死生観

検索結果:13件

  • 理性と衝動

    閲覧注意です。

    1,200

    0


    2021年9月19日更新

    自殺や精神病などについて扱ったショートストーリーだったり、僕自身の死生観や思ったことを忌憚なく書いていく短編集です。 ※この作品はフィクションです。 不道徳的な行為を推奨する意図は一切ありません。 この作品を読んだことによるトラブル等につきましては、作者は一切責任を負うことができません。 特に精神疾患のある方、その疑いのある方は、読まないことをお勧めします。 以上を了承の上、自己責任での閲覧をお願いします。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • パトリアの灯火

    心の闇との対峙を描く、ハイファンタジー

    1,100

    0


    2021年9月17日更新

    きっかけは幼きあの日。 時の権力者「魔女」どものつまらぬ策略のため、生まれ故郷を跡形もなく焼かれたことだった。 燃え盛る火の海より己を助け出した「英雄」も、今や死の床で奇病に伏せっている。 蔓延る強欲、正義は仇(あだ)に。 不毛を繰り返す人の世に、未だしがみつく理由はあるのだろうか―― 古代ローマや、アトランティスの伝説などを参考にした架空の世界。 主人公は、世渡り下手ながらも心優しい青年兵。 友、恩師、人種、国…… 目に映る世界が不安定に揺らぎ始める中、やがて自身の心に巣食う「闇」との対峙が始まる。 *** トレンド要素は控えめに、人間ドラマに力を入れた、やや大人向けなハイファンタジーです。 仄暗い世界観、困難の末に光が差すような展開が好きな方におすすめ。 ※21.09.18 見直しの必要を感じたため、プロローグ以降を一旦非公開にしました。 申し訳ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 終末少女は夢を見る

    死と生、両輪の孤独に臨む少女の物語

    0

    0


    2021年6月5日更新

    『死』を迎える少女は、その最晩年に何を思うのか。 どこまでも冷静かつ客観的に『死』を見つめる彼女が見せる 『生』へのこだわり。 死生観が揺れ動く現代に対し 孤独の『夢』を以て終末へと望む少女の聖戦がここにある。

    読了目安時間:47分

    この作品を読む

  • 最果ての灯のアウローラ

    見ておけよ――いつかお前が越えていく姿を

    15,300

    210


    2021年6月3日更新

    死んだ人間は石に成り果てる。死者の遺志は力を生み、受け継がれていく。 最果ての街アムレキアを襲った結晶化事変より六十年、長大な壁によって外界より隔絶され、深い霧に沈んだ極北の地で生きる人々は、異なる世界からの来訪者トールと出会った。戦う力無く、居場所も、生きる意味すら失った少年トールを預かることになった『恥晒し』のロディ=ロー=エーソンは、少年の中に自分の姿を見る。 臆病さ故に他人の顔色を伺い、誰かの正しさを辿って生きるトールと、過去の過ち故に誰もが認める正しさの中でしか戦えなくなったロディ。少年が自分だけの間違いを見出す時、最果てより破滅の風が吹き荒ぶ。 霧の中に潜むモノ達と、食料生産の要となる最大拠点アラルド農園の戦士団、番犬を名乗る研究所の少年少女達。そして、アムレキアで連綿と受け継がれてきた英雄の魂を継承する者達。 力も、遺志も、魂すらも受け継がせることの出来るアムレキアより、生存と、誇りと、願いを懸けた戦いが始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間1分

    この作品を読む

  • 花のワルツ 〜Valse des Fleurs〜

    ようこそ。新しい世界へ。

    100

    0


    2021年5月1日更新

    僕らが住むのは第三世界、曇り空の場所。眩い光と明るい未来が約束されている他世界とは別の場所だ。僕らはそこへ行けない。なぜ、ここにいるのだろう。なぜ、生かされているのだろう。何のために、誰のために。 あるとき、その答えを見つけた。そして全てが変わった。 ようこそ。新しい世界へ。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 死に様=生き様!?

    悲しみに向き合うノンフィクションエッセイ

    300

    0


    2021年4月15日更新

    「いつ逝ってもいい」と言っていた父が、ピンピンコロリで突然他界。 ドライな関係だと思っていた父だけど、いざ亡くなるとふと父を思い出して涙する日が続く。 「本当にそれで良かったの? 後悔はないの?」 答えのない問いとはわかっていたけれど、どうしても父の死後の気持ちが知りたくて頼ったのは信頼できる占い師、そして複数の霊能者。 さまざまな言葉をもらいながら、自分の中の答えを探していく。 霊感もなく、疑い深い私が、亡くなった父と交信できる感覚になるまでの、自分ヒーリングライティング。

    読了目安時間:1時間52分

    この作品を読む

  • 明日が来なければいいのに

    明日の見えない真っ黒な未来

    6,500

    0


    2021年3月10日更新

    不安と恐怖とトラウマで明日を恐れる。何も見えない明日が怖くて怖くてたまらないから。明日を生きる気力がないから。 そんな僕は意味もない妄想をはかどらせる。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 飛花流転

    出逢った時から、決まっていた

    16,000

    395


    2021年1月31日更新

    霊を視る能力と、短命の呪いを抱く少女・宵村維純。 霊を避け、人生を諦念し、日々を惰性に過ごしていた彼女は、除霊師へのスカウトをきっかけに、様々な人や霊と出逢い、自らの人生への見方を変えてゆく。 処女作です。まだ至らぬところも多いですが、お読み頂けると幸いです! ◆他掲載サイト:カクヨム/NOVEL DAYS/エブリスタ

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む

  • 激霊の島

    なぜ生きるのか?

    36,800

    85


    2020年10月18日更新

    そこは「激霊の島」と呼ばれている。 現代文明から隔絶されたとある村では、島の激霊を鎮めるための儀式を密やかに行っていた。儀式の一切を決して他言してはならない。決して村外に知られてはならない。村の中だけの秘密の儀式である。 今年の大役を委ねられた玄と桜は、来る日に向けて儀式の準備を粛々と進めていた。 儀式の秘密を、それぞれの秘密を胸に抱えながら・・・

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • ぼくの親友は異世界転生をしたい。

    病室で紡がれる叶うはずのない夢

    1,300

    0


    2020年9月29日更新

    ぼくは今日も親友であり幼馴染であるあいつがいる病室に、あいつが好きなライトノベルを持っていく。 どうやらあいつは異世界転生に憧れているようだ。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 生きるは辛いよ

    生きる辛さを考えて生きます

    200

    0


    2020年9月29日更新

    人間の生と死の狭間を表現したいです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • Life-刻の吹く丘にて-

    夢の終わりに、どうか幸せな結末を。

    28,300

    4,100


    2020年9月5日更新

    「――初めまして。これからよろしくね」 彼女はそう言って涙を流した。 それが彼女――風見巡との出会いだった。 都会から妹の小夏と共に文明社会から置いてかれたような小さな町、虹ヶ丘町に引っ越してきた俺こと修平はそこで個性豊かな女の子達と出会う。 彼女達とはすぐに打ち解けることができ、平和で楽しい日常を送るのが毎日の楽しみとなっていた。 そんなある日、巡から七夕の日に天の川を観ようという話が出る。本当に何気ない提案。この時はそう思っていた。そう、この時までは――。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13時間31分

    この作品を読む

  • リストカットとバニラアイス

    私ね、夏が来る度に死にたくなるの。

    5,000

    0


    2019年9月15日更新

    「私ね、夏が来る度に死にたくなるの。こんなにも爽やかなのに、こんなにも切ない。やりきれないと思わない?」 東京で一人暮らしをする高校生、染谷 風太。ある夏の日に、近くの展望台で、大学生の髙嶋 ひなと出会う。彼女はそこで、自殺を謀ろうと、リストカットをしていた。それを止めて以来、いつの間にかひなは風太の家に入り浸ることになる。そこで露呈したのは、不安定で、繊細で、脆いひなの姿だった。 夏祭りや高校、過ぎ去る日々に背を向け、青春を嫌った二人の物語。 毎日18時投稿予定です。

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む