検索結果:205件

  • 絵描きの海

    勉強会②用、一人称&三人称の短編。

    700

    10


    2022年11月24日更新

    絵描きが、海辺で、海の絵を描いている。 或る時、絵描きの元を、訪ねる者が現れた。 「どうして、絵の中に、誰も人を描かないの?」 絵描きは、真っ青な海を、描き続ける。 (※勉強会②用、短縮バージョン)

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 海の絵本

    朗読台本です

    2,600

    0


    2022年11月9日更新

    「夏のはじまり」 「架空商店」 「完璧な紺碧」 三つのキーワードから書かせていただきました。 生きづらさを感じている女子高生は、ある日、不思議なブックカフェをみつけます。 店員に勧められた絵本を開いてみると、目の前に海が広がりました。 朗読のために書き下ろした、短編小説です。

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • みどりご ゆりかご

    海辺への旅行、一夏の思い出(※BL・腐)

    0

    0


    2022年11月5日更新

    海辺に旅行に来た、恋人達の、 一夏の思い出。 ※BL、腐向け

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 恩讐の雨渦

    七海さんのアンソロ企画用

    700

    5


    2022年11月5日更新

    七海さんのアンソロ本「夏色綴り」に参加させて頂いた作品です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • さざなみの向こう

    夜の海に行ってはいけない

    0

    0


    2022年10月30日更新

    少年神木浩二は乱暴な性格の父親に「お前はうちの子じゃないから出てけ」と言われ、本当に出て行く。行く当てもないなか、神木は海辺に行くことにする。そこで神木はハルカという少女と出会う。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • ノベラちゃんと冷やしうどんと夏の日。

    ノベラちゃんに夏を満喫してもらいました。

    100


    2022年10月23日更新

    暑い夏の日にノベラちゃんが海で遊んでうどんを食べるお話です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 深青は澄み渡り。

    インスピレーション再び。

    1,100

    0


    2022年10月15日更新

    深い青き海を、私は見つめる。 (表紙はフリーイラストです)

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 願い事の真意

    嘘だけど嘘じゃない

    1,100

    0


    2022年9月2日更新

    凄まじい巨体を持て余した山田美智代は灯台の傍で嘆いていた。 誰がここまでの巨体にしろと頼んだの。 遠く離れた所でこの状況を見て笑う人魚が居た。 本作は、私の過去作“こんな事望んでいなかった”の後日談です。前作を先に読むと呑み込み易いです。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 深夜のバカンス

    遊ぶなら、深夜に限る

    1,000

    0


    2022年8月27日更新

    父親とバカンスに訪れたシウは、ビーチ沿いで見かけた一人の少年に気が惹かれる。 ※BL、百合ものです。 *この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。*

    • 性的表現あり

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 夜は定常的な流体

    全てが変わる。だから全てが変わらない。

    70,100

    100


    2022年8月23日更新

    短編集です。一貫したテーマは持たせていませんが、持っている可能性はあります。 様々な色の作品があるので順番や量などは気にせず気軽にお楽しみください。 感想、レビューをお待ちしております。

    読了目安時間:1時間27分

    この作品を読む

  • 海獣使いのファスラン

    勇者に憧れた青年は本当の正義を知るか

    4,100

    0


    2022年8月12日更新

    魔物が絶滅してから5年、魔物は海獣という形で再び姿を現した。勇者落第生の柳田原信吾は力を誇示するために一人海に出るが、そこで海獣に襲われる少女ファスランに出会う。 海を支配する海獣 それを操る謎の組織『クリティアス』 対抗する謎の潜水艦『アモーニス号』 海と陸と宙を結ぶ物語。

    読了目安時間:3時間29分

    この作品を読む

  • 『今までも、これからも。』

    想いは言葉にしなきゃ伝わらない! 

    158,000

    5,123


    2022年8月11日更新

    両親、妹と4人家族で、親友や家族にも恵まれ、ごく平凡で平安な日々を過ごしている主人公。 穏やかに暮らしたいと思いながらも、彼女の気持ちを上手く汲み取れず、彼女との行き違いすれ違いに一喜一憂する。 しかし自分の気持ちに正直になり、誤解も解け、また彼女と楽しい日々を過ごしていた。 5年後のある日、クリスマスにプロポーズをしようと家を出た主人公は、公園から飛び出した少年を助け、自分は車に……。 幸い怪我は無かったが、ある記憶だけがなくなってしまう。 ――全てが真っ白な世界――で、〈女神のような差し出した手〉を追いかける夢を、毎日見ている主人公。 『平穏な日々を送りたい』と願う彼が、なかなか平穏にはいかない日常と格闘しながら、大好きな彼女と幸せになれるのか……。 ラブラブだけどじれったい、甘くてちょっと切ない物語です。 登場人物には、敢えて名前を付けていません。 ラストまで書けていますので、安心してお付き合い下さると嬉しいです。 よろしくお願いします! ジャンル別日間 2021年12月13日 5位 2021年12月17日 1位 2021年12月20日~22日 2位 2021年12月22日、23日、24日、27日 2022年1月3日、5日 1位 2022年3月9日、19日、25日、30日 1位 2022年4月18日、24日 1位 2022年5月8日、21日、22日 2022年8月11日 週間 2021年12月19日 4位 2021年12月23日、24日、2022年8月12日 2位 2021年12月25日、26日、27日 1位 月間 2021年12月24日 7位 2021年12月27日 5位 2022年1月5日 3位 2022年1月7日、8日、9日 1位 年間 2022年8月12日 7位 2022年8月12日 6位 累計 2022年8月12日 24位 総合 日間 2022年8月12日 10位 2022年5月24日 おかげさまで、100,000Pt達成しました! ありがとうございます!

    読了目安時間:4時間6分

    この作品を読む

  • 奴は死んでいなかった……!?

    如月千怜様に捧ぐ作品

    4,900

    20


    2022年7月31日更新

    米国フロリダ州某所でフィッシングを楽しむグループの前に ホオジロザメが姿を見せる。最悪死体にしてでも釣り上げれば 賞金が期待出来ると鼻息荒くした矢先、目の前で信じ難い事態が……!?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • やっぱりクラゲはまずかった

    投票に行く話です。

    400

    0


    2022年7月10日更新

    海に行くのが好きな主人公が、クラゲと一緒に投票に行った話です。 文披31題十日目・お題「くらげ」

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • アイスは甘く、すぐ溶ける。~あの夏、あの人はわたしの心の中に~

    ちょっとノスタルジックで切ない夏の物語。

    2,200

    0


    2022年7月6日更新

    吉野智夏(ちなつ)高校2年の17歳。 中学の頃、わたしは人との距離感がわからなくなっってしまった。 友達とクラスメイトの境目は? でも周りが全てただのクラスメイトだとしても、この沢田莉子(りこ)だけはわたしの友達。 明るく素直でちょっぴりドジな莉子からもらった『かえるのピクルス』。 そして伊豆で巻き込まれた海難事故。 2つが引き起こした不思議な出来事。 智夏と莉子の青春の1ページ。 ひと夏の恋・友情・勇気・悲しみがわたしに大切なものを与えてくれた。 アイスのように甘くて、尊い想いをお楽しみください。

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む

  • 海と待ち合わせ

    GENSEKIコン参加です

    1,600

    0


    2022年7月1日更新

    海が恋しい。 わたしが探しているのは、どこの海?

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 窒息する街

    青春の一ページを切り取った物語です。

    600

    0


    2022年6月30日更新

    灯台の照らす海辺の田舎町で生きる若者が、過去の別れや明るい日々を振り返り、見通しの立たない未来を夢見ながら生きていく物語です。 GENSEKIコン参加作品です。 コメントをいただけたら嬉しいです。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 海になりたかったあなた

    私は、海になりたい

    500

    0


    2022年6月30日更新

    あのとき、彼女は言っていた。 「海になりたい」 寂しげな、儚げな表情で、彼女はそう溢して笑っていた。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • その灯台には、竜が棲む

    その夏、2人の女子高生は再会した

    2,500

    0


    2022年6月30日更新

    高校1年生の女子、土井望海(どいのぞみ)は、小学生の頃に変わったメッセージボトルを拾ったことがある。そこに入っていたのは手紙ではなく、物語だったのだ。 物語の続きが気になる気持ちもいつの間にか忙殺された頃、望海は久しぶりに故郷の浜を訪れる。そこで当時の仲の良い友人、巽明日華(たつみあすか)に再会した。 2人はビーチコーミングの約束をするが、はたしてメッセージボトルなんて見つかるだろうか……? 気が付けば何かを失う日常で、 それでも毎日を必死に生きて、 誰かに声が届くようささやかに願う。 そんな小さな人間と灯台にすむ竜の、 ありふれた、かけがえのない青春物語。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • あの日の海で待ってる

    GENSEKIコン参加作の百合SFです

    4,000

    0


    2022年6月30日更新

    人類が地中で生活するようになった近未来。 平凡を自覚するエリカは、睡眠時精神没入過剰症を患うメアと知り合う。メアは彼女の精神世界である海で一人夜を過ごしていた。 エリカはメアに請われて夜を一緒に過ごすようになるが、ある日事件が起こる。 わたしはこの子の灯台だ。 「わたしの名前をどうか、覚えていて」 言葉は光になる。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 宇宙の海に抱かれながら、もう一度会う夢を見る

    宇宙は海でできている。

    3,900

    0


    2022年6月30日更新

    宇宙が海だと知ったのは、高校二年の終わり頃、修学旅行中のことだった……。 修学旅行でリゾート惑星に向かう途中、事故により宇宙空間へ放り出されたタマキ。奇跡的に助かった彼女だったが、宇宙船にも地球にも、戻ることはできない。なぜなら彼女を助けたのは、宇宙空間に漂う水だったからだ。 一方、タマキの親友ミチは、地球でタマキを探し続けていた。良い方策が見つからずに日々を過ごしていたミチだったが、やがて、ひとつの希望を見つけ出す。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 海の子

    わたしは、海に溶けた

    3,200

    0


    2022年6月30日更新

    わたしは、海になった── いつのまにか、海を漂っていた少女。 ある日、海から顔を覗かせると、思い詰めた表情の少女を見つける。 ※いじめ、自殺の表現があります。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 家に帰らないお客の話した話

    人魚の肉を食べたら人魚になるかもしれない

    300

    0


    2022年6月30日更新

    飲み屋でいつまでも帰らない男が、店のおやじに話した話。 若い頃、ある海辺の町で、彼は不思議な美少女に会った。 彼女は人間ではなかった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • おかえりなさい。

    コンテスト『海をまとう』参加作品

    400

    0


    2022年6月30日更新

    真夜中のM海岸にて、『波打ち際の乙女』の目撃情報が後を絶たない。それに関して、赤いスカーフを見たら呪われる、海に引きずり込まれる……といった噂がある。K大学オカルト研究部に所属しているあたしは一人、波打ち際の乙女の真相を確かめに調査に乗り出した。 波打ち際の乙女は、生きている人間だった。 切な怖いHLホラー。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 波が覚えているから

    女子高生はあの技能実習生が気になる

    28,700

    521


    2022年6月26日更新

    渡梨花(わたりりか)は牡蠣養殖業者の娘。恋に将来に悩むことはあるけれど高校の日々は淡々と過ぎていく。そんな中、技能実習生として受け入れている異国の青年が繁華街に出かけていくのを目撃する。彼が気になる梨花は追跡を始めた。 ※本作品はGENSEKIコン参加作品です。

    読了目安時間:19分

    この作品を読む

  • 近くて遠い大切なあの子

    姿は昔と変わっても、気持ちは変わらない

    9,000

    0


    2022年6月24日更新

    海に佇む巨大な少女の小鞠は、離島の高校に引っ越してきた愛紗にとって、とても大切な後輩なのだ。 危険だからと決して近づいてはいけないとされているその場所に、夏祭りで人が少なくなっている隙に愛紗は向かうことにした。 中学時代に小鞠から伝えられたことがずっと頭に残ったままの愛紗は、その答えを伝えなければならない。 そして、寂しい思いをしている小鞠を助けてあげなければならない。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 薄墨色の世界にいる私へ

    いつか伝えたい、もがく世界は美しかったと

    9,500

    35


    2022年6月24日更新

    瞳に映る海の色はこんなにも鮮やかなのに、どうして私のキャンバスは突然、モノクロになってしまったのだろうか。 1人悩み、葛藤する、とある高校生の物語です。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 蛍火

    海に灯る鬼火の正体は、花火なのだろうか?

    4,700

    0


    2022年6月24日更新

    見える人と言えば嘘くさいが、そんな友人から聞いた話。 酒の肴に語るは鬼火の話。 海辺に現れる鬼火の正体とは、なんなのか。 彼は答えを、知っていた――

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 灯台の約束

    廃灯台の謎の少女をめぐる少年たちの物語

    6,700

    10


    2022年6月24日更新

    島で1番怖い場所、『おばけ灯台』。灯台には誰もいないはずなのに、夜な夜な光ることがあるらしく…… そんな島に引っ越してきた小学生のタツキ。とある『約束』を果たすため、勇気を振り絞って廃灯台に挑みます。 灯台のてっぺんで出会ったものとは、灯台の秘密とは―― 初めての小説投稿になります。 私の故郷の景色や、子ども時代の体験、学んだ地域の歴史を織り交ぜて創作いたしました。 主題イラスト『海をまとう』短編小説コンテストへのチャレンジ作品です。 ※表紙写真はオリジナルのものです。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • しおざい

    たぶん、百合。

    8,000

    0


    2022年6月22日更新

    久しぶりに、あんたに会いに行こう思った。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む