江戸時代

検索結果:104件

  • 【無影剣 日影兵衛 刀狩り】

    時代小説・江戸時代・東海道・剣術・旅

    6,700

    50


    2022年5月23日更新

    無影剣 日影残真流免許皆伝、日影兵衛の編み出した我流の必殺剣は、その威力により己の刀も折り飛ばす 技に見合う刀をを求めて 日影兵衛、東海道を京へと旅をする

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    2,639,876

    6,406


    2022年5月23日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間14分

    この作品を読む

  • 龍虎、東アジアを駆ける

    江戸時代、主流から追放された者達の逆襲譚

    217,071

    3,046


    2022年5月23日更新

    時は江戸時代、三代将軍家光の末期。 時代に取り残された浪人の多くが、幕府に対する不満を募らせていた。 そうした浪人を相手に軍学を教える由井正雪もまた倒幕を視野に入れた活動をしていた。 同じ時代、東アジアでは清によって明が滅亡したが、皇族の生き残りが有力者の庇護を受けて抵抗を続けていた。 国姓爺と称される鄭成功もまたそんな一人であり、日本とも縁のある彼をはじめね多くの者が江戸幕府に支援を求めていた。 こうした状況の中、幕府老中筆頭・松平信綱は一石二鳥の手を思いつき、実行に移す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

  • 群青の雲

    頃は幕末 絵描きの話をしよう

    6,100

    150


    2022年5月22日更新

    幕藩体制の弱体化と矛盾が誰の目にも明らかになってきた幕末。 絵師の少年に弟子入りした綾野(あやの)。 ふとしたきっかけで出会った少年からは、なにやら金儲けの匂いがする。取り入ろうと押しかけて行った先で目にした「やまと絵」に魅了され、本気で弟子入りを志願することになる。 少年は書を読み、絵を描くことが好きだった。 だが両親は狂言師になれという。初めは面白く思ったものの、やはり絵師の血はそれを許さなかった。 あちこちの寺で京狩野の家で、模写した絵巻は八十九巻を数える。 やがて少年が描き出したものは、「やまと絵」と言われる柔らかく艶(あで)やかな絵だった。 華やかな絵の世界とは逆に、時代は血の匂いに彩られる。 やがて彼らはそれに巻き込まれ苛烈な運命へと進んでいく。 絵師の少年は、当時衰退していた「やまと絵」を描き続けた。 綾野が共に生きた彼は、後の世で復古やまと絵の代表的絵師と呼ばれるようになる。 冷泉為恭(れいぜいためちか)。彼の美しい濃彩画は今も各地に残る。 ▽▽▽▽▽ 各話の後書きを脚注に使用しています。 読まなくても問題ありません。 ▽▽▽▽▽ 本文の右上「Aa設定」から縦組みを設定してくださると読みやすいかと思います。 よろしければお試しください。 ▽▽▽▽▽ 参考文献 本文末に掲載します。 ▽▽▽▽▽ 似非京言葉が出てきますが深読みするようなものではありません。 そのままの意味で捉えてください。でないと話が進まないので笑 言葉のおかしなところがあったら教えてください。よろしくお願いします(切実)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • その手を引くのは

    少し訳ありな時代物和風恋愛です。

    147,300

    580


    2022年5月18日更新

    時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。 料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。 傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す―― ※この物語の中には、精神的または肉体的に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。 ※表紙はイラストレーターのyuki様にご制作頂きました。無断使用・無断転載などはご遠慮下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む

  • 蛇使いと鏡の子

    大幅改稿完了しました!1

    163,300

    270


    2022年5月16日更新

    〝全てをぶっ壊す〟豪快で脳筋な訳ありイケメン女主人公が、仲間と共に非道な魔術師と戦う! 江戸時代と鏡が繋ぐ和洋折衷な壮大バトルダークファンタジー! ある日赤い閃光を纏った黒い稲妻は、轟音と共に大地をかち割り、森を焼き払い、町を破壊しつくした。 〝光素〟と呼ばれる摩訶不思議な物質が存在する世界。 太古より存在するそれは、人間の言葉に応じて力を発揮する性質を持っている。 いつしか言霊通じて光素を自在に操ることが出来る者が現れた。 ……全ては、滅びの霆から人間の世界を守るために。 【あらすじ】 時は江戸時代後期。人々は、魔術を扱う謎の集団『蛇使い』に脅かされていた。 蛇使いから人々を守るべく、幕府は極秘に武士や忍者などを集めた『光影組』を組織。 以降、蛇使いと光影組の戦いは15年にも渡って人知れず繰り広げられている。 1838年、春。 
 謎の女が時雨城に連れてきたのは、記憶を失った一人の少女だった。

 人並み外れた身体能力を持つ少女は、蛇使いに両親を惨殺され、心に傷を負った混血の少年と共に戦いの渦に巻き込まれてしまい──。 豪快で脳筋な訳ありイケメン女子・琴乃と、異国風の可愛い顔した剛健な少年・鷹。 この運命の出会いが、鏡を越えた争いにもたらすものとは? 隠された記憶と真実を求めて、戦いに終止符を打つための物語が今、幕を開ける。 【異世界ファンタジー日間1位・日間ランキング総合2位になりました!】 ―――――――――― Twitterでイラストなども投稿しております。 3話目のエピソードにキャラクターイラストを載せているので良ければご覧下さい。 エピソードの最後に挿絵を入れているものに★をつけております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間39分

    この作品を読む

  • 蒼頡の言霊

    江戸で最強の陰陽師が妖事件を次々解決!

    41,300

    190


    2022年5月15日更新

    江戸時代の陰陽師・蒼頡。かつて漢字を生み出した伝説の人物と同じ名を持つ彼は、筆をとり、和紙に言葉を記して文字に魂を入れ、自在に操る力を持っていた。時代は江戸時代初期。戦乱の世が終わり、徳川家康によって新たな時代が幕開けようとするその過渡期。そこに渦巻く妖、怨霊、もののけ、悪鬼、妖怪、魑魅魍魎。個性豊かな数々の式神たちとともに、巻き起こる様々な怪事件を陰陽師・蒼頡が解決する。爽快感溢れる、純和風ファンタジー。 ☆各章完結型です。 【参考】 ★与次郎稲荷神社(Wikipedia) ★中国古典文学大系 抱朴子・列仙伝・神仙伝・山海経 第8巻 本田済・沢田瑞穂・高馬三良 訳 発行者 下中邦彦 株式会社 平凡社

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:6時間21分

    この作品を読む

  • 幕末コロナ少年

    この少年の正体とは……?

    5,850

    53


    2022年5月15日更新

    江戸っ子の芳三郎は、幼い頃から絵を描くのが大好きだった。とりわけ、夢中になったのが武者絵の模写である。江戸では疱瘡(天然痘)が流行りはじめた時、芳三郎の絵は飛躍的に上達していった。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 金銀桜図(きんぎんおうず)

    これぞ風流人の真骨頂

    5,700

    21


    2022年5月9日更新

    優雅な装いの貴族や豪商たちは、花見の場にぶらり現れた場違いな老人を疎んじて、あざ笑うが…。 ノベプラ文芸部 小説勉強会(仮) 第2回お題:主人公の名前の出し方 提出用 表紙「たいとるぐらふぃ」http://underthesky.the-title.jp/ 画像「写真AC」https://www.photo-ac.com/ ※各サイトの利用規約に則り利用させて頂いています ※転載等は禁止です

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 落語 春夏冬

    丁稚奉公のお話。

    300

    0


    2022年5月9日更新

    丁稚奉公の末松は、そろばんの勉強中でぃ。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 雪妖語り

    時は近世、妖しを追う素浪人が一人

    1,700

    0


    2022年5月7日更新

    舞台は江戸時代の冬の東北、雪原に妖し退治屋の浪人者、日暮勢三郎が現れる。 美しき雪の怪、穂乃と元修験者の造六と出会い、そして共に立つのだった。 「レンタル勇者に”あい”の手を」を書きながら、和風でこういうのも書きたい! と突然思って書いた短編です。 続きも書いてますが、一応2話完結にしておきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間32分

    この作品を読む

  • 宿場の鴉

    一羽の鴉が見ていた。

    1,200

    0


    2022年4月22日更新

    その寂れた宿場町は、門前雀羅を張るが如く閑散としていた。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 落語 そばにある麺

    三度の飯より、蕎麦が好き。

    400

    0


    2022年4月20日更新

    えー、本日は蕎麦好きの噺でして。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 呪い舟

    船頭はキセル片手にお月見だ。

    1,200

    0


    2022年4月16日更新

    金に物を言わせて阿漕な真似をするってぇと、……呪われますぜ。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 怪談 幽霊女郎

    怖いのは女房だけじゃない。

    700

    0


    2022年4月13日更新

    品川宿の旅籠はその数93軒。大変な賑わいがあったわけですな。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • あやかし遊郭かっかく屋

    遊郭×コメディ×百合×妖怪。

    43,000

    145


    2022年4月5日更新

    吉原の赫赫屋(かっかくや)に勤める遊女は病にならない。 そんな噂で繁盛していた小見世に、ある日寒村からふよという娘が売られてきた。 齢三十八にして少女のような若さを保つふよに、女楼主である蘭菊は、この見世は化生の物が客を取っているという秘密を明かす。 あやかしや人外の者を雇う見世故、人のかかる病など恐るるに足らず。 そして、人魚の肉を食べたふよが既に不老不死であることを告げた。 実に遊女の八割が人外、基本的に病と寿命の心配がない遊郭という特異な環境で、ふよは新米遊女「芙蓉」として、そして人外として、女ばかりのどこか緊張感のない苦界を生きていく。 ちょっと妖しげなコメディです。基本的にハッピーエンド。魔法というか妖術とか通力的なのは普通に出てくる世界です。18禁描写は詳細に書きませんが、一応遊郭物なので下ネタとか出ますしレーティングしておきます。 ☆が付いてる話は比較的セクシーな描写があります。 筆者は全力で資料を調べながら書いていますが、間違いなどあったらご指摘お願いします。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • ドジな悪魔

    天界の悪魔が現世に落ちてきた

    200

    0


    2022年3月15日更新

    天界から現世の様子を見ていた悪魔。見るのに夢中になりすぎていると、天界から現世に落ちてしまう。悪魔が目を覚めるとそこには、男の人がいて……。 『即興小説トレーニング』で投稿した作品を大幅に書き加え、修正しました。

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 落語 漢字ん帳

    魚に春でなんと読む?

    1,000

    0


    2022年3月11日更新

    漢字ってぇのは、味わい深いやなぁ……。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 廃寺茶屋

    なろう、カクヨムにも投稿しております。

    4,600

    20


    2022年3月1日更新

    江戸は駒込。蕎麦屋を営む鉄三は、馴染みの客に声をかけられた。 「鉄さん、廃寺茶屋ってのを知ってるかい?」 ※虫や死体表現あり

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 〆鳥や卍亭

    毎週土曜日17時更新

    8,800

    50


    2022年2月25日更新

    18世紀初頭、江戸時代前期の深川にある、鳥肉を商う店を舞台にした人情グルメものです。毎週土曜日17時に新話をアップロードいたします。アルファポリスにも併載しています。

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • ふたくち女忍者フタミちゃん

    二つの顔を持つ女には、口も二つあった。

    116,700

    0


    2021年12月24日更新

    番付屋にして女忍者。二美には二つの顔があった。ついでに口も二つあった。 ここは幕末と呼ばれる時代が訪れるよりもほんの少し前、19世紀中頃の江戸の町。ただの江戸ではなくて、妖怪たちが人間に混じって暮らしている、そんな江戸です。物語の主人公である二美もまた、二口女という大喰らいの妖怪でありながら普通に長屋住まいをして、普通に「見立番付」という、一種の情報媒体を取材作成する仕事をして暮らしておりました。しかし、そんな彼女にはもう一つの顔がありました。何と彼女は、妖怪である上に忍者でもあったのです。 ライトなノリのお江戸コメディとなっています。御笑覧ください。 使用している画像はフリーイラストです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間22分

    この作品を読む

  • 伝説の刀鍛冶が包丁を打った理由

    推理小説に挑戦しようとして道を間違えた。

    4,700

    0


    2021年12月19日更新

    ―――夢を見ていた トンカンカン 鍛冶場に鳴り響く鎚の音 たくさんの弟子たちが所狭しと鎚を振るう 「おやっさん! 見てくれよう。良い出来だろう? 傑作だよう」 「なあに、まだまだじゃあ! もっと精進せい」 「ちぇッ、たまには褒めてくれても良いだよう」 笑い声が響き渡る――― 時は戦国。 一人の伝説の鍛冶師がいた。 多くの弟子を抱え、ただ刀を打つ日々。 忙しくも充実した日々は、やがて終わりを迎える。 紆余曲折、衰退した鍛冶場に、一人の男が現れる。 「もう二度と打たん」 人を動かすのは至誠の心―――。 2021年12月15日~ 毎日 22:20 更新 全5話 10000文字

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 天下五剣と新選組〜三日月宗近編〜

    歴史改変は絶対にさせない!皆を守るんだ!

    2,500

    0


    2021年12月19日更新

    ある日、ごく普通の女子高校生の櫻井凛(さくらいりん)は夢の中で天下五剣と呼ばれている三日月宗近を手に入れた。次の瞬間、部屋の窓が開き凛は起き上がりベットから降りると大きな沼から色んな手が凛の足をつかみ凛は沼の中へ引きずり込まれて行った。凛は再び目を開けるとそこには背中に誠という羽織を着た三人の青年が立っていて、凛は手に持っていた三日月宗近を構えるが……? 凛と三日月宗近を巡る物語である。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 武士の世界に合気道家が来たらどうなるか?

    刀対木刀の戦いです。

    3,850

    0


    2021年11月22日更新

    武士の世界(設定は江戸時代)に合気道家が来たらどうなるか? 合気道の名手燕五三郎が江戸時代に潜入。 しかし、相手は刀。どう対峙するのだろうか?

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 大江戸色恋沙汰

    ooedo irokoi zata

    0

    0


    2021年10月29日更新

    竹林の脇の藪の中に人肌を確認した弥十郎。 近づくと、一人の若衆が泥だらけになって倒れている。悲惨な仕打ちを受けたと話すその若衆に胸を痛めて、人気あるところまで手を貸すことにした弥十郎だったが、そこで若衆が長命丸という媚薬を使われたとほてらせた身体をなぐさめ始める。自分にも男色の気があることを知り戸惑う弥十郎だったが、若衆の色気にあてられてその場で情交を結んでしまう。 さがり、と名乗るその若衆は実はこの辺りでは名の知れた侠客・大木戸組の親分の情夫だった。 それを知ってもなお、弥十郎は先の情交が忘れられず、さがりもまた受け入れるのだった。 そんなふたりに、大木戸組の親分とさがりの兄貴分の御嵩が立ちはだかる。 親分はさがりの陰間時代の客で、身元引受人になってくれたひとだった。そのためさがりは親分の命令に逆らえずにいた。 御嵩の兄貴はさがりにとってそれほど深く干渉してこないいい兄貴のように思えたが、御嵩の秘めた想いに気づいたとき既に遅く、野獣のように襲ってきた御嵩を制したのは親分だった。 親分から破門を言い渡された御嵩は姿を消し、日々が過ぎてゆくが、あるとき突然短刀を持って親分とさがりの前に現れた御嵩。さがりを渡す気がないのなら力づくで奪い取るまでという言い分により、親分に刃物を向ける御嵩。 もはやこれまでと思ったさがりだったが、そこに弥十郎が通りかかる。御嵩の相手をし、見事成敗すると、親分の元からもさがりを助け出す。 こうして結ばれたふたりは、その晩、熱い情交を何度も結び、ついに入黒子という、互いを一生愛するという誓いの儀を行うのであった。 お題フリー

    • 性的表現あり

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • 流転の仇討ち

    ruten no adauti

    0

    0


    2021年10月15日更新

    高校二年の夏休みを控えた嘉賀善嶺は、幼馴染みで親友の多門寺京一と、亡くした祖父の遺品を整理することに。最後に蔵から出した重箱が想像以上に重く、体勢を崩したふたりは中庭の池にはまってしまう。 次に目を開けるとそこは江戸時代で、どうやらタイムスリップしてしまったという考えにたどり着いたふたりは、そこで偶然にも自分とそっくりな善宗と京一郎を見つける。 善宗と京一郎は恋仲でそれをのぞき見するふたり。激しくなってゆく行為に見ていられないと善嶺と京一郎はその場をあとにするが、そこで事件が起きる。善宗が何者かに階段から突き落とされ死んでしまうのだ。 現代に戻ってきた善嶺と京一は江戸時代の自分たちの幸せを守るため、善宗が死ぬのを阻止しようとする。 辻斬りや呼吸困難など様々な災難が善宗を襲い、その度に必死になるふたり。 どうやっても殺される運命の善宗。また、何度もタイムスリップするうちに制限があることを掴んだふたりは更に焦る。 これで最後というとき、善宗と京一郎に出くわし、そして犯人も前にする。善宗を手にかけていた犯人はなんと友人の先祖だった。友人の先祖、南千と名乗るその男は善宗をひどく憎んでおり、姉の敵だといって仇討ちにやってくる。善宗はどうにかやり過ごそうとするが、南千も手練れ。やっと決着がつき、もう二度と善宗が殺されることはないと悟った善嶺と京一は現代に戻る。 過去と現在を行き来し、ふたりの仲に友情以上のものが芽生え、ふたりは月の光の下、一緒になる。 新学期が始まるとすぐに修学旅行で沖縄に行くふたりだったが、そこではしゃぎ過ぎた善嶺と助けようとした京一が一緒に海に落ちてしまう。気がつくとそこは……。 江戸と現代を行き来するタイムスリップラブストーリー! バディもの

    • 性的表現あり

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 聖者の反乱

    1635年、世界の果てから地の果てへ

    12,800

    0


    2021年10月14日更新

    1635年ポルトガル。異端審問も行われる時代、宣教師のジェロニモは日本人の奴隷と出会う。 平和平等、利益奴隷、聖者たらんとする者に時代はあまりに厳しいものだった。 ジェロニモは世の理不尽と戦うために、日本に旅立つ。 不定期更新

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 【能楽 狂言より 『釣狐』】 ~のじゃのじゃ妖狐は文句を言いたい!~ 【狂言remix SeriesNo.6】

    これは“そうふけっぱら”に続く物語

    400

    0


    2021年8月20日更新

    さあさあ歴史好きの皆様、変わったものが読みたい皆様。 ここらで一つ「きつねの狂言」なんて如何でしょうか。 【第六弾】の狂言は『釣狐』。 つまり、この物語の主人公は『きつね』にございます。 あらすじ ある日、娘の下を訪れようとしていた一頭の妖狐は驚いた。娘のキツネが逆さ吊りとなっていたのだ。助け出して理由を聞くと、何でも近くの猟師が仕掛けた罠だという。 妖狐は思った。このままではこの辺りのキツネは、みな捕まってしまうかもしれない。 妖狐は術を使って人に化け、何とか猟師にキツネを狙う事を諦めさせようと努力する。 この作品は『どうぶつ文芸フェア どうぶつ小説部門』への投稿作品です。 【この物語の原作】 色々書いておりますが“法律上は一次創作”ということを証明しているだけです。 拙作は『著作権の保護期間が終了している作品を原作とした小説』となっております。 原作は国立国会図書館デジタルコレクションにて公開されている―― ――『和泉流狂言大成 山脇和泉 著 (わんや江島伊兵衛, 1919) 』全4巻。 著作者は4巻とも『山脇 和泉』と奥付に記載されております。 この『山脇和泉』とは和泉流宗家の名跡であり、御本名は『山脇 元照』氏(1916年“大正5年” 2月25日没 『新選 芸能人物事典 明治~平成 日外アソシエーツ[編]』)となります。 当時の能楽狂言方和泉流の宗家の方です。 よって原作の著作者の没年は1916年。著作権の起算点は翌年の1月1日。 著作権法に記載された没後70年を満たしております。 また公開年に関しても 第1巻 大正6年 3月25日発行 第2巻 大正6年 5月18日発行 第3巻 大正7年 10月25日発行 第4巻 大正8年 5月5日発行と奥付にて記載されております。 著作者の死後に刊行された著作物であるのである種の団体名義の著作物に当たる場合でも、一応公開70年を満たしているをここに示しておきます。 この事は“国立国会図書館デジタルコレクション”にて、誰でも確認することができます。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 必死の一刺し

    hissi no hitosasi

    0

    0


    2021年7月16日更新

    念兄の妹はるに思いを寄せる権三。土砂降りの夜にはるが訪ねてきて、身体を差し出すかわりに兄の敵をとってほしいと頼んでくる。思いもよらないことに戸惑う権三だが……。 念兄が斬り殺されたことから始まる復讐劇。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 『月詠の鏡と劔』キャラ設定集

    『月詠……』のキャラ設定集です

    37,300

    40


    2021年7月3日更新

    『月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚』のキャラ設定他の資料集です

    読了目安時間:21分

    この作品を読む