江戸時代

検索結果:92件

  • 約束のあやかし堂 ~夏時雨の誓い~

    テーマは「絆」「優しさ」「ふれあい」

    17,500

    140


    2021年4月13日更新

    高知県吾川郡仁淀川町。 四万十川に続く清流として有名な仁淀川が流れるこの地には、およそ400年の歴史を持つ“池川神社”と呼ばれる社がある。 山間にひっそりと佇むこの社は仁淀川町を静かに見守る社だった。 そんな池川神社に、1匹の猫のあやかしが棲んでいた。 その猫が見える人間は誰一人としていない。 誰の目にも止まらないその猫の名は――狸奴《りと》。 夜になると、狸奴は人の姿に変わり、池川神社の境内に立ち神楽鈴を手に舞を踊る。 ある人との約束を守る為に、人々の安寧を願い神楽を舞う。 ある日、その池川神社に一人の女子大生が訪れた。 彼女はこの地域には何の縁もゆかりもない女子大生――藤岡加奈子。 神社仏閣巡りが趣味で、夏休みを利用して四国八十八か所巡りを済ませて来たばかりの加奈子は一人、地元の人間しか知らないような神社を巡る旅をしようと、ここへとたどり着く。 ************** ※この物語には実際の地名など使用していますが、完全なフィクションであり実在の人物や団体などとは関係ありません。 ※この作品のテーマは「絆」「優しさ」「ふれあい」です。 人との繋がりがなくなりつつあるこのご時世ですので……。

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む

  • 月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚

    江戸時代初期が舞台のファンタジーです

    842,060

    2,560


    2021年4月13日更新

    時は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸の浅草浅草寺(せんそうじ)そこから、物語は始まる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々と現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。そして、何処からか現れた古き四神……青龍、朱雀、白虎、玄武。 彼らが時に競い合い、時に対立し、時に力を合わせて、襲いかかる様々な怪異に立ち向かっていく。 月詠が持つ抗いようがない力、仲間が増え、やがて……それは、大きなうねりとなる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間52分

    この作品を読む

  • 蒼頡の言霊

    江戸時代の陰陽師 もののけ退治の話。

    2,700

    0


    2021年4月10日更新

    江戸時代の初め頃 もののけ退治で有名な陰陽師がいた。 【参考】 ★与次郎稲荷神社(Wikipedia) ★中国古典文学大系 抱朴子・列仙伝・神仙伝・山海経 第8巻 本田済・沢田瑞穂・高馬三良 訳 発行者 下中邦彦 株式会社 平凡社

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間41分

    この作品を読む

  • 『月詠の鏡と劔』キャラ設定集

    『月詠……』のキャラ設定集です

    30,900

    0


    2021年4月2日更新

    『月詠の鏡と劔 大江戸月想奇譚』のキャラ設定他の資料集です

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 猪口礼湯秘話

    「恐怖のチョコ三題噺」参加作品です。

    3,900

    0


    2021年3月31日更新

    チョコレートは飲み物。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • その手を引くのは

    少し訳ありな時代物和風恋愛です。

    102,200

    100


    2021年3月26日更新

    時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。 料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。 傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す―― ※この物語の中には、精神的または肉体的に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。 ※表紙はイラストレーターのyuki様にご制作頂きました。無断使用・無断転載などはご遠慮下さい。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間20分

    この作品を読む

  • トーキョー・ランチタイムジャーニー

    一緒に江戸時代にタイムスリップしましょう

    0

    0


    2021年3月14日更新

    「置かれた場所で咲くべきか」それとも「ここではないどこかに輝ける場所があるのか」—。そんなモヤモヤを抱えた26歳のサラリーマンが、歌川広重の一枚の版画をきっかけに江戸時代にタイムスリップする成長譚!

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 兄、探幽という人は。 ― 柳は緑、花は紅 ―

    正妻、後妻、そして妹。それぞれの愛の物語

    11,000

    330


    2021年3月6日更新

    徳川将軍家の御用絵師として多忙な日々を過ごしている狩野守信。 ある日、江戸城からの帰り道で少女に財布を盗まれそうになる。 捕まえた少女を自分の屋敷へと連れ帰った守信。 守信の妹・蓮は少女を実の妹のように可愛がる。 しかし、蓮に連れられて町に出た少女は行方を晦ませてしまった。 悪人の手に落ちた少女を救う為、守信がとった行動とは。 ※軽度の性描写があります。 ※兄妹の近親相姦要素があります。 ※この作品は歴史を元にしたフィクションです。史実と異なる部分があります。 ✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼ 【コンテスト用あらすじ】 江戸時代初期。 十六歳で徳川将軍家の御用絵師となった狩野探幽(守信)も、四十歳になっていた。 ある冬の日。江戸城からの帰り道で守信は一人の少女に出会う。 ゴロツキの手先として盗みを働いていた少女。 守信は気紛れに屋敷へと連れ帰る。 守信の妹・蓮は、ゴロツキが少女を取り返しに来るのではないかと不安な日々を過ごしていた。 少女は親子以上に歳の離れた守信に淡い恋心を抱くようになる。 守信によって椿と名付けられた少女。 蓮に連れられて出た町で行方不明になってしまう。 ゴロツキの親玉の男は、椿を返して欲しければ金と蓮を寄越せと守信に要求。 単身、ゴロツキの元へ乗り込む守信。 奇策で椿を取り戻し屋敷へと戻った。 それから十年の年月が流れた。 守信は長年連れ添った妻・玉を亡くし、弟の尚信と安信は兄の後妻に椿を据えようとする。 しかし守信にその気は無く、椿を養女にして他家へ嫁がせようとしていた。 守信と離れたくないと拒絶する椿。 どうしても此処に居たければ妻のふりをしろと言う守信の提案を椿は拒む。 守信の本当の妻になりたいと望む椿。 守信もそれを受け入れ、二人は夫婦となる。 椿との間に初めての子が出来た守信は、幸せな日々を送っていた。 椿を巡り口論となった守信と蓮。 従順な妹の本心を知った守信は、蓮に京の実家へ戻るよう命じる。 最初は激しく拒絶した蓮だったが、諦め江戸を去ることを決意。 蓮の存在の大きさに気づいた守信。 嫌がる蓮を自分のものにしようと押し倒し――。 妻、後妻、そして妹。 嫌われ者の天才絵師を愛した三人の女性。 守信の想いは――。 ✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:38分

    この作品を読む

  • 一条の光 -山崎闇斎と伊藤仁斎-

    江戸初期の儒者の交流の物語です

    0

    0


    2021年3月2日更新

    「書棚を見せてもろうてもよろしいか。勿論触ったりせんよって」 高価で貴重な書を繙かせてもらえるとはさすがに思わないが、学で身を立てているというこの男がどんな書を揃えているのか。書を好む者なら、せめてそれだけでも知りたいと思うのが人情だろう。 少し間があった。 「題簽を眺めて意味があるか」 言葉に刀身の閃きを観たような気がした。ぞくりと、背を何かが走る。 男は真っ直ぐに源佐を見据えている。 「書は珍しい玉や色鮮やかな鳥とは違う。眺めて有難がるのは時間の無駄だ。やめておけ」 ☆ 【登場人物】 伊藤源佐 市井の儒者。号は仁斎。その学は古義学と呼ばれる。 伊藤源蔵 源佐の長男。号は東涯。 板垣民部 板垣民部信直。下御霊神社神主、闇斎門人。後に出雲路と改姓、出雲路信直と名乗る。父は元専。 浅見安正 山崎闇斎の門人。号は絅斎。 山崎闇斎 儒者・神道家。名は嘉右衛門。その門流は崎門と呼ばれる。垂加神道の創始者。 ☆ 江戸時代初期の儒者、山崎闇斎と伊藤仁斎の交流を描いた創作歴史小説です。なろう、アルファポリスにも掲載。18000字程度。ぼちぼちアップしていきます。 BOOTHで紙本を扱っています。 https://fukahiro.booth.pm/items/1478695

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 雲居藩妖怪抄

    妖怪和風ファンタジー、ここに開幕

    1,400

    0


    2021年3月1日更新

    時は江戸時代。 外様の雲居藩(くもいはん)に仕える武士・花菱伊織(はなびし いおり)の元に一人の女中・すゞ(すず)が現れる。 彼女との出会いから、いつしか伊織は妖怪に関わっていくようになる。 ※『残酷描写あり作品』『暴力描写あり作品』としておりますが、あくまで保険で付けております。それほど残酷なシーン等は入れないつもりです。ですが、殺陣シーンなどございます。ご了承ください。 ※「小説家になろう」にて定期更新しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間13分

    この作品を読む

  • 郭の仇討ち

    kuruwa no adauti

    0

    0


    2021年3月1日更新

    ある日、お堀で死体が上がる。その身元から、奉公に出ている娘が一人いることを知った主人公は、その娘に肉親が死んだことを告げに行く。娘は刀の腕の立つ主人公に仇討ちを依頼し、主人公は持ち前の情報筋から敵の相手を見つけ出す。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • お為ごかし

    otamegokasi

    0

    0


    2021年2月24日更新

    《お為(ため)ごかし》とは、 表面的には相手のためであるかのようにふるまってはいるものの、 実は自分の利益を図ること。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 萩の季節

    hagi no kisetu

    0

    0


    2021年2月24日更新

    江戸時代の寺を背景にしたボーイズラブ話。 居候青年×寺稚児(+媚薬) だが、寺稚児は和尚さまに好意を寄せている。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 無二の恋

    muni

    0

    0


    2021年2月24日更新

    陰間茶屋の御用聞きである利助。器用で愛想がよく、陰間でもないのにその面立ちは美しい。おまけに仕草には妙な色気があることから、彼目当てのお客はあとをたたなかった。しかし利助は奉公に来ているだけであるから茶屋の陰間が嫉妬する。 ある日、陰間の桔華が贔屓にしていた客を取られたと、茶屋を上げての喧嘩になった。 ふたりは折檻せっかんを受け、地下牢に入れられるのだが……。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 一矢の奇蹟

    issi no kiseki

    1,000

    0


    2021年2月24日更新

    身分が違う者同士が惹かれあった。ただ、一緒になるのは周りが許さない。 だから、ふたりは心中することにした。 そんなふたりに救いはあるのか。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 因果なふたり

    inga na hutari

    500

    0


    2021年2月24日更新

    幼い頃、目の前で親が斬り殺された。 覚えているのは、敵の顔と名と、そいつに対する憎しみのこころだけ。 あの夜が自分を変えた。自分の人生を変えてしまった。 囚われたこころを取り戻しにゆく旅が、いま、始まる。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 猫跨ぎ道場と野良猫娘

    出会いから動き出す物語

    18,500

    0


    2021年2月22日更新

    剣術道場の師範でありながら、弟子はなく、毎日をぐうたらに過ごす井口宇兵衛。 ある日、庭に野良猫のように薄汚れた娘が迷い込んできた。雨が降り出し、かわいそうに思って声をかけたところ……。

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • 金華金猫しょこら糖

    江戸期遊女×チョコレート

    5,800

    0


    2021年2月19日更新

    恐怖のチョコ三題噺のエントリー作品。 江戸時代の遊女を主人公にして「チョコ×告白×恐怖」を書きました。 前半あれですけどハッピーエンドです。 全年齢対象です。 ざまあ系?要素があります。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 江戸陰陽師の妖異捕物帖

    男の娘陰陽師の和風ファンタジー

    900

    0


    2021年2月5日更新

    時は江戸時代。妖怪が人に害を及ぼす事もあるご時世に幕府は《陰陽奉行所》を創設した。 この陰陽奉行所に属する男の娘陰陽師、桐御門吉宏。奉行所では先輩達から雑用を押し付けられて忙しい毎日を送る彼は、類稀なる霊力と姫と見紛う美貌を持つ才色兼備、気弱で大人しい性格の少年だった。 吉宏は親友である、喧嘩っ早く血の気が多い岡っ引きの梅形平助、と共に江戸の裏で蠢く陰謀に巻き込まれていく。

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

  • 死化粧に赤い紅を

    誰の想いが報われなかったのか。

    7,900

    0


    2021年1月10日更新

    江戸時代。死んだ女房に死化粧を施していた男のもとを訪れたのは、若い絵師だった。 女房の通夜、蝋燭の火の番をする二人の男。 いったい誰の想いが報われなかったのか。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む