江戸時代

検索結果:99件

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期の江戸が舞台のファンタジー

    1,787,110

    5,445


    2021年10月22日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神(ししん)……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間4分

    この作品を読む

  • 武士の世界に合気道家が来たらどうなるか?

    刀対木刀の戦いです。

    1,450

    0


    2021年10月17日更新

    武士の世界(設定は江戸時代)に合気道家が来たらどうなるか? 合気道の名手燕五三郎が江戸時代に潜入。 しかし、相手は刀。どう対峙するのだろうか?

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 落廓蟲

    男嫌いの花魁はとある男に出会い────。

    1,000

    0


    2021年10月15日更新

    時は天保、徳川将軍の治める御代。 花街、吉原屈指の大見世妓楼『鈴屋』のお抱え女郎花魁、陽炎。 「男嫌い」の陽炎は、どの客とも長く関係を続けようとせず、馴染みを作らないことで知られていた。 そんなある日、宴会の席に変わった男────一色八千代が現れる。 酒の席で退屈そうにする八千代を見て不審に思う陽炎。 偶然酒に酔った客に絡まれたところを八千代に助けられ、八千代に対し徐々に興味を抱いてゆく。 そんなある日、八千代から指名が入った。 驚く陽炎に、八千代はある提案を持ちかけた。 【参考文献】 図説 吉原事典 永井義雄男 朝日新聞出版 江戸を賑わした色街文化と遊女の歴史 監修安藤優一郎 吉原はスゴイ 堀口茉す純 絵で見る江戸の女子図鑑 廣済堂出版 三大遊郭 堀江宏樹 2020.10.4 連載開始 2021.5.8 完結

    読了目安時間:2時間39分

    この作品を読む

  • 流転の仇討ち

    ruten no adauti

    0

    0


    2021年10月15日更新

    高校二年の夏休みを控えた嘉賀善嶺は、幼馴染みで親友の多門寺京一と、亡くした祖父の遺品を整理することに。最後に蔵から出した重箱が想像以上に重く、体勢を崩したふたりは中庭の池にはまってしまう。 次に目を開けるとそこは江戸時代で、どうやらタイムスリップしてしまったという考えにたどり着いたふたりは、そこで偶然にも自分とそっくりな善宗と京一郎を見つける。 善宗と京一郎は恋仲でそれをのぞき見するふたり。激しくなってゆく行為に見ていられないと善嶺と京一郎はその場をあとにするが、そこで事件が起きる。善宗が何者かに階段から突き落とされ死んでしまうのだ。 現代に戻ってきた善嶺と京一は江戸時代の自分たちの幸せを守るため、善宗が死ぬのを阻止しようとする。 辻斬りや呼吸困難など様々な災難が善宗を襲い、その度に必死になるふたり。 どうやっても殺される運命の善宗。また、何度もタイムスリップするうちに制限があることを掴んだふたりは更に焦る。 これで最後というとき、善宗と京一郎に出くわし、そして犯人も前にする。善宗を手にかけていた犯人はなんと友人の先祖だった。友人の先祖、南千と名乗るその男は善宗をひどく憎んでおり、姉の敵だといって仇討ちにやってくる。善宗はどうにかやり過ごそうとするが、南千も手練れ。やっと決着がつき、もう二度と善宗が殺されることはないと悟った善嶺と京一は現代に戻る。 過去と現在を行き来し、ふたりの仲に友情以上のものが芽生え、ふたりは月の光の下、一緒になる。 新学期が始まるとすぐに修学旅行で沖縄に行くふたりだったが、そこではしゃぎ過ぎた善嶺と助けようとした京一が一緒に海に落ちてしまう。気がつくとそこは……。 江戸と現代を行き来するタイムスリップラブストーリー! バディもの

    • 性的表現あり

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 聖者の反乱

    1635年、世界の果てから地の果てへ

    12,700

    0


    2021年10月14日更新

    1635年ポルトガル。異端審問も行われる時代、宣教師のジェロニモは日本人の奴隷と出会う。 平和平等、利益奴隷、聖者たらんとする者に時代はあまりに厳しいものだった。 ジェロニモは世の理不尽と戦うために、日本に旅立つ。 不定期更新

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 蒼頡の言霊

    江戸で最強の陰陽師が妖事件を次々解決!

    35,600

    190


    2021年10月13日更新

    江戸時代の陰陽師・蒼頡。かつて漢字を生み出した伝説の人物と同じ名を持つ彼は、筆をとり、和紙に言葉を記して文字に魂を入れ、自在に操る力を持っていた。時代は江戸時代初期。戦乱の世が終わり、徳川家康によって新たな時代が幕開けようとするその過渡期。そこに渦巻く妖、怨霊、もののけ、悪鬼、妖怪、魑魅魍魎。個性豊かな数々の式神たちとともに、巻き起こる様々な怪事件を陰陽師・蒼頡が解決する。爽快感溢れる、純和風ファンタジー。 【参考】 ★与次郎稲荷神社(Wikipedia) ★中国古典文学大系 抱朴子・列仙伝・神仙伝・山海経 第8巻 本田済・沢田瑞穂・高馬三良 訳 発行者 下中邦彦 株式会社 平凡社

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間50分

    この作品を読む

  • その手を引くのは

    少し訳ありな時代物和風恋愛です。

    119,500

    210


    2021年10月12日更新

    時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。 料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。 傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す―― ※この物語の中には、精神的または肉体的に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。 ※表紙はイラストレーターのyuki様にご制作頂きました。無断使用・無断転載などはご遠慮下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む

  • 蛇使いと鏡の子

    イケメン女主人公が女子力(物理)で戦う!

    128,200

    270


    2021年9月18日更新

    時は江戸時代。武士VS魔術師の戦いを描く異色のバトルダークファンタジー! 武闘派脳筋イケメン女子が女子力(物理) と、たまに申し訳程度の魔力を駆使して魔術師集団「蛇使い」と戦います。 肉体戦・頭脳戦・ミステリありの壮大な物語です。キャラクターも魅力的なので推しができること間違いなし! 【あらすじ】 時は江戸時代後期。 鎖国政策の下、不気味な仮面に洋装という浮いた身なりに、横文字や魔術を使う謎の集団『蛇使い』によって江戸の世は脅かされていた。 蛇使いを弾圧するため、幕府は極秘に武士や忍者などを集めた『光影組』を組織。 以降、蛇使いと光影組の戦いは15年にも渡って人知れず繰り広げられていた。 ある日、光影組が本部を置く時雨城にひとりの少女が迷い込んだ。 記憶喪失であるものの人並み外れた身体能力を持つ少女は、蛇使いに両親を惨殺された混血の少年と共に戦いの渦に巻き込まれて行く。 少女の正体とは? そして、彼女が時雨城に来た本当の理由、謎に包まれた蛇使いの陰謀や如何に。 歪んだ正義を胸に、少女は残酷な運命に牙を剥く! ―――――――――― Twitterでイラストなども投稿しております。 3話目のエピソードにキャラクターイラストを載せているので良ければご覧下さい。 エピソードの最後に挿絵を入れているものに★をつけております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間15分

    この作品を読む

  • 【能楽 狂言より 『釣狐』】 ~のじゃのじゃ妖狐は文句を言いたい!~ 【狂言remix SeriesNo.6】

    これは“そうふけっぱら”に続く物語

    400

    0


    2021年8月20日更新

    さあさあ歴史好きの皆様、変わったものが読みたい皆様。 ここらで一つ「きつねの狂言」なんて如何でしょうか。 【第六弾】の狂言は『釣狐』。 つまり、この物語の主人公は『きつね』にございます。 あらすじ ある日、娘の下を訪れようとしていた一頭の妖狐は驚いた。娘のキツネが逆さ吊りとなっていたのだ。助け出して理由を聞くと、何でも近くの猟師が仕掛けた罠だという。 妖狐は思った。このままではこの辺りのキツネは、みな捕まってしまうかもしれない。 妖狐は術を使って人に化け、何とか猟師にキツネを狙う事を諦めさせようと努力する。 この作品は『どうぶつ文芸フェア どうぶつ小説部門』への投稿作品です。 【この物語の原作】 色々書いておりますが“法律上は一次創作”ということを証明しているだけです。 拙作は『著作権の保護期間が終了している作品を原作とした小説』となっております。 原作は国立国会図書館デジタルコレクションにて公開されている―― ――『和泉流狂言大成 山脇和泉 著 (わんや江島伊兵衛, 1919) 』全4巻。 著作者は4巻とも『山脇 和泉』と奥付に記載されております。 この『山脇和泉』とは和泉流宗家の名跡であり、御本名は『山脇 元照』氏(1916年“大正5年” 2月25日没 『新選 芸能人物事典 明治~平成 日外アソシエーツ[編]』)となります。 当時の能楽狂言方和泉流の宗家の方です。 よって原作の著作者の没年は1916年。著作権の起算点は翌年の1月1日。 著作権法に記載された没後70年を満たしております。 また公開年に関しても 第1巻 大正6年 3月25日発行 第2巻 大正6年 5月18日発行 第3巻 大正7年 10月25日発行 第4巻 大正8年 5月5日発行と奥付にて記載されております。 著作者の死後に刊行された著作物であるのである種の団体名義の著作物に当たる場合でも、一応公開70年を満たしているをここに示しておきます。 この事は“国立国会図書館デジタルコレクション”にて、誰でも確認することができます。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • やさぐれ野十郎・凄春剣客往来 (連作青春時代小説)

    ほっこりじんわり系青春時代小説です😊

    16,800

    3


    2021年8月1日更新

    ほっこり、じんわり系青春時代小説💬💡 天賦の剣才に恵まれた十七歳の若者、野十郎。 かれは誰にいのちを狙われているのか……野十郎がみた、大人の男と女の心の綾とは……。 学び成長を続ける若者とその周辺の人々のこころの芯奥の物語💬🤭 🟥表紙は、「うろこ道」さん作成 https://estar.jp/users/89325607 ✴️各話読み切り、連作集です。 ※各話のメインの登場人物は、異なりますが、共通して登場するのが、〈やさぐれ野十郎〉という若者。剣客ですが、その出生の秘密はなかなか明かされません。 時代は江戸初期。家康没後、五十年を想定しています。 物語の舞台は、日本海近くの(面してはいない)とある小藩、 神坂(こうさか)藩での出来事が中心になります(∩_∩)

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 必死の一刺し

    hissi no hitosasi

    0

    0


    2021年7月16日更新

    念兄の妹はるに思いを寄せる権三。土砂降りの夜にはるが訪ねてきて、身体を差し出すかわりに兄の敵をとってほしいと頼んでくる。思いもよらないことに戸惑う権三だが……。 念兄が斬り殺されたことから始まる復讐劇。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 『月詠の鏡と劔』キャラ設定集

    『月詠……』のキャラ設定集です

    37,300

    40


    2021年7月3日更新

    『月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚』のキャラ設定他の資料集です

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 雲居藩妖怪抄

    妖怪和風ファンタジー、ここに開幕

    1,500

    0


    2021年6月30日更新

    時は江戸時代。 外様の雲居藩(くもいはん)に仕える武士・花菱伊織(はなびし いおり)の元に一人の女中・すゞ(すず)が現れる。 彼女との出会いから、いつしか伊織は妖怪に関わっていくようになる。 ※『残酷描写あり作品』『暴力描写あり作品』としておりますが、あくまで保険で付けております。それほど残酷なシーン等は入れないつもりです。ですが、殺陣シーンなどございます。ご了承ください。 ※「小説家になろう」にて定期更新しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間38分

    この作品を読む

  • 変愛

    屁んあい

    100

    0


    2021年6月18日更新

    おならからはじまる恋愛物語。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 月夜の橋上、妻敵討にて候。

    megatakiuti

    700

    0


    2021年6月18日更新

    妻敵討(めがたきうち)、それは江戸時代に実在した残酷な武士間の掟……。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 徒花~徒労に終わった仇討ち~

    adabana

    0

    0


    2021年6月11日更新

    仇を捜して遠路遥々、江戸に来た長谷兵衛だったが……。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 娘の仇討ち

    御用聞きと兄を殺された娘の物語

    11,700

    5


    2021年5月28日更新

    巷を辻斬りがにぎわせていた。 そのことについて調べていた御用聞きの茂助は、偶然、旗本に兄を殺され、その仇討ちを目論む娘・野衣と出会った。 野衣のことを放っておくことができず、協力することになるが……。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 小料理茶屋の悲劇

    deaidyaya no higeki

    1,000

    0


    2021年5月22日更新

    好いた女と夫婦になるにも、まずは仇討ちという本懐を遂げてから……。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 背紋の刀創

    semon no tousou

    1,200

    0


    2021年5月21日更新

    正妻の子であり次期将軍ともいえる若富士(わかふじ)はある日、剣之助(けんのすけ)という男の剣術に魅了され剣術指南役を頼む。ふたりに絆ができかけたとき、突如として剣之助に死罪が言い渡される。そこには、大奥総取締役の陽々御前(ひようごぜん)の策略があった。彼女は側妻の子である團藤丸(だんどうまる)を操り、裏で政を牛耳ろうと企んでいたのだ。若富士の身に忍び寄る魔の手。若富士は亡き剣之助のために報いることができるのか——!

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 鬼女の果て

    kijyo no hate

    0

    0


    2021年5月21日更新

    手ごめにされ、また、実父まで殺された女は、今宵、復讐を決意する……。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む