泣ける

検索結果:19件

  • 季節は夏。海沿いの町のバス停でのお話。

    ♡1,100

    〇0

    純文学/文芸・完結済・16話 opty61

    2020年4月5日更新

    あの雨の日、静かに始まった恋。 好きだけど、言えなかった。 好きだから、言えなかった。 だって私は、 だから私は……

  • 船長の青春スクラップ

    ♡1,800

    〇0

    純文学/文芸・連載中・19話 船長

    2020年4月4日更新

    大学の草野球同好会の監督螢四郎は、大学に入ってから二度フラれている清田綾乃と、お互いに別の付き合っている相手ができてから初めて、デートで野球観戦に西武球場に来ていた。

  • 策を制する者、戦を制す!大長編小説!

    ♡0

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・17話 ペンギン伯爵

    2020年4月3日更新

    環境が破壊され文明が廃れていってしまった遥か未来。 海は干ばつし大陸は一繋ぎとなってしまった。そこでは言語が統一化され、二つの強国によって成り立つ。東を支配するマドリカ。西を支配するヴェノム。そうして、その二国の間に成り立つ無法地帯カイデンバーグ。このカイデンバーグの領土を狙って二国間はぶつかり合っていた。 ――カイデンバーグのクラフという集落に突如、盗賊団がやってくる。数はクラフの人間の約5倍。生活必需品を盗まれない為にクラフの人間は抵抗するため、戦う姿勢を見せる。 丁度その時、マドリカの騎士、バルテミナが兵を引き連れてマドリカとカイデンバーグの境界線に下見に来ていた。 バルテミナの目の前で起こるクラフと盗賊団との抗争。そこで目に映した光景は、なんとも美しい戦略を繰り出すクラフの前に散っていく盗賊団の姿だった。

  • 少し笑えて、泣けて、ニヤけてな異世界です

    ♡5,200

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・45話 pop

    2020年4月1日更新

    自分以外の誰にも興味を持てず、ただ淡々と時間が過ぎていく日常の中、主人公 遊佐蒼星(ユサ セイト)の人生はある日を境に一転する。 異世界転移で女神から与えられた職業はまさかの。。。?

  • 女の子が生まれない世界、BLは普通だった

    ♡6,200

    〇0

    SF・完結済・22話 おべりすく

    2020年3月31日更新

    ここは楽園、高齢者が増えすぎた島国の中の島。向日葵と風見鶏が少しばかり有名なだけの小さな島。 しかし案外そんな島にここ最近学生が集まってきている。 島の中にある巨大な御那学園(ごながくえん)が入学金と授業料免除で生徒の獲得を始めたからだ。 学校側は国の補助があるとしても確実に赤字である事は間違いないハズだった。 しかし、高齢化社会がピークにきているこの国において若い世代は皆平等の教育を受けるべきであるという創始者の意向による物だった。 未来を見据えた素晴らしい教育として大きく評価された。学園も拡大し、それに便乗して島自体も雇用が増え活気が出てきた。 今まさに闌と言っていい状態であった。 それ故楽園島なんて呼ばれるようになっていた。 この島は盛りの時を迎えてしまっているのかもしれないが、この国……いやこの世界は緩やかに終わりを迎えようとしていた。 温暖化? 戦争? 水の枯渇? またそれらによる環境汚染? 予想だにしない事から人類は滅びようとしていた。 それは女性が生まれない。種の存続が出来ないという事。これは未曾有の事態だった。 後回しにし続けた結果取返しが付かなくなり国が滅びゆくように確実に世界を殺していく。 神の悪戯か、はたまた天の意思なのか、今現存する女性との交配でも女子が生まれる事はなかった。もちろん各国も手を打たなかったわけではない。 クローンによる女性を誕生させる。 これが悉く失敗していた。女性は保護動物のように扱われ、公共の目に触れられる事はなくなった。 そんな楽園島も例外なく女性が殆どいない、御那学園に来る者も男子生徒ばかり、中には女子の制服を着て女子と見間違うような生徒もいたりするが例外なく男子しかいない。 殆どという意味だが、この島には一件のカフェがある。そこには肩幅が小さく、胸板は熱くないのにふくよか、長い髪に甘い香りがする人物がいる。 喫茶シールズの店長。 島で一番学生たちに人気のスポットでもあった。 三十手前らしく昔大けがをしたとかで眼帯を常につけているが大人の女性、その魅力は男子生徒達にはあまるものだった。 店長の名前は木曾アトラ(きそあとら)自称永遠の十六歳。 彼女は彼らに美味しいコーヒーを出し、笑顔を絶やさない。そんな彼女の店にまた一人の男子生徒が入店する。

  • 決して救われない、2人の救いの物語

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・9話 はなび

    2020年3月21日更新

    ー王女と王子の罪はあまりにも美しかったー 自ら命を絶った少女。 もうひとつの人生を、最後まで終わらせなくてはならない。 世界のどこか、 重罪を犯した王女の人生を。 僕は時の使い手。 王女を愛したから、時を止めて帰りを待った。 帰ってきた彼女は全てを無くしていた。 周りを全て振り切ってまで愛する事が、僕には出来るのだろうか。本当の王女の、罪ごと全て。 哀しいメアリーの人生を、もう一度やり直せるなら…。 光が闇に染り、闇が光になっていく。 届かない互いの想い。 【魂が巡っても決して救われない救いの物語】 ※アルファポリスとカクヨムでも連載中です。 しばらく1日1回投稿のち、 ゆっくりペースでの更新になると思います。

  • 赤色はお好きですか?

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・3話 いこ餡

    2020年3月19日更新

    作品説明 「エブリスタ」で書いた作品を転載しています。 (https://estar.jp/novels/25493375)

  • 「妖しい、僕のまち」のスピンオフ作品です

    ♡3,500

    〇0

    現代ファンタジー・連載中・16話 詩月 七夜

    2020年3月2日更新

    人と人の姿をした妖怪が共に住む町…降神町(おりがみちょう)。 この町に住む「特別住民」=「妖怪」の皆さんの日常をほっこりと(時にアクティブに)描いたティーブレイク感覚なオムニバス短編集です。 【注意】 ⚫本作は本編である「妖しい、僕のまち」のスピンオフ作品です。そのため、舞台設定などは「妖しい、僕のまち」に準じておりますので、あらかじめご留意ください。また「妖しい、僕のまち」の登場人物がたまに本作に現れることがあります(本編と併せて読んでいただければ、より深く降神町の物語をお楽しみいただけます)。 ⚫本作は「妖しい、僕のまち」の各章執筆が終了した合間に書いておりますので、更新は遅めです。どうか堪忍してください。 ■本編「妖しい、僕のまち」 https://novelup.plus/story/516747036

  • 2020年2月24日更新

    ●あらすじ● サラマンダー竜人の少女『サラ』と出会った盲目の青年『ジーク』は、邪神教団に囚われている彼のパートナー『アリアナ』を救う為一緒に旅をする事に……旅の途中、ワイバーンの竜人『ルウ』やコカトリスの竜人『リィ』達と出会い、邪神教団が使役する強力な『神話生物』と戦いながら、行く先々で出会う人々の心を優しく温めて行きます。 **************************** ●世界背景● 銀河の隅っこの青い惑星に、人間と、特殊な力を持つ、女の子の姿をした竜<竜人>が暮らす大陸があった。 いくつもの戦争の後、平和な時代が訪れたが、世界を滅ぼす力を持つ『邪神』を復活させようとする『邪神教団』の台頭により、その平和が脅かされつつあった。 彼等は、邪神を復活させるためのエネルギー炉に、死後もなお莫大なエネルギーを発し続ける竜人の魂を利用する為、大陸の各地で竜人狩りを行なっていた。 **************************** ♪( ´▽`)カワイイ女の子の姿になったドラゴン達が沢山出てくる冒険ファンタジー❤︎

  • チカとキャプテンハヤチカのパラレル世界

    ♡1,800

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・13話 船長

    2020年1月5日更新

    四ッ谷高校演劇部の速水チカには憧れの先輩がいたが、まだ一年生のチカは文化祭の出し物でも端役しかもらえない。 平行して、SF「ドラゴンズ・アイ」のキャプテン・ハヤチカのストーリーも展開していく。

  • アナタを捜す。どれだけ時を越えてでも

    ♡42,220

    〇0

    現代ファンタジー・完結済・68話 佑佳

    2020年1月4日更新

    目覚めるとそこは暗闇だった。 おかしな点は、どこからか猫の声が聴こえることだけだ。 少年は探し物を手伝うための旅に片足を突っ込んでいた。 そうして運命の出逢いと、別れと、もう一度出逢うための時空を超える長い旅が今始まる──。 ─────────────────── ◆11年前にプロット作成後、7年前に途中まで書き上げていましたが詰みに。 この度めでたく改稿完了いたしました。 ◆喧嘩による打撃戦闘シーン有りのため暴力レイティングを付けています。暴力によって捻り潰すなどはありませんが、苦手な方のために明記いたします。 ◆物語後半で二ヶ所に濃厚接吻シーンを挟んでいるため性描写レイティングを付けています。それ以上はありません。

  • カワイイ挿絵あります!

    ♡4,410

    〇5

    異世界ファンタジー・完結済・119話 通りすがりの冒険者

    2019年11月21日更新

    魔王を討伐し、世界が平和になって数年後…… 幼なじみと結婚した勇者はメタボ&働かないダメ夫に……!? 元勇者のダメ夫とカワイイ幼なじみの鬼嫁とのセカンドライフストーリー開幕! 当作品はスローライフの日常パートと回想録の冒険パートがあります。笑いあり涙あり冒険ありなんでもありの王道ファンタジーをお楽しみください!

  • 想いを込めた短編があなたを待っています。

    ♡14,698

    〇210

    その他・連載中・8話 むらもんた

    2019年11月10日更新

    笑ったり泣けたり、様々なジャンルの短編を用意しております。 気軽にお読みくださいませ。

  • まだ誰も見たことのない異世界を。

    ♡22,600

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・17話 むらもんた

    2019年11月6日更新

    高校の卒業と大学の合格祝いを兼ねて熱海に父と子で旅行へ行く事になる。 だが、その旅行の本当の目的は父、武史がある秘密を息子の拓也に打ち明ける為だった。 そして、熱海に向かう途中で2人の乗っていた車は事故に遭い、目を覚ました拓也の目の前には……。 *この物語は、笑いあり、下ネタあり、美少女あり、冒険あり、時には感動もあり! つまりなんでもありのギャグストーリーとなっています。 普通の異世界チーレムに飽きたって方、ちょっと息抜きにふざけた作品は如何でしょうか? そして本作は作者が全力でふざけて書いています。 下ネタも多数ありますので、苦手な方はご遠慮ください。 挿絵は0516さんから描いていただきました。

  • 感情とは刃物よりも鋭利な凶器に成りうる

    ♡30,224

    〇2,000

    純文学/文芸・連載中・10話 泉海 みらゐ

    2019年10月25日更新

    【ノベルアップ+ 正式オープンに伴い】 感情を殺して生きてきた少年と、不治の難病を患う一人の少女が織り成す、出逢いと別れの物語。 『人間の感情』をテーマにした、あらすじ無しという、小説の概念を根底から覆す『切ない青春小説』です。 中盤~終盤にかけて、物語がふたつの意味でひっくり返ります。 ●あえてあらすじは書きません。それはこの作品のコンセプトによるものです。 この作品において、あらすじを書く必要はないのです。 あらすじを書かない理由は、この作品の完結後に後書きにてお伝え致します。 【十万字以上~十五万字以内完結予定】です。

  • 戦士たちの最後の戦いが幕を上げる!

    ♡42,400

    〇140

    SF・完結済・28話 高美農四間(玉宮夜彦)

    2019年9月30日更新

    ※「蠱毒の鬼 ―ミッシングアビリティ―」の続編になります。 前作をまだ未読の方がいらっしゃいましたら、そちらを先に読まれることを推奨いたします。 ―――――――――― 十五年前、世界規模で未曾有の生物災害が起きた。 異形の怪物『獣鬼』が大量発生し、平穏に生きていた人々を次々に喰らっていったのだ。 それから長い月日がたち、人々はあるとも知れぬ明日に怯え、残された土地で細々と暮らしていた。 その絶望の中にあってなお、生きる希望を失わない少年がいた。 その少年『蒼』は人間離れした身体能力を活かし、戦場で武勲を上げていく。やがて、戦いの果てに己の正体を知る。 対獣鬼用機動兵装『鬼穿』の改良と量産、鬼を神と崇める『教団』、そして進化を続ける『獣鬼』たち―― 人類最後の戦いを描いた完結編、堂々開幕! 小説家になろう様、エブリスタ様にて連載中

  • 絶望と復讐心、繋がる真実…王道サスペンス

    ♡4,000

    〇120

    ミステリー・完結済・3話 ℚℚ

    2019年8月22日更新

    【初公開の作品です】 大切な人を失った人間の悲しい性。 愛する人間が狂うさまを見つめ続ける男の葛藤とは…。 迷い、絶望、殺意、愛、優しさ、悲しみ、人間らしさを散りばめた作品。

  • どんでん返しを用意してるのでお楽しみに!

    ♡49,810

    〇215

    SF・完結済・25話 高美農四間(玉宮夜彦)

    2019年7月18日更新

    『蠱毒』という呪術をご存知……だろうか。 それは、壷の中で無数の毒虫に共食いをさせる。 そして、最後に生き残った虫こそーーモットモオゾマシク……最凶ノ……『厄災』トナルーー …………………… 人を異形の怪物へと変える化学物質「オニノトキシン」。 その脅威を前に、人類は手をこまねいていた。 そんな中、「黒野影仁」率いる独立武装組織「半鬼狼」が立ち上がる。 徐々に解明していく絶望的な真実。 現世という壷の中、喰らい合う者たちの果てに『鬼』を見る―― ――悲しく苦しいミハイスピードダークアクション開幕。 エブリスタSF総合ランキング1位を記録した作品です。 小説家になろう様、エブリスタ様にて連載中

  • 冒頭に心理テストのある作品です!

    ♡70,456

    〇5

    ミステリー・完結済・31話 むらもんた

    2019年6月27日更新

    世の中には人の気持ちや行動までも意のままに操る事が出来るメンタリストと言われる人がいる。 メンタリストは心理学をベースに色々な知識や経験を織り交ぜながら応用する事で人を誘導する。 主人公の松岡拓海もメンタリストである。彼は行きつけのバーで3人の女性と出会い、心理学で誘導しようとするのだが……。 小説の冒頭には簡単な心理テストを用意してあります。そこだけでも気軽に覗いてみてください。 興味が沸きましたらご愛読宜しくお願い致します。 ※表紙絵は九藤朋様から描いていただきました。