死神

検索結果:130件

  • 死神少女

    結構昔に同人誌で出した作品です。

    100

    0


    2022年5月25日更新

    「お前さん。本当の恐怖ってのを知ってるかい? いやいや、肝試しとかじゃねぇよ。本当の神様のことさ。え、神様は怖くない?なんだ知らないのかい。 ――本当は知ってやがるくせにな」 夜になると霧に包まれるケープ市、そこには深く闇に包まれた謎がある。人々は薄らと気付きながら、しかし気付いていない。 気付いたのは一人の少年、そして幾人か……。 世界で唯一の神が存在するこの街で、一体何人の人間が運命に翻弄されるのか。 ……彼女の罪は、何の罪?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 処の境界

    他の何よりも、誰よりも、お前がいい。

    110,300

    0


    2022年5月22日更新

    豊富な知識を持つ彩流 依は、国に属する正式な陰陽師の家系である、紫条 蓮と共に、蓮につく式神を求めてある山中に入った。その山は神と仏が併存する場所。険しい道を進み、頂上へと向かう中、依が足を滑らせ落下した。依の体を朽ちた木の幹が突き抜け、死を覚悟していたが、蓮の呪力で死を免れる。 依の体を突き抜けていたのは、その地に祀られた『依代』だった。 落ちた場所に覚えのある依は、蓮の言葉を聞きながら、蓮との出会いを思い出す。 『他の何よりも……誰よりも、依。お前がいい』 依と蓮が山に行ってから、少しずつも状況が変わっていく。 蓮の父親である総代が、ある仏の像を他の寺院に移していた。 仏の像を移した場所は、依と蓮と親交の深い、藤兼家の寺院だった。 蓮は自分のところから移された仏の像がなんだったかに気づくと、何が起こり始めているのかを察し、寺院の息子である藤兼 羽矢に協力を求める。 『冥府の番人、藤兼 羽矢。別名、死神。その門を開けてくれ』 死者の魂が閻王に裁かれる日、冥府に導いた魂が消えていた。羽矢は、魂が奪われている原因を察し、閻王に奈落への立ち入りの許可を得て依たちと共に河原に向かう。 河原には舟守がいたが、その舟守は霊園で見掛けた神司だった。 依たちは、冥府から魂が消えるのは神司が関わっていると、神司の行方を探す。 神司を追って辿り着いた神社の木には、釘を打ち込まれた人形《ひとかた》が無数にあった。 『ここは常夜……夜だけの神の場所。呪いの神社だ』 次々と冥府から魂が消え、行方を追う依たちは、神司の企みが何であるかを知る。 そしてその理由は、蓮と登った山に繋がっていた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間36分

    この作品を読む

  • 夢幻の碧い月【CRACKPOT】

    幸福と救済と復讐と

    62,600

    10


    2022年5月20日更新

    とある治安の悪いスラム街に迷い込んだ娘は襲われているところを物腰柔らかな好青年に助けられた。 「ぜひお礼を」そんな言葉から始まった交際。 夢見るような幸せな時間は、しかし長くは続かなかった。 綺麗な満月の夜、彼女は見るも無残な姿で見つかった。 腐った街、権力により妨害される裁き、碧い月明かりの下で笑うのは碧眼の殺人鬼。 両足義足の道化師は愛する妹のため復讐を誓う。 混沌と無秩序の無法地帯、最下層と呼ばれる橋の向こう側へ。 「橋の向こう側に行ってはいけないよ。あの街には化物がいる」 これはそう噂される橋の向こうの化物たちによる復讐と愛憎の物語。 幸福と救済にまつわるCRACKPOTシリーズ、『碧』の三部作。 現在第一部『夢幻の碧い月』、毎週金曜に更新中。 ※セルフレイティング全てにチェックが入る話です。 ※登場人物に常識と倫理が備わっていない描写が多いです。 ※各種犯罪行為の容認・推奨は一切しておりません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間41分

    この作品を読む

  • 自殺願望カップル

    死にたがり大学生二人の平凡な日常...?

    130,800

    403


    2022年5月19日更新

    大学生の「ムっくん」と「ムーちゃん」は、恋人同士。 二人の共通点は、強烈な自殺願望。 一日に五十回は「死にたい」と思ってしまうカップル。 この作品は、そのうちの一回を1000字程度の短編で記していきます(一部、連続で進行する話があります。「春夏篇」終盤からは長期のストーリーが展開します)。 今すぐにでも世界から消えてしまいたい。だけど何故だか、死ぬのを躊躇してしまう。 本作は、そんな不器用なカップルを描いた、8割平凡…2割危険な日常です。 自殺願望によって生み出された「死神」と「拳銃」が、作品を構成する鍵…キーワードになります。 後章が開始したので公表をしますが、本作は前章「春夏篇」・後章「秋冬篇」の全二章での完結を予定しております。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 時折ですが、話数内の誤った文章表現を(ストーリーを変えない程度に)改稿する場合がございますので、ご了承ください。 また、小説の他に、おまけ兼筆休めとしてイラストも投稿しています。 イラストはTwitterにも上げております。 2022/01/23に、表紙を新しく変更しました。 2022/01/03に、ジャンル部門で月間10位 2022/05/13に、ジャンル部門で日間1位 2022/05/18に、ジャンル部門で週間2位 2022/05/20に、ジャンル部門で年間28位 2022/05/18に、総合部門で週間42位 にランクインができました。 本作ですが、HJ小説大賞2021後期にて一次選考を通過致しました。 2022/05/19、無事に最終回を迎えました。 ご愛読いただいた方には、感謝の言葉を申し上げます。 これからお読みになる方々は、引き続きご愛読いただけますと幸いです。 何卒、よろしくお願い致します。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間41分

    この作品を読む

  • wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

    たとえ君を忘れて、悲劇を繰り返しても。

    626,600

    1,300


    2022年5月16日更新

    もしウィンクだけで人を殺せる力を手にしたら、貴方はその力、何に使いますか。 誰かを守るため? 自分を守るため? それとも――憎い相手を、殺すため? ☆★☆ 別れたはずの元恋人に殺されかけ、死の間際にあったある一人の女子高生。 彼女が手に入れたのは、右目を瞑ることで人を殺めてしまう事ができる、wink killerと呼ばれる死神の力だった。 「この力は、大切な人を守るために使う」 彼女はそう誓い、大切な者を守るために生きると決めた。 ――はずだった。 ※小説家になろうにて前編完結済の作品の、リメイク版になります。 ※素敵な表紙絵は瑞樹くりむ様(@773_cream)に作成していただいたものになります。著作権は瑞樹様にあり、画像は小説表紙として使用許可を頂戴しておりますので、無断使用・無断転載はお控えください。 ※この作品には、本編ラストにハッピーエンド保証が付いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間19分

    この作品を読む

  • 藍色の死神

    少女と死神達が織り成す生と死の物語

    20,800

    0


    2022年5月15日更新

    諸星鈴の日常は藍色の死神・宇野樹と出会ったことで一変する。この事件を境に死神の仕事を間近で見るようになった鈴は、やがて彼らの抱える闇を知ることとなる。 設定資料→https://alicex.jp/grimreaperaiiro/

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間12分

    この作品を読む

  • 青薔薇園の生き人形館

    理に背いてでも果たしたい未練はありますか

    93,410

    320


    2022年4月30日更新

    「あなただけは、わたしをとつぜん置いていったりしないでね」 幼馴染みと交わしたその約束は、僕の急な引越しにより破られた。 あれから、七年。 僕、真白 雪兎(ましろ ゆきと)は、家庭の事情で昔住んでいた町に戻ってきた。 新しい環境。新しい義妹。新しい学校……一つ年下の同級生達。 ちょっとだけ、〝普通〟と違っても。きっと、そう代わり映えのしない退屈な日々が待っている。――そう思っていたのに。 青い薔薇の咲き乱れる奇妙な館に迷い込んだ時から、僕の日常は非日常へと姿を変えた。 極彩色の髪と瞳をしたクラスの女の子達。幼馴染みの面影と重なる謎のゴスロリ少女。 彼女達の秘密を知ってしまった時、館の主は僕にある取り引きを持ち掛けた。その内容は――。 「そうだね。この物語は、雪兎君と五人の美少女人形達による、一つ屋根の下ドキドキハーレム学園ラブコメディ~たまに死神とのバトル有り~だよ!」 「……それ、何か違くないですか?」 コメディというより大分シリアスだし、そもそも彼女達は別に僕なんか好きではない。たぶん。 死者の魂を宿した人形少女達VS魂の循環を促す理の守護者・死神。 生者なのに死者の視点を持つ故に、死神が見えるものの決して襲われる事の無い僕。 これは、彼女達の盾として半強制的に雇われた僕の、普通じゃない日常の物語。 生と死、愛と命の物語――かもしれない。 ------ 他サイトでも掲載しております。 イラストは自作です。各章一話目に扉絵モドキを据えております。 基本は主人公の一人称視点で、その他視点時は三人称の時もあります。 ------ 新章chapter.7 開幕! 書けたらupの気まぐれ不定期更新です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間29分

    この作品を読む

  • 死神委員会 ~迷える魂裁きます。~

    もしも死神が仕事するとしたら?ってお話。

    0

    0


    2022年4月28日更新

    冥界から人間の魂を管理する組織《死神委員会》。 委員会の中で、現世を彷徨う人間の魂を審査し、取り締まる存在《死神》。 そんな彼らの非現実的な活動を描いたお話。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 親不孝な死神

    もう何度ぽっくり逝くかと思ったか。

    2,400

    5


    2022年4月27日更新

    男は息子を亡くした。これから幸せになっていくのを見れると思っていたのに。こんな早くに死んでしまった、世話の焼ける息子をあの世から連れ帰らなければと男は縄を用意する。さて、と意気込んだ男の目の前に現れたのは、古典的な黒いローブを着込んだ死神だった。 ※自殺未遂の描写があります。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 後継者

    死神もいろいろと大変なようです

    2,600

    0


    2022年4月26日更新

    世界を征服した男の前に突然死神がやってきた。 「迎えに来た!?」と警戒するがそうではない。 他者への影響力が大きい人物には、死神が早めに死期を教えることになっていたのだ。 死神が言うには彼の寿命は二十二年と三か月、誤差プラスマイナス三年。 それまでに彼が使命を果たさないと人類が滅びるというのであるが…… ※すみません、操作を間違えて最初に投稿した話が消えてしまいました。応援ポイントをくださった方、本当に申しわけありませんでした。。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 隣の婚約者の死神さん

    死神と人間が送る恋愛??

    400

    0


    2022年4月24日更新

    共川雫は死期が見える少女。そんな少女を好意に思う死神はある条件を渡し、 彼女に婚約を迫られる。果たして少女の運命は…。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:59分

    この作品を読む

  • 曼珠沙華が咲ーいたっ♪

    題名、能登麻美子さんの声で再生されます←

    17,000

    0


    2022年4月23日更新

    長月惠は、一見小学3年に見えるけど本当は5年生。そんな彼女には重大な悩みが。 両親と父方の祖父母に甘やかされDQNと化した弟、浩平。何度も何度も酷い目に遭わされた 惠は遂に粛清を決意する。だが、そんな時に目の前に“常世”と名乗る死神が現れ、事態は一変する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間14分

    この作品を読む

  • 星詠み人

    高校生のタイムリープストーリー

    3,250

    0


    2022年4月16日更新

    気がつくと病院にいた。 なぜそんな場所にいるのか、その理由を思い出そうとする。 左腕には覚えのないあざがあった。きれいに並んだ星形のあざが五つ。さすがに気味が悪いと感じていると、見知らぬ少女が声をかけてくる。 妙に馴れ馴れしい少女は、笑ってこう言った。 自分は死神であると……

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

  • 死神サツキ

    死神だからってそんなに怖がらなくても……

    0

    0


    2022年4月2日更新

    死神。それは意図的に生物を殺す存在。 だけれども現状そんなことはしていなかった。もともとは死を司る神であり、殺すだけの神ではないのだ。そもそも殺す対象というのは生物界または神々の世界、もしくは両方の世界に破滅的な事象を引き起こすものだけである。 よって現状は死後の世界、冥府に来ない魂を導くことが主な仕事だった。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 死神-お後が宜しいようで-

    二次創作です。米津様の死神を題材としてお

    100

    0


    2022年3月31日更新

    ある日、俺は自分と瓜二つの男と出逢った。 だが、そいつが目の前に現れる度に、目の前で誰かが死ぬ。 もう一人の俺、いや、奴は死神なのか?それとも……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 生まれたばかりの赤ちゃんが死神として働いているんだが

    ばぶちゃんが死神になって働いとる

    100

    0


    2022年3月21日更新

    赤ちゃんが死神になって、そして働く。「えっなんで?」「虐待してくるくそ親のせいで命落としたんだよ」「きゃあああ!しゃべったぁぁぁぁ!」そんな話。(※重複投稿しています)

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • Dusk to Dawn ダスク・トゥ・ドーン

    深まっていく物語をお楽しみください。

    1,100

    0


    2022年3月14日更新

    甘い匂いが漂う不思議なミイラ男の少年、クリス。そんな彼に惹かれるのは偶然か、それとも必然か…。 友人である魔女のリリが心の内に秘める悲しい過去。その過去にリーパーの面影が…。そしてリーパーがその身を置く影の組織とは一体…?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • 夜を狩るもの 終末のディストピア [seven  grimoires]

    真夜中に死が舞い落ちる

    1,000

    0


    2022年2月21日更新

    雪の街 ホワイト・シティのノブレス・オブリージュ美術館の一枚の絵画から一人の男が産まれた。 その男は昼間は大学生。夜は死神であった。何も知らない盲目的だった人生にある日。大切な恋人が現れた。そんな男に天使と名乗る男が現れ人類はもうすぐ滅びる運命にあると知る。 終末を阻止するためには、その日がくるまでに七つの大罪に関わるものを全て狩ること。 大切な恋人のため死神は罪人を狩る。 人類の終末を囁く街での物語。 注)グロ要素・ホラー要素が少しあります汗 空想世界での物語です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

  • アラサーの俺が死神の手によって高校生に戻った!?死ぬ運命を変えるために青春するしかないらしい

    アラサーがもう一度高校生活をする話です

    500

    0


    2022年2月4日更新

    同級生たち!結婚したり出世したりしていた!満喫した人生を送っている! アラサーの俺!万年平社員!年齢=彼女なし!どうしようもない人生を送っている! そんなある日。車に引かれた俺の目の前に突然死神と名乗る少女が現れてこう言った! 「あんたここで死ぬ運命だよ」 衝撃の事実が判明!呆気ない人生だったなと思っていると死神はこう告げる! 「死ぬ運命を変えるために高校生に戻してあげようか」 俺は即座に首を縦に振る!すると高校生に戻っていた!アラサーの高校生の出来上がりだ! 運命を変えるためには今までしたことのない行動をする必要があるらしい! そうだ!俺とは無縁だった青春をしよう! これは、アラサーの俺が高校生として青春をする物語だ!

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 階級《クラス》・奴隷《スレイヴ》2

    奴隷の主従逆転物語(恐らくは)

    9,800

    0


    2022年2月3日更新

    現世に帰ってきた相沢 凱斗だが、自分の店のあまりにもの変貌に呆然となった。この状況をどうにか打破すべく苦悩するが、当たり前にいい案は浮かばず。そんな折。助けが来たかのように現れたのは、冥界の剣闘士、ルシフ。新たな主人を無理やり得た凱斗だったが、やる事は変わらず。奴隷として主人に寄り添い、躾を施し、敵を力でねじ伏せたりと、やはり実によく仕事をこなす。 今度の主人は死神だ!!戦場は冥界だ!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間44分

    この作品を読む

  • ニートの俺が死神助手になった件

    ニート、死神助手になる

    1,000

    未参加


    2022年2月1日更新

    俺、赤西柘榴は不思議なものが見える。 ずっとそのことを隠して生きてきたし、不思議なものを厭わしく思っていた。 今日も謎の生き物に絡まれている途中、助けてくれたのは《死神》を名乗る少年だった。 ニートと死神のでこぼこコンビ、ここに誕生!

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

  • 三魂世界

    半妖と死神の日常は少し不思議なのです

    800

    0


    2022年1月31日更新

    妖怪事件が多発する街『霊豊町』 その街の霊豊高校に通う半妖の少年 『蛇牙宮 縁里』と その高校に転校してきた美少女、 『桜木春枝』こと死神のカリーナ・ファスティル と共に霊豊町や他の世界で起きる 様々な霊的事件を解決していく、 現代の妖怪ファンタジー!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間4分

    この作品を読む

  • はっぴぃかうんとだうんデス

    今更ながら年越しネタです

    2,000

    0


    2022年1月27日更新

    大晦日の日に死神が現れた。 死神がカウントするのは新年か死か?

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • アズライルの想い

    心温めたかった人が書くファンタジー系

    100

    0


    2022年1月26日更新

    とある学校に通う高校生の東条宙(とうじょうそら)は、あるときこう言われる。 「お前は今日から死神な。」 死神は、人の命の運命を決める人ならざるものだった。そして宙も人の命の運命を決めることになる。そこで宙は、自分が運命を決めようとしている人々の想いを知ることになる。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 消えたがり少女と死神さん

    ねえ、君は寂しくないの?

    1,300

    0


    2022年1月17日更新

    登校中の女子高生はある日、死神を見る。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • ねえ、君、死ぬ前に私と将棋しようよ

    死ぬ前に指す将棋。相手は死神⁉

    163,400

    969


    2022年1月9日更新

    「ねえ、君、死ぬ前に私と将棋しようよ」 突然僕の背後から聞こえた言葉。振り返ると、そこには一人の女性。その正体は、まさかの死神。彼女は、僕と将棋をしたがっているのです。 「いや、僕、今から自殺する予定なんですけど」 「いや、知ってるよ? だから、死ぬ前に将棋指そうと思ったんだけど……」 「……あなた、頭大丈夫ですか?」 「……特に問題はないはずだけど。え、何? 何が分からないの?」 「…………?」 「…………?」 これから自殺する予定の僕と死神である彼女との将棋。その結末とは……。 表紙のイラストは、徒人(とびと)様からいただきました。 徒人(とびと)様のTwitter → https://twitter.com/tobito_sosaku

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

  • アタイを異世界へ連れてって

    ドタバタ冒険ファンタシー、ここに開幕!?

    200

    0


    2022年1月9日更新

    何の仕事かって? わたしゃ死神ですからね。そりゃ、人の魂を抜くのがお仕事ですよ。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 死神図書館とひみつのカギ

    司書さんじゃなくて、死書官!?

    17,900

    50


    2022年1月3日更新

    12歳の誕生日、花咲ことはに1通の封筒が届く。 封筒の中に入っていたのは、白紙の便せん1枚と1つの古びたカギ。 それは3年前に突然いなくなったママからだった。 ことはは、これがなんのカギなのかを調べようと家中のカギ穴にさしてみるのだけど、なかなか見つからない。 夜になりすっかりそのことを忘れていると、突然カギと白紙の便せんが光って、文字が浮かび上がった。 『“死神図書館”の入り口』 そして地図に書かれた場所へ行くと、そこには、たくさんの本と、作りもののお人形みたいな、真っ黒なワンピースを着た謎の女の子がいて…… 最年少死書官・花咲ことはと死神図書館の管理人・トトの違法死書を巡る現代ファンタジー ※カクヨム様でも掲載しています

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む

  • Death||:深雪

    私にしか書けないラブコメを追求中

    1,700

    0


    2022年1月1日更新

    2VVV年、人類は英知を結集して、人工生命体となる「天使」を生み出した。しかし、「天使」は人類の予想を遥かに超えており、やがて人類と地球に住まう全ての生命に対して攻撃を開始した。 それから時は流れ、2XXX年ーーー 天使によって虐げられていた人類が反撃の手段として投入したのが、天使を刈るための「死神」だった。 これは「死神」が「天使」を刈り取る物語。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 脣星落落之譚

    大切なものほど、永久を約束してくれない。

    1,900

    50


    2021年12月21日更新

    大切なものほど、永久を約束してくれない。 *** あまりに険しい道を進み続けるバスは、いつ転落しようとも誰も不思議には思わないだろう。 始発のバス停を発った後、快調に途中のバス停を通過しながら駅を目指す。 途中小さい集落からぽつりポツリと若い者が乗るくらいのものだ。 バス停を通過するごとに、釣りあがる料金に内心イラつきながら、今日もバスで中央を目指す。 いつも通り。いつもと同じ。 *** そう。何かが違うのかと聞かれれば、全くもってそんなことはない。 その場にいる誰も、異変なぞ感じてはいなかった。 *** もしもこの世の出来事がすべて、黙示録的に示されているのなら、僕らが生きるこの世界は、何によって決まっているんだろう。 *** いつも通り…。いつもと……同じ………… *** 「本日未明、始発のバスがループ橋でスリップ、崖下に転落しました。極寒の地での捜索は難航し、いまだに救助活動はできていないとのことです。バス会社によりますと、この便には通常十数名の乗客が乗り合わせており、今日も乗車していたものと思われます。続報が入り次第お伝えします」

    読了目安時間:17分

    この作品を読む