殺し屋

検索結果:36件

  • 最強アサシンは今日も夢を見せる

    最強の殺し屋二人組が織りなす物語

    700

    0


    2021年8月4日更新

    暗殺を専門とするエルズベリー暗殺事務所を営むダリル・エルズベリーとシェリー・コールは世界で最も金のかかるアサシンとして名を馳せていた。 多くの依頼が彼等の元へは寄せられるが、全てを殺すわけでは無い。知る人ぞ知る合言葉を言えた者だけが彼等を雇い、暗殺を依頼することが出来るのだ。 最強無双の幻術魔法使いダリルと認識した人間の位置を特定し、位置特定魔法と死体の完全処理魔法を扱うシェリーは今日も依頼が来ない事を祈りながら、電話を取る。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:46分

    この作品を読む

  • 2年前に死んだはずの妹が、別世界からやってきた

    それがたとえ決められた運命だとしても

    473,000

    66,990


    2021年8月3日更新

    大型アップデート並に改稿しました! 投稿日と感想が一致しないと思うのですが、不正でもなんでもないので、安心して読んでいただけたらと思います。 〜あらすじ〜 降り続く雨の中、橘隼人(たちばなはやと)は、深くまでフードを被り、傘を差さずに立っている少女と出会う。少女の名は、朝倉千尋(あさくらちひろ)と言う。 千尋は隼人の存在に気付くと、キュッと隼人の服の袖を掴んで言った。『見つけた』と。 その言葉から、物語は動き始める。 見つけたとは一体どういうことなのか? この先に待つ2人の運命とは--!?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • 殺し屋兎と灰色の鷹

    営業会社の社長と秘書は、殺し屋でした。

    400

    0


    2021年6月30日更新

    ある会社で働く2人には、秘密があった。 それは、人殺しを引き受ける『殺し屋』をしていると言うこと。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 血の鎖-戦血の乙女-

    鉄錆の匂いがする

    200

    0


    2021年6月2日更新

    女殺し屋である加藤と相棒のロリ吸血鬼ナナノの自由気ままな、その日暮らし。 加藤は、香港マフィア唐人会(とうじんかい)に依頼されて、ターゲットである議員の暗殺を決行する。 議員を殺すのには成功した。 しかし、議員のSPが大事そうに持っていたスーツケースを盗んだのが、ことの始まりであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ロスキル

    反撃の、のろしをあげろ。

    12,900

    100


    2021年5月7日更新

    反撃の、のろしをあげろ。 株式会社「ロスキル」に所属する僕は、鬼ごっこで言うなら鬼の役目。でも逃げる側にも武器があるとしたら?そう、これは戦争。戦う者よ、それに対する者達よ、武器を取れ。己の命を武器に、己の命を勝ち取れ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

  • イノセントマーダー 〜イーストリーパーとの初恋〜

    殺し屋二人のらぶな話()

    600

    0


    2021年4月23日更新

    ── どうやら僕が触れることが出来るのは君だけらしい。ま、多分、それは君がほぼ害のないモノに近いからかも知れないね。ところで、君、僕と結婚する気は無い? --------キリトリ線-------- 主人公『私』は、表では大学生、裏では殺し屋として日々を過ごしていた。 ある時、彼女は契約を交わした夏原という屋敷にて、とある招待状を貰い、希咲邸という屋敷に案内される。 その時、『私』は屋敷にて、夏原家次期当主の夏原凛太郎の妻、夏原結子に、とある事件が起こったことを教わった。 『私』が夏原家に来る前に居た専属の殺し屋が密室で殺された事件で、犯人は分からずじまいだという。 『私』はその事件にて引っかかることがある為、屋敷にて出会った青年、FOEKILLERの『イーストリーパー』と共に、引っかかる謎を解こうとする。 ­­­--­­---­­--­­--キリトリセン­­--­­--­­----­­- 〇誤字脱字、文才能力皆無、グロ、流血表現、性描写あり 〇恋愛描写 〇なんちゃってミステリー 〇更新不定期 〇とある偉大な小説家様を元に自分なりの小説を作りました 〇小説家になろうにも投稿しています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間36分

    この作品を読む

  • イかす殺し屋のしあわせ劇場(打ち切り)

    「──舐めるんじゃないぜ。心の傷」

    17,700

    0


    2021年4月4日更新

    【作者から】 https://novelup.plus/story/591357911

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間48分

    この作品を読む

  • 境界のロゼット

    私の居場所は、日向か日陰か

    6,400

    65


    2021年3月21日更新

    信者になった者に幸運を与えると言われている『宗教法人 ふくろう会』 しかしそこは、暗殺者を育成している児童養護施設と提携し、裏世界で『梟会―キョウカイ―』と呼ばれている暗殺組織だった。 ある日、梟会の腕利き暗殺者である少女・葉子のもとに、ある御曹司の『護衛』の依頼が舞い込んできて――? 他掲載サイト:カクヨム/NOVEL DAYS/エブリスタ

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 百合とユーリ―私は殺し屋、彼女は警官

    私たちは壁で区切られている

    600

    0


    2021年3月14日更新

    経済政策の失敗から、貧富の差が二極化した近い未来の日本。相次ぐ貧民による富裕層に対するテロを防ぐため、東京は「壁」で区切られるようになった。壁を憎む殺し屋百合と凄腕のハッカーでもある警官ユーリの2人の運命は如何に

    読了目安時間:2時間20分

    この作品を読む

  • ラバー

    僕はカラスに似ていると思う事にした

    41,500

    650


    2021年2月28日更新

    【第6回カクヨムWeb小説コンテスト参加してます】 【一話1000〜2000文字、サラッと読めます】 生きる為に人を殺す。 それは自然な事だ。 誰もがみんな他者を殺して生きている。 違いがあるとするなら、 直接的か? 間接的か? それだけだ。 だから少年は今日も引き金を引く。 短い破裂音が3回鳴って、この世からクズが消える。 あるのは、ただそれだけ。 ※カクヨムにも投稿してます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間20分

    この作品を読む

  • Honey trap

    美人殺し屋と男子高校生の話です

    4,500

    0


    2021年2月21日更新

    高校生の晴樹がある日出会ったのは、むせかえるような血生臭い殺人現場で笑顔を崩さない殺し屋を名乗るアヤ。 ひょんなことからその相棒にスカウトされた晴樹は、自身の家族を殺した放火魔の手がかりを掴めるかもしれないと思い手を組むことに。 斯くして、殺し屋と高校生の非日常的生活が幕を開けた―― 10年程前に個人ブログでひっそり公開していたお話を少しだけ手直ししたものです。 なお、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間51分

    この作品を読む

  • 暴食のヴァージル~最凶の殺し屋と友達になりました~

    妙な友達が出来たと思ったら、溺愛

    400

    0


    2021年1月31日更新

    シレネの町に住むカナはある日、些細な事でヴァージルという謎の男と友達になった。 カナにとってはちょっとしたお節介からの申し出だったが、どうにもヴァージルにとって友達の言葉の重みが違うようで……? 押しかけて来た元裏社会の実力者ヴァージルと、絆され気付けば後戻りできない程に好きになってしまっていたカナの危険に満ちた恋愛のお話です。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間16分

    この作品を読む

  • 僕が死んでから初めて好きになったのは、僕を殺した人でした

    死の向こうに、痺れるような恋がありました

    136,600

    540


    2020年12月18日更新

    ホラー系ラブストーリー。 この小説はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。 2021/7/22 最終改稿 僕は、実家を出る。 ここまで、育ててもらったのはありがたいけれど、これ以上父の望む生き方は続けられない。 例えどんなに周りからみて惨めな生き方に見えたとしても、人に謝り続ける人生だとしても、他者を踏みにじるような生き方は、したくないんだ。 大丈夫、僕には優しい恋人もいる。きっと、なんとかやっていける。 でも、僕は甘かった。 実家を捨てた僕を、彼女は捨てた。 僕の価値は実家にしかなかったらしい。 仕事にも生きることにも疲れてきたある日の仕事帰り、僕は争う一組のカップルに出会った。 単なる痴話喧嘩じゃない。それは見事な殺し合いだった。 僕は女が男を殺す、殺人の目撃者になった。 女は冷静に僕の命もたった。 ああ、やっと終われる。そう思って天に上りかけていた僕は強烈な力で引き止められた。 僕は見てしまったんだ。僕の血で濡れた美しい彼女の顔を。 僕は天に昇っている場合ではなくなった。 僕は僕を殺した彼女に恋をした。 2021/6/9大改稿のため、初期投稿のモノより2ページほど短くなっております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間23分

    この作品を読む

  • めっちゃかわいい俺の彼女は実は殺し屋でした

    みんな読んで

    14,700

    0


    2020年11月30日更新

    幼馴染の彼女は俺にとってめっちゃかわいくて最高だったけどある日、本当の顔を見た。 俺はどうすれば!?

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 殺し屋さんと自殺少女

    殺し屋さんと拾われた自殺少女の話

    97,700

    380


    2020年11月29日更新

    人生で何度目かの自殺を試みたある日、私は殺し屋さんに拾われた。 殺し屋さんは性別不詳で、私の大事な人を殺した人だ。でも同時に私を救ってくれた人でもある。 そんな殺し屋さんの幸せを想いながら、私は生きていく。 死んで来た人たちに、それでも幸せでいたいと伝えながら。 これはたくさんの犠牲を越えて、それでも幸せを目指す物語。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

  • クーデレ彼女は暗殺者

    クーデレ殺し屋vs神童

    7,400

    0


    2020年11月29日更新

    創作グループの「クーデレ」というお題で書きました。 暴力描写ありに設定していますが、グロ要素は一切ないです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • エンディングプランナー

    最期の幕引きに、死の欲望を叶えましょう。

    124,500

    150


    2020年11月17日更新

    葬祭プランナー“佐久間隆一”は「殺したい人」と「殺されたい人」をマッチングさせる風変わりな殺し屋だった――。 佐久間を中心に繰り広げられるブラックドラマ短編集(完結済) ※表紙絵・呉橋なつほ (同世界線スピンオフ) 『アングラット』 https://novelup.plus/story/946063665

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間15分

    この作品を読む

  • 殺し屋は忘れた頃にやってくる

    新米の殺し屋ベンの精神的成長物語

    1,900

    0


    2020年10月14日更新

    ある老人が行きつけのバーで飲んでいると、見知らぬ男が声をかけてきた。彼は自身を殺し屋だったと名乗り、過去を語り始める・・・ おもな登場人物 老人・・・殺し屋の話し相手 ブライアン・・・凄腕の殺し屋。ベンの教育係。 ベン・・・新人。殺し屋に憧れて、街にやってきた。 ケイト・・・ベンが一目ぼれした女性。俳優志望。 デビュー作ですので、至らない点が多くあると思いますが、何かアドバイスなどあればコメントしていただけるとありがたいです。 この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間45分

    この作品を読む

  • 無言の殺し屋と無口な少女 第二部

    多くの色に染められても、白いままな気持ち

    1,900

    0


    2020年10月14日更新

    常冬の街から旅立ったトモとユキ。 多くの出会い、苦難、戦いを経て得たものは…? そして今後訪れる出来事は… 無言の殺し屋と無口な少女、第二部です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む

  • デッドエンドを君に 〜殺し屋がチートを狙う理由〜

    チート能力が好きな人は読まないでください

    1,500

    0


    2020年10月5日更新

    六人の高校生は異世界でチート能力を手に入れた。 勇者、戦士、賢者、料理人、魔女、聖女。 皆に慕われ、尊敬され、何でも思うがままの世界で彼らは思う存分力を奮う。 しかし、ある時突然現れた二人の殺し屋「ヨル」と「アサ」によって、彼らの世界は狂い出す。 暴力的に残酷な二人の前ではチートも全く役に立たない!? 殺し屋はなぜ六人を狙うのか? その目的は? 鍵は彼らの「記憶」にあるーー?

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む