死神

検索結果:140件

  • 処の境界 拮抗篇

    奔放僧侶+性悪陰陽師+最弱主人公

    16,000

    40


    2023年2月7日更新

    後程書きます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 死神ちゃんと天使くん

    瞳ちゃんは死神さん

    700

    0


    2023年2月5日更新

    私、如月 瞳は死んだ。そう、死んだはずだった。自分の最期もしっかり覚えている。それなのに私はまだ「如月 瞳」としての意識がある。 「ひーちゃん、君が次代の死神だ」 死神さん(仮)に告げられた言葉は是非ともお断りしたいもので。しかしそうも行かないらしい。なんと面倒くさいのだろう。 これは死んだはずの瞳が、死神という職を通して人生を見つめ直すお話。 ── ※アルファポリスさんにて完結済みの同名作品を大幅に書き直したものです。 ※毎週日曜日の夕方に一話ずつ投稿予定。 ※『死』がテーマなので、暗い話も出てきます。閲覧は自己責任でお願いします。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

    たとえ君を忘れて、悲劇を繰り返しても。

    791,500

    1,650


    2023年2月5日更新

    もしウィンクだけで人を殺せる力を手にしたら、貴方はその力、何に使いますか。 誰かを守るため? 自分を守るため? それとも――憎い相手を、殺すため? ☆★☆ 別れたはずの元恋人に殺されかけ、死の間際にあったある一人の女子高生。 彼女が手に入れたのは、右目を瞑ることで人を殺めてしまう事ができる、wink killerと呼ばれる死神の力だった。 「この力は、大切な人を守るために使う」 彼女はそう誓い、大切な者を守るために生きると決めた。 ――はずだった。 ※小説家になろうにて前編完結済の作品の、リメイク版になります。 ※素敵な表紙絵は瑞樹くりむ様(@773_cream)に作成していただいたものになります。著作権は瑞樹様にあり、画像は小説表紙として使用許可を頂戴しておりますので、無断使用・無断転載はお控えください。 ※この作品には、本編ラストにハッピーエンド保証が付いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間24分

    この作品を読む

  • 泡沫の碧い空【CRACKPOT】

    幸福と救済と復讐と

    107,800

    10


    2023年2月3日更新

    綺麗な満月の夜、妹は見るも無残な姿で見つかった。 腐った街、権力により妨害される裁き、碧い月明かりの下で笑うのは碧眼の殺人鬼。 両足義足の道化師は愛する妹のため復讐を誓う。 これは碧眼の死神に惑わされた物語。 ──道化師の復讐譚:第一部「夢幻の碧い月」 混沌と無秩序の無法地帯、最下層と呼ばれる橋の向こう側。 すべての歯車が狂ったのは貴族の街、一番街での出来事。 碧眼の殺人鬼が生まれた経緯を、彼自身はもう覚えていないけれど。 これは碧眼の死神に忘れられた物語。 ──最下層の群像劇:第二部「泡沫の碧い空」 天使の救済の手でも悪魔の堕落の手でもどちらでもよかったのだ。 ただ、その手に命を救われた。 それは白々と明けていく光のように。 これは碧眼の死神に救われた物語。 ──死神と奴隷少女:第三部「薄明の碧い光」 「橋の向こう側に行ってはいけないよ。あの街には化物がいる」 幸福と救済にまつわるCRACKPOTシリーズ、『碧』の三部作。 現在第二部『泡沫の碧い空』、毎週金曜日に更新中。 ※セルフレイティング全てにチェックが入る話です。 ※登場人物に常識と倫理が備わっていない描写が多いです。 ※各種犯罪行為の容認・推奨は一切しておりません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

  • ふたりぼっちの箱庭革命

    どんな地獄でも、革命が必要。

    400

    0


    2023年2月3日更新

    人生で最大の過ちを犯す寸前だった少年“蒼汰”は、ミステリアスな少女“ミカゲ”にその過ちを止められる。 ミカゲは自らの役職を《死神》と名乗り、自身の死神の業務を蒼汰に手伝わせると言い出す。 死神の少女と死にかけの少年が起こす革命の物語。 *この作品はエブリスタ、小説家になろうにも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 死神の共謀者

    行き倒れた僕の前に現れたのは、死神!?

    131,800

    1,810


    2023年2月3日更新

    人生十八年と少々、くじ引き当選率ゼロ%、道を歩けば暴漢に当たる。泣きっ面に蜂どころかオオスズメバチの大群の襲撃を食らうレベルでなぜか常に不幸に見舞われる大学生、駿河 凪はついに行き倒れたところで黒髪長髪に金眼の怪しい男と出会う。 見た目はイケメン、性格は屑なそいつはなんと死神——? 優しく差し伸べられた手をうっかり取ってしまった彼が巻き込まれる屑男と愉快な(?)仲間たちのドタバタコメディ。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間20分

    この作品を読む

  • 阿頼耶識

    目と耳、鼻を失った生は何を感じるのだろう

    0

    0


    2023年2月1日更新

    《ゾンビ》死してなお抗う者、生者に死を振り撒く存在。 神は、生きながら死んでいるという矛盾を決して許さない。 死んでいるから存在しない。死んでなお生きているから認識できない。単直に言えば、お化けと変わらない。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 処の境界

    他の何よりも、誰よりも、お前がいい。

    378,850

    2,310


    2023年1月26日更新

    奔放僧侶+性悪陰陽師+最弱主人公 豊富な知識を持つ彩流 依は、国に属する正式な陰陽師の家系である、紫条 蓮と共に、蓮につく式神を求めてある山中に入った。その山は神と仏が併存する場所。険しい道を進み、頂上へと向かう中、依が足を滑らせ落下した。依の体を朽ちた木の幹が突き抜け、死を覚悟していたが、蓮の呪力で死を免れる。 依の体を突き抜けていたのは、その地に祀られた『依代』だった。 落ちた場所に覚えのある依は、蓮の言葉を聞きながら、蓮との出会いを思い出す。 『他の何よりも……誰よりも、依。お前がいい』 依と蓮が山に行ってから、少しずつも状況が変わっていく。 蓮の父親である総代が、ある仏の像を他の寺院に移していた。 仏の像を移した場所は、依と蓮と親交の深い、藤兼家の寺院だった。 蓮は自分のところから移された仏の像がなんだったかに気づくと、何が起こり始めているのかを察し、寺院の息子である藤兼 羽矢に協力を求める。 『冥府の番人、藤兼 羽矢。別名、死神。その門を開けてくれ』 死者の魂が閻王に裁かれる日、冥府に導いた魂が消えていた。羽矢は、魂が奪われている原因を察し、閻王に奈落への立ち入りの許可を得て依たちと共に河原に向かう。 河原には舟守がいたが、その舟守は霊園で見掛けた神司だった。 依たちは、冥府から魂が消えるのは神司が関わっていると、神司の行方を探す。 神司を追って辿り着いた神社の木には、釘を打ち込まれた人形《ひとかた》が無数にあった。 『ここは常夜……夜だけの神の場所。呪いの神社だ』 次々と冥府から魂が消え、行方を追う依たちは、神司の企みが何であるかを知る。 異変が起きる中、依は、自分という存在の感覚が薄れていくのを感じていた。 『眼《げん》、視覚に置き、耳《に》、聴覚に置き、鼻《び》、嗅覚に置き、舌《ぜつ》、味覚に置き、身《しん》、触覚に置き、意《い》、知覚に置く。我が器を処《しょ》とし、境界を定める』 存在を確認するような、呪文のような言葉。 全ての理由は、蓮と登った山に繋がっていた。 神仏判然令によって定められた神と仏の境界。 廃仏毀釈により、廃された寺。 『泣いていたんだ。たった一人で……そこにいたのが依なんだ』 自分という存在が判然としない依の正体が明らかにーーー

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間22分

    この作品を読む

  • 死神×少女+2【続編】

    死神に毎日キスをされながら生きて行く少女

    200

    0


    2023年1月19日更新

    ■この作品は『死神×少女』の続編です■ 春野亜矢(はるのあや)、17歳。 マンションで一人暮らしをする、ごく普通の女子高校生。 だが、右隣に『死神』、左隣に『天使』が引っ越して来て、ついには『悪魔』と同居する事に。 死神グリアは、人間の魂を喰う代わりの手段として毎日、亜矢の『命の力』を吸収して生きる。 しかも、その方法が『口移し』。 少女は抵抗しながらも、毎日、死神に口移し(キス)されなければならない。 【表紙イラストは自分で描いています】

    読了目安時間:5時間21分

    この作品を読む

  • 死神×少女

    ■ポプラキミノベル小説大賞、最終候補■

    4,200

    0


    2023年1月8日更新

    ■『ポプラキミノベル小説大賞』最終候補作品 ■ 春野亜矢(はるのあや)、16歳。 マンションで一人暮らしをする、ごく普通の女子高校生。 亜矢の住むマンションの隣に、『死神グリア』と名乗る少年が引っ越して来た。 その直後、亜矢は事故で命を失うが、グリアに『仮の心臓』を与えられて生き返る。 だが、その心臓にグリアが24時間に1回『命の力』を注ぎ込まなければ、命を持続できない体になってしまった。 しかも、その方法が『口移し』。 少女は抵抗しながらも、毎日、死神と口移し(キス)しなければならない。 【表紙イラストは自分で描いています】

    読了目安時間:2時間52分

    この作品を読む

  • 悪戯で済むなら検察官は要らない

    悪戯の代償は高い

    4,150

    0


    2022年12月13日更新

    以前書いた“”の内容を第4回勉強会向けに編纂し直しました。 https://novelup.plus/story/624868427 残酷度は変えてないので御安心下さい(?)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 曼珠沙華が咲いた道

    口は災いの元

    4,050

    0


    2022年11月30日更新

    今日は長月惠の弟、浩平。流石に葬儀の時と違って暴れる事は無かった。しかし、別の問題が起こる。 惠の父方の叔父、恒夫(つねお)のとある発言が惠をキレさせる。然し、本人の前では何も言わなかった。 翌週木曜日の午前中、大規模な交通事故が起こった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 悪戯で済まない事

    代償としては余りにも高過ぎる

    2,800

    1


    2022年10月31日更新

    長月惠は小5でありながら、余りに体が小さく、大きく見積もっても小3にしか見えない。 ある日、同級生の男子が事故を装いスカートを捲るつもりが、とんでもない事態に……!? ※本作には“曼珠沙華が咲ーいたっ♪”の出演者が出ます。 ⚠︎本作には暴力/殺戮/失禁描写が有ります。御注意下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 死神少女

    結構昔に同人誌で出した作品です。

    300

    0


    2022年10月27日更新

    「お前さん。本当の恐怖ってのを知ってるかい? いやいや、肝試しとかじゃねぇよ。本当の神様のことさ。え、神様は怖くない?なんだ知らないのかい。 ――本当は知ってやがるくせにな」 夜になると霧に包まれるケープ市、そこには深く闇に包まれた謎がある。人々は薄らと気付きながら、しかし気付いていない。 気付いたのは一人の少年、そして幾人か……。 世界で唯一の神が存在するこの街で、一体何人の人間が運命に翻弄されるのか。 ……彼女の罪は、何の罪?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間23分

    この作品を読む

  • Calling

    死神の心、折れ知らず。

    2,900

    0


    2022年10月26日更新

    先祖が交わした盟約により、御家の繁栄と引き換えに代々の子孫が二十歳を迎える日に“身体のどこか”を失うことが義務付けられた桜庭家。 現在の長子である青年・清司もまた成人の日を間近に控えていた。

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

  • 死神と呼ばれた少女

    『ガンアクション座談会』参加作品

    7,300

    150


    2022年10月12日更新

    赤銅 純様の自主企画『ガンアクション座談会』参加作品 死神から最も遠い場所に居る男と呼ばれる30代男が皮肉にも(恐らく)女子高生に人生を捻じ曲げられるという話

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 未来の死神、過去に哭く

    私は、君を救うために過去(ここ)にいる!

    40,300

    10


    2022年10月9日更新

    とある病室。 美しい死神の目の前には、衰弱しきったある青年の姿があった。 世界の理によって、彼女は彼の命を刈り取らなければならない。 しかし死神は、初対面であるはずの彼のことをなぜか知っていた。 なぜか愛していた。 だから死神は、自身の存在を犠牲にして奇跡を起こす。 過去に行き、彼の音楽の才能を奪う。 彼の音楽の才能が、彼を孤独にした。 世界は孤独となった者から命を奪う。 天才ピアニストとして脚光を浴びていた彼は、しかしその才能に溺れて孤独となってしまった。 そうであるなら、音楽の才能を奪えば彼は普通の少年として暮らしていける。 そう確信して、死神は過去に戻り大鎌を振るう。 それが悲劇の始まりになるとも知らないで……。

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • カウントダウン

    見えても言わない方が良い場合も有る

    5,500

    15


    2022年9月11日更新

    神社育ちの娘、神野康恵は、佳きモノも、悪しきモノも見える体質。 相応の助言を行うことで数多の人々を救ってきた。 或る日、気に入らない同級生の後ろに死神がおぶさっているのが見えた。 右手に鎌を持ち、左手は広げていた。何のつもりか分からなかったが、翌日 単純な変化から真の意味が分かってしまう。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 白い猫と黒い猫と死神と……

    死神に殺された少年の死神に恋する物語

    2,000

    0


    2022年8月31日更新

    高校1年生のシンは、学校帰りに日常で死神ニアに殺されてしまう。 気まぐれで助けられたシンは憤慨しつつも、人外の美しさを持つニアに協力する事に。 人を喰うシビトやそれを狩る死神。 常識外のことに触れたシンは、自らの世界の狭さに戸惑う。 そしていつしか自身の記憶の寸断に気が付き―― ――殺人現場に1人立つ自身の異常性を見付けるのだった。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間9分

    この作品を読む

  • 隣の婚約者の死神さん

    死神と人間が送る恋愛??

    400

    0


    2022年8月18日更新

    共川雫は死期が見える少女。そんな少女を好意に思う死神はある条件を渡し、 彼女に婚約を迫られる。果たして少女の運命は…。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

  • 故人(あのひと)と思い出(あのころ)と死神(あなた)

    死神シリーズ第6弾!!!

    5,500

    0


    2022年8月6日更新

    「死神は死を目前にする人が少しでも死への恐怖を和らげるために、死を迎える人の好みの顔に見えるようになっている」 一人寂しく暮らす老婆の三河銀子(みかわぎんこ)の前にペイルと名乗る死神が姿を現す。 死を目前にした銀子が見たペイルの姿とは? 誰も待ち望んでいない、死神シリーズ第6弾!!!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 三魂世界

    半妖と死神の日常は少し不思議なのです

    800

    0


    2022年7月5日更新

    妖怪事件が多発する街『霊豊町』 その街の霊豊高校に通う半妖の少年 『蛇牙宮 縁里』と その高校に転校してきた美少女、 『桜木春枝』こと死神のカリーナ・ファスティル と共に霊豊町や他の世界で起きる 様々な霊的事件を解決していく、 現代の妖怪ファンタジー!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間20分

    この作品を読む

  • 死神曰く、寿命一年らしい

    独特な雰囲気を出せたらいいと思っています

    200

    0


    2022年6月14日更新

    人生に生きる意味を見出すことができなくなった『僕』の元に死神を自称する不気味な男が家を訪ね、突然死を告げた。 「あなた、来年の今頃、この世にはいませんよ」 意味の分からない理屈に突如現れてた男の言葉に『僕』がとった、決断とは。

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 空虚な欲求

    あなたが欲しい物は何ですか?

    1,250

    0


    2022年6月14日更新

    この世に絶望した青年の元に突如現れた死神。 死神は寿命と引き換えに願いを叶えるという。 彼は何を願うのだろうか。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 後継者

    死神もいろいろと大変なようです

    5,400

    6


    2022年6月12日更新

    世界を征服した男の前に突然死神がやってきた。 「迎えに来た!?」と警戒するがそうではない。 他者への影響力が大きい人物には、死神が早めに死期を教えることになっていたのだ。 死神が言うには彼の寿命は二十二年と三か月、誤差プラスマイナス三年。 それまでに彼が使命を果たさないと人類が滅びるというのであるが…… ※すみません、操作を間違えて最初に投稿した話が消えてしまいました。応援ポイントをくださった方、本当に申しわけありませんでした。。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • ねえ、君、死ぬ前に私と将棋しようよ

    死ぬ前に指す将棋。相手は死神⁉

    179,500

    969


    2022年6月2日更新

    「ねえ、君、死ぬ前に私と将棋しようよ」 突然僕の背後から聞こえた言葉。振り返ると、そこには一人の女性。その正体は、まさかの死神。彼女は、僕と将棋をしたがっているのです。 「いや、僕、今から自殺する予定なんですけど」 「いや、知ってるよ? だから、死ぬ前に将棋指そうと思ったんだけど……」 「……あなた、頭大丈夫ですか?」 「……特に問題はないはずだけど。え、何? 何が分からないの?」 「…………?」 「…………?」 これから自殺する予定の僕と死神である彼女との将棋。紡がれる思い。 どうして僕が自殺をしようとしていたのか。どうして彼女は僕に将棋を挑んできたのか。最後に分かる、二人の共通点とは。 ハチャメチャで、アワアワで。そして、アマアマな二人の物語。 将棋を知っている方でも、もちろん知らない方でも楽しめる作品を目指します! 表紙のイラストは、徒人(とびと)様からいただきました。 徒人(とびと)様のTwitter → https://twitter.com/tobito_sosaku

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • 夢灯籠

    止まる一秒前。回る一時間。

    4,500

    41


    2022年5月28日更新

    学校の屋上から私は飛び降りた。 そのまま重力に身を任せ、一瞬の痛みと恐怖と共に終わりを迎えると思っていたのに。 コンクリートの地面に叩き付けられる寸前、世界が止まった。 ―――死にゆく貴方に心の準備をさせてあげます。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 自殺願望カップル

    死にたがり大学生二人の平凡な日常...?

    134,800

    403


    2022年5月19日更新

    大学生の「ムっくん」と「ムーちゃん」は、恋人同士。 二人の共通点は、強烈な自殺願望。 一日に五十回は「死にたい」と思ってしまうカップル。 この作品は、そのうちの一回を1000字程度の短編で記していきます(一部、連続で進行する話があります。「春夏篇」終盤からは長期のストーリーが展開します)。 今すぐにでも世界から消えてしまいたい。だけど何故だか、死ぬのを躊躇してしまう。 本作は、そんな不器用なカップルを描いた、8割平凡…2割危険な日常です。 自殺願望によって生み出された「死神」と「拳銃」が、作品を構成する鍵…キーワードになります。 後章が開始したので公表をしますが、本作は前章「春夏篇」・後章「秋冬篇」の全二章での完結を予定しております。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 時折ですが、話数内の誤った文章表現を(ストーリーを変えない程度に)改稿する場合がございますので、ご了承ください。 また、小説の他に、おまけ兼筆休めとしてイラストも投稿しています。 イラストはTwitterにも上げております。 2022/01/23に、表紙を新しく変更しました。 2022/01/03に、ジャンル部門で月間10位 2022/05/13に、ジャンル部門で日間1位 2022/05/18に、ジャンル部門で週間2位 2022/05/20に、ジャンル部門で年間28位 2022/05/18に、総合部門で週間42位 にランクインができました。 本作ですが、HJ小説大賞2021後期にて一次選考を通過致しました。 2022/05/19、無事に最終回を迎えました。 ご愛読いただいた方には、感謝の言葉を申し上げます。 これからお読みになられる方々は、引き続きご愛読いただけますと幸いです。 何卒、よろしくお願い致します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間41分

    この作品を読む

  • 死神委員会 ~迷える魂裁きます。~

    もしも死神が仕事するとしたら?ってお話。

    0

    0


    2022年4月28日更新

    冥界から人間の魂を管理する組織《死神委員会》。 委員会の中で、現世を彷徨う人間の魂を審査し、取り締まる存在《死神》。 そんな彼らの非現実的な活動を描いたお話。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 親不孝な死神

    もう何度ぽっくり逝くかと思ったか。

    7,600

    25


    2022年4月27日更新

    男は息子を亡くした。これから幸せになっていくのを見れると思っていたのに。こんな早くに死んでしまった、世話の焼ける息子をあの世から連れ帰らなければと男は縄を用意する。さて、と意気込んだ男の目の前に現れたのは、古典的な黒いローブを着込んだ死神だった。 ※自殺未遂の描写があります。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む