江戸時代

検索結果:116件

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    3,428,026

    7,801


    2023年2月7日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。 イラストは九頭龍の人型と嵯峨の人型どちらも龍神様です(芳乃カオル様よりいただきました)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:34時間22分

    この作品を読む

  • その手を引くのは

    少し訳ありな時代物和風恋愛です。

    185,300

    1,090


    2023年2月7日更新

    時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。 料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。 傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す―― ※この物語の中には、精神的または肉体的に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。 ※表紙はイラストレーターのyuki様にご制作頂きました。無断使用・無断転載などはご遠慮下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間44分

    この作品を読む

  • 時空系公務員の受難

    イメージより遥かに辛い、公務員の世界を。

    307,250

    230


    2023年2月7日更新

    公務員の悲哀をたっぷりと。 時間整備局時間整備部時間整備課時間改善四係 主事 雄世 比古志《およ ひこし》 26歳は、上司である補佐兼係長 芥子 花蘭《けし からん》を怒らせた同僚 主任 是田 芽太《これだ めいだ》と共に江戸に置き去りにされた。 自分の時代に、雄世たちは帰れるのか?

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間46分

    この作品を読む

  • 天高く燃ゆ~江戸市ヶ谷事件帖

    のちの新選組メンバーの江戸での物語

    1,700

    10


    2023年2月5日更新

    時は幕末、刻々と変化する時世の江戸市中。 そんな江戸の片隅に建つ小さな剣術道場・試衛館には個性的な面々が集う。 土方歳三をはじめした、沖田総司や食客たち、そして道場主の近藤勇。 だが世は鎖国から開国に転じたことから、異人襲撃や食い詰め浪人による人斬りが横行。武士とは何かと問われる中、歳三たちは真の武士像を求めて江戸の町を駆けていく。

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • 第一話 秋風 その3

    連載中

    0

    0


    2023年2月3日更新

    寺子屋師匠 菊池三之丞と妹弥生の活躍と成長

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 茜空の彼岸花

    新選組とある女の話。(完全に作者の趣味)

    14,500

    20


    2023年1月30日更新

    [あたいはあたいの思うままに生きる。 今も昔もこれからも。] 物の怪や幽霊がチラつく江戸時代。 目には見えないものから、 京を護れと仰せつかった新選組に、手を貸すはめになった陰陽術を使いこなす不思議な女、鈴音。 ガサツでありながらも、優しく多くの謎を秘めた彼女は、 拭えない過去と新しい道への葛藤を抱え、 新選組とともに時代を駆け抜けて行く。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 〓〓屋敷

    新春ホラー祭の参加作品です。

    9,200

    125


    2023年1月19日更新

    神室宗介様の企画、「新春ホラー短編祭」に参加させていただきました。 テーマは一応「春夏秋冬」ですが、ちょっとズレてる気も……(;´・ω・)

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 落語 招き猫

    招き猫のように右手を上げていた。

    2,400

    0


    2022年12月30日更新

    火事に遭遇した松吉は、取り残された子猫を助けようと奮闘する。 ※古希(こき):七十歳 ※四方山話(よもやまばなし): 種々雑多な話。 世間話。 雑談。 ※鳶口(とびくち):長さ1.5m~2mほどの木製の棒の先に、鳥のくちばしのような形状をした鉄製の鉤(かぎ)が付いた道具。木材を引っかけて運搬したり、木造家屋を解体したりするために用いられる。 ※丸髷(まるまげ):結婚した婦人が結う、日本髪の型。頭上に楕円(だえん)形の、やや平たい髷(まげ)をつけたもの。 ※旧暦の春は一月~三月。 ※欣喜雀躍(きんきじゃくやく):大喜びで、小躍りすること。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 彼岸の桜

    勉強会④用、一人称の短編。

    600

    10


    2022年12月26日更新

    慶応四年、戊辰戦争の最中。 新選組は、かつての華々しい活躍から転じ、斜陽の一途を辿っていた。 戦で倒れる者、隊を離脱する者、それでも残る者。 一番組長・沖田総司は、患っていた肺病が悪化、戦線を退き、千駄ヶ谷の植木屋で療養する事に。 副長・土方歳三は、戦の合間を縫い、沖田に会いに行く。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 江戸・oh!掃除 (落語風)

    もう、冬でぃ。はえーな……

    700

    20


    2022年12月17日更新

    年末になるとめんどくせぇのが、大掃除だ。そこで、一人もんの伊吉は、彼女のおよねに頼むことにした。ところが……

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 藁の縄

    神隠しにでも遭ったのじゃろか?

    1,100

    10


    2022年12月10日更新

    誰一人として、おえいの声を聞いたことがなかった。 ※時代設定上の差別用語があります。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • ある空の下で

    (ノベプラ課題参加用)

    1,100

    0


    2022年11月23日更新

    ノベプラ課題参加用の作品になります。 新選組を描いております。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 俵屋 ―風神 雷神―

    頃は寛永 絵描きの話をしよう

    23,500

    50


    2022年11月3日更新

    能狂言、歌舞伎、書蹟骨董、茶の湯、そして絵画。 信長や秀吉の好んだ豪奢な美、雅やかな王朝文化。それは混じり合い、町衆という裕福な商工業者たちの自治組織によって支えられ、京の文化として花開く。 関ヶ原も今は昔。 京に絵屋というものができた。店の名は「俵屋」当主の名を「宗達」という。 ▽▽▽▽▽ 似非京都弁なので直してくれる方を希望します。もしくはご寛恕くださいませ。 ▽▽▽▽▽ 琳派の流れでシリーズ化できたらいいなあと思います(希望) 俵屋宗達→尾形光琳→酒井抱一→鈴木其一 →(神坂雪佳) →明治近代日本画の画家

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 無いもの貸し升!損料屋

    娘十八、番茶も出花。

    3,300

    5


    2022年11月1日更新

    江戸の損料屋を舞台にしたコメディ。男勝りのお沙希が繰り広げる恋と捕り物。

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 盆正月

    こんな伝統行事があるんですよ(笑)

    2,800

    0


    2022年10月30日更新

    お盆休みも終わりの日、もっと休みが欲しい茂吉と五郎は「盆正月」を実行するのだった。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 女奉行 伊吹千寿

    女奉行が江戸の町の悪を斬る!

    17,900

    110


    2022年10月30日更新

    八代将軍徳川吉宗の治世において、女奉行所が設置される事になった。 享保の改革の一環として吉宗が大奥の人員を削減しようとした際、それに協力する代わりとして大奥を去る美女を中心として結成されたのだ。 どうせ何も出来ないだろうとたかをくくられていたのだが、逆に大した議論がされずに奉行が設置されることになった結果、女性の保護の任務に関しては他の奉行を圧倒する凄まじい権限が与えられる事になった。 そして奉行を務める美女、伊吹千寿の下には、〝熊殺しの女傑〟江沢せん、〝今板額〟城之内美湖、〝うらなり軍学者〟赤尾陣内等の一癖も二癖もある配下が集う。 権限こそあれど予算も人も乏しい彼女らであったが、江戸の町で女たちの生活を守るため、南北町奉行と時には反目、時には協力しながら事件に挑んでいくのであった。 アルファポリスの第8回歴史・時代小説大賞で「江戸を揺るがす捕物譚賞」を受賞した作品の転載です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間38分

    この作品を読む

  • 豊玉宗匠の憂鬱

    幕末、新選組。土方さん俳句ネタ、ギャグ。

    1,300

    0


    2022年10月29日更新

    1860年、暮れ。 後の新選組 副長、土方歳三は、 机の前で、と或る問題に直面していた――。 ※「小説家にな●うラジオ」ネタ有り。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 散華の庭

    幕末、新選組。土方と、沖田の話。

    1,100

    0


    2022年10月21日更新

    慶応四年、戊辰戦争の最中。 新選組 一番組長・沖田総司は、 患った肺病の療養の為、千駄ヶ谷の植木屋に身を寄せる。 戦線 復帰を望む沖田だが、 刻一刻と迫る死期が、彼の心に、暗い影を落とす。 その頃、副長・土方歳三は、 宇都宮で、新政府軍と戦っていた――。

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 泡沫の魚

    幕末、土佐藩。岡田以蔵と武市半平太の話。

    1,200

    0


    2022年10月9日更新

    安政二年。 後に「人斬り以蔵」の異名を取る、 土佐藩士・岡田以蔵は、 師と仰ぐ、武市瑞山(半平太)の、道場に入門する。 若かりし以蔵と、武市先生の、道場での一日。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 群青の雲

    頃は幕末 絵描きの話をしよう

    26,400

    160


    2022年9月9日更新

    幕藩体制の弱体化と矛盾が誰の目にも明らかになってきた幕末。 京狩野(きょうがのう)の家に生まれた晋三(しんぞう)は書を読み、絵を描くことが好きだった。 だが両親は狂言師になれという。 初めは面白く思ったものの、やはり絵師の血はそれを許さなかった。京のあちらこちらで模写した絵巻は八十九巻を数える。 晋三は狩野永恭(かのうえいきょう)と画号を与えられたが、描きはじめたものは狩野派の絵ではなく「やまと絵」と言われる柔らかく艶(あで)やかな絵だった。 永恭と出会った綾野(あやの)という年下の少年も絵の道に進むことになる。 永恭から金儲けの匂いを嗅ぎ取った綾野は、押しかけて行った先で目にした「やまと絵」に魅了され、本気で弟子入りを志願することになったのだ。 わがままな師匠は弟子を振り回し、弟子はそれでも師匠について行く。それは終生変わることがなかった。 永恭は自分の好きな王朝文化をその場に実現させるために、絵ばかりではなく身の回り全てを変えていく。 名を冷泉為恭(れいぜいためちか)と改め、公家風の屋敷に住み、衣服も袍(ほう)や狩衣(かりぎぬ)を着るといった具合だ。 泰平(たいへい)の世は黒船の襲来と共に終わる。 攘夷派と開国派の対立が起こり、否応なしに京(みやこ)はそれに飲み込まれていく。 「私は絵が描きたいだけなんやけどなあ」 そう言っていた為恭も例外ではなかった。 冷泉為恭は、当時衰退していた「やまと絵」を描き続け、復古やまと絵の代表的絵師と呼ばれるようになった。 彼の美しい濃彩画(のうさいが)は今も各地に残る。 ▽▽▽▽▽ 各話の後書きを脚注に使用しています。 読まなくても問題ありません。 ▽▽▽▽▽ 本文の右上「Aa設定」から縦組みを設定してくださると読みやすいかと思います。 よろしければお試しください。 ▽▽▽▽▽ 参考文献 本文末に掲載します。 ▽▽▽▽▽ 似非京言葉が出てきますが深読みするようなものではありません。 そのままの意味で捉えてください。でないと話が進まないので笑 むしろ言葉のおかしなところがあったら教えてください。よろしくお願いします(切実)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間2分

    この作品を読む

  • あやかし遊郭かっかく屋

    遊郭×コメディ×百合×妖怪。

    47,600

    145


    2022年9月2日更新

    吉原の赫赫屋(かっかくや)に勤める遊女は病にならない。 そんな噂で繁盛していた小見世に、ある日寒村からふよという娘が売られてきた。 齢三十八にして少女のような若さを保つふよに、女楼主である蘭菊は、この見世は化生の物が客を取っているという秘密を明かす。 あやかしや人外の者を雇う見世故、人のかかる病など恐るるに足らず。 そして、人魚の肉を食べたふよが既に不老不死であることを告げた。 実に遊女の八割が人外、基本的に病と寿命の心配がない遊郭という特異な環境で、ふよは新米遊女「芙蓉」として、そして人外として、女ばかりのどこか緊張感のない苦界を生きていく。 ちょっと妖しげなコメディです。 百合ですが、恋愛描写だけでなく女の友情込み。 遊廓物ですが、女性はあんまり不幸にならないです。 基本的にハッピーエンド。魔法というか妖術とか通力的なのは普通に出てくる世界です。18禁描写は詳細に書きませんが、一応遊郭物なので下ネタとか出ますしレーティングしておきます。 ☆が付いてる話は比較的セクシーな描写があります。 筆者は全力で資料を調べながら書いていますが、間違いなどあったらご指摘お願いします。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間23分

    この作品を読む

  • 寺子屋先生の秘密

    ショートショートコンテスト「嘘」参加作品

    1,300

    0


    2022年8月16日更新

    ある藩の寒村。 夕暮れ時、農家の五兵衛の家を、隣の寺子屋の“先生”が訪れる。 先生は、五兵衛に向けて、とある事を頼むのだが……。 *小説家になろう、ノベルデイズに掲載している同タイトル作品を一部加筆したものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 蛇使いと鏡の子

    これは〝鏡〟を越えた戦に終止符を打つ物語

    178,800

    270


    2022年8月13日更新

    【幕間改稿中】訳ありイケメン女主人公が、仲間と共に非道な魔術師と戦う! 浮世と鏡が祈りを繋ぐ和洋折衷なバトルダークファンタジー
 〝光素〟と呼ばれる摩訶不思議な物質が存在する世界。 太古より存在するそれは、人間の言葉に応じて力を発揮する性質を持っている。 いつしか言霊通じて光素を自在に操ることが出来る者が現れた。 ――――――――――

 時は江戸時代後期。人々は、〝まじない〟を扱う怪しき仮面の集団『蛇使い』に脅かされている。 蛇使いを弾圧すべく、幕府は極秘に『光影組』を組織。 以降、蛇使いと光影組の戦いは15年にも渡って人知れず繰り広げられていた。 1838年、春。 
 時雨城に記憶を失った一人の少女が迷い込む。 

人並み外れた身体能力を持つ少女は、蛇使いに両親を惨殺され、心に傷を負った混血の少年と共に戦いの渦に巻き込まれてしまい──。 脳筋な訳ありイケメン女子・琴乃と、可愛い顔して勇敢な少年・鷹。 この運命の出会いが、鏡を越えた争いにもたらすものとは? 浮世の裏に隠された記憶と真実を求めて、戦いに終止符を打つための物語が今、幕を開ける。 【異世界ファンタジー日間1位・日間ランキング総合2位になりました!】 ◆縦組み推薦◆ ※エピソードの最後に挿絵を入れているものに★をつけております。 ※ この物語はフィクションです。登場する団体、組織、宗教などは架空のものであり、実在のものとは関係ありません。 ※無断転載禁止 ⓒ 2020 紫咲ソルト

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間57分

    この作品を読む

  • 花魁道中いろは唄

    架空の遊郭 若山 —様々な感情を想い描く

    18,800

    100


    2022年7月31日更新

    ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼ 文政十二年、師走。尾張地方にある幕府公認若山遊郭が炎上した。 地獄の炎かと思われるような大火事に全てを奪い去られた少女、竜胆は阿部各務ヶ原守新之助に救出され、城にて保護された。 美しい少女に魅入られるように新之助の息子涼之丞は竜胆の看病を続ける。 涙を流しながら竜胆は若山遊郭の中で起こった悲劇の数々を話し始めた。 竜胆の母、椿は若山遊郭の中の傾城と呼ばれる程の美貌を備えた才色兼備の女性だった。 椿がいた楼閣は若山遊郭随一の大見世華屋という。 華屋の栄光を羨んで椿の初見世を妬む紅はその権威を失墜させようとしてある陰謀を企てた。 また、椿の姐でもある華屋お職牡丹花魁の同朋であった菖蒲は己の恋路を全うするために見世から売り上げを盗んで足抜けを企てる。 若い頃頂点を凌駕するかと言われた水仙は、年季明けを前にお茶を挽くことが増えた。歌舞伎役者の月乃介と想いを結んだ水仙が選んだ道は果たして。 江戸時代の尾張地方を舞台に華やかな遊郭花魁物語が広がる時代劇風ファンタジー。 ✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼ R18版から少々緩和はしておりますが、遊郭という時代背景上、性的表現があるため苦手な方は自衛をお願いいたします。 サブタイトル前に「☆」がついているものは緩和した性描写がございます。 書籍版よりも文章・エピソードが少なめです。すべての文章・エピソードを読みたい方は下記URLからご購入下さい。 ◆本家版(書籍) →https://ruitaka-call.booth.pm/ ◆アルファポリス https://www.alphapolis.co.jp/novel/530015729/930633899 ◆イラスト・挿絵 イラスト、挿絵は同サークル「冷泉ことね」による著作物です。 無断転載、自作発言のないようお願いいたします。 挿絵のあるサブタイトルには◆を表示しております。 ※『この作品はフィクションです。実際の人物・団体・事件などにはいっさい関係ありません』 ※『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間59分

    この作品を読む

  • 別式女、早桃

    戦う女、自立する女、なのです。

    5,300

    0


    2022年7月4日更新

    父母が急死し、御家断絶となり、独り取り残された娘、早桃。 女の身で、自力で生きるための戦いが始まった……

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 【無影剣 日影兵衛 刀狩り】

    時代小説・江戸時代・東海道・剣術・旅

    29,900

    320


    2022年6月27日更新

    無影剣 日影残真流免許皆伝、日影兵衛の編み出した我流の必殺剣は、その威力により己の刀も折り飛ばす 技に見合う刀をを求めて 日影兵衛、東海道を京へと旅をする

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間15分

    この作品を読む

  • 龍虎、東アジアを駆ける

    江戸時代、主流から追放された者達の逆襲譚

    325,446

    3,691


    2022年6月27日更新

    時は江戸時代、三代将軍家光の末期。 時代に取り残された浪人の多くが、幕府に対する不満を募らせていた。 そうした浪人を相手に軍学を教える由井正雪もまた倒幕を視野に入れた活動をしていた。 同じ時代、東アジアでは清によって明が滅亡したが、皇族の生き残りが有力者の庇護を受けて抵抗を続けていた。 国姓爺と称される鄭成功もまたそんな一人であり、日本とも縁のある彼をはじめね多くの者が江戸幕府に支援を求めていた。 こうした状況の中、幕府老中筆頭・松平信綱は一石二鳥の手を思いつき、実行に移す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間12分

    この作品を読む

  • 【台本】桜満月

    「僕は、汗と涙と絆を希望に変える!!」

    200

    0


    2022年6月14日更新

    光と闇、欠けた満月に時代劇と私の趣味を詰め込んだ台本です。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 幕末コロナ少年

    この少年の正体とは……?

    6,850

    53


    2022年5月15日更新

    江戸っ子の芳三郎は、幼い頃から絵を描くのが大好きだった。とりわけ、夢中になったのが武者絵の模写である。江戸では疱瘡(天然痘)が流行りはじめた時、芳三郎の絵は飛躍的に上達していった。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 落語 春夏冬

    丁稚奉公のお話。

    600

    0


    2022年5月9日更新

    丁稚奉公の末松は、そろばんの勉強中でぃ。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む