検索結果:24件

  • 生ハムメロン

    3分で読めるショートショート

    3,200

    0


    2022年5月17日更新

    生ハムメロンが好きだ。 好きで好きでたまらない。 メロンの甘ったるさに脳みそがとろけてしまう。 みかん、かき、りんご、グレープフルーツ、なしもあるのだけれど、メロンがいちばんだ。 食べ応えというか、生ハムと相性はよい。 生ハムのためのメロンだし、メロンのための生ハムだろう。 生ハムメロン専門店に足しげく通う僕は、疑う余地なしに生ハムメロン好きなのです。 安らぎというか、生ハムメロンは僕に癒やしを与えてくれる。 なぜメロンなのかは知らないが、おそらく僕の素性だろう。 未熟か完熟か、むろん青さも新鮮でよいがむしろ僕は完熟し切った芳醇さにやられてしまう。 なぜ熟れたメロンが好きなのか当然ながらわからない。 同じメロンといえども、生ハムメロンはやはり完熟メロンだと無自覚に指名する僕がいる。 病的だと最近は思う。 生ハムメロンが頭から離れない。 仕事中だというのに、僕は常に生ハムメロンを頭の片隅に置いて、客先で商談を笑って進めるのだ。 先方に商談中なのに、生ハムメロンですか、と責められたら正直謝るしかない。 街を歩いていてもどこそこ構わず僕の頭の中には生ハムメロンが浮かんでおり、気を許せばすれ違う人たちに生ハムメロンがだぶって嘔気を覚える。 自宅に着いても気を抜けず、抜けば日用品から生ハムメロンに変わり、気付けば僕は生ハムメロンに囲まれ、吐き気を催して急いでトイレに駆け込み、便器の中に吐瀉するが、吐瀉物までもが生ハムメロンに変わり、からっぽの胃のまま僕はしばらく嘔吐をくり返すのだ。 生ハムメロンが好きだ。 好きだが好きだからこそ僕はこれほど苦しむのだろうか。 幼き日に読んだ芥川龍之介の『芋粥』を思い出す。 けれども氏の掌篇とちがって僕は生ハムメロンを自力で手に入れ、生ハムメロンに浸っていたはずで、まさか生ハムメロンが僕に災難を降りそそぐとは解せない。 あくまで僕は生ハムメロンの主であって従ではないのだ。 金を払って生ハムメロンを愉しんでいるわけで、生ハムメロンに金を払えと強要されたわけではない。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • マザー

    母の日なので

    2,600

    0


    2022年5月9日更新

    母の日なので、一人の子供として、一人の母親として思うことを──。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 無慈悲な審判

    イケメンなら許せちゃうんですね……

    7,350

    10


    2022年3月15日更新

    僕の母さんは、男尊女卑の激しい時代をくぐり抜けて来た強い女性、フェミニスト系。 なので、ピンク系犯罪のニュースを見ると、ブチぎれます。 一方で面食いな人なので、イケメンに甘い傾向があり、母の審判は、見ていて怖いです。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 冬至南瓜を煮る

    母を思う。冬至南瓜を煮る。

    16,700

    365


    2021年12月22日更新

    母が入院した年、杏奈は初めて自分で冬至南瓜を煮る。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 扇風機

    扇風機の前に立つとアーッて言いたくなる。

    100

    0


    2021年12月21日更新

    周りのものすべてに魔力が宿っている気がした頃のお話です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 見えないジェシカ

    読めずとも、知る事はできる

    3,000

    5


    2021年11月10日更新

    王国の歴史に刻まれた革命は、華々しきものとして人々の記憶に残っている。それは、民衆に望まれた正義の執行であり、王は打ち倒されるべくして打ち倒されたのだ。 だが、全ての民が救われたわけではなかった。かつては望まぬ事をして、物のように扱われて、やがて捨てられるだろう運命を目の当たりにして、そこから掬い上げられてなお、彼女は革命の夜を悲しんでいる。 盲目のジェシカ。その光を映さない瞳は、いつも何かを望んでいた。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • はるみ係

    記憶に潜む謎、足元を揺るがす真実

    125,345

    660


    2021年9月24日更新

    2023年3月、ある小学校で卒業式が執り行われた。そこで、一つの大きな問題が発生した。矢作ららという卒業生が暴れ始めたのである。エスカレートしたららの投げた椅子が、担任教師の女性に当たった。倒れた彼女。騒然とする体育館。ららは向かってくる母親に両腕を伸ばす。その時、立ち上がった女性の姿が。彼女は倒れていた椅子を掴むと、ららを殴り飛ばした。ららの担任だった女性の凶行に、体育館は悲鳴が鳴り響く始末となった。 次の日、橋本絵波(46歳)はなぜららを殴ってしまったのか悩んでいた。夫と息子と3人で幸せな家庭を築いてきたのに、このままでは教師としてのキャリアを失い、自分は破滅してしまう。それを回避するためには、殴ってしまった止むに止まれぬ理由を見つけ出し、それをららの両親に伝えて示談に持ち込むしかない。そう考えた絵波はまず、ららと過ごした1年、そして自らの半生を振り返るのだが……。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間25分

    この作品を読む

  • 貴賤

    倫理外の幸福

    3,500

    200


    2021年7月18日更新

    「上下」を短編小説として完成させるために改訂版を書きました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 言葉織―託された想い―

    エブリスタ妄想コン参加した作品です

    4,700

    0


    2021年7月8日更新

    言葉織として最期まで生きた母。 想いは廻り廻って。 託され、繋がってゆく。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 異世界母性

    愛と家庭を知らない青少年を母性が包み込む

    56,900

    915


    2021年4月18日更新

    その世界の青少年たちは身分制度に苦しんでいた。 大人教という宗教の教えにより、上級者と下級身分者に別けられ 差別し合っていた。 そこへ異世界からアラサー主婦が転移してくる。 そして救世主(オタク)として 時間跳躍の過去改変を駆使して 子どもたちを教え導き、鍛えていった。 子どもたちは変わっていく。 自分の価値に気がつき、差別に抗い、 自分で考え、感じるままに行動していく。 そして、自分たちの国を作ることを決意し、 ついに大人に対して独立を宣言する! 打倒!大人絶対主義!! 大人の理不尽に異世界の青少年が斬れる! 夫婦カウンセラーであるメンタリスト(自称)の主婦が 自己啓発セミナーで学んできたことを使って 青少年をサポートしていく物語である! ◆作者より 多くの応援ポイント&ノベラポイント、ビビッとに心から感謝しています! 本当にありがとう! 作品が楽しいエンターテインメントになり、 感動するような執筆を心がけております! 応援よろしくお願いします♪ ◆どうでもいいことですが、ママリアさんの胸のサイズをF→Jカップに盛りました…… すいません、すいません。 ◆応募 挿絵を描いてくださる絵師さんを募集しております。 正当な報酬と信頼をお約束いたします。 ご連絡ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間34分

    この作品を読む

  • 押し入れの中のマアチ

    歌うように

    400

    0


    2021年3月22日更新

  • ロンリーガール

    一人寂しい夜もある

    3,000

    0


    2021年2月16日更新

    トリニティ ブラッドフォードは今日も仕事帰りにスーパーマーッケットに寄る 晩冬の家路はまだまだ寒い 心まで冷えてきそうだ 誰もいないアパートの部屋 2年前まではそこには最愛の母の姿があった…

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 自粛中の出来事

    全オン祭川柳、参加作品

    1,300

    0


    2021年2月11日更新

    全オン祭の川柳部門に参加します! コロナ禍の自粛中に思ったことを書きました!

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • vivid gray ―ギシの羣―

    グレーゾーンの出来事を解決、その10。

    24,300

    50


    2021年1月15日更新

    インターネット上に密やかに存在するそれは「灰色のページ」と呼ばれていた。 特殊な状況、問題、現象、事件に困った人間が検索を繰り返すとある時、たった一ページだけがヒットする。 「灰色の問題でお困りですか?」 そのページをクリックすると進むのは真っ白なページに一文。 「誰にも理解されない問題でお困りでしたらその内容をご記入し、送信ください。当方の範疇に当てはまるものである場合、あなたをお助け致します」 そうして状況を送信すると返信が返ってくる。そうして、理解不能な出来事を解決してくれる者が現れると。 ※ 「灰色」を生業とする日昏マチと纐纈ヒムラは依頼を受けた。待ち合わせ場所に現れたのは小さな子供と、その母親。 母親はある頃から自分の子供に〝違和感〟を感じるようになったと言う。それはほんの些細なはじまりましから、まるで誤差のような違いだった。 けれど、けして知るはずのない言葉を喋り、それまで大切にしていたものに一切の興味をなくし、興味のなかったものを好む。母親にはそれが成長故のものとは思い切れなかった。 そしてある日、息子の宝物入れの中に奇妙なものを見つける。それは以前、川へ遊びに行った際に息子が持ち帰った石だった。 思えばその石を持ち帰ってからだった。 息子の様子がおかしく感じ始めたのは――…… ※「依頼人」に起こる様々な不思議な出来事、グレーゾーンの現象を解決していく怪奇系ミステリー。

    読了目安時間:49分

    この作品を読む

  • 僕の夢

    親って、偉大ですよね。そんなお話です。

    5,200

    20


    2020年9月28日更新

    いつも、どんな時でも、僕の母は愚痴を言わなかった。 僕の夢は……。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 僕の小さなお母さん

    ママロリです

    250

    0


    2020年7月21日更新

    ある日、家に帰ると、見知らぬ幼女がいた。 その幼女は泣きながらこう言ってきた。 「どうしよう。お母さん……小学生になっちゃった!」 若返りお母さんと送る、七日間の小さな物語。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 空は晴れ

    舐達麻を聴きながら創作してます。

    0

    0


    2020年6月26日更新

    佐藤くんは平凡な中学生。 ひょんなことからいとこのお兄ちゃん祐介くんと暮らすことになりました。 祐介くんはとてもいいお兄ちゃん。 好きなものも買ってくれるし、お母さんにも優しい。 だけど祐介くんは...

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 帰省

    子が親を思いやり親が子を思いやる。

    1,000

    0


    2020年6月17日更新

    シャーリー クレインはサウスダコタの私立小学校の教師になって二年目 昨年は仕事に追われノースダコタの実家に帰省出来ずじまい 久々の我が家 家族団欒の一時 友人との再会 人一倍強い家族の絆のうらにはある暗黙の了解があった…

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • 第89次トイレ大戦

    便座カバーから生まれてしまった混沌 

    800

    0


    2020年6月1日更新

    トイレに引きこもり、戦争を始めよう! はい、ユキトンです。ストレスと下ネタコメディーやりたい欲が混ざりあい、狂気ともいえる作品が生まれました。R18Gです。最低な部分が幾らでもあります。 下品に笑いたい。 そんか方以外はブラウザバックして「俺たちはプラモデルと共に何を作る?」を読むのです。繰り返します、本作は最低です。それでもいいよという方のみお進みください では!

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • トイレのタカコさん

    感想お待ちしてます!

    500

    0


    2020年5月13日更新

    ふとこんな話あったら面白いかなと思い、投稿させて頂きました。稚拙な文章で読みにくい部分があると思いますが、読んで感想を頂けると幸いです。 母ちゃんの話です。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • クリームソーダ

    セミの声、知らない町、思い出す、あの味

    19,700

    150


    2020年1月21日更新

    夏になると思い出す。 母さんに連れられて行った喫茶店の、クリームソーダの味を。 あの夏の日の出来事が、今も私の胸を締め付ける。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • お母さんのマフラー

    この子はいつまでも私の子

    0

    0


    2020年1月13日更新

    幼い頃に誕生日プレゼントで貰ったマフラーを大きくなっても大事に使うやさしい子。 そんな子に対する母の思いを綴りました。 ちょっとだけ怖い母と子の繋がり方のお話です。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 月へ!

    少年は、月を目指す!

    1,200

    0


    2019年12月1日更新

    ——母さんに会ってくれ—— 幻奏寺令(げんそうじれい)は、父の最後の言葉をキッカケに、母に会いにいくことを決意する。 母がいる場所は、なんと、月だった!

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 似てない家族

    床下にある秘密

    3,750

    0


    2019年10月10日更新

    俺の家の床下にある秘密

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6分

    この作品を読む