江戸

検索結果:4件

  • 彼は日本最大の切支丹迫害から友を救えるか

    ♡4,350

    〇0

    歴史/時代・連載中・3話 南 伽耶子

    2019年9月20日更新

    直江兼続と上杉景勝が転封された後の米沢藩。上杉城下のお話。 直江の指示のもと、米沢藩は治水を基にした町づくりを次々と成功させていく。 越後、そして会津から主君・直江兼続と上杉景勝に付き従ってきた足軽の新野家では男の子二人が成長していく。 しっかり者の兄の登米丸と、気弱で泣き虫の四つの捨丸の仲良く成長する二人に思わぬ事態が… 親から期待されない末子の苦悩、初恋の人は尊敬するキリシタンの先輩に嫁ぎ、自身は苦悩の中初めての人斬りをしてしまう。 ほとぼりを冷ますために江戸の上杉藩中屋敷に出仕した尚次郎の目に写ったのは品川宿の札の辻で火刑に処せられる大勢の伴天連と信者の姿。「元和の大殉教」だった。

  • 大江戸時代劇、どなたさまも、よろしく

    ♡4,400

    〇0

    歴史/時代・完結済・4話 愛染ほこら

    2019年9月16日更新

    「暗殺者が、殺すべき相手と共に逃亡した。 朧(おぼろ)よ。 そなたは、追って これを討て」 そう密命が下れば、下忍は従わねばならぬ。 例えそれが、己が主義に反するとも……… ☆★☆ 時は江戸、 場所も江戸。 今、天下泰平の闇夜に、哀しき忍者、朧の繰り出す斬撃の音が鳴り響く。 愛染印の時代劇、いざ、開幕!

  • 大切にしている作品です。※表紙は自己撮影

    ♡33,900

    〇2,810

    歴史/時代・完結済・26話 綿涙粉緒

    2019年9月3日更新

    お江戸永代橋のたもとに、夜な夜な店を出す屋台の蕎麦屋が一つ。 「仕合せ屋」なんぞという、どうにも優しい名の付いたその蕎麦屋には一人の親父と看板娘が働いていた。 ある寒い夜の事。 そばの香りに誘われて、ふらりと訪れた侍が一人。 お江戸の冷たい夜気とともに厄介ごとを持ち込んできた。 冷たい風の吹き荒れるその厄介ごとに蕎麦屋の親子とその侍で立ち向かう。

  • YouTube :https://you

    ♡0

    〇0

    純文学/文芸・連載中・1話 色数

    2019年7月21日更新

    江戸中期。 誰にも顧みられることなく、屋敷の蔵で幽閉されて育った仔どもはある日突発的に自害を計る。 しかし無を願った仔どもの魂が迷い込んだのは、江戸裏と呼ばれるあやかしものの住まう夜の町。 風鈴細工を生業とするサトリ、刹貴に拾われた傷ついた仔どもはそこで彼と生活を共にすることになる。 けれど刹貴やその友人たちから与えられる、はじめて触れたやさしさに怯える仔どもはひたすらに『早く死にたい』と繰り返すばかりで――。