検索結果:88件

  • 詩集「空と海と星と花と……」

    空や海や星や風や花…そんな透明な存在へ。

    12,050

    40


    2021年4月12日更新

    (船長)様の、自主企画「海と船の発表会」が素敵だなと思い、昔から書いていた「詩のようなもの」で参加してみようかなと思いました。 拙いですが、16年ぶりに新しい詩も書いてみました。随時更新していきたいと思っております。 表紙画像を変えました。マウスを使ってペイントで描いてペイント3Dでざっと着色してタイトルを入れて。 本当はもっとリアルな桜の花にしたかったのですけどね。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 夜は定常的な流体

    全てが変わる。だから全てが変わらない。

    35,950

    100


    2021年4月10日更新

    短編集です。一貫したテーマは持たせていませんが、持っている可能性はあります。 様々な色の作品があるので順番や量などは気にせず気軽にお楽しみください。 感想、レビューをお待ちしております。

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

  • お待たせしました!今日も乾杯!!

    日々の何じゃそら?!な体験を綴ります。

    0

    0


    2021年4月10日更新

    メインは沖縄。 大阪や神戸、広島にも出没します。 これから、日々起こるてんやわんやを綴って参ります。 皆様どうぞ 宜しくお願い申し上げます*\(^o^)/*

    読了目安時間:4時間13分

    この作品を読む

  • 海賊のひまつぶし

    小話多めの海洋ファンタジー。

    85,400

    335


    2021年4月3日更新

    漁師のジョナサンは、ある日海の悪魔デビー・ジョーンズと出会う。 冒険に憧れていたジョナサンはデビーとともに出航するが、いざ海に出てみると、船の上はとてつもなく暇だったのである! そこでジョナサンとデビーは、ひまつぶしのために話を始めるのだった。 【お知らせ】 3/18に第49話「地獄の隣町」をちょっと加筆しました。コピペのミスで入れてるはずだった文章がひとかたまりまるっと入ってないまま上げてしまっていました……。不覚です。 この小説は小説家になろうとカクヨムにも投稿しています。

    読了目安時間:6時間6分

    この作品を読む

  • 砂浜に顔を近づけました

    ヒャッハー海だー!!🌊 ぺろぺろゲー🤮

    3,100

    0


    2021年4月1日更新

  • マリーナ

    マリーナは海が好きだった。

    3,900

    0


    2021年3月27日更新

    マシュは胃の痛い任務先で幼いマリーナと出会う。 マリーナは海が好きで、時折会う『おじさま』が好きだった。 しらす様より(先行)FAをいただきました(笑)ありがとうございました。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • 夢見る森

    まやかしの森を彷徨っている、もうずっと。

    1,200

    0


    2021年3月26日更新

    まやかしの森で彷徨う「俺」は何が本当で真実なのか考える。 ……永遠の夢を見ている。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 海は、きねんの空を映す青

    この手紙が、海の星の人に届きますように。

    100

    0


    2021年3月25日更新

    「残す」ためにやって来た少年少女は、穏やかな水の底で弔いの意味を考える。 【Twitter企画タグ:#三題茶会】 お題 ・交差点の真ん中 ・震えた筆跡 ・溶かしたネオンブルー イメージ曲:東京シュノーケル / Yunomi feat.Nicamoq ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 青い航路

    遠くへ行くことが怖い。

    0

    0


    2021年3月25日更新

    遠くへ行くことが怖い。広大な海が怖い。それでも青への憧れはやまない。今はまだ足を踏み出せないかもしれないけれど、いつかは。 【Twitter企画タグ:#三題茶会】 お題 ・風を呼ぶ ・綺麗な未完成 ・黄金色の新時代 ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • われはうみのこ

    でね、七番の歌詞はこうなってる。

    0

    0


    2021年3月24日更新

    われはうみのこしらなみの 平成最後の夏に掘り起こす、埋もれゆく事実。 Twitter企画タグ:#平成百物語 ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・アルファポリス・小説家になろう・ステキブンゲイ・エブリスタ・ノベルアップ+・Novelism・pixiv等に掲載しています。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

    探偵と怪盗とテロリストの三つ巴の戦い!?

    500

    0


    2021年3月22日更新

    突如圭介のもとに送りつけられた怪盗からの挑戦状。そこには亜美の友人である赤澤美琴の父、赤澤勉が海上に建設した神志山ホテルに展示されたブラッドジュエルを盗ると記されていた。宝石を守るため、鳥羽警部と共にホテルに出向く圭介だったが、その前にテロリストが現れる。2つの脅威から圭介は宝石を、そして大切な人を守りきれるのか? 〜登場人物〜(随時更新していきます。) 松本 圭介 名張 亜美 鳥羽 勇 城ノ口警部補 赤澤 勉 赤澤 美琴 建田 俊樹 藤島 修斗 三井 照之 周防 大吾 怪盗クロウ カグツチ イワ ネク ツツ ヒヤ タケ

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • 海の街

    初投稿作品です。

    3,100

    0


    2021年3月20日更新

    少しだけひねくれた女子高生の話。

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 夏のニライカナイ

    なんくるないさ~と笑えるその日まで

    13,655

    20


    2021年3月13日更新

    2014.08.02 なんくるないさ~という言葉が好きです 海も、空も、大きくて。 いつか、沖縄に行きたい。 そしてこれは夢見ているだけのフィクションです 写真は無料フリー素材サイトのぱくたそさんからお借りしています https://www.pakutaso.com/model.html

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 蒼へと沈む。

    無力な「私」は、海の底へと死に沈む。

    11,200

    0


    2021年2月24日更新

    或る絵から着想を得て。 ※こちらは、船長さんの自主企画『海と船の発表会』参加作品です。ありがとうございました! ※また、別の企画への参加作品でもあります。詳細は後日に発表致します。 ※純文学ジャンル日間で2位になりました!お読み頂き、何かを感じて下さった皆様、ありがとうございました!

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 光の海で眠らせて

    君に出逢った瞬間に、世界は光り始める

    11,300

    0


    2021年2月23日更新

    S県空の宮市中部に位置する中高一貫型の私立女子高等学校・私立星花女子学園に通う学園の王子様・佐伯光は、自分の住む海谷市で偶然出逢った真っ直ぐで屈託のない新入生・沢村光に、あるアクシデントを通して星花女子学園で再会する。 偶然にも同じ名前を持つ彼女たちは、最初はぎこちないながらも時間をともに過ごすなかで少しずつお互いのことを知り、次第に仲良くなってゆく。しかし学園の王子様・佐伯光には、人には言えないある[秘密]があって──── *** 波の音が聞こえていた。自分の隣で手を繋いでいる、まだあどけなさの残る彼女を横目で見れば、どこまでも真っ直ぐな澄んだ瞳が夜の海を見つめていて。悪いことを知らないその綺麗な澄んだ瞳がどうしようもなく羨ましくて、そして少しだけ憎かった。 繋がれたままの彼女の手を強く引けば、隣に立つ彼女が戸惑ったようにこちらを見て、不安げに僕を見上げていた。いくら大人びて見えても、やっぱりそんなところは子供だなんて頭の片隅で考えてつい笑ってしまえば、彼女は「なんだよ」と言ってその頬を不満げに膨らませた。 「……ねぇ、」「ん?」 あどけなさの残るその膨れた丸い頬に出来るだけ優しく触れれば、彼女は酷くくすぐったそうに目を細めて「なんだよ」と甘えるように笑った。母親に向けるようなその表情に優しく笑い返すと、その小さな耳もとで囁く。出来るだけ優しく聞こえるようにと願いながら。 「────僕と一緒に×××くれる?」 僕の言葉を聞けば、彼女はその柔らかな表情を一変させて驚愕したように目を見開く。「え」と言う甘く掠れた声とともにその澄んだ大きな瞳が僕を見つめるのをどこか心地よく思いながら、四つも年下の彼女に甘えるようにその華奢な肩に腕をまわせば、彼女はぴくりと肩を跳ねさせてから困ったように目を伏せた。 波の音がやけに大きく聞こえていた。それに耳を澄ませながら「光?」と優しく聞き返して彼女の返答を待てば、彼女にしては珍しくやけに頼りなげな声で呟いた。 「オ、オレは────」 *** 主催:楠富つかさ様 出版:星花女子学園 掲載:星花女子プロジェクト第10期(12月号) 協力:星花女子学園、星花女子学園生徒・教職員の皆様、海谷市、空の宮市、海谷市漁業組合、佐伯光の御家族の皆様、沢村光様の御家族の皆様 キャラクター原案:藤田大腸様(沢村光様考案)

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 太陽に恋をした

    船長さん自主企画「海と船の発表会」参加作

    7,050

    0


    2021年2月22日更新

    船長さん自主企画「海と船の発表会」参加するために書き下ろした詩です。 悩んでいても前向きな気持ちになれますようにという思いを込めました。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • ストロベリーポップキャンディー。

    「お友だちになろ? ……嘘でいいから」

    4,600

    50


    2021年2月15日更新

    「友だちになって下さい、……嘘でいいから」 たいして話したことがなかったクラスの女子との、とある夏。 ◆ 2014年8月31日、執筆。 2015年12月17日、加筆修正。 2016年6月30日、エブリスタ「みんなで作ったどんでん返し特集」掲載。 2017年8月、エブリスタ妄想コンテスト佳作。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 白日

    海に浮かぶ船と、ある男たちの話

    8,000

    11


    2021年2月15日更新

    大海原に浮かぶ一隻の船。そこには二人の男がいた。 暑い毎日の中で、時間も忘れ自由に生きていた。 そんな中で起こったある事件とは——。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 月からの帰り道

    2020年novelber参加作品

    100

    0


    2021年2月12日更新

    月と海を繋ぐ路面電車。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • セーリング!風の淑女たち~ヨット部の女子高生たちは、誇り高きヨットレースで栄光のピンを目指す~

    高校のヨット部を舞台にした青春ドラマです

    10,800

    0


    2021年2月9日更新

    いつかは、ディンギーのレースを物語にしたいと思っていました。オリンピックの種目にも入っているヨット(セーリング)ですが、細かい描写や専門用語を説明するのがとても難しいです。明らかに漫画やアニメで表現した方がわかりやすいのですが、絵が下手くそなので、がんばって小説で挑戦しています。本格的にヨットをされている方にはお叱りを受けるところも多々あるとは思いますが、海上陸上を通してはつらつと生きていく主人公たちの青春ドラマを中心に読んでいただければと思います。 あらすじ 平成9年4月、只々,海が好きな主人公柴田千恵は、『海が近い高校』という志望動機で、南薩摩高校へ入学した。海に関する部活動を探していた千恵は、3年生の南條冴子に勧誘されヨット部に入部する。 千恵は、FJ級と呼ばれる2人乗りヨットに乗り、時に爽快に,また、時に激しく荒れる海の中で行われるヨットレースの中で、特殊な能力を覚醒していく。それは,千恵にとって驚きと喜びの連続だった。 南薩摩高校は,常勝のヨット強豪校だったが、昨年の全国高校総体は、他校に優勝を奪われてしまった。しかも優勝したのは、同県の錦江院学園1年生の操船するヨットだった。冴子と千恵はペアを組み今年の優勝を目指す。 ヨットハーバーで知り合った画家志望の神妙な青年と冴子との淡い恋愛やライバルとの確執などに心を動かされながらも、刻々と状況を変える海の上を舞台に、ヨット部の部員たちに明るく励まされ、高校総体優勝を目指し、日々頑張る千恵だった。 ※タイトルの後半を変更しました。

    読了目安時間:16時間2分

    この作品を読む