平安時代以来続く関東の名族小山氏だった。かつて下野国の守護として関東屈指の大勢力を誇っていたが、戦国時代になるとすっかり衰退して下野半国も支配できない有様に。 下野国内は宇都宮氏をはじめとした国人達による群雄割拠状態で、さらにその周囲には古河公方や関東管領山内上杉氏といった大勢力が跋扈している始末。 果たして主人公は戦国の世でかつての名門を導くことができるのか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

  • 洛中楽Guys ー若き絵師たちの果敢ー

    洛中洛外図を描く狩野永徳たちの青春群像!

    65,100

    385


    2021年10月20日更新

    若き狩野永徳が、洛中洛外図の依頼を受けた。だが、その中に描かれる人物はなんと2500人……。 この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません。

    読了目安時間:2時間51分

    この作品を読む

  • 宵の兵法~兵法オタク女子大生が異世界で軍師として働きます!~

    女子大生が実在する兵法を駆使して戦います

    133,400

    150


    2021年10月19日更新

    春秋学院大学の4年生である瀬崎宵は、“武経七書ゼミ”という兵法研究のゼミに所属する女子大生。現在就活真っ只中。 自他共に認める“兵法オタク”で、兵法に関する知識は右に出る者はいない程優秀だが、「軍師になりたい」と現実離れした夢を持つ為、就職活動に苦戦を強いられる。 友人達は次々に内定を貰い、その焦りから心配してくれる母に強く当たってしまう。 そんな時、自宅の今は亡き祖父の部屋の押し入れで古い竹簡を見付ける。そこに書いてある文字を読んだ宵は突然光に包まれ意識を失う。 気が付くと目の前は見知らぬ場所。目の前に広がるのは……戦の陣地?? どうやら異世界に転移してしまった宵は、何とか生き残る為に己の兵法の知識を惜しみなく使い、一軍の軍師として働く事に……! しかし、念願の軍師の仕事は、宵が想像している程甘くはなかった……。 ※この作品は「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」でも連載しています。 イラスト・ロゴ:アベヒカル様

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間54分

    この作品を読む

  • 学芸員《キュレーター》と不思議な展示品―或る魔術師の鑑定報告書

    魔術師な学芸員さんと素敵な時空の旅。

    452,950

    5,400


    2021年10月17日更新

    帚木直人、大学三回生。何に対しても無関心だった彼が大学で見つけたのは、魔女と噂される女性。 その女性は私営博物館、目黒博物館の館長であり、魔術師だった。名を目黒ともこという。 ともこの元には、紅猪口、呪われた人形、謎の望遠鏡レンズといった不思議な品が届けられる。 ともこは時の魔術を使い、時間を遡ってその品を鑑定する魔術師だったのだ。 バイトとして博物館で働くことになった帚木もともこに付き添い、時間を遡るが、しかし、二人はそこで魔術具である時計を狙う謎の男に襲われることとなり――。 「あのね。物というものは、それを必要としている人の元へと自分から向かうものなの。どうしてあなたの元へ来たのか、私はそれを鑑定するわ」 人とモノと時間が、今、ともこの魔術により、再現される。 人とモノをつなぐ、ちょっと変わった博物館と学芸員とバイトの物語。 (表紙イラスト:如月簓様) 【HJ小説大賞1次突破ありがとうございました!】 【おしらせ】 1、3、5章において、ストーリーに関する部分の修正を行いました。 4章から一話あたりの文字数を短くしました。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間35分

    この作品を読む

  • クイズ(サッカー、歴史)

    サッカーや歴史モノが好きな人は是非

    0

    0


    2021年10月17日更新

    国内外のサッカーと、戦国などの歴史・時代に関するクイズ集です。 ニコニコQでのシステムと画像を利用しますので、そちらのリンクを貼っていきます。 全て自分の出題したものになります。 2021年10月16~17日 13時20分 公開

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • ただの護衛任務。のはずだった。

    6,000

    0


    2021年10月16日更新

    とある山奥の里に住む忍び、朱緋(あけひ)は当代一の実力を持つ忍びと謳われていた。 ある日朱緋は世話になっている大名からある仕事を依頼される。 それは、大名の妾である沙羅姫を護衛して欲しいというなんともつまらなさそうな仕事だった。 つまらない仕事でも報酬はたんまり弾むということで、朱緋は里のために仕方なく依頼を受けることにしたが、その沙羅姫は傾国と噂される女だった。 大名の城にやってきた朱緋は早速沙羅姫の護衛を務めるが、沙羅姫は大名に寵愛される一方、家臣や町人達には男の精を吸い取る妖だと恐れられていた。 大名の寵愛をほしいままにする我儘な女狐を想像していた朱緋だったが、沙羅姫が自室からほとんど動かず誰とも喋らないことに疑問を抱き始める。 やがて沙羅姫は、朱緋にとあることを願い出た────。 ※ *印部分はやや過激な描写がありますのでご注意ください。 ※別作品「守護悪魔」と繋がったお話です。 表紙イラスト:峰村ゆえ

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間36分

    この作品を読む

  • 落廓蟲

    男嫌いの花魁はとある男に出会い────。

    1,000

    0


    2021年10月15日更新

    時は天保、徳川将軍の治める御代。 花街、吉原屈指の大見世妓楼『鈴屋』のお抱え女郎花魁、陽炎。 「男嫌い」の陽炎は、どの客とも長く関係を続けようとせず、馴染みを作らないことで知られていた。 そんなある日、宴会の席に変わった男────一色八千代が現れる。 酒の席で退屈そうにする八千代を見て不審に思う陽炎。 偶然酒に酔った客に絡まれたところを八千代に助けられ、八千代に対し徐々に興味を抱いてゆく。 そんなある日、八千代から指名が入った。 驚く陽炎に、八千代はある提案を持ちかけた。 【参考文献】 図説 吉原事典 永井義雄男 朝日新聞出版 江戸を賑わした色街文化と遊女の歴史 監修安藤優一郎 吉原はスゴイ 堀口茉す純 絵で見る江戸の女子図鑑 廣済堂出版 三大遊郭 堀江宏樹 2020.10.4 連載開始 2021.5.8 完結

    読了目安時間:2時間39分

    この作品を読む

  • 「大宝恵帳(おぼえがき)」〜世界の日々の出来事を💰カネ💰から読み解く試みの番外編です💸m(_ _)m

    ワイもすっかりノベプラマニア…

    495,508

    4,795


    2021年10月12日更新

    ツイッターやってると凍結されることってありませんか…(゚д゚)!? ワイ、凍結されました(爆笑 …とまあ、そういうことなのですが、実のところ別垢はあるわけですが(爆死 ただ、良い機会なので一度、ツイッターをしばらく休んで、こちらでツイッターの代わりに日々の記録を書き込もうかなと思うようになりました。復活はいつでもできそうな手応えがあり、他方、ツイは流れてしまうし、もはや論争の場にさえならないと思いましたので、少しこちらで考えながら書き込んでみようかな?…という新基軸を試みようと思いました。 いずれツイも復活はしますが、しばらくはおとなしくしていたほうが良いようにも思いました。 それにノベプラ、大好きなので…(๑•̀ㅂ•́)و✧

    読了目安時間:2時間29分

    この作品を読む

  • 事あるときは幽霊の足をいただく!

    風変わりな幽霊と過ごす7日間のミステリー

    579,300

    2,629


    2021年10月8日更新

    表紙の素敵なFAはmaoさん(Twitter @mao_noil)に描いて頂きました(*´ω`*) ありがとうございます! ~心霊×ミステリー×コメディ、時々シリアス~ これは少年と幽霊の7日間の物語。 遅刻常習犯で赤点王の高校生 崎山 真(さきやま まこと)の前に突然現れた一風変わった謎のサムライ。 彼は崎山家に伝わる偉大な先祖に殺されてしまった怨霊で、長年の恨みを晴らすために子孫である真の命を狙っているという。 勝手で気ままな怨霊男にストーカーされるオカルト生活が始まるのだが、二人はある事件に巻き込まれていく――。 果たして二人が辿り着く事件の結末とは? あの世とこの世、現代と過去が交差する! ※カクヨム・マグネット等でも掲載してます。 ※改稿版は現在ノベルアップ+のみの掲載で、内容も異なります。 ※更新が遅れがちですので温かい目で見てやってください!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間17分

    この作品を読む

  • どんな本が好き?

    本に潜る。すべての物語はわたしの師匠。

    8,900

    310


    2021年10月5日更新

    お好きな飲み物と一緒にどうぞ。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 日本史における『男の娘』の系譜

    『男の娘』は新しい文化か?否である!

    1,000

    0


    2021年10月1日更新

    日本史における『男の娘』についてのカンタンなコラムです。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 不動の心短編集

    書き続けます。

    500

    0


    2021年10月1日更新

    短編小説を書き続けます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 子檀嶺城始末―こまゆみじょうしまつ―

    派手な戦の裏側で、地味な事件が起きていた

    27,000

    0


    2021年9月30日更新

    ※今作は、旧作【子檀嶺城戦記】をリライトしたものとなります。 旧作をお読みいただいた皆様も、改めてご一読いただければ幸いです。 ----------✂---------- 真田昌幸が「占拠」する信州上田城へ向かって、徳川軍が攻め寄せる。 上州沼田の領有権争いから持ち上がった真田と徳川(&北条)の闘争は、真田の本拠地での大規模戦闘に発展した。 昌幸の嫡男・源三郎信幸は、父に命じられた通りに伏兵部隊を率いて支城へ詰めた。 同じ頃、二十名ほどの男たちが、主戦場から遠く離れた子檀嶺(こまゆみ)岳の古城に入った。塩田平の地侍・杉原四郎兵衛の一党である。 真田と徳川の圧倒的戦力差から徳川軍が勝つと予想した四郎兵衛は、 「徳川に身方する」 と吹聴しつつも古城からは一歩たりとも出ず、 「勝利するであろう徳川軍からの勧誘」 を待つという消極的策戦を取ったのだった。 しかし半月が過ぎても、徳川からの迎えは現れない。 それもそのはずで、真田勢に敗れた徳川勢は、すでに東信濃から撤退済みだった! 廃城で孤立し、事態を知る手段もなく、不安に苛まれる四郎兵衛に耳に、銃声が聞こえた――。 天正十三年(1585)閏八月。 後の世に、第一次上田合戦と呼ばれる戦の裏側で起きた、ほんの数日間の「反乱」の顛末。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間35分

    この作品を読む