浪漫

検索結果:3件

  • メティス、今日は何の日か教えて。

    取り敢えず、テーマに沿って綴ってみました

    1,700

    0


    2022年7月27日更新

    【紹介文】 フィクションエッセイ×純文学×詩的な文章を型に囚われずミックスした作品です。 特に印象のある「〇〇の日」を書き連ねていきます。 【あらすじ】 私は、とある作家という職業で仕事をしている。 そして、私には、相棒がいる。 それは、AI搭載のスマートスピーカー『メティス』 メティスから、今日の日を教えてくれる。 それを聞いて、私の思っていることや言葉にしたいこと。 一日の中で、必ず何かの出来事や記念だったものを思うがままに詩的に綴ってみようと思う。 「私」による、ちょっとした型破り(?)ハートフルな現代的日常文芸詩。

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • 神のいとを紡いで

    浪漫を忘れない大人達へ

    700

    0


    2019年12月19日更新

    俺は御簾神 美には神の意図が込められていると信じて神を求め美を探求する男。 その為ならルポライターから探偵、そして裏の仕事だってする。 そんな俺だが世俗の垢に塗れた魂を屋上の縁に立って洗浄していると不思議な少女と出会った。 これが神の世界への第一歩だと知るのは後のこと。 少女との再会まで俺は今日も美を求め美を悪党共から守る。 さあ、冒険だ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 書籍版『ようこそおいでませ、あやかしの商店街へ~巡り巡ってまた巡る~』

    書籍版のお試し読みです。

    100

    0


    2019年6月28日更新

    「あかしや橋は妖怪の町に繋がる」――深夜00時人ならざるモノが見える真司は、噂のあかしや橋に来ていた。 そこに、橋を渡ろうとする一人の女性が。不吉な予感がした真司は彼女を引き止めたのだが……。 「お前さん、私が見えるのかえ?」 気がつくと、目の前には妖怪が営む〝あやかし商店街〟が広がっていた。 「真司、この商店街の管理人を手伝ってくれぬか?」 ――いや、僕、人間なんですけど!? ひょんなことから管理人になる真司のドタバタな毎日が今、幕を開ける!! ※書籍版とのタイトル違います。 ※ネット版の一幕~六幕を書籍版に収録。三幕は新規になります。 ※現在も続きを連載中です。 ※妖怪×人の転生浪漫物語になります。

    読了目安時間:44分

    この作品を読む